タグ:清水組 ( 8 ) タグの人気記事

玉藻公園 披雲閣

c0112559_813311.jpg
 玉藻公園を訪ねた目的はこの披雲閣(ひうんかく)です。高松城だったこの場所には、江戸時代には政務を行い、かつ藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。

 現在の披雲閣は、明治維新後に老朽化のため取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主賴寿伯爵が3年余りの歳月をかけて完成したものです。

 大規模な和風住宅建築で、江戸時代の御殿を意識した伝統的な配置や意匠を採用した近世以来の正統的書院造りで、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。

 敷地の中央に本館があり桜御門を正門とし、海に面した北側に庭園が広がっています。本館は、接客、居住、家政などの機能をもつ多くの部屋が廊下でつながっています。中でも142畳敷の「大書院」からが見どころで、そのほかに複数の小座敷が配置されていました。

 江戸期の建築様式を踏襲しながら、清水組の近代的な組織体制により設計と施工の管理が徹底された住宅建築であり、大正時代におけるわが国の大規模和風住宅の技術的水準を示すものとして貴重であることから、国の重要文化財に指定された木造平屋、一部2階建て。

玉藻公園 披雲閣
旧松平家高松別邸
1917(大正6)年
重要文化財
設計・施工 : 清水組
高松市玉藻町2-1
撮影 : 2014.11.27
c0112559_8174667.jpg
c0112559_8175952.jpg
 三の丸の南面に開く桜御門を正門として敷地の中央に本館があります。
c0112559_8193385.jpg
c0112559_819471.jpg
c0112559_820838.jpg
c0112559_8201994.jpg
 脇門をくぐって・・
c0112559_8205410.jpg
 美しい日本庭園。
c0112559_8214985.jpg
c0112559_822355.jpg
c0112559_8221347.jpg
c0112559_8222676.jpg
c0112559_8224179.jpg
c0112559_8225275.jpg
c0112559_8233424.jpg
c0112559_8235698.jpg
c0112559_8242367.jpg
c0112559_8244064.jpg
c0112559_8245526.jpg
c0112559_825141.jpg
 裏側に出ると2階建ての棟があります。
c0112559_826153.jpg
c0112559_8261597.jpg
c0112559_8263088.jpg
c0112559_8265172.jpg
c0112559_827558.jpg
c0112559_8272036.jpg
c0112559_8274042.jpg
c0112559_827592.jpg
 1階に大書院があります。
c0112559_8283919.jpg
 中には入れませんでしたが、ガラス戸なのでガラス越しに見えます。
c0112559_8293827.jpg
c0112559_8295251.jpg
c0112559_830378.jpg
c0112559_8301675.jpg
c0112559_8302991.jpg
c0112559_8304219.jpg

by gipsypapa | 2015-06-24 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

梅小路蒸気機関車館 資料展示館

c0112559_8372631.jpg
 島原からの帰りは歩いてJR京都駅に向かいました。途中に見たかった建物があるのです。

 この建物は1904(明治37)年に当時の私鉄、京都鉄道株式会社によって建設され、長くJR嵯峨野線(山陰線)の二条駅だったもので、1996(平成8)年に嵯峨野線が高架化された翌年現在地へ移築、復元されました。今は梅小路蒸気機関車館の玄関棟兼資料展示館になっています。

 明治期の和風駅舎建築として唯一の残存例であり、京都の近代化を象徴する建物です。全体的には屋根には懸魚(げぎょ)がつるされ、京都鉄道の社紋が入った鬼瓦があるなど、神社のような左右対称で和風を基調とした作りの駅舎ですが、内部には中央が丸みを帯びたギリシャ風の柱や洋風のガラス窓が使用され、明治らしい和洋折衷の建物です。設計は伊東忠太というのと清水組という両方ありますが決め手はないようです。京都市指定有形文化財の木造2階建て。

梅小路蒸気機関車館 資料展示館
旧JR二条駅舎
1904(明治37)年 / 1997(平成9)年移築
京都市指定有形文化財
設計 : 伊東忠太か清水組?
施工 : 清水組か
京都市下京区観喜寺町56
撮影 : 2014.9.30
c0112559_951341.jpg
 ウィキペディアにある、当時の大阪朝日新聞の記事。
c0112559_8383961.jpg
c0112559_8385221.jpg
c0112559_839323.jpg
c0112559_8391328.jpg
c0112559_8392437.jpg
 建築当時は京都鉄道の本社を兼ねていて、2階は事務所として使われたようです。
c0112559_8393422.jpg

c0112559_8401743.jpg
c0112559_8402828.jpg
c0112559_8403761.jpg
c0112559_8404632.jpg
c0112559_8424761.jpg
c0112559_8425838.jpg
c0112559_8431045.jpg
c0112559_8432293.jpg
c0112559_8433986.jpg
c0112559_8435227.jpg
c0112559_8445716.jpg
c0112559_845875.jpg
c0112559_8451936.jpg
 天皇陛下など皇室用の貴賓室にあった品物も展示されています。
c0112559_8452994.jpg
 
c0112559_8463120.jpg
c0112559_846463.jpg
c0112559_847154.jpg

by gipsypapa | 2015-04-07 09:06 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

石炭会館

c0112559_2030111.jpg
 石炭の積み出し港で賑わった若松バンドに若松石炭商同業組合の事務所として明治末期に建てられたもの。現在はテナントビルで、1階にクロアッサンの「三日月屋」が入っています。

 左右対称の外観で、瓦葺きの寄棟屋根にモルタル塗りの外壁。中央に玄関ポーチを設け、まっ白な2本の円柱で支えた庇が、2階のベランダになっているのが特徴です。木造2階建て。

石炭会館
旧若松石炭商同業組合事務所
1905(明治38)年
設計・施工 : 清水組
北九州市若松区本町1-13-15
撮影 : 2012.5.20
c0112559_20305742.jpg
c0112559_2031156.jpg
c0112559_20313123.jpg
c0112559_20315116.jpg
c0112559_2032377.jpg
c0112559_20321682.jpg
c0112559_20323666.jpg

c0112559_20374567.jpg

 こちらは石炭会館の海よりにある若松バンドの休憩所「旧ゴンゾウ小屋」。復元されたものです。

 北九州では、沖の本船で石炭荷役をする仲士のことを ”ごんぞう” と呼びました。かって明治時代、石炭積出港として隆盛を極めた若松には、そうした ”ごんぞう” のエネルギッシュな姿がありました。「旧ごんぞう小屋」は、かつて当地にあった彼らの詰め所を模して作られたレトロな休憩所。小屋内には当時の若松の姿を紹介したパネルなどが展示されており、若松の歴史にふれることができます。また周辺には洞海湾に突きだしたL字型の遊歩道、緑の広場、木製のデッキ、お洒落な外灯があり、魅力ある散策スポットとして人気を呼んでいます。
c0112559_20383593.jpg
c0112559_20384811.jpg
c0112559_2039015.jpg
c0112559_20391838.jpg

by gipsypapa | 2013-06-09 20:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧高松港管理事務所

c0112559_13125681.jpg
 JR高松駅から高松港の埠頭に向かうと目に入るビル。3階建てと2階建てがつながった大型の建物です。大阪商船の高松支店として昭和初期に建てられ、最近まで関西汽船の高松支店として使われましたが、今は空き家になっています。

 細部の装飾など見どころが多い意匠で、ロケーションがいいので事務所ビルに最適。再利用して欲しいところですが、瀬戸大橋が開通して以来、宇高連絡船が廃止となり、高松港の機能も縮小されたようです。設計・施工は清水組高松出張所。


Sakyo さんから、この建物は旧高松港管理事務所であり、かつこの写真を撮影したすぐ後に解体されたということを教えていただきました。確認できましたので改正します。(2014.2.1)

解体のニュースです。↓

 高松港のシンボルとして戦前から多くの香川県民に利用された旧高松港管理事務所(高松市玉藻町)の取り壊し工事が12月下旬から始まる。昭和初期の建築デザインを伝えるモダンな外観が特徴で、施設を管理する県は17日、惜別の意を込めて座談会や見学会を開く。

 同事務所は1927(昭和2)年に建築後、2001年に高松港旅客ターミナルビルに役目を譲るまで、75年間にわたって小豆島などの島しょ部、阪神・別府航路などの発着施設として多くの旅行客やビジネス利用者らでにぎわった。昨年開催された瀬戸内国際芸術祭では外壁にミラーパネルが装飾され、ギャラリーとしても使用された。

 建物は機能的でありながらも装飾美を兼ね備えたアールデコ感覚のモダンな外観で、当時の建築デザインを後世に伝える貴重な近代建築物として保存を望む声もあった。しかし、基礎地盤の陥没や外壁のはがれ、ひび割れが目立つなど老朽化が進んでいることから、県が取り壊しを決定。12月下旬に解体工事に着工し、来年3月下旬までに工事を完了する予定という。
鉄筋コンクリート造り、2/3階建て。

旧大阪商船高松支店旧高松港管理事務所(解体)
1928(昭和3)年1927(昭和2)年
設計・施工 : 清水組田村工務所
施工 : 不明

高松市玉藻町10-10
撮影 : 2011.11.26
c0112559_13133258.jpg
c0112559_13133938.jpg
c0112559_13134693.jpg
c0112559_13133483.jpg
c0112559_13134095.jpg
c0112559_131469.jpg
c0112559_13135582.jpg
c0112559_13142016.jpg

by gipsypapa | 2012-12-13 13:15 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

小樽運河ターミナル (北海道中央バス第2ビル)

c0112559_13592644.jpg
 このビルも北のウォール街といわれた地区の中心、ホテルヴィブラントオタルの南向いにある銀行建築。大正11年に進出した三菱銀行の小樽支店だったものです。当時は三菱系の会社が入るビルで、2階に鉱業、3階に商事会社が入っていて、エレベーターの付いた建物は珍しかったとか。現在はバスターミナルを兼ねた土産物売り場になっています。

 シンプルな外観ですが、1階西側に6本の半円柱が並び、銀行らしさを強調しています。当初、外壁は煉瓦色のタイル貼りだったとかで、現在の姿になったのは1937(昭和12)年です。小樽市指定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造4階建て。

小樽運河ターミナル (北海道中央バス第2ビル)
旧三菱銀行小樽支店
1922(大正11)年
小樽市指定歴史的建造物
設計・施工 : 清水組
小樽市色内1-1-12
撮影 : 2010.8.24, 25 & 26
c0112559_140483.jpg
c0112559_1401196.jpg
c0112559_1402244.jpg
c0112559_1402927.jpg
c0112559_1403450.jpg
c0112559_140465.jpg
c0112559_1405486.jpg
c0112559_141396.jpg
c0112559_141261.jpg
c0112559_1411634.jpg

by gipsypapa | 2011-09-16 14:03 | 建築 | Trackback(1) | Comments(3)

フットテクノビル

c0112559_14503897.jpg
 大正期のオフィスビル。帝国生命神戸出張所として建てられ、そのビルの一角を1929(昭和24)年までNHK神戸支局が使っていたそうです。現在は健康シューズなどを扱うフットテクノの本社ビルになっています。

 1階は腰部分が花崗岩の石貼り、その上部は疑似石貼りの重厚な外観ですが、2階以上は軽快なモルタル仕上げになっています。コーナー部のアールとレリーフをさりげなくあしらった破風が特徴で、最上階の窓だけは緩いアーチの縁取りになっています。なお、2004(平成16)年 に改修されたときに、大正ロマン風の原形に近い外観に復元されたとか。神戸の大正モダニズムを代表する洋風建築の一つといえます。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

フットテクノビル
旧帝国生命保険神戸出張所 
1921(大正10)年、1949(昭和24)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 清水組
神戸市中央区栄町通5-2-8
撮影 : 2007.11.11
c0112559_14513741.jpg
c0112559_14514764.jpg
c0112559_14515466.jpg
c0112559_1451584.jpg
c0112559_1452817.jpg
c0112559_14521939.jpg
c0112559_14522723.jpg

by gipsypapa | 2011-04-01 14:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

伊予銀行八幡浜支店

c0112559_13303863.jpg
 コーナー部にアールを取り、戦前の銀行建築にしては、大人しい外観ですが、モダンで軽快な感じがする現役の銀行。鉄筋コンクリート造り3階建て。

伊予銀行八幡浜支店
旧豫州銀行本店 1936(昭和11)年
設計・施工 : 清水組
八幡浜市380-1
撮影 : 2009.3.21
c0112559_13313577.jpg
c0112559_13315361.jpg
c0112559_13321771.jpg
c0112559_13324970.jpg
 唯一、銀行らしい意匠の瓶子型飾り柱が建物下部にあります。
by gipsypapa | 2009-07-22 13:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

菅澤眼科クリニック

c0112559_22192923.jpg
 土佐堀川沿いの道路から少し奥に入った所にある菅澤(すがさわ)眼科のビル。数年前に勤務していた場所のすぐ近くにあったわけですが、当時は通勤経路から少しずれているため、まったく気づきませんでした。ややアール・デコ風の建物。3階部分にはアーチ窓を配し、建物の曲面コーナーに正面玄関を、また正面玄関脇と上部に小さなステンドグラスがあったりして、昭和初期のモダニズムを感じる好感が持てる建物です。
 鉄筋コンクリート造り3階建て。

菅澤眼科クリニック 1928(昭和3)年
設計 : 清水組
施工 : 清水組
大阪市西区土佐堀2-3-5 
撮影 : 2008.2.19
c0112559_22233669.jpg
c0112559_22244464.jpg
 このビルの由来は不詳ですが、眼科にしては3階建てで大型の病院です。昔は眼科だけでなく、総合病院的な入院病棟があったように思います。
c0112559_2227468.jpg
c0112559_22273693.jpg
 玄関の上にアーチ型のステンドグラス窓。
c0112559_2228692.jpg
 全景を見てわかるように玄関は角地ではないのに道路に面していず、南東のコーナーに配置されています。
c0112559_2230557.jpg
 玄関脇にある小さなステンドグラス、小さいとはいえ絵ガラスではなく本物。これは中から見るべきですね。
c0112559_22321849.jpg
c0112559_22323034.jpg
 ウィークデイの午後でしたが、撮影している間に若い女性が2人入って行きました。現在の眼科は眼病以外にコンタクトレンズの処方の方が多いのでしょうね。
by gipsypapa | 2008-02-28 22:42 | 建築 | Trackback | Comments(4)