タグ:武田吾一 ( 2 ) タグの人気記事

同志社女子大学 栄光館

c0112559_949387.jpg
c0112559_9504699.jpg 


 同じく武田五一の傑作で、同志社女子大今出川キャンパスの象徴的な建物で3部作の最後。八角形の塔屋を設けるなど,和風意匠を織り交ぜています。シンプルなジェームズ館と違って武田らしい装飾的な意匠です。

 米国人ファウラー家の寄付を基に建てられた建物。1923(大正12)年の関東大震災以降は煉瓦造りから鉄筋コンクリート造りが主流となり、この建物も昭和初期の鉄筋コンクリート造りですが、同志社大学から女子大に連なる建物群との調和を配慮して煉瓦タイルを貼って外観の調和を図っています。栄光館は何度か改修工事を行っていますが、1951(昭和26)年の改修をヴォーリズ事務所が請け負っています。鉄筋コンクリート造り2階建て、塔屋付の国登録有形文化財。

同志社女子大学 栄光館 1932(昭和7)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 大倉土木
京都市上京区今出川通寺町西入ル玄武町636
撮影 : 2006.6.24




c0112559_9545031.jpg
 八角形の塔屋に和風(というか中国のホテルのような)の意匠を取り入れているのが面白い。当初は大きな時計とその機械室があったが撤去され、現在はステンドグラスがはめ込まれた瞑想室となっているそうです。
c0112559_9515494.jpg
 
c0112559_953118.jpg
 正面には3連アーチ窓を設けたり、ベランダ周りもジェームズ館に比べてより装飾的になっています。
c0112559_105308.jpg
c0112559_1054513.jpg
 一階の扉もレトロです。ガラス枠が塔屋と同じ八角形。c0112559_1074769.jpgc0112559_108191.jpg















c0112559_1083132.jpg
c0112559_10183814.jpg
 階段と1階の廊下。
c0112559_1010617.jpg
 約1600人収容できる講堂(ファウラーチャペル)ですが、手ぶれしてしまっています。
c0112559_10112426.jpg
 講堂にあるパイプオルガン。
c0112559_10122140.jpg
 
c0112559_10123170.jpg
 2階にも座席が並ぶファウラー講堂。
c0112559_1014135.jpg
 通用口の向こうはジェームズ館です。
c0112559_1015944.jpg

by gipsypapa | 2008-06-25 10:20 | 建築 | Trackback | Comments(11)

同志社女子大学 ジェームズ館

c0112559_15141189.jpg
 2年前、ヴォーリズの作品↓を見に同志社大学に行った時に撮った写真です。ヴォーリズ作品は別のブログにアップしていますのでどうぞ。
アーモスト館 http://gipsymania.exblog.jp/4912096
啓明館 http://gipsymania.exblog.jp/4904385/
新島今遺品庫 http://gipsymania.exblog.jp/4897041/

 同志社大学今出川キャンパスは2回目です。初めて行った時は日曜日だったせいか東側のキャンパスは門が閉じていました。西側の同志社大学の建物だけ見て、そのあと念のため同志社女子大の京都御苑側にある正門に廻って確認しましたが、守衛所でキャンパス内には入れないと言われて断念。少しだけならOKということで栄光館の正面を撮影しただけだったのです。

 ところが、この日(土曜日)は啓明館前の東門もアーモスト館の入り口も開いていたので、東キャンパスに入ることができました。新島遺品庫から同志社女子大へ通じる小道を通って行けるようでしたので、そのまま行って最悪、女子大の正門から出ればいいと思って進んでいくと、栄光館の前になにやら人だかり。近づいて確認すると、偶然この日はオープンキャンパスだったのでした。受付に聞いてみると、予約なしでも特別に入ってもよいとの有難いお言葉。パンフレットや記念品まで頂いてしまいました。

 このジェームズ館は米国ジェームズ家の寄付によって建てられた、武田五一の設計による現存する最古の煉瓦造,瓦葺の校舎建築。外壁は赤レンガ積に花崗岩の白い水平ラインを配した武田にしてはシンプルなデザインです。

 栄光館(1930年着工)を中心に左右に、このジェームズ館(1913年着工)と静和館(1911年着工)(現存せず)が並んで、武田の同志社女子大3部作といわれました。レンガ造り2階建て,一部地下1階の登録有形文化財。

同志社女子大学 ジェームズ館 1914(大正3)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 清水組
京都市上京区今出川通寺町西入ル玄武町636
撮影 2006.6.24
c0112559_1520762.jpg
c0112559_15211817.jpg
 外壁のレンガは新しく見えます。近年改修されたのか。
c0112559_15234749.jpg
 東の端の部分。赤レンガに和風の寄せ棟の屋根が乗って。
c0112559_15272626.jpg
 床下の通気口。
c0112559_15283973.jpg
 定礎が1913年。竣工はその翌年です。
c0112559_15302566.jpg
 オープンキャンパスなので、遠慮なく中へ。普段ならおっさんは入れないところです。
c0112559_15324921.jpg
 1階のサロン。いつもは女子大生がおしゃべりをしているのでしょうか。
c0112559_153811100.jpg
c0112559_15393736.jpg
 サロンにあった背もたれの高い椅子。
c0112559_15413039.jpg
 開口部の上部にステンドグラスが。
c0112559_1546379.jpg
 1階廊下から・・
c0112559_15485777.jpg
c0112559_15513186.jpg
 木製の階段を上って2階へ。
c0112559_15561930.jpg
 2階の廊下。廊下部はアーチ状にし、南北外壁間を一体のレンガ壁でつないで剛性を高めているそうです。
c0112559_15591255.jpg
 同志社の女子教育にその生涯を捧げたM・F・デントン女史のレリーフ。
c0112559_1643764.jpg

by gipsypapa | 2008-06-23 16:13 | 建築 | Trackback | Comments(4)