タグ:東京 ( 158 ) タグの人気記事

文京区本郷のレトロ建築を歩く(その2)

東大の本郷キャンパスから西側の一帯を歩いた時に見かけた、詳細は不明ながら気になった建物を順不同に紹介します。
撮影 : 2014.7.30 & 31

金水館
c0112559_1130198.jpg
 鳳明館の近くにあるレトロな方形屋根の洋館。敷地の奥に建っているのでよくわかりませんが、アパートかもしれません。木造2階建て。

金水館
詳細不明
東京都文京区本郷5-32-18

本郷倶楽部
c0112559_11315667.jpg
 その近くにある和風住宅。調べると会社の施設のようです。木造2階建て。

三菱電機ビルテクノサービス(株)本郷倶楽部
詳細不明
東京都文京区本郷5-32-23

X邸
c0112559_11334425.jpg
 詳しい場所が分からなくなってしまいましたが、存在感のある住宅です。黒い下見板張りで、坂に建っており、玄関側から見ると2階建てですが、裏からは3階建てになっています。昭和初期以前の築であるのは間違いないでしょう。木造3階建て。

X邸
詳細不明
東京都文京区本郷5
c0112559_1135028.jpg
c0112559_1135117.jpg


MS邸
c0112559_11361337.jpg
 少し高くなった場所に建つ住宅。これも古そうです。木造2階建て。

 sy-f_ha-ys さんからこの住宅の詳細を教えていただいたので、データを修正します。大正末期に建てられた一連の東京市営真砂町住宅で、現存している3軒の一つです。2015.2.10

MS邸
旧東京市営真砂町住宅
1923(大正12)年
設計 : 東京市
施工 : 不明
東京都文京区本郷4-20
c0112559_1137652.jpg
c0112559_11412868.jpg

by gipsypapa | 2015-02-08 11:39 | 建築 | Trackback | Comments(6)

文京区の菊水湯

c0112559_119518.jpg
 鳳明館にチェックイン。館内散策をして、一風呂浴びて一休み。そうこうする間もなく、夕刻には東京の飲み友達と会うために外出。再び周辺を散策しながら、待ち合わせ場所へ向かいます。途中、レトロな銭湯「菊水湯」を発見。

 ネット情報では開業以来100年以上になるとあります。ただし建物は昭和37年に改築したそうです。むくり屋根の玄関に、歴史を感じる鬼瓦や懸魚を飾った外観です。木造平屋建て。

菊水湯
大正期 / 1962(昭和37)年改築
設計・施工 : 不明
東京都文京区本郷4-30-16
撮影 : 2014.7.30
c0112559_11102877.jpg
c0112559_1110393.jpg
c0112559_11105119.jpg
 「いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪」というブログに中の写真などがありましので、借用します。↓
c0112559_11114512.jpg
c0112559_11121974.pngc0112559_11123584.png
by gipsypapa | 2015-02-07 11:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

鳳明館の本館と森川別館

鳳明館には近くに、別に2軒の旅館があります。宿泊しなかったので外観を眺めただけですが、いずれもレトロ感たっぷりです。
撮影 : 2014.7.30

鳳明館本館
c0112559_10101976.jpg
 本館は明治時代の後期に下宿屋として建てられました。昭和初期になって宿屋兼旅館に改造し、さらに昭和20年に旅館建築に模様替えされたそうです。国の登録有形文化財の木造モルタル造り、2階建て、地下1階。

鳳明館本館
1905(明治38)年 /1945(昭和20)年、1950(昭和25)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
東京都文京区本郷5-10-5
c0112559_10125912.jpg

c0112559_10131075.jpg
c0112559_10132247.jpg
c0112559_10133469.jpg
c0112559_10134685.jpg
c0112559_10135786.jpg


鳳明館森川別館
c0112559_10145921.jpg
 もう1軒はもっとも新しい別館ですが、他の二つ同様にレトロな雰囲気があります。木造モルタル造り、鉄筋コンクリート造り、4階建て、地下1階。

鳳明館森川別館
1955(昭和30)年
設計・施工 : 不明
文京区本郷6-23-5
c0112559_101792.jpg
c0112559_10172084.jpg
c0112559_10173296.jpg
 Gigazine というHPに宿泊者が撮った内部の写真がありました。一部借用します。↓
c0112559_10185036.jpg














c0112559_1019238.jpgc0112559_10193849.jpg
by gipsypapa | 2015-02-05 10:21 | 建築 | Trackback | Comments(4)

鳳明館台町別館

c0112559_1450348.jpg

c0112559_145368.jpg
 


 東京の1泊目は鳳明館台町別館でした。鳳明館は歴史のある旅館で、近くに本館と森川別館もあります。本館が国の登録有形文化財なので、泊まりたかったのですが、空き部屋がなくここにしました。

 とはいえ、この別館も、時々このブログにコメントをくれる、ひろ009さんのブログ「ひろの東本西走!?」で知っていて、東京に行くなら一度は泊まってみたかった宿でした。

 戦後すぐの築ですが、内外ともに昭和レトロの香りがする家庭的な宿です。東京のど真ん中としては庶民的な値段設定。私は部屋での朝食付きのプランでした。

 玄関からの廊下は石を埋め込んだ印象的な床です。部屋の窓の形にもこだわりを感じさせる和風の意匠が取り入れられています。木造4階建て、地下1階。

鳳明館台町別館
1950(昭和25)年 / 1960(昭和35)年改築
設計・施工 : 不明
東京都文京区本郷5-12-9
撮影 : 2014.7.30 &31






c0112559_1453331.jpg
c0112559_14534535.jpg
c0112559_14535732.jpg
c0112559_1454762.jpg
c0112559_14541953.jpg
 坪庭に近いサイズの中庭があります。
c0112559_145549.jpg
c0112559_145519100.jpg
c0112559_1456136.jpg
 狭い廊下は見どころが多かったです。
c0112559_14564522.jpg
c0112559_1457351.jpg
c0112559_14571521.jpg
c0112559_14572646.jpg
c0112559_14574058.jpg
c0112559_14575259.jpg
 この部屋には外国人客がお泊りのようです。
c0112559_14582985.jpg
c0112559_14584480.jpg
c0112559_1459184.jpg
c0112559_14591295.jpg
c0112559_14592470.jpg
 玄関わきにある喫煙室は洋風のデザイン。
c0112559_150359.jpg
c0112559_1502646.jpg
c0112559_1505518.jpg
c0112559_1511165.jpg
 風呂は二つ。こちらはやや狭い一つ目。
c0112559_1515397.jpg
 二つ目は八角形?中央上部に湯気出しがあります。
c0112559_1523159.jpg
c0112559_1524331.jpg
c0112559_152542.jpg
 私が泊まった部屋は新しい棟でしたので、何の装飾もありません。欄間だけはそれなりです。
c0112559_1535657.jpg
c0112559_154993.jpg
c0112559_1542117.jpg
c0112559_154346.jpg
 朝は部屋食です。内容はごく普通です。(笑)
by gipsypapa | 2015-02-04 15:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)

求道会館

c0112559_1111543.jpg
 関東では数少ない武田五一設計の近代建築があります。求道会館は浄土真宗の僧侶でヨーロッパ留学経験もある近角常観(ちかずみじょうかん)が説法の場として建設したものです。

 どちらかというとキリスト教の教会かとも見える煉瓦造りの重厚な外観。正面2階の5連アーチ窓や玄関の石の円柱など、洋風の意匠です。

 この日は閉まっていて中は見ることができませんでしたが、正面に本尊が安置されている六角堂があり、その手前に演壇があるとか。なお毎月第四土曜日の限られた時間帯のみ見学ができるそうです。東京都指定有形文化財の煉瓦造り、一部鉄筋コンクリート造り、2階建て。

求道会館
1915(大正4)年
東京都指定有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 戸田利兵衛(戸田組)
文京区本郷6-20-5
撮影 : 2014.7.30
c0112559_11115534.jpg
c0112559_1112680.jpg
c0112559_11121690.jpg
c0112559_11122934.jpg
c0112559_11124034.jpg
c0112559_11125046.jpg
c0112559_1113046.jpg
 ↓ の2枚の内部写真は「建築マップ」のHPから借用しました。
c0112559_11141186.jpg
c0112559_11142211.jpg
 こちらは「ケンチク者」というブログから借用しました。
c0112559_1115736.jpgc0112559_11151840.jpg










c0112559_1115435.jpgc0112559_11155629.jpg
by gipsypapa | 2015-02-03 11:17 | 建築 | Trackback | Comments(0)

文京区のレトロな住宅群

東大の西側には、今まで紹介してきた文化財の住宅以外にも見どころが多い住宅があります。
撮影 : 2014.7.30

YB家住宅
c0112559_14353576.jpg
 金澤家住宅の前にある歴史を感じさせる和風建築の住宅。黒い下見板張りで、1階、2階ともに軒が高い立派な建物。2階の窓の高欄(手すり)が印象的です。木造2階建て。

YB家住宅
昭和初期か?
設計・施工 : 不明
東京都文京区西片2
c0112559_14361873.jpg


YY邸
c0112559_1437360.jpg
 緩やかな坂に沿って建つ平屋建て。屋根が重なったような面白い格好をしています。木造平屋建て。

YY邸
詳細不明
東京都文京区本郷2
c0112559_14373180.jpg

c0112559_14374095.jpg


KJ邸
c0112559_14384742.jpg
 もう一つ平屋建ての古そうな住宅がありましたが、はっきりした場所がどこだったか忘れてしまいました。木造平屋建て。

KJ邸
詳細不明
東京都文京区本郷
c0112559_14404972.jpg
c0112559_14412164.jpg
c0112559_1441365.jpg
c0112559_14414724.jpg

by gipsypapa | 2015-02-01 14:42 | 建築 | Trackback | Comments(0)

文京区の金澤家住宅主屋・洋館

c0112559_8163245.jpg
 この住宅も和洋折衷の文化財です。良好な住宅地として知られる本郷西片地区の面影を伝える昭和初期住宅のひとつ。東京美術学校建築科の助教授であった金澤庸治が父親のために建てた住宅だそうです。

 主屋は2階建ての純和風建築。その手前に板塀に沿って平屋建て、下見板張りの洋館があります。こちらは北西面の外壁と屋根の一部をガラス張りとしていることから、アトリエだったことがわかります。さらに切妻屋根の右手に、小さな寄棟の応接室がつながっています。建築設計事務所兼自宅として使われたそうです。いずれも国の登録有形文化財。

金澤家住宅主屋・洋館
1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計 : 金澤庸治
施工 : 清水組
東京都文京区西片2-2-7
撮影 : 2014.7.30
c0112559_818015.jpg
c0112559_8181089.jpg
c0112559_8182018.jpg
c0112559_8183066.jpg
 洋館の背後に大きな和風住宅があります。
by gipsypapa | 2015-01-30 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(0)

文京区の平野家住宅

c0112559_9172927.jpg
 西片の洋館の二つ目です。大正時代に建てられた和洋折衷の大型住宅で、門を入って右手に洋館。左手に簓子下見の和風の棟があります。元は中央公論社創設者の麻田駒之助氏の自邸だったものです。

 洋館部は白タイル貼りでハーフティンバースタイル。かなり背が高い建物で、屋根窓がちらりと見えました。主玄関とは別の玄関と階段室があるそうです。非常に良い状態で使われ続けています。

 設計は曽禰達蔵の下で三菱の丸の内赤煉瓦オフィス街の設計を行ったのち、独立して先駆的な住宅設計を手がけたことで知られる、保岡 勝也(やすおか かつや 1877 – 1942)。このブログでも上野ビル旧三菱合資会社唐津支店本館を紹介しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

平野家住宅
旧麻田駒之助邸
主家:1921(大正10)年/ 洋館1922(大正11)年
登録有形文化財
設計 : 保岡勝也
施工 : 不明
東京都文京区西片2-9-12
撮影 : 2014.7.30
c0112559_9204317.jpg
c0112559_921798.jpg
c0112559_9211671.jpg
c0112559_9213987.jpg
c0112559_9215122.jpg
 玄関が中央にあり・・・
c0112559_9222611.jpg
 左側に主屋。純和風の邸宅です。
c0112559_9232139.jpg

by gipsypapa | 2015-01-29 09:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)

文京区の橋本家住宅

c0112559_8565383.jpg
 文京区の西片一帯は住宅地で古い洋館がいくつか残っています。それらを見ながら、今日の宿に向かって行きました。

 白いドイツ壁にライトブルーの寄棟の先端を切り落とした屋根が特徴で、妻面はハーフティンバー風のよさそうな住宅ですが、前面に木が生い茂って、あまり見えないのが残念。冬に再訪したら落葉して、もう少し見えるかも知れません。元は病院らしい、国の登録有形文化財の木造2階建て。

橋本家住宅
1933(昭和8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
東京都文京区西片2-8-11
撮影 : 2014.7.30
c0112559_8573548.jpg
c0112559_8574435.jpg
c0112559_8575444.jpg
c0112559_858464.jpg

by gipsypapa | 2015-01-28 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本基督教団 西片町教会

c0112559_10291962.jpg
 東大農学部を出て、本郷通りを西へ渡って、今日の宿の方向へ向かいましたが、途中にまだまだ見たい建物があります。

 西片町教会は1889(明治22)年、東片町に「日本メソジスト駒込教会」として創立され、1896(明治29)年に現在地に移転してきたのが前身。現在の教会堂は昭和初期に献堂されたゴシック様式の教会です。木造2階建てですが、最近外装の改修が行われたようで、タイル貼りになって木造の風情がなく、レトロ感もなくなっています。

日本基督教団 西片町教会
1935(昭和10)年
設計 : 伊藤為吉
施工 : 不明
東京都文京区西片2-18-18
撮影 : 2014.7.30
c0112559_10305333.jpg
c0112559_1031580.jpg
c0112559_10311714.jpg
c0112559_10312731.jpg
 ネットにあった内部写真です。「東京ロケーションボックス」から借用しました。↓
c0112559_1032833.jpg

c0112559_10325836.jpg
c0112559_10331268.jpg

 ↓こちらは「街の風景」から借用しています。内部はオリジナルの状態を保っているように見えます。
c0112559_1034245.jpgc0112559_10344141.jpg














c0112559_1035492.jpgc0112559_10352790.jpg
by gipsypapa | 2015-01-27 10:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)