タグ:東京 ( 158 ) タグの人気記事

築地の旧ワカマツヤ洋品店

c0112559_8495763.jpg
 こちらも銅板建築。瓦葺の方形屋根の和風住宅に銅板を貼り、2階はユニークな洋風な手すりのベランダがあります。元は洋品店で、一時的に「ぎゃらりー若松屋」となっていたらしいのですが、シャッターが下りていて、何の表示もありません。木造2階建て。

旧ワカマツヤ洋品店
1930(昭和5)年ころ
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地6-12-3
撮影 : 2014.11.16
c0112559_8504739.jpg
c0112559_8505832.jpg
c0112559_851984.jpg

by gipsypapa | 2015-06-01 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)

築地の3軒長屋(その2)

c0112559_9465863.jpg
 こちらの長屋は珍しい銅板貼りで、しかも近年は許可されない木造の3階建てです。いかにも庶民の長屋という雰囲気ですが貴重です。ネット情報では築地には銅板貼りの建物が他にもいくつかあるようです。いずれにしろ昭和初期以前の建物と思います。木造3階建て。

築地の銅板3軒長屋
詳細不明
東京都中央区築地6-12-8
撮影 : 2014.11.16
c0112559_9534835.jpg

c0112559_9482053.jpg
c0112559_9483886.jpg
c0112559_9485032.jpg
c0112559_9485949.jpg
c0112559_949759.jpg


こちらは通りの向かい側にあるMN邸。商店建築だったようです。↓
c0112559_95775.jpg
c0112559_9571959.jpg

by gipsypapa | 2015-05-31 09:54 | 建築 | Trackback | Comments(2)

築地の3軒長屋(その1)

c0112559_9111862.jpg
 築地は戦災に合わなかったか、被害が少なかったのでしょう、古そうな民家が数多く残っています。築年などの詳細は分かりませんが、この3軒の和風住宅は少なくとも戦前からあるように感じます。いずれも木造2階建て。

築地の3軒長屋
詳細 : 不明
東京都中央区築地6-7
撮影 : 2014.11.16
c0112559_912630.jpg
c0112559_9121648.jpg
c0112559_9122863.jpg
c0112559_9124078.jpg
c0112559_9125110.jpg
c0112559_913370.jpg
c0112559_9131649.jpg
c0112559_9132876.jpg
 手前の住宅も古そうです。
by gipsypapa | 2015-05-29 09:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)

中央築地六郵便局

c0112559_8483662.jpg
 せっかく築地まで来たので、周辺のレトロな建物を散策しました。中央築地六郵便局(ちゅうおうつきじろくゆうびんきょく)は昭和初期に建てられた洋風ファサードの郵便局で、今も現役です。築地六というのは、築地6丁目からきているのでしょう。木造2階建て。

中央築地六郵便局
1930(昭和5)年ころ
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地6-8-5
撮影 : 2014.11.16
c0112559_8491862.jpg
 通りかかったら先客のカップルが建物を見上げていました。同じ趣味の人かと思い、声をかけると、そうではありませんでした。昔この郵便局に勤めておられた人で、職場結婚して、今はご夫婦。久しぶりに訪ねたとのことでした。
c0112559_850470.jpg
 お二人によると、2階部分は窓以外は昔と同じで、1階はサッシになっているが、昔は感じのよい木の扉だったそうです。
c0112559_8505534.jpg
c0112559_851870.jpg
 私が古い建物を見て歩いていると聞いて、すぐそこに昔よく昼食を食べた蕎麦屋さんがあって、古い建物だったと教えてくれました。
c0112559_8513087.jpg
 その蕎麦屋さん。さすがに廃業して、空き家になっているようです。
c0112559_8523119.jpg

by gipsypapa | 2015-05-28 08:54 | 建築 | Trackback | Comments(0)

築地本願寺本堂

c0112559_9493839.jpg
 蔵前のホテルに泊まっていますが、夜のライブまではすることがありません。この機会に前から見たかった築地本願寺に行きました。

 浄土真宗本願寺派の関東における拠点で、伊東忠太(いとう ちゅうた 1867 - 1954)の代表作、かつ重要文化財の寺院建築です。当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と親交があったため設計を依頼されたようです。

 インドの古代仏教建築をモチーフとした特異な外観です。本尊を安置する中央部と北翼部(向かって左)、南翼部(同右)からなる左右対称の配置。屋上中央に半筒形のヴォールト屋根があり、正面はインドの石窟寺院風のデザインになっています。北翼と南翼の屋上にはそれぞれインドの仏塔(ストゥーパ)風の塔屋があり、北側は鐘楼、南側は鼓楼だそうです。国の重要文化財の鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨鉄筋コンクリート造り、2階建て、一部地下1階、塔屋二所付き。

築地本願寺本堂
1934(昭和9)年
重要文化財
設計 : 伊東忠太
施工 : 松井組
東京都中央区築地3-15-1
撮影 : 2014.11.16
c0112559_9512991.jpg
c0112559_951414.jpg
 正門、北門と南門の門柱も重要文化財です。
c0112559_9524853.jpg

c0112559_9522747.jpg
c0112559_9523897.jpg
 中央部正面には4本の列柱を有する向拝と大階段。
c0112559_9525997.jpg
 左右に2体の獅子像。
c0112559_9582983.jpg
c0112559_9584446.jpg
c0112559_9585497.jpg
 このライオンは飛びますね。羽が生えています。
c0112559_9595536.jpg
c0112559_1002527.jpg
c0112559_1003621.jpg
c0112559_1004967.jpg
 独特の曲線を描く、大階段の手摺。
c0112559_101239.jpg
c0112559_1013882.jpg
c0112559_1015016.jpg
c0112559_102275.jpg
c0112559_1021548.jpg
c0112559_1022974.jpg
c0112559_1024375.jpg
c0112559_102564.jpg
c0112559_1031379.jpg
c0112559_1032893.jpg
  「広間」と称する横長の前室を経て・・・
c0112559_1043373.jpg
c0112559_104486.jpg
c0112559_105924.jpg
 参拝者のための空間である外陣は椅子席。
c0112559_1054335.jpg
c0112559_1055636.jpg
c0112559_10695.jpg
c0112559_1062720.jpg
 左に見えるのはパイプオルガンのようです。むむむ。
c0112559_1064448.jpg
 奥は本尊を安置する内陣です。
c0112559_1073456.jpg
 2階の窓は日本の仏教寺院にみられる花頭窓。
c0112559_1082146.jpg
c0112559_1083868.jpg
c0112559_1010560.jpg
c0112559_10101837.jpg
c0112559_10103378.jpg
c0112559_10104715.jpg
c0112559_1011374.jpg
c0112559_10111648.jpg

c0112559_10112990.jpg
 中庭もあります。
c0112559_101385.jpg
c0112559_10133190.jpg
c0112559_10134623.jpg
c0112559_1014296.jpg
 自分のカメラでは撮れない広角ショット。ウィキペディアから借用します。
by gipsypapa | 2015-05-27 10:15 | 建築 | Trackback | Comments(4)

御蔵前書房

c0112559_8262523.jpg
 都営浅草線の蔵前駅に向かう途中で見つけた古書店、御蔵前書房(おくらまえしょぼう)。「大江戸・大東京関係・相撲文献」という看板が強烈です。

 御蔵前書房のHPによると、「江戸幕府の諸資料から庶民芸能のオリジナル資料、古文書・和本・草稿・書簡・書籍・雑誌・錦絵・版画などなど、在庫の充実を目指しております。特に国技の相撲の分野には、在庫目録に掲載できないもの多く、お問い合わせください。」とあります。

 蔵前といえば昭和60年まで国技館があって、両国に移転するまでは相撲の町として栄えたところ。なるほど。

 建物はいわゆる看板建築で、古い下見板張りの壁に落下防止のネットが張ってあります。淡い緑色の縦板がネットを固定するために追加されたようです。建物の詳細は見つかりませんでしたが、戦後の築らしいです。木造2階建て。

御蔵前書房
詳細 : 不明
東京都台東区蔵前3-12-10
撮影 : 2014.11.16
c0112559_8284384.jpg
c0112559_8285582.jpg
c0112559_829870.jpg
c0112559_8291946.jpg
c0112559_8293279.jpg

by gipsypapa | 2015-05-26 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)

蔵前の厩橋

c0112559_10173476.jpg
 恒例のジプシーバンド、Gitano Family の2014年ライブが昨年11月に始まりました。関東では神奈川県大磯から始まり、東京は原宿、広尾から神奈川に戻り横浜と横須賀と全5公演を行いました。

 この後、中部地方、四国の高松と続く、かなり厳しいツアーです。今回も全行程同行しました。東京でのホテルが蔵前だったので、合間を見て周辺の建築探索もやりましたので、アップします。

 ホテルの近くの隅田川に架かる厩橋(うまやばし)です。橋全体に馬を連想させるレリーフなどがあります。橋名は西岸にあった「御厩河岸(蔵前の米蔵の荷駄馬用の厩)」にちなむそうです。

 明治中期にできた橋が関東大震災で被災し、その復興計画により架橋されたのが現在の橋です。3径間下路式タイドアーチ橋。

厩橋
1929(昭和4)年
設計・施工 : 東京市土木局
橋桁制作 : 浅野造船所
東京都台東区蔵前2 ~台東区蔵前1
撮影 : 2014.11.16
c0112559_1020530.jpg
c0112559_10201484.jpg
 今は溶接とボルトですが、昔の鉄橋はこのようにリベットでつないでいます。
c0112559_10205125.jpg
c0112559_102117.jpg
c0112559_10211315.jpg
c0112559_10212359.jpg
c0112559_10213816.jpg
c0112559_10214974.jpg
c0112559_10215828.jpg
 橋の中ほどからスカイツリーが見えます。
c0112559_10224059.jpg
 会場へ出勤途中のバンドメンバーを記念撮影。
c0112559_10232720.jpg
c0112559_10233957.jpg

by gipsypapa | 2015-05-25 10:25 | 建築 | Trackback | Comments(4)

東京銀座のヨネイビルディング

c0112559_932852.jpg
 東京ステーションホテルで1泊しましたが、前夜の同窓会の酒が抜けきっていません。朝から銀座の見逃している建物を探索するつもりで、歩きました。地図を持っていましたが、似たようなビルが立ち並び、なかなかお目当てが見つかりませんでした。暑いということもあり、結局見たのはこれだけでした。

 「ヨネイビルディング」は、当時、機械や資材等の輸出入を行なう銀座の商社、米井商店の本社ビルとして建てられました。

 外観は中世ロマネスク風といわれています。上層階は直線を強調したオフィスビルで、現代的な色合いもあります。1階部分はいわゆる中世ロマネスク。重厚な石貼の外壁に配された大小のアーチ窓には螺旋模様が施されています。2階以上にはたらこったの装飾があり、外壁はタイル張りだったそうですが、今はモルタル仕上げに変わっています。

 設計は台湾で活躍し、旧台湾総督府交通局逓信部台湾総督府台北賓館監察院などを手掛け、同じ銀座の丸嘉ビルを設計した森山松之助。東京都選定歴史的建造物の鉄骨鉄筋コンクリート造り6階建て、地下1階。

 追加画像です。2年ぶりに前を通りかかったので、中に入ってみました。2016.11.27

ヨネイビルディング
旧米井商店本社ビル
1930(昭和5)年 / 1951(昭和26)年増築
東京都選定歴史的建造物
設計 : 森山松之助
施工 : 清水組
東京都中央区銀座2-8-20
撮影 : 2014.8.1
c0112559_965556.jpg
c0112559_97799.jpg
c0112559_972126.jpg
c0112559_973458.jpg
c0112559_974463.jpg
c0112559_975550.jpg
c0112559_98950.jpg
c0112559_982328.jpg
c0112559_983257.jpg
 現代的なビルの窓に映りこんだヨネイビルディング。

 前回はなかったアンチ・シャルバンティエ銀座メゾンという洋菓子店が1階のテナントになっています。2016.11.27
c0112559_9244822.jpg
c0112559_925221.jpg
c0112559_9251660.jpg
c0112559_9253386.jpg

 食べログにあったショーウィンドウの写真。
c0112559_9265336.jpg

by gipsypapa | 2015-02-23 09:09 | 建築 | Trackback | Comments(4)

JR東京駅丸ノ内本屋(東京ステーションホテル)

c0112559_92348.jpg
 本郷地区を後にして、今日の宿泊は東京ステーションホテルです。暑い一日でした。同窓会は夜なので、一旦チェックインして一休みしました。

 2012年に復元工事が完了してから、何度か東京駅を通りましたが、乗換程度で、今回初めてじっくり新駅舎を見たわけです。旧駅舎の写真を撮って、このブログにアップしてから、すでに8年経過しています。この時の駅舎は、戦災で屋根や内部を焼失したため、1951(昭和26)年に改修された2階建てでした。

 2007(平成19)年から始まった工事は、戦災以前の駅舎の姿に近い形態に復原する工事でした。鉄骨鉄筋コンクリート壁で躯体を増築して建築当初の3階建てに戻した上で、外壁、尖塔、南北両ドームの内外の意匠も再現し、新たに地下1・2階を増築し免震装置を設置したそうです。この工事は鹿島・清水・鉄建 建設共同企業体が担当。

 建築様式はゴシックとルネサンスの折衷で、いわゆる辰野式フリー・クラシックの様式です。ドーム内部、3階以上の壁面と天井面は、干支や 2m を超える大きさのワシの彫刻やレリーフが再現され、見どころになっています。国の重要文化財の鉄骨煉瓦造り、2階建て、一部3階建て。

JR東京駅丸ノ内本屋(東京ステーションホテル)
1914(大正3)年 / 2012(平成24)年復原
重要文化財
設計 : 辰野金吾、辰野葛西建築事務所(実施設計)
施工 : 大林組ほか
東京都千代田区丸の内1-9-1
撮影 : 2014.7.31 & 8.1
c0112559_943995.jpg
c0112559_945322.jpg
c0112559_95812.jpg
c0112559_952143.jpg
c0112559_95333.jpg
c0112559_954844.jpg
c0112559_96184.jpg
c0112559_961387.jpg
c0112559_962494.jpg
 南口から頭上のドームを見ています。
c0112559_97557.jpg
c0112559_972297.jpg
 この写真とその次の写真は8年前のものです。↓
c0112559_984485.jpg
c0112559_973850.jpg

c0112559_985731.jpg
 南口からレストラン街に向かう階段。
c0112559_9142241.jpg
 窓から中央郵便局が目の前に見える位置にあります。
c0112559_9144478.jpg

c0112559_9145663.jpg
 宿泊客以外でもこの階段を上り下りできます。レストラン街で何か食べるかどうかは自由です。
c0112559_9163240.jpg
 東京ステーションホテルの廊下。
c0112559_9172561.jpg
c0112559_9173914.jpg
 泊まった部屋です。
c0112559_91824100.jpg
c0112559_9183964.jpg
 天井が高い。
c0112559_9185460.jpg
 バスルーム。部屋はクラシック調ですが、設備やアメニティは最新鋭のものでした。
c0112559_9203070.jpg
 快適です。天井だけでなく値段も高いけど。(笑)
c0112559_9204432.jpg
 部屋は南口ドームを望む位置にあります。
c0112559_9213836.jpg
c0112559_9215364.jpg
c0112559_922669.jpg
c0112559_9221929.jpg
c0112559_9223182.jpg
c0112559_9224451.jpg
c0112559_923697.jpg
 ドームに描かれた干支。
c0112559_9234344.jpg
 有名な話ですが、東京駅には12支のうちの8支しかないとか。
c0112559_9245385.jpg
 残りの4支は、この次の年に辰野金吾が建てた武雄温泉楼門にあるそうです。遊び心ですね。
c0112559_9293028.jpg
  2m を超える大きさのワシの彫刻。
c0112559_9302535.jpg
 朝食は駅舎中央の最上階にある大食堂、ジ・アトリウムで。
c0112559_9311473.jpg

c0112559_9312913.jpg
 これはウィキペディアにある夜景。素人ではこんなきれいな夜景は無理です。
by gipsypapa | 2015-02-20 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(6)

東京本郷のさかえビル

c0112559_109071.jpg


c0112559_1012999.jpg 本郷中央教会の東隣りの三叉路角にあるビルは、元は薬学博士だった近藤栄一氏の薬学研究所を兼ねた事務所ビルでした。今は1階にコンビニが入っています。

 上層階を見上げると、淡いグリーン色の興味深い建物。角の隅切りの面に入り口を置き、2階の左右にはテラコッタの半円アーチと両脇にベイス(飾り壺)を飾っています。全体的にアール・デコの香りのする優れたデザインです。設計者は外国人とも言われているようですが、詳細は分かりませんでした。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て、地下1階。

さかえビル
旧近藤栄一事務所
1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計 : 不明
施工 : 島藤建設
東京都文京区本郷3-38-10
撮影 : 2014.7.31

c0112559_10122548.jpg
c0112559_10125731.jpg
c0112559_10123911.jpg
c0112559_10124832.jpg
c0112559_1013672.jpg

by gipsypapa | 2015-02-19 10:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)