タグ:村野藤吾 ( 7 ) タグの人気記事

北國銀行武蔵ヶ辻支店

c0112559_08100560.jpg
金沢駅の兼六園口から東に進むと、近江町市場の手前にレトロな建物、北國銀行武蔵ヶ辻支店(ほっこくぎんこうむさしがつじしてん)があります。元は加能合同銀行本店として昭和初期に建てられた銀行建築ですが、当時としてはモダンな外観です。明るい褐色のレンガ風タイル張りで、教会を思わせる縦長の尖塔アーチを三つ並べたファサードが印象的です。

設計は渡辺節建築事務所で日本興業銀行本店、ダイビル本館、綿業会館などの設計に携わり、独立後は近三ビルジング関西大学簡文館世界平和記念聖堂などの個性的な洋風建築のほかにも三養荘新館などの和モダンな建物を数多く手がけた村野藤吾です。鉄筋コンクリート造り3階建て。

北國銀行武蔵ヶ辻支店
旧加能合同銀行本店
1932(昭和7)年
設計 : 村野藤吾
施工 : 清水組石川県金沢市青草町88
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08151358.jpg
c0112559_08183427.jpg
外観が新しく見えるのは、近江町市場の再開発時に少し東側へ移設した際に改修されたためと思われます。
c0112559_08154213.jpg
c0112559_08163782.jpg
c0112559_08160537.jpg

by gipsypapa | 2017-11-20 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(0)

関西大学簡文館

c0112559_9584257.jpg
 千里山から歩いて関西大学へ行きました。関西大学の千里山キャンパスは1922(大正11)年の開校なので、歴史ある建物があっても不思議ではありませんが、文化財に登録されているのは、この簡文館だけ。ほとんどすべての校舎は新しいものに建て替えられているのでしょう。

 「関西大学簡文館」の古い部分は1928(昭和3)年に図書館として建築されました。その後、数度の増改築がありしたが、1955(昭和30)年の関西大学創立70周年記念事業の一環として円形建物が増築され、現在の博物館の展示室となっています。

 増築部の設計は、現代的な表現技法と伝統的な建築素材を融合する建築様式を確立して、和風建築の設計にも手腕を発揮し、数寄屋住宅の名手といわれた村野藤吾(むらの とうご1891 – 1984)。このブログではすでに世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)近三ビルジング中村健太郎法律経済事務所三養荘新館第一住建梅ヶ枝ビルを紹介しています。

 村野氏はこれ以外にも、関西大学の千里山キャンパスで、昭和26(1951)年から約30年間に40近くの建物を設計しているそうなので、そろそろ新たに文化財登録される建物も出てくるかもしれません。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造3階建て。

関西大学簡文館
1928(昭和3)年 / 1955(昭和30)年(増築)
登録有形文化財
設計 : 村野藤吾(増築部)
施工 : 竹中工務店(増築部)
吹田市山手町3-3-35
撮影 : 2014.6.19
c0112559_1025757.jpg
c0112559_103712.jpg
c0112559_1032730.jpg
c0112559_104257.jpg
c0112559_104212.jpg
c0112559_1043038.jpg
 2階のカラフルな装飾タイル。
c0112559_105086.jpg
c0112559_1051072.jpg
 こちらが昭和3年築の旧図書館。これも3階建てで、レトロ感があります。
c0112559_1054047.jpg
c0112559_1055166.jpg
c0112559_106116.jpg
c0112559_1061076.jpg
 玄関周りも円形。
c0112559_1063917.jpg
c0112559_1064747.jpg
 螺旋階段です。丸が多い。
c0112559_1071918.jpg
c0112559_1072880.jpg
c0112559_1073886.jpg
c0112559_1074635.jpg
 博物館に入ります。
c0112559_1085082.jpg
c0112559_108583.jpg
c0112559_109795.jpg
c0112559_109167.jpg
 この日の展示は角倉素庵と俵屋宗達でした。これは俵屋宗達の「楊梅図屏風」。
c0112559_1094825.jpg
c0112559_1095741.jpg
c0112559_1010438.jpg
c0112559_10101286.jpg
c0112559_1010218.jpg
c0112559_10103057.jpg
c0112559_10103923.jpg

by gipsypapa | 2015-01-15 10:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪西天満の第一住建梅ヶ枝ビル

c0112559_8472088.jpg
 大江ビルの近くに村野藤吾が設計したビルがあるのを知り立ち寄りました。もともとモダンな作風だし戦後の建物ということで現代的なものを予想していましたが、まったくその通り。

 全く装飾がない黒褐色のタイル張り外壁は同じ村野藤吾が設計した東京の近三ビルジングと共通する雰囲気があります。ただ、タイルのサイズはこちらが大きいです。鉄筋コンクリート造り、4階建て。

第一住建梅ヶ枝ビル
旧新梅ヶ枝ビル
1962(昭和37)年
設計 : 村野藤吾(村野・森建築事務所)
施工 : 不明
大阪市北区西天満6-2-11
撮影 : 2014.4.11
c0112559_8483384.jpg
c0112559_8484229.jpg
c0112559_8485364.jpg
c0112559_849234.jpg
 第一住建のHPに内部の写真がありました。 ↓
c0112559_8493825.jpg
c0112559_8494799.jpg

by gipsypapa | 2014-07-17 08:50 | 建築 | Trackback | Comments(0)

伊豆長岡温泉 三養荘新館

c0112559_8122647.jpg
 新館の設計者は、現代的な表現技法と伝統的な建築素材を融合する建築様式を確立して、和風建築の設計にも手腕を発揮し、数寄屋住宅の名手といわれた村野藤吾(むらの とうご1891 – 1984)。90才を過ぎてからの晩年の作品です。

 玄関棟から縦横に走る長い廊下に多くの客室がぶら下がるように連なる面白い構造。離れ形式の客室を廊下でつなぐという、工夫された意匠はここの見どころです。

 玄関から西の奥へ奥へと進むと、会議室や大広間、浴場などの共通設備の棟。そこをさらに北に進むと本館の廊下につながる壮大な建物群です。自然の地形を生かした造りになっていて、平屋ながら廊下に傾斜をつけたり階段があったりします。特に玄関から大浴場へ続く廊下は距離が長いため、直線ではなく変化を持たせることで距離を感じさせない配慮をしているわけです。木造平屋建て、一部2階建て。

三養荘新館
1988(昭和63)年
設計 : 村野藤吾
施工 : 不明
伊豆の国市墹之上270
撮影 : 2014.2.23-24
c0112559_8132821.jpg
 玄関から
c0112559_8135452.jpg
 ロビーへ。
c0112559_8141890.jpg
c0112559_8143088.jpg
c0112559_8144174.jpg
c0112559_8145134.jpg
c0112559_8145999.jpg
c0112559_815942.jpg
c0112559_8151840.jpg
c0112559_8152842.jpg
 ここから本館まで長い廊下が続きます。途中に枝分かれした所に部屋がぶら下がる構造です。
c0112559_8164726.jpg
c0112559_8165844.jpg
c0112559_81798.jpg
c0112559_8171968.jpg
c0112559_8173028.jpg
c0112559_8174233.jpg
c0112559_8175196.jpg
c0112559_8180100.jpg
c0112559_8181021.jpg
c0112559_8182174.jpg
c0112559_8183148.jpg
 泊まった部屋は「夕月」。本間+次の間+化粧の間、掛け流し内湯付きというタイプです。基本的に三養荘の新館は同じような構成になっているようです。
c0112559_8193632.jpg
c0112559_8194996.jpg
c0112559_820092.jpg
 本間、次の間、洗面所、化粧の間からなり、庭(マイガーデンです)に面した広縁があり、ゆったりとした和室です。廊下も含めて、とにかく広い。
c0112559_8211077.jpg
 奥の広い脱衣所から内風呂へ。床に伊豆石を使用した源泉かけ流しで、一番気に入ったところです。もちろん共同の大浴場もあります。
c0112559_8232358.jpg
c0112559_8233484.jpg
 食事は部屋で懐石料理。部屋係の仲居さんが食べ終わるのを見計らって次の料理を持ってくる方式でした。係の仲居さんの後ろにはもう一人、部屋の入口まで料理を運ぶ役の仲居さんがいたようです。便利なようで、なかなかマイペースで食べられないのが、玉にきずか。
c0112559_827125.jpg
 玄関脇に定礎の刻印。「昭和六十三年 堤 義明」と刻まれていました。新館ができたころからプリンスホテル系列だったわけです。
c0112559_8312156.jpg
c0112559_8313344.jpg
c0112559_8314531.jpg
c0112559_832750.jpg
c0112559_8321844.jpg
c0112559_8322767.jpg
 敷地の入口にある円形のラウンジ。これも村野藤吾設計。
by gipsypapa | 2014-05-31 08:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪北浜の中村健太郎法律経済事務所

c0112559_1635940.jpg
 間口が狭いビルのうえに、現代的な外観をしているため、見逃してしまいそうですが、昭和初期の村野藤吾の作品です。20世紀の日本を代表する建築家の一人であり、戦後の活躍もあって作品数が多い建築家ですが、この作品は渡辺節建築事務所から独立して間もないころの設計です。

 このブログでも渡辺節建築事務所時代のダイビル本館綿業会館。独立後の近三ビルジングフジカワビル世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)輸出繊維会館を取り上げています。

 このビルは昭和初期のモダニズム様式を取り入れながら、白いタイル貼りの壁面に、玄関上にアイアングリルを配するなど、簡素な印象ですが、細部に建築家としてのこだわりを感じさせます。各種の書籍やネットでは、中村健法律事務所として紹介されることが多い建物です。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

中村健太郎法律経済事務所
1938(昭和13)年
設計 : 村野藤吾(村野建築事務所)
施工 : 不明
大阪市中央区北浜2-4-10
撮影 : 2010.6.17
c0112559_1639577.jpg
c0112559_16391514.jpg
c0112559_16392335.jpg
c0112559_16393322.jpg
c0112559_16394215.jpg

by gipsypapa | 2011-01-09 16:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)

近三ビルジング

c0112559_13385243.jpg
 まったく装飾がない黒褐色のタイル張りのビル。知らなければ古いビルとは気付かないはずです。実は前回の丸石ビルと同じ昭和6年に建てられた近三(きんさん)ビル。整然と並ぶ角窓の配列は現代のビルそのもの。当時では斬新に見えたでしょう。当時のモダニズム指向を象徴する建物です。なお「近三」の名は、本業だった呉服屋の屋号「近江屋三左衛門」に由来しているとか。

 設計はそごう百貨店(大阪・現存せず)、大阪新歌舞伎座、兵庫県立近代美術館、新高輪プリンスホテル、世界平和記念聖堂(広島)など、戦前戦後に渡り数多くの作品を残した村野藤吾。近三ビルは彼が独立後に初めて手掛けた作品。1956、60年に改修工事が行われ、当初の7階建てが8階建てになっています。東京都選定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り8階建て、地下1階。

近三ビルジング
旧森五商店東京支店ビル 1931(昭和6)年
東京都選定歴史的建造物
設計 : 村野藤吾
施工 : 竹中工務店
東京都中央区日本橋室町4-1-21
撮影 : 2008.12.13
c0112559_13413050.jpg
c0112559_13415655.jpg
c0112559_13422834.jpg
c0112559_1343084.jpg
c0112559_13432653.jpg
 近づいても撮りたくなるような装飾がないので、進んでいくと正面左側に玄関があり、中を覗くとびっくり。ホールの天井には色とりどりのガラスのモザイク。
c0112559_13442081.jpg

by gipsypapa | 2009-06-18 13:45 | 建築 | Trackback | Comments(4)

世界平和記念聖堂 カトリック幟町教会

c0112559_13231047.jpg
 原爆犠牲者慰霊のためのカトリック聖堂で、国の重要文化財に指定された、村野藤吾の戦後の代表作。世界平和記念聖堂の名称で知られていますが、実際はカトリック幟町教会。現地でもらったパンフレットによると、広島で被爆したドイツ人ラッサール司教の発願で建立された聖堂で、c0112559_13232637.jpg壁面は被爆地の土で焼いた煉瓦を積み重ねてつくられているそうです。

 聖堂の建築にあたって、戦後初めて設計コンペが行われ、丹下・前川案がもっともすぐれていたらしいのですが、コルビジェ色が強かったためイエスズ会側及び審査員の間で意見が割れ1位は該当無しとされて、丹下・前川案は2位となりました。代わって、なぜか審査員だった村野藤吾が自ら設計することになったのですが、この経緯は建築設計競技の公平性や審査のあり方についての議論を呼んだとか。このため、村野は設計料の受取りを辞退したそうです。先に紹介した平和記念資料館ではコンペで1等となった丹下健三の設計が採用されたことを考えると、興味深いです。

 ちなみにコルビジェはフランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に近代建築の三大巨匠と呼ばれる建築家ですが、なぜコルビジェ色が受け入れなかったのでしょう。当時の彼の作品を見てみると、住宅建築が多く教会建築はありません。唯一、救世軍難民院(1929)というのが宗教的な作品です。救世軍(Salvation Army)はプロテスタント教派団体ですから、それが嫌われたのか?

 村野藤吾の代表作の一つになった宗教建築で、戦後の近代建築としては非常に珍しく、国の重要文化財に指定された、鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階、鐘楼付、3廊式バシリカ会堂。

世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)
旧広島平和記念堂 1954(昭和29)年
重要文化財
設計 : 建築/村野・森建築事務所(村野藤吾)、構造/内藤多仲
施工 : 清水建設
広島市中区幟町4-42
撮影 : 2006.10.20
c0112559_1324389.jpg
c0112559_13263665.jpg
c0112559_13271475.jpg
c0112559_13272613.jpg
c0112559_1327471.jpg
 被爆地の土砂を使った灰色のレンガで外壁に積み上げています。
c0112559_1329348.jpg
c0112559_13295183.jpg
c0112559_1330188.jpg
 玄関扉は「平和への門は隣人愛である」というメッセージないなっているとか。ドイツのデュッセルドルフ市からの寄贈品です。細かな文様が入っています。
c0112559_13322855.jpg
c0112559_1332418.jpg
 建物に向かうとまず目に入るのが、エントランスポーチの欄間彫刻。彫刻家の円鍔勝三の作品で、旧約聖書の七つの秘蹟(サクラメント)を表しているそうです。正面に5つ、側面に2つあります。
 以下にネット↓で調べたそれぞれの意味も併記します。
http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page9rx03.html
c0112559_13342361.jpg
 正面向かって左から、「悔悛の秘蹟」(ゆるしの秘蹟)と「堅信の秘蹟」。イエスの足元にひざまづき犯した罪を告白し許しを乞う姿(左)と光輪をもつ鳩(右)を表現しています。
c0112559_13365717.jpg
 「品級の秘蹟」 (叙階の秘蹟とも)。ミサ典書、ストラ(祭服)、カリスなどで聖職者になる儀式を表現。
c0112559_13375771.jpg
 「洗礼の秘蹟」と「聖体の秘蹟」。左は神の手、アルファとオメガの印などで大海に翻弄されるノアの箱舟が導かれていて、右には旧約聖書の出エジプト記にでてくるマンナ(一種のパン)。
c0112559_1342517.jpg
 エントランス向って左の面にある「終油(病者の塗油)の秘蹟」。十字架にかかっているストラ(祭服)、壷(聖油をいれる)があります。
c0112559_13442328.jpg
 向って右の面には「婚姻の秘蹟」。シャネルのロゴのような、ハート型模様、ループ状に繋がるバラの飾り。
c0112559_1348366.jpg
c0112559_13484838.jpg
 聖堂に入ってまず驚かされる正面聖壇の「再臨のキリスト」(祭檀中央モザイク壁画)。西ドイツアデナウワー元首相の寄贈によるものだとか。また祭壇上ステンドグラスはミュンヘン市聖ルドビコ布教会(ドイツ)から。
c0112559_13523085.jpg
 振り向いたところ。ヴォールト天井の聖堂。ちょと見えにくいのですがドイツのケルン市寄贈のパイプオルガンが奥の中2階にあります。「ケルンと広島、おなじ苦しみに結ばれつつ世界平和のため共に働き共に祈る」
c0112559_13542683.jpg
c0112559_13543634.jpg
c0112559_1355996.jpg
c0112559_13551755.jpg
c0112559_13552787.jpg
c0112559_13553772.jpg
c0112559_13561594.jpg
c0112559_13562798.jpg
 かなり大きく荘厳な聖堂。下段の華やかなステンドグラスはドイツ・ポルトガル・メキシコなどからの寄贈品で構成されています。
c0112559_13585762.jpg
 上段のステンドグラスはオーストリアから。
c0112559_1491998.jpg
祭壇左右のバラ窓はドイツのアーヘン市フランシスコザビエル・フェラインから。
c0112559_140977.jpg
c0112559_140233.jpg
c0112559_1403242.jpg
 平和を祈る。
c0112559_141047.jpg
 隣接する聖母幼稚園。
by gipsypapa | 2008-03-25 14:12 | 建築 | Trackback | Comments(5)