タグ:明治村 ( 64 ) タグの人気記事

博物館明治村 三重県尋常師範学校本館・蔵持小学校校舎

c0112559_13173533.jpg
 明治19年(1886)の師範学校令により、東京に高等師範学校が、又各県に一校ずつ尋常師範学校が設けられることになった。尋常師範学校は小学校教師の養成を目的としており、国民皆学の基礎となったものである。明治21年に三重県の尋常師範学校本館として建てられたこの建物は、昭和3年(1928)、本館の改築に伴い県下名張市の蔵持村に売却・移築され、蔵持小学校として使われていた。明治村で保存公開されている三重県庁舎と同じ清水義八の設計になり、三重県庁舎と同様、E字形左右対称二階建であったが、昭和48年(1973)明治村に移築保存するに際しては、特色ある中央玄関部分と右翼の二教室分のみを遺した。

 県庁舎が清水義八による洋風建築初期の作品で、単純で古典的な印象を与えるのに対し、約10年のちのこの建物ではデザインが消化されて、中央の玄関部を除けば穏やかにまとめられている。玄関は四本の円柱を立ててアーケードとし、二階にベランダを設け、入母屋の屋根をいただく。アーチや入母屋の破風に草花をモチーフとした縁飾りをあしらい、懸魚にも洋風の雰囲気を遺している。二階ベランダの手摺、軒廻り、入母屋妻のデザインなどにも設計者の工夫が見られる。翼屋の教室部分の外壁は洋風の下見板張りになっており、白漆喰塗の玄関部とあざやかなコントラストをなしている。

 車寄の柱は三重県庁舎と同じ古代ローマのトスカナ様に作られているが、柱の上ではなく柱の中途に持ち送りを出してアーチを支えている。このように柱間にアーチを組み込むのは中世以降の構成である。一方、通り抜けの入口は両側に太い石の柱を建て、その上に厚い石のアーチを架け渡している。


博物館明治村 三重県尋常師範学校本館・蔵持小学校校舎
1888(明治21)年
登録有形文化財
設計 : 清水義八(棟梁)
施工 : 不明
旧所在地 : 三重県名張市蔵持
犬山市内山1-3博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_13185830.jpg
c0112559_13191341.jpg
c0112559_13194074.jpg
c0112559_13192372.jpg
c0112559_13192994.jpg
c0112559_13195544.jpg
c0112559_1319437.jpg
c0112559_1319525.jpg
c0112559_1320052.jpg
c0112559_13203014.jpg
c0112559_13201766.jpg
c0112559_132021100.jpg

by gipsypapa | 2012-09-07 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 大井牛肉店

c0112559_9531837.jpg
 横浜、長崎につぎ、慶応3年(1867)神戸が開港した。外国船が寄港し、外国人居留地には外国人の住宅が次々と建てられた。これに伴い、外国人相手の商売が興り、船や在住外国人に牛肉を納める者達も出てきた。その一人岸田伊之助が明治20年(1887)頃牛肉販売と牛鍋の店として建てたのが、大井牛肉店である。外国の商館が立ち並ぶ新しい町、その街中の商店にふさわしく、洋風の建物で、正面を華やかに飾った。

 一階の入口と二階のベランダをアクセントとして、間口の狭い壁面に変化をもたせるとともに、西洋古典様式の柱と半円アーチの窓を配して全体を大きくみせている。洋風のデザインであるが、日本古来の技法が用いられ、木造に白漆喰を塗って柱や窓廻りを形作っている。屋根構造も和小屋で、桟瓦を葺いている。 玄関を入ると、店の土間が建物の前半分を占め、裏に抜ける通り土間が左奥に、右奥には座敷の配置となっている。牛鍋を供する場所は二階の大小四つの部屋でありいずれも板敷きの洋間になっている。

 大井牛肉店正面を飾る柱のデザインは、ギリシャ・ローマ建築の様式の一種で、コリント式と呼ばれ、華やかなものとして知られている。手摺を支える“とっくり型”の手摺子はルネサンス以降に発達したものである。

 洋風が目立つ正面の意匠の中で、ひときわ異彩をはなつ玄関の庇。京風のむくり破風に鶴を飾り、金の浮き文字看板を掲げている。


博物館明治村 大井牛肉店
1887(明治20)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 神戸市生田区元町
犬山市内山1-2博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_9553050.jpg
c0112559_9552715.jpg
c0112559_9555117.jpg
c0112559_9555412.jpg
c0112559_956169.jpg
c0112559_9563895.jpg
c0112559_9561118.jpg
c0112559_9565562.jpg
c0112559_957551.jpg
  牛鍋(すき焼)。日本では獣の肉は嫌われていたが、開国に伴い外人が牛肉を食する習慣を知ると、「牛肉食わねば開化不進奴」と粋がる風潮が、東京を皮切りに次第に全国に広がっていった。明治村の大井牛肉店は、牛鍋屋としての営業も行っている。
c0112559_9572821.jpg

by gipsypapa | 2012-09-06 09:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 名古屋旧制第八高等学校正門

c0112559_12555452.jpg
 現在「博物館明治村」の正門として使われているこの門は、もと名古屋の旧制第八高等学校の正門であった。同校は明治41年(1908)に設立され、愛知県立第一中学校の旧校舎を借りて開校したが、翌42年12月に新校舎が落成し、移転した。

 四本の門柱は、赤いレンガに白い花崗岩を帯状に配して作られており、この構成は明治洋風建築によく用いられたものであった。また中央の両開門扉、脇門の片開門扉、袖柵は細い鉄材で作られ、軽快なものとなっている。ここに使われている材料は、いずれも当時の洋風建築を語る時欠くことのできないものである。


博物館明治村 名古屋旧制第八高等学校正門
1909(明治42)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 名古屋市瑞穂区瑞穂町
犬山市内山1-1博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_12571181.jpg
c0112559_1257659.jpg
 明治5年(1872)の学制公布から十数年を経て、明治19年森有礼によって一大教育改革が行われ、「小学校令」「中学校令」「帝国大学令」「師範学校令」が定められた。これにより小学校、中学校、師範学校にはそれぞれ尋常と高等の二段階の学校が設けられ、四年間の尋常小学校は義務教育とされた。遅れて明治27年(1894)には「高等学校令」が定められ、それまでの高等中学校が高等学校に改称・改組された。この改革により、その後数十年にわたって整備・拡充されていく学校制度の基礎が築かれた。
 明治時代に作られ、重要文化財に指定されている洋風の門が二つある。一つは明治10年学習院の正門として作られたもの、もう一つは明治11年東京杉並の妙法寺に建てられた門である。いずれも鋳鉄で作られ、和洋のデザインを混用している。

by gipsypapa | 2012-09-05 12:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村

明治時代の建物等を移築・復元し、当時の歴史や文化を今日に伝えようとする野外博物館、通称「明治村」は愛知県犬山市、入鹿池のほとりにあります。
c0112559_13493196.jpg
 価値ある建築物は元の場所にそのまま保存するのが最も望ましい姿ですが、1960年代は経済発展にともなう新しい街づくりが最優先された時期。次善の策として、土地開発の妨げになるなどの理由で保存が難しいとされた建物を譲り受けて移築し、それらの修復・保存を行う取り組みが企画されました。その目的で財団法人が1962年(昭和37年)に設立され、1965年(昭和40年)に明治村としてオープン。歴史的に貴重な文化財を保存しているとともに、明治時代を追体験できる日本のテーマパークの走りといえます。

 先に紹介した北海道開拓の村よりさらにスケールが大きく、建物群も鉄道、郵便、酒造業、病院、裁判所、芝居小屋、学校、教会、灯台などバラエティに富み、華やかなイメージで飽きることがありません。明治の社会、文化の様々な領域を取上げ、当時の建物とその内部や関連の物品の展示を一望することが出来ます。

 開村当時の施設は札幌電話交換局、京都聖ヨハネ教会堂、森鴎外・夏目漱石住宅など15件でしたが、現在では67件(建物以外の蒸気機関車等も含む)に達し、博物館の敷地も当初の2倍近くの100万平方メートルに広がっています。建物群は重要文化財が10棟あり、それ以外のほとんどの建物も登録有形文化財に指定されています。なお当初は明治時代の建物からスタートしましたが、現在は大正期や昭和初期の建物も混在しています。

 建物マップはこちら。クリックすると大きくなります。
c0112559_13505524.jpg
 明治村には昔一度行ったことがあるのですが、当時は今のように建物の写真も撮ってなく、記憶が薄れていたので、札幌から帰って間もない2011年9月に行ってみました。早朝に大阪を出たのですが、見どころが多く、1日では見きれません。ということで2012年の3月に再訪。ようやく全部を見ることができました。

 以下、各々の建物を紹介していきますが、ここも北海道開拓の村と同様に、基本的にはHPの記事を引用します。
c0112559_1352395.jpg
c0112559_13521263.jpg
c0112559_13521676.jpg

by gipsypapa | 2012-09-04 13:52 | | Trackback | Comments(2)