タグ:教会 ( 111 ) タグの人気記事

博物館明治村 聖ヨハネ教会堂

c0112559_1341361.jpg
 明治6年(1873)、鎖国以来二百数十年続いたキリスト教の禁止令が解かれ、各地に教会堂が建てられるようになった。

 この聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会である。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が大変明るい。構造は、一階がレンガ造、二階が木造で造られ、屋根には軽い金属板が葺かれておりこれは日本に多い地震への配慮とも考えられる。また構造自体がそのまま優れたデザインとして外観・内観にあらわれている。

 開国後多くの宣教師が来日するが、その中には宣教だけでなく実業面、教育面でも業績を遺した人もいた。この教会堂を設計したアメリカ人ガーディナーもその一人である。ハーバード大学で建築を学んだガーディナーは明治13年(1880)来日、立教学校の校長として教育宣教にあたる一方、建築家としても立教大学校校舎、明治学院ヘボン館、日光真光教会等の作品を遺している。

十字形平面の会堂内部は、化粧の小屋裏をあらわし、柱などの骨組が細目に見えることもあって、実際より広く感じさせる。京都の気候に合わせて使ったと言われる天井の竹の簀も、明るい窓の光を反射させ、より開放感を増している。

 建物細部の随所にゴシック風の尖頭アーチが見られるが、特に正面入口がよい例で、レンガ積の角柱から柱頭飾りをはさんでレンガ積のきれいなアーチが立ち上っている。奥の欄間の二つの三葉形アーチの窓や板扉の大形の金具のデザインも中世風のものである。


博物館明治村 聖ヨハネ教会堂
旧日本聖公会京都聖約翰教会堂
1907(明治40)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 鈴木由三郎、山本住造
旧所在地 : 京都市下京区河原町通五條
犬山市内山1-6博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_1364879.jpg
c0112559_1365723.jpg
c0112559_137713.jpg
c0112559_1371324.jpg
c0112559_137209.jpg
c0112559_1372613.jpg
c0112559_1373691.jpg
c0112559_1373167.jpg
c0112559_1375232.jpg
c0112559_138286.jpg
c0112559_1375886.jpg
c0112559_1382190.jpg
c0112559_1383045.jpg
c0112559_1384068.jpg
c0112559_1384914.jpg
c0112559_1384465.jpg
c0112559_139997.jpg
c0112559_1392412.jpg
c0112559_1393123.jpg
c0112559_1394110.jpg
c0112559_1393985.jpg
c0112559_1395936.jpg

by gipsypapa | 2012-09-12 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(3)

北海道開拓の村 旧浦河公会会堂

c0112559_15455292.jpg
 明治13年(1880)、神戸において北海道開拓会社「赤心社」が設立され、翌14年から西舎村や荻伏村に結社移民として入植した。「赤心社」の指導者の多くはキリスト教徒で、明治19年「浦河公会」が組織された。この会堂は、2代目の礼拝・集会所として明治27年(1894)に建てられたものである。

北海道開拓の村 旧浦河公会会堂
1894(明治27)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 浦河郡浦河町
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_15463257.jpg
c0112559_15463932.jpg
c0112559_1546467.jpg
c0112559_15465328.jpg
c0112559_1547090.jpg
c0112559_1547949.jpg
c0112559_15465433.jpg
c0112559_15472510.jpg
c0112559_15471083.jpg

by gipsypapa | 2012-06-08 15:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本キリスト教会札幌北一条教会

c0112559_12294169.jpg
 比較的新しい教会堂ですが、田上義也(たのうえよしや)の作品ということで訪ねました。1927(昭和2)年に建てられた、同じ田上義也設計の会堂が北1条西6丁目にありましたが、ここに移転した際に解体され、この新しい会堂も田上義也が手掛けたものです。

c0112559_12301869.jpg「絵葉書の世界」というHPから
借用した旧北一条教会の写真。→


















 新しい会堂は、さすがにこの時代になると非常に現代的なデザインです。正面左側にそびえ立つような真っ白の外壁と急勾配の片流れの屋根が印象的。ここは階段室と思われます。右側の平屋建てが会堂になっています。会堂内部はプロテスタントらしい簡素な聖壇があり、両側に縦長窓が並びます。最上部の6角形の窓がフランク・ロイド・ライトの影響を感じさせる幾何学的な美しい形状です。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

日本キリスト教会札幌北一条教会
1979(昭和54)年
設計 : 田上義也
施工 : 不明
札幌市中央区北1条西13-2
撮影 : 2011.8.26
c0112559_12305665.jpg
c0112559_1231891.jpg
c0112559_1231172.jpg
c0112559_12312662.jpg
c0112559_12313555.jpg
c0112559_12314483.jpg
c0112559_12315388.jpg
c0112559_1232211.jpg
c0112559_12321026.jpg
c0112559_12322032.jpg
c0112559_12323057.jpg

by gipsypapa | 2012-05-03 12:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本福音ルーテル札幌教会

c0112559_12583635.jpg
 北欧風デザインによる古典的な構えの教会。フィンランド福音ルーテル教会の宣教師らによって昭和9(1934)年に建設されました。

 正面は札幌軟石を使い石造風に仕上げた古典的なデザインですが、側面はクリーム色の下見板張りに赤い三角屋根。重厚感とやさしさを兼ね備えたデザインとなっています。東隣に併設している幼稚園と外観デザインの調和をさせ、2つの建物が一体となった景観を作っています。札幌市景観重要建造物の木造平屋、一部2階建て。

日本福音ルーテル札幌教会
1934(昭和9)年
札幌市景観重要建造物
設計 : 内田平次郎
施工 : 不明
札幌市中央区南12条西12-2-2
撮影 : 2011.8.26
c0112559_12594277.jpg
c0112559_12593725.jpg
c0112559_12595897.jpg
c0112559_130576.jpg
c0112559_1301425.jpg
c0112559_1302952.jpg
c0112559_1302095.jpg
c0112559_1304417.jpg

by gipsypapa | 2012-04-18 13:01 | 建築 | Trackback | Comments(4)

カトリック姫路教会 ザビエル館

c0112559_1258297.jpg
 姫路城の西側に終戦まで陸軍第十師団司令部のあった広大な敷地があり、カトリック姫路教会とカトリック淳心会の本部が並んで建っています。

 ザビエル館といわれるこの聖堂は、元賀陽宮師団長の宮邸跡に聖ザビエルを守護者として奉献された、戦後の建物です。現在は新聖堂が横にあり、この旧聖堂は大講堂として残っています。

 訪ねた時は扉が閉まっていたので内部を見ることができませんでしたが、カフェ・ロッジ・バルチザンに美しい写真がありますので、見てください。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

カトリック姫路教会 ザビエル館
カトリック姫路教会旧聖堂
1949(昭和24)年
設計・施工 : 不明
姫路市本町68 県道518号
撮影 : 2011.5.1
c0112559_12595070.jpg
c0112559_1259585.jpg
c0112559_1301032.jpg
c0112559_130215.jpg

by gipsypapa | 2012-03-05 13:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)

神の愛の宣教者会

c0112559_1756231.jpg
 日豊本線の南側の小高い丘に建つ美しい建物。孤児収容施設として、小百合愛児園と名付けられ,戦後はアメリカ軍が駐留し、180名近くの乳幼児を養育していたそうです。現在はマザー・テレサが設立した神の愛の宣教者会(Missionaries of Charity)の女子修道院として、ホームレスへの炊き出し、未婚女性や高齢者の支援をおこなうなどの社会福祉活動をおこなっていまるそうです。

 横長の白い外壁にアーチ窓が並ぶ清楚で美しい建物で、正面の玄関上部にマリアの像を安置し、さらにその上に鐘塔があります。左に見える聖堂をもつ主屋棟は木造2階建寄棟造で、昭和23年に建設されたものとか。

 大変気になった建物で、近くで撮影したかったのですが、別府市内散策の最後になり、さすがに足が疲れて、丘を上るだけの気力も体力もありませんでした。ということで遠景をどこから撮っても同じに見えるので写真は2枚だけです。鉄筋コンクリート造り2階建て。

 ほりいさん、という方から設計者の情報を頂きました。(2014.3.28)

神の愛の宣教者会
旧小百合愛児園
1933(昭和8)年/1948(昭和23)年
設計・施工 : 不明岩本留吉
別府市浦田3307
撮影 : 2011.3.20
c0112559_17571645.jpg

by gipsypapa | 2012-02-19 17:58 | 建築 | Trackback | Comments(14)

カトリック別府教会

c0112559_13123698.jpg
 また大分編に戻ります。
c0112559_13124740.jpg 

 児童館を訪ねたときに偶然背後にあるのを見つけたゴシック風のカトリック別府教会。華やかな模様のステンドグラスがはめ込まれた尖塔アーチ窓が並んでいます。イタリア人神父を中心に欧米日の国際的協力によってできた聖堂だとか。ベージュの濃淡で塗り分けた外壁が戦後の築ながらレトロ感をだしています。尖塔には鐘が吊られているのが見えました。鉄筋コンクリート造り。

カトリック別府教会
1950(昭和25)年
設計・施工 : 不明
別府市末広町6-6
撮影 : 2011.3.20


c0112559_13134333.jpg
c0112559_13135142.jpg
c0112559_1314342.jpg

by gipsypapa | 2012-02-15 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(4)

カトリック大分教会 聖フランシス・ザビエル聖堂

c0112559_1474091.jpg
 みずほ銀行大分支店からホテルへ向かう途中にあった戦後の教会建築。バラ窓や高い鐘楼のある瀟洒な教会です。鉄筋コンクリート造り、鐘楼付き。

カトリック大分教会 聖フランシス・ザビエル聖堂
1951(昭和26)年
設計・施工 : 不明
大分市都町1-4-2
撮影 : 2011.3.18
c0112559_1481046.jpg
c0112559_1481545.jpg
c0112559_1482841.jpg
c0112559_1483614.jpg
 横にあるのは幼稚園です。
by gipsypapa | 2012-01-25 14:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)

小樽のカトリック住ノ江教会

c0112559_11255470.jpg
 住吉町の高台に蒲鉾形の赤い屋根が遠くから見える建物。現在は教会になっていますが、元は戦前小樽で米穀商共成株式会社の社長だった佐々木静二の邸宅だったものです。1949(昭和24)に邸宅を譲り受けカトリック富岡教会の分教会となり、現在はカトリック住ノ江教会になっています。

 白い外壁と赤い屋根が清潔な印象を与える和洋折衷のお洒落な建物。むくり屋根のある玄関の脇に八角形のサンルームは応接間だったと思われます。また玉ねぎ形の鐘楼は、戦後に教会として再利用するための改修の際に追設されたもの。平屋建て住宅の割には天井が高く、広さがあるため、礼拝堂にも適しているのでしょう。最初から教会といわれても違和感がありません。木造平屋建て。

カトリック住ノ江教会
旧佐々木静二邸
1897(明治30)年ころ/1949-52(昭和24-27)年改修
設計・施工 : 不明
小樽市住ノ江2-2-4
撮影 : 2010.8.25
c0112559_11263752.jpg
c0112559_11264897.jpg
c0112559_11265891.jpg
c0112559_1127834.jpg
c0112559_11271883.jpg
c0112559_11272793.jpg
c0112559_11273837.jpg
c0112559_11274830.jpg
c0112559_11275886.jpg
c0112559_1128912.jpg
c0112559_11281999.jpg

by gipsypapa | 2011-12-24 11:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)

日本基督教団小樽公園通教会

c0112559_1392283.jpg
 花園の公園通りの角地に建つゴシック風の木造教会。角に位置する四角い尖塔の上に十字架。玄関アーチは3連アーチでその上のステンドグラスの窓は尖塔アーチになっています。

 設計者の成田幸一郎と施工者の高橋権次は、いずれも地元の建築家だそうです。大正末期の築ですが、1972(昭和47)年に改修された時に玄関アーチの形状が変わったとか。小樽市指定歴史的建造物の木造2階建て。

日本基督教団小樽公園通教会
旧小樽組合基督教会
小樽市指定歴史的建造物
1926(大正15)年
設計 : 成田幸一郎(小樽市建築課)
施工 : 高橋権次
小樽市花園4-20-18
撮影 : 2010.8.25
c0112559_1310541.jpg
c0112559_13101142.jpg
c0112559_13102078.jpg
c0112559_13102640.jpg
c0112559_13103343.jpg
c0112559_13104311.jpg
c0112559_13105234.jpg

by gipsypapa | 2011-11-29 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(4)