タグ:教会 ( 104 ) タグの人気記事

京都ハリストス正教会を再訪

c0112559_11303654.jpg
 普段は見ることができない教会の内部を見ることができる催しがあり、京都ハリストス正教会に行きました。

 前回、訪れたのは、もう7年も前。
その時は外観を眺めただけですが、今回は中を見ることができます。

 京都御所の南の住宅街にあるロシア・ビザンチン様式のギリシャ正教会の教会堂。東京お茶の水のニコライ堂に匹敵する格式を誇り、明治の教会建築を代表する国内最古級の教会建築です。会堂前方にはトンガリ帽子の鐘楼が立つ、薄い水色の外壁の木造教会。とんがり帽子形の屋根の方には、玉葱形のドームが載り、その上に正教会特有の十字架があります。

 設計は東京帝国大学造家学科(後の建築学科)を出て、京都で誕生した初めての建築家といわれる松室重光(まつむろ しげみつ 1873 - 1937)。京都ではその代表作となる二つの建築が今でも残されており、一つはこのハリストス教会で、もう一つは京都府庁旧本館(明治37年)です。

 この意匠がひな型になり、函館ハリストス正教会豊橋ハリストス正教会修善寺ハリストス正教会などを設計した河村伊蔵に引き継がれていきました。木造平屋建てに3階建て鐘楼付。

日本正教会京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂
1903(明治36)年
設計 : 松室重光
施工 : 不明
京都市指定文化財
京都市中京区柳馬場通二条上る六丁目283 ‎
撮影 : 2014.6.4
c0112559_11432113.jpg
c0112559_11433193.jpg
c0112559_11434274.jpg
c0112559_1143514.jpg
c0112559_1144130.jpg
c0112559_11441046.jpg
c0112559_11442053.jpg
c0112559_11442951.jpg
c0112559_11444020.jpg
c0112559_11445058.jpg
c0112559_1145178.jpg
c0112559_11451019.jpg
c0112559_1145193.jpg
 鐘楼の下の入口から啓蒙所を経て聖所に続く構成。
c0112559_1146784.jpg
c0112559_11462045.jpg
c0112559_11463433.jpg
c0112559_1146425.jpg
c0112559_11465195.jpg
c0112559_11465947.jpg
c0112559_11471215.jpg
 数々のイコン。近くでの撮影は不可ですが、人物が入るスナップ写真はOKでした。

 イコン」というのは、もともとギリシャ語で、「形」とか「像」という意味をもっています。日本正教会では「聖像」と訳されることもあります。「イコン」は、狭い意味では一枚の板に描かれた絵のことをいいますが、広い意味では、正教会が使用する絵画すべてを指します。コンピュータのアイコンの語源です。
c0112559_1149582.jpg

by gipsypapa | 2014-11-14 11:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会岐阜聖パウロ教会

c0112559_8471449.jpg
 繁華街の柳ケ瀬。高島屋に対面する位置に瀟洒な教会があります。設立は1890(明治23)年と古い教会ですが、現在の会堂の詳細は分かりません。

 聖公会はイングランド国教会から生れ、ローマ・カトリックとプロテスタント、両者の要素を持ち、その中間に位置する教派であるといわれています。教会堂は装飾が少なく、どちらかというと、プロテスタントに近いようです。

 尖塔のある鐘楼を持ち、真っ白な下見板張りの外壁に並ぶ尖頭アーチ窓が特徴の可愛い教会です。内部もシンプルで屋根支持構造は木製トラスです。多分、昭和初期以前の献堂ではないかと思われる、木造平屋建て。

日本聖公会岐阜聖パウロ教会
詳細不明
岐阜市金町4-27
撮影 : 2014.5.20
c0112559_849875.jpg
c0112559_8494496.jpg
c0112559_8495570.jpg
c0112559_8505100.jpg
c0112559_8501457.jpg
 ドアは閉まっていましたが、写真を撮っていると・・・・
c0112559_8504743.jpg
 前の幼稚園から出てこられた男性が中を見せてくれました。ラッキーです。
c0112559_8522937.jpg
c0112559_8524247.jpg
c0112559_8525685.jpg
c0112559_853770.jpg
c0112559_8531696.jpg
c0112559_8532649.jpg
c0112559_8533531.jpg
c0112559_8534395.jpg
c0112559_853583.jpg
 こちらが幼稚園。
c0112559_8543045.jpg
c0112559_8544243.jpg
 敷地にいたわんちゃん。
by gipsypapa | 2014-10-31 08:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂

c0112559_841829.jpg
 温泉地なので和風建築が立ち並ぶ街並みですが、唯一の洋風建築があります。ロシア・ビザンチン様式のギリシャ正教会に共通する外観で、京都ハリストス正教会聖堂(1903年、松室重光設計)を手本として、モイセイ河村伊蔵(もいせい かわむら いぞう、1860 - 1940)が設計した、初期の本格的なハリストス教会建築です。

 その後、翌年に豊橋ハリストス正教会聖堂(1913年)、函館ハリストス正教会復活聖堂(1916年)と続いて完成させますが、それらが重要文化財に指定されているのに対して、最も古いこの修善寺ハリストス正教会が県の有形文化財に甘んじているのは納得がいかない気がします。

 ハリストス正教会の聖堂は必ず東向きに建てられるため、正面は西側を向いています。建物は木造漆喰塗りの壁で、棟の西端には高さ18mの鐘塔と尖塔がり、豊橋の聖堂と似た印象を受ける、美しい建造物です。

 特に軒下を支える持ち送りにある葡萄(ぶどう)のレリーフは見どころで、松崎編で紹介した鏝絵の入江長八の弟子達の作だそうです。

 内部の聖所にはイコン画家として知られる山下りんの十字架の聖像があるそうですが、残念ながら内部は非公開です。静岡県指定有形文化財の木造平屋建て。

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂
1912(大正元)年
静岡県指定有形文化財
設計 : 河村伊蔵
施工 : 不明
伊豆市修善寺861
撮影 : 2014.4.22
c0112559_8444876.jpg
c0112559_845358.jpg
c0112559_8451432.jpg
c0112559_8452339.jpg
c0112559_8453482.jpg
c0112559_8454557.jpg
c0112559_8455487.jpg
c0112559_846357.jpg
c0112559_8461186.jpg
 持ち送りにある葡萄のレリーフは鏝絵です。
c0112559_8464514.jpg
c0112559_8465973.jpg
 この日は曇り空で、かつ木々の葉が茂っている季節のためでしょうか、写真写りが良くないです。
by gipsypapa | 2014-09-05 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

総持寺キリスト教会

c0112559_9121529.jpg
 今日から高槻市の隣の茨木市へ。まず、住宅地の一角にある真っ白な色がまぶしい教会。日本メノナイトレザレン教団というプロテスタント系の総持寺キリスト教会です。比較的新しい教会ですが、それでも献堂後50年経っています。木造平屋建て。

総持寺キリスト教会
1964(昭和39)年
設計・施工 : 不明
茨木市橋の内3-26-19
撮影 : 2013.11.1
c0112559_913113.jpg
c0112559_9131125.jpg
c0112559_9132016.jpg
c0112559_9132988.jpg

 聖堂の背後にあるのは牧師館でしょう。
c0112559_9133914.jpg
 この教会は高槻市との境界の茨木市側にあります。道を挟んで東側は高槻市柳川町2丁目、住宅地です。新しいとは思いますが、おしゃれな洋館がいくつかありました。
c0112559_9262975.jpg
c0112559_9263944.jpg
c0112559_927569.jpg
c0112559_9271896.jpg

by gipsypapa | 2014-05-01 09:30 | 建築 | Trackback | Comments(5)

日本基督教団大阪住吉教会

c0112559_8472422.jpg
 思い立って大阪市の南部にある帝塚山を散策することにしました。南海本線の粉浜で下車し、帝塚山へ移動して阪堺電車で天王寺に戻るルートです。

 最初は南海本線と阪堺線に挟まれた狭い路地にある大阪住吉教会。路地に面した左右非対称のモルタル塗りの2階建ては1931(昭和6)年に増築された部分のようです。1919(大正8)年築の礼拝堂と牧師館があるらしいのですが、影に隠れて見えません。やはり教会は中を見なければいけません。国の登録有形文化財の木造2階建て。

日本基督教団大阪住吉教会
1919(大正8)年/1931(昭和6)年増改造
登録有形文化財
設計・施工 : 不明(大工)
大阪市住吉区東粉浜2-21-3
撮影 : 2013.10.22
c0112559_849344.jpg
c0112559_8492115.jpg
c0112559_8492947.jpg
c0112559_8493857.jpg
c0112559_849476.jpg
c0112559_8495576.jpg

by gipsypapa | 2014-04-09 08:50 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会日光真光教会

c0112559_9575880.jpg
 日光東照宮を出て、ツアーの待ち合わせ時間を利用して、バスの窓から見えたこの教会まで歩いてみました。時間がなかったので道路から眺めただけですが、石造りの重厚な雰囲気を感じました。

c0112559_1001519.jpg ゴシック風の教会堂で、石造りのどっしりした塔屋と急勾配の天然スレート葺き切妻屋根が特徴。すでにこのブログで紹介したJ.M.ガーディナー(1857-1925)設計の聖アグネス教会聖ヨハネ教会堂(旧京都聖約翰教会堂)弘前昇天教会と同じ聖公会の教会堂で、いずれもゴシック風の煉瓦造りが共通しています。

 ここでは近くを流れる大谷川から安山岩がとれることから、それを外壁に使っています。ちなみに、中は見ることができませんでしたが、内壁には鹿沼石が貼られているそうです。

 なぜ東照宮のおひざ元の日光に教会ができたか。明治の中ごろになると日光は世界的にも有名になり、観光だけではなく、横浜や東京に住む外国人の避暑地になったそうです。ガーディナー夫妻はその草分け的存在で、立教大学校校長をしながら、夏はお気に入りの日光で過ごしたことから、この教会を建てる機会が生まれたのでしょう。ちなみにガーディナーは この教会に埋葬されているとあります。

 内部も素晴らしいようで「近代建築散策」に美しい写真があります。ここでは最も詳しい解説があったデータ・シート明治の洋風建築(日本聖公会/礼拝堂)にある写真をいくつか借用しました。栃木県指定有形文化財の石造平屋建て。

日本聖公会日光真光教会
1914(大正3)年
栃木県指定有形文化財
設計 : J.M.ガーディナー(James McDonald Gardiner)
施工 : 不明
日光市本町1-6
撮影 : 2013.10. 9
c0112559_1003787.jpg
c0112559_1004610.jpg
c0112559_1005640.jpg
c0112559_1012536.jpgc0112559_1013836.jpg



























 これら ↑ の2枚の写真もデータ・シート明治の洋風建築(日本聖公会/礼拝堂)からお借りしました。
c0112559_1022584.jpg
c0112559_102364.jpg

by gipsypapa | 2014-03-13 10:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

函館聖ヨハネ教会

c0112559_947423.jpg
  大三坂をのぼりつめたところにあるモダンな教会。大三坂を挟んで函館ハリストス正教会があるので、ここに行くときには必ず目に入る教会です。最初に建てられたのは1878(明治11)年。その後1921(大正10)年に建て替えられたあと、現在の建物は昭和54年に改築されたもので、三代目になるそうです。

 4方に鋭角の尖塔アーチ型の妻面を張り出した斬新で現代的なデザイン。上から見ると十字架の形になっています。このデザインが二代目を踏襲したのかどうかはわかりませんでした。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

日本聖公会函館聖ヨハネ教会
1979(昭和54)年
設計 : 小向春夫
施工 : 不明
函館市元町3-23
撮影 : 2013.8.29
c0112559_9485097.jpg
c0112559_949353.jpg
c0112559_9491360.jpg
c0112559_9492835.jpg
c0112559_9494079.jpg
c0112559_9495016.jpg
c0112559_95009.jpg
c0112559_950919.jpg
c0112559_9501774.jpg
c0112559_9502693.jpg
c0112559_9503611.jpg
c0112559_9504521.jpg
c0112559_951223.jpg
 すぐそばに牧師館があります。
c0112559_9512994.jpg

by gipsypapa | 2014-02-11 09:53 | 建築 | Trackback | Comments(4)

日本聖公会 弘前昇天教会教会堂

c0112559_8484417.jpg
 市街地の一角に煉瓦造りの教会があります。イギリス国教会の伝統を引きつぐプロテスタント系の日本聖公会の教会です。日本では立教大学が有名でしょう。

 イギリス積みの赤煉瓦と亜鉛鉄板葺きの屋根が特徴のゴシック風教会堂で、窓の開口部回りは石材を用いています。正面ファサードは教会としては珍しく、左右非対称で。正面右寄りには背の高い鐘塔が配置され、やや左側にずれた位置に入口があります。鐘塔も一風変わった形状で、薄い壁を立ち上げて開口部に鐘を納める、日本ではあまり見たことがないデザインです。c0112559_9121100.jpg

 この種の煉瓦造りの教会堂は中に入って光の入り方を見ないとすべての魅力を知ることができないのですが、残念ながら、この日は平日で閉まっていました。→ はWikipediaにあった写真を借用しました。

 設計は立教学校(後の立教大学)校長を退任したあと、建築家として日本各地の聖公会教会堂を設計していたアメリカ人建築家ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー(James McDonald Gardiner、1857 - 1925)が手がけ、施工はクリスチャン大工の林緑。J.M. ガーディナーはこのブログでも京都聖ヨハネ教会教会堂聖アグネス教会福島ステパノ教会外交官の家長楽館函館遺愛学院本館遺愛学院旧宣教師館を紹介しています。青森県重宝の煉瓦造平屋建て。

日本聖公会 弘前昇天教会教会堂
1920(大正9)年
青森県重宝
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 林 緑
弘前市山道町7
撮影 : 2013.8.27 & 28
c0112559_914939.jpg
c0112559_92296.jpg
c0112559_921164.jpg
c0112559_922262.jpg
c0112559_923458.jpg
c0112559_924316.jpg
c0112559_925338.jpg
c0112559_93383.jpg
c0112559_931273.jpg

by gipsypapa | 2014-01-13 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

カトリック弘前教会

c0112559_1451725.jpg
 翆明荘から東へ向かうと尖塔のある教会があります。明治末期に建てられたロマネスク様式を基調としたといわれるカトリック教会。切妻屋根を正面にして尖塔を配置し、開口部のロマネスク半円アーチや左右の隅の柱が特徴の華麗な教会です。

 聖堂内部はいわゆる蝙蝠天井で、木製のクロスリブヴォールトが組まれています。リブ柱の濃い茶色と天井や壁の白漆喰の対比が教会らしい雰囲気を醸し出しています。内部も外壁も明治末期とは思えない、新しい感じを受けます。最近改修されたのでしょう。

 設計は建築の心得があったといわれるオージェ神父(多分フランス人)、施工は堀江佐吉の弟であり、自らもクリスチャンで横山家へ養子に行った横山常吉が請け負いました。またしても堀江一家です。青森県重宝の木造平屋建て。

カトリック弘前教会
1910(明治43)年
青森県重宝
設計 : オージェ神父
施工 : 横山常吉
弘前市百石町小路20 
撮影 : 2013.8. 27
c0112559_146043.jpg
c0112559_1461556.jpg
c0112559_1462511.jpg
c0112559_1463523.jpg
 正面奥のゴシック式の木製祭壇は、1866(慶応2)年にオランダ=ロールモンドで製作されアムステルダムの教会に設置されていたもの。1939(昭和14)年に当時の主任司祭であったコールス師が譲り受けて当教会堂に設置したとあります。総ナラ製の高さは8メートルあり、その見事な細工と、聖像を含めすべてナラの木で製作されているのが貴重で、国内でも高い評価を受けている祭壇の一つだそうです。
c0112559_1472581.jpg
c0112559_1474518.jpg
c0112559_1475742.jpg
c0112559_148797.jpg
c0112559_1481810.jpg
c0112559_1482690.jpg
c0112559_1483645.jpg
c0112559_1484642.jpg
c0112559_148564.jpg
c0112559_149646.jpg
 細長の鮮やかな色彩のステンドグラス窓には現代的な絵が描かれています。神の人間への救いの歴史がテーマにしたもので、1984(昭和59)年にカナダのローソン神父が製作して、寄贈されたものとか。
c0112559_1495839.jpg

by gipsypapa | 2014-01-06 14:10 | 建築 | Trackback | Comments(0)

日本基督教団弘前教会堂

c0112559_14545360.jpg
 弘前公園の東側にある教会堂。弘前メソヂスト教会の教会堂として明治期に建てられた歴史のある教会です。

 両側に塔屋を持ち、白い壁に尖塔アーチの窓が印象的で、高さを強調するフランスゴシック風といわれています。ネット情報ではパリのノートルダム大聖堂をモチーフにしたとありました。

 教会や弘前市のホームページでは、設計はクリスチャン棟梁の櫻庭駒五郎、施工は堀江佐吉の四男の斎藤伊三郎が請け負ったとなっています。しかし櫻庭の依頼で堀江佐吉が設計したという有力な説もあるそうです。青森県重宝の木造平屋、一部2階建て。

日本基督教団弘前教会堂
1906(明治39)年
青森県重宝
設計 : 櫻庭駒五郎
施工 : 斎藤伊三郎
弘前市元寺町48
撮影 : 2013.8.27
c0112559_145773.jpg
c0112559_1457178.jpg
c0112559_14572782.jpg
c0112559_14573792.jpg
c0112559_14574812.jpg
c0112559_14575830.jpg

by gipsypapa | 2013-12-30 14:59 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)