タグ:愛媛 ( 56 ) タグの人気記事

梅美人酒造事務所

c0112559_14163955.jpg
 昭和初期に建てられた造り酒屋「梅美人酒造」の事務所棟。タイル貼りの外壁に、腰は花崗石のルスチカと呼ばれる粗い割石積み。柱型の間に木製の上げ下げ窓を配し,どう見ても鉄筋コンクリート造りの洋風建築に見えますが、これも木造です。見ることはできませんでしたが、中は完全な和室だそうです。登録有形文化財の木造2階建て。

梅美人酒造事務所 1931(昭和6)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
八幡浜市1557-2
撮影 : 2009.3.21
c0112559_14175937.jpg
c0112559_14181771.jpg
c0112559_1418332.jpg
c0112559_1418488.jpg

c0112559_14204885.jpg
 これが木造とは信じがたいものがあります。
c0112559_14193569.jpg
c0112559_14195389.jpg
c0112559_14201321.jpg
 梅美人酒造には他にも釜場及び煙突 1928(昭和3)年、住宅主屋1916(大正5)年、精米所(昭和初期)という国の登録有形文化財が並んでいますが、休日で閉まっていて、ほとんど見ることができませんでした。
by gipsypapa | 2009-07-27 14:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

八幡浜市の旧下司医院

c0112559_11303222.jpg
 八幡浜まちなみミュージアムとして観光ポイントになっている昭和初期の疑洋風の木造建築。元は産婦人科の医院でした。築年は1924(大正13)年という説もあります。木造表面にモルタルを塗り、スタッコ壁にするなど、コンクリート造りを擬しています。木造2階建て。

旧下司医院
昭和初期
設計・施工 : 不明
八幡浜市浜之町182-2
撮影 : 2009.3.21
c0112559_11314257.jpg
c0112559_1132535.jpg
c0112559_11323096.jpg
c0112559_11325732.jpg
c0112559_1133308.jpg
c0112559_11340100.jpg
c0112559_11342649.jpg
c0112559_11345925.jpg
 使われなくなってかなりの年月が経っているようで、痛みが目立ちますが、地域の協力で保存されています。
by gipsypapa | 2009-07-23 11:36 | 建築 | Trackback | Comments(6)

伊予銀行八幡浜支店

c0112559_13303863.jpg
 コーナー部にアールを取り、戦前の銀行建築にしては、大人しい外観ですが、モダンで軽快な感じがする現役の銀行。鉄筋コンクリート造り3階建て。

伊予銀行八幡浜支店
旧豫州銀行本店 1936(昭和11)年
設計・施工 : 清水組
八幡浜市380-1
撮影 : 2009.3.21
c0112559_13313577.jpg
c0112559_13315361.jpg
c0112559_13321771.jpg
c0112559_13324970.jpg
 唯一、銀行らしい意匠の瓶子型飾り柱が建物下部にあります。
by gipsypapa | 2009-07-22 13:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

八幡浜米穀店

c0112559_15293923.jpg
 保内町を後にし、再びレンタサイクルで山越えをして八幡浜市の市街地へ戻りました。自転車を返すため、駅に向かう途中、大通りに面していかにも古い大型の建物を見つけました。1階に商店が入っています。向かって右から「八幡浜米穀店」、喫茶「だんだん」、左端が菓舗「わたなべ」が入っています。建物の名前がわからないので、とりあえず八幡浜米穀店にしました。

 支柱のない玄関ポーチがあり、下見板張り。2階には上げ下げ窓が整然と並んでいます。どう見ても個人宅ではなく、公共施設だったようですが、昔は何に使われていたのでしょうか。木造2階建て。

八幡浜米穀店
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
八幡浜市1460昭和通
撮影 : 2009.3.21
c0112559_15304074.jpg
c0112559_15311897.jpg
c0112559_15315369.jpg
c0112559_15321687.jpg
c0112559_15324723.jpg
c0112559_153334100.jpg
c0112559_1534875.jpg
 八幡浜米穀店にはポーチのついた玄関がありますが、屋根を支える支柱が途中までしかありません。明治の建物で時々見かける形ですが、何故なのかはわかりません。
c0112559_15354485.jpg
c0112559_15361223.jpg
 側面。奥行きもかなりあります。昔は公民館か病院?
by gipsypapa | 2009-07-21 15:38 | 建築 | Trackback | Comments(4)

八幡浜市保内町の濱田邸

c0112559_1035193.jpg
 内之浦公会堂を見に行く途中にあった古い住宅。和風住宅ですが、玄関周りと玄関灯は洋風です。窓ガラスが1枚ぬけていたりして、使われていないように見えましたが、ちゃんと表札はありました。木造2階建て。

濱田邸
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
八幡浜市保内町川之石
撮影 : 2009.3.21
c0112559_1036296.jpg
c0112559_10364210.jpg
c0112559_10365499.jpg
c0112559_1037536.jpg

by gipsypapa | 2009-07-20 10:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)

内之浦公会堂

c0112559_1040631.jpg
 保内町川之石の西のはずれにある地域の公会堂。左右対称の擬洋館で、木造にモルタル洗い出し仕上げ。中央に洋風の玄関ポーチがあり、ポーチの上部は小さなバルコニーになっています。登録有形文化財の木造2階建て。

内之浦公会堂 1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計・施工 : 那須喜八郎(棟梁)
八幡浜市保内町川之石5-41-1
撮影 : 2009.3.21
c0112559_10412068.jpg
c0112559_10413112.jpg
c0112559_10414091.jpg
 木製の上げ下げ窓。
c0112559_1042151.jpg
c0112559_10422466.jpg
c0112559_10423593.jpg
c0112559_10424547.jpg
 窓から覗くと、中は畳敷きの日本間でした。公会堂というより公民館です。
c0112559_1043565.jpg
 国の登録有形文化財で、かつ現在も使われているわりには、各所にかなりの痛みがみられます。改修してピカピカになってもガッカリしますが、ここは少し手入れしたほうがよさそうです。
by gipsypapa | 2009-07-17 10:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

愛媛蚕種株式会社(旧日進館)

c0112559_10572561.jpg
 大通りから細道を山側に入ってところに1884年(明治17)に創業された蚕種製造会社が今も操業しています。日進館の蚕種として知られ、全国3位の生産量を誇った時期もあり、1946年(昭和21年)に愛媛蚕種会社となりました。産業近代化遺産の一つとして知られていて、映画のロケ等にも用いられたことがあるとか。3棟の建物が国の登録有形文化財に指定。現代では珍しくなった養蚕施設です。

 事務室・玄関棟は明治後期の築。コーナー部に玄関がある木造2階建て、モルタル塗りで、玄関や1階の窓にペディメントを配したれっきとした明治の洋館建築です。

 北側の斜面につながる2棟の蚕室は羽目板貼り。煉瓦造防火壁で仕切られ、第一蚕室は木造3階建て、高い地盤に建つ第二蚕室は2階建になっています。

愛媛蚕種株式会社(旧日進館)
事務室・玄関棟 明治後期
第一蚕室、第二蚕室 1919(大正8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
八幡浜市保内町川之石3-70
c0112559_1059496.jpg
c0112559_10592444.jpg
c0112559_10595359.jpg
c0112559_1101416.jpg
c0112559_1103880.jpg
 事務所棟。
c0112559_1113223.jpg
 事務所棟と第一蚕室はつながっています。
c0112559_113382.jpg
c0112559_11113374.jpg
 第一蚕室は3階建ての長大な木造建築。中は見ることができませんでしたが、トラス構造とか。
c0112559_1161487.jpg
c0112559_1164216.jpg
 第一蚕室と第二蚕室の間の煉瓦造防火壁。
c0112559_1173667.jpg
c0112559_117596.jpg
c0112559_1183055.jpg
 裏側にも細道がありました。向こうに第一蚕室の煉瓦面が少し見えています。
by gipsypapa | 2009-07-16 11:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧川之石浦庄屋二宮家住宅跡

c0112559_13524256.jpg
 江戸時代の庄屋宅跡に石塀や土蔵が残っていて、石塀は国の登録有形文化財に指定されています。石塀は青石といわれる緑泥片石を傾斜させて、不規則に積み重ねた珍しいもの。現在はスーパーの駐車場の端に保存されています。

旧川之石浦庄屋二宮家住宅
石塀 江戸末期
土蔵 1862(文久2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
八幡浜市保内町川之石3-13-2
撮影 : 2009.3.21
c0112559_1354535.jpg
c0112559_13542514.jpg
c0112559_13544576.jpg
c0112559_1355694.jpg
 大小の石がしっかり食い込んだように積まれていてゆるみがありません。簡単なようで、今ではできそうもない石積みです。
c0112559_13554785.jpg
 珍しいのは間違いないのですが、塀は塀。建物も見なければなりません。江戸時代の土蔵ですが、あまり痛まずに残っています。
c0112559_13563187.jpg
 青石を使った灯籠と井戸も当時のもの。
c0112559_13571014.jpg
c0112559_13573045.jpg
c0112559_13575188.jpg
 小ぶりですが、江戸時代にしては斬新な土蔵。この建物が有形文化財にならなかったのは何故?
by gipsypapa | 2009-07-15 14:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)

保内町川之石の赤レンガ通り

c0112559_10411745.jpg
 旧白石和太郎洋館と旧宇都宮壮十郎邸の間の細道を山側に上ると、赤レンガの塀が連なる小さな通りがあります。「琴平赤レンガ小路」とも呼ばれています。少し素人っぽい積み方ですが、れっきとしたイギリス積み。明治の色合いの残る小路でした。

赤レンガ通り
明治・大正期
設計・施工 : 不明
八幡浜市保内町川之石
撮影 : 2009.3.21
c0112559_104249.jpg
c0112559_10421394.jpg
c0112559_10422711.jpg
c0112559_10425032.jpg
c0112559_1043773.jpg

by gipsypapa | 2009-07-14 10:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

八幡浜市の旧白石和太郎邸洋館

c0112559_116489.jpg
c0112559_1164451.jpg 
 旧宇都宮壮十郎邸の隣にある旧白石和太郎邸の洋館。紡績工場と大峯鉱山の経営で絶大なる財を成した白石和太郎氏の住宅で、かつては、左側に武家様式のお屋敷があったたそうです。

 左右対称形のいわゆる擬洋館。玄関上部の小屋根には三角ぺディメント。一階の窓は半円アーチ、2階は三角形のペディメントに、いずれにも唐草模様の華やかなレリーフがあり、変化に富んだデザインとなっています。同時の大工が建てたといわれる凝った作りの洋館です。八幡浜市指定有形文化財の木造2階建て。

旧白石和太郎邸洋館 明治末期
八幡浜市指定有形文化財
設計・施工 : 不明
八幡浜市保内町川之石2-9
撮影 : 2009.3.21






c0112559_1173951.jpg
c0112559_118135.jpg
c0112559_1182720.jpg
c0112559_1185959.jpg
c0112559_1191558.jpg
c0112559_1110280.jpg
 戦後の1950(昭和25)年から1989(平成元)年までは、川之石ドレスメーカー女学院として使用され、地元では「ドレメ」という愛称で呼ばれていたそうです。
c0112559_11102736.jpg
c0112559_111039100.jpg
c0112559_11105492.jpg
c0112559_1111688.jpg
 玄関を入ると玄関ホールですが、カウンターのある事務所のような感じ。カウンター中央に柱には漆喰の柱頭飾りが載っています。
c0112559_11114419.jpg
c0112559_1112252.jpg
 天井飾りの天使の人形と世界地図。アジア全体が同じ色に塗られ、明治末期の日本の世界観を反映したような絵柄です。
c0112559_11124838.jpg
c0112559_1113711.jpg
c0112559_11132544.jpg
 らせん階段を上って、
c0112559_1114871.jpg
 2階の天井飾りには、なぜか果物カゴの形。
c0112559_11151067.jpgc0112559_11145281.jpg























c0112559_1116130.jpg
 二階の各室は天井飾りがそれぞれ部屋ごとに違えてありました。
c0112559_11163616.jpg
c0112559_1117583.jpgc0112559_11172551.jpgc0112559_11173932.jpg















 各所に見られる当時の建具類。
c0112559_11181133.jpg
 内部も一般公開されています。常駐しているわけではありませんが、入口脇にある呼び鈴を押すと、近所の管理人の方が来てくれて、鍵を開けてくれると同時に、洋館の詳しい説明をして案内してくれます。(無料)
by gipsypapa | 2009-07-13 11:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)