タグ:庭園 ( 3 ) タグの人気記事

北国街道 安藤家

c0112559_08514710.jpg
旧開知学校前の道路を北に進むと北国街道(ほっこくかいどう)です。安藤家は、室町時代からこの長浜に移り住んだ旧家で、賤ヶ岳合戦(1583年)では秀吉に協力したとか。秀吉は町衆の中から長浜の自治を委ねる「十人衆」を選び、安藤家はその一つとして、町衆文化の一翼を担い、江戸時代は三年寄の一家として、長浜町の発展に尽力したそうです。

現在の建物は明治38年から大正4年にかけて建てられたもので、虫籠窓、紅殻格子などが施された造りは、長浜を代表する近代和風建築の一つです。

安藤家のもう一つの見どころが、庭園です。「古翠園(こういえん)」と名付けられた庭園は、長浜で多くの庭園を手掛けた庭師、布施宇吉(植宇)によるもの。巨石をあしらった池泉回遊式の庭です。

北国街道 安藤家
1915(大正4)年
設計・施工 : 不明
作庭 : 布施宇吉(植宇)
滋賀県長浜市元浜町8-24
撮影 : 2016.11.18
c0112559_08530404.jpg
c0112559_08532055.jpg
c0112559_08533388.jpg
c0112559_08534976.jpg
玄関から覗いただけですが、書院の小蘭亭(しょうらんてい)の美術は北大路魯山人(きたおうじ ろさんじん)の代表作とかで、この像は北大路魯山人でしょうか。
c0112559_08543092.jpg
HPから。
c0112559_08550202.jpg
古翠園の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08554336.jpg
c0112559_08560280.jpg
c0112559_08561851.jpg
c0112559_08563453.jpg
これもネットにあった小蘭亭の写真。安藤家離れの「小蘭亭」にある天井絵・篆刻 額・篆刻扉・襖・障子などは魯山人の作品です。
c0112559_08572307.jpg
これと以下の内部写真は画像検索で出てきた「のぶちんのトラベろぐ」という見所が多いブログから借用しました。
c0112559_08575479.jpg
c0112559_08583805.jpg
このときは他にも見たい建物が多くあったので、パスしてのですが、もしチャンスがあれば、中や庭を見たいです。ちなみに入館料は400円です。

by gipsypapa | 2017-08-01 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

太閤園 「料亭 淀川邸」

c0112559_12454418.jpg
 太閤園(たいこうえん)は、大阪市都島区網島町にある宴会場、婚式場、レストランで、藤田観光によって運営されているます。

 太閤園は関西財界の大物だった男爵・藤田傅三郎の邸宅だったものです。明治43年(1910)頃、藤田が淀川(実際は淀川に支流、大川)畔に造った、網島御殿とあかがね御殿などと称された広大な藤田邸というのがありました。本邸、西邸、東邸と豪壮を誇った邸宅のほとんどは昭和20年(1945)の戦災によって失われたそうですが、唯一残された東邸が「料亭 淀川邸」として、現在も大正ロマンの薫りを受け継いでいます。

 HPによると、「太閤園としてオープンしたのは1959(昭和34)年。格調高い庭園と建物が来園者の賞賛の的となり、高級宴会場、国際的社交場としてその名を馳せました。四季折々に美しい表情をたたえる庭園と由緒ある佇まい、歴史に培われたおもてなしの心は、平成20年(2008)サミット財務大臣会合の晩餐会会場にも選ばれ、各国から高い評価を得ました。」とあります。

 戦後、藤田邸の中央部が藤田美術館、東部が太閤園、南部が大阪市公館(現ザ・ガーデンオリエンタル大阪)に分割され、北西部は藤田邸跡公園になっています。そのうち、藤田美術館大阪市公館は行ったことがあり、ここだけ見逃していたわけです。書院造りの木造平屋、一部2階建て。

太閤園「料亭 淀川邸」
旧藤田男爵淀川邸
1914(大正3)年
設計・施工 : 今井兵七、佐藤欽三郎、高木平次郎(棟梁)、直営
大阪市都島区網島町9-10
撮影 : 2015.3.30
c0112559_12473989.jpg
 古そうで立派な門をくぐって園内へ入ります。
c0112559_12492711.jpg
 いかにも広大な敷地です。ネットでは約7000坪とあります。
c0112559_12511342.jpg
 淀川邸の車寄せのある玄関は入母屋唐破風。
c0112559_1251486.jpg
 実際は淀川ではなく、その支流の大川です。ちなみに大川の下流は有名な中ノ島になります。
c0112559_12522971.jpg
c0112559_12523980.jpg
c0112559_12524879.jpg
c0112559_1252596.jpg
c0112559_12541694.jpg
 前庭の両側には仁王像。
c0112559_12543543.jpg

c0112559_12551923.jpg
 庭園は太閤園の利用者でなくても無料で見学することができます。
c0112559_12555963.jpg
c0112559_12561311.jpg
c0112559_12562882.jpg
 築山式回遊庭園というそうです。
c0112559_1257720.jpg
c0112559_12572244.jpg
c0112559_12574087.jpg
c0112559_12575646.jpg
c0112559_12581553.jpg
c0112559_12583052.jpg
c0112559_12584744.jpg
c0112559_1259523.jpg
 桃山時代の一枚岩の石橋だとか。
c0112559_130278.jpg
c0112559_1304566.jpg
 庭園入り口の右にある茶室棟。いくつか部屋がありそうです。
c0112559_1313814.jpg
c0112559_1315366.jpg
c0112559_133103.jpg
c0112559_1332496.jpg
c0112559_1334550.jpg
 こちらは淀川邸玄関の向かいにある別館。
c0112559_135156.jpg
c0112559_1352087.jpg
 1959(昭和34)年ころの築でしょうか。
by gipsypapa | 2017-01-13 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)

臥龍山荘

c0112559_9313625.jpg
 今回、大洲を訪ねた目的の一つ、臥龍山荘(がりゅうさんそう)。大洲市内を流れる肱川流域の景勝地“臥龍淵”に臨む三千坪の山荘です。

 説明書によると「臥龍山荘」という名の由来は大洲藩3代藩主加藤泰恒が「蓬莢山が龍の臥す姿に似ている」ことから”臥龍”と命名したとあります。しかし”臥龍”といえば、有名な三国志の諸葛亮孔明のあだ名。命名の隠れた由来かもしれないと思うのは私だけでしょうか。

 現在、山荘に建つ臥龍院・不老庵・知止庵の三建築は、いずれも数寄をこらした名建築で、明治の貿易商、河内寅次郎氏が10年かけて築いたもの。

 庭園は、神戸の庭師、植徳が10年がかりで築造した路地庭園で、肱川・如法寺河原の自然の景観を生かし、蓬莱山(蓬莱島)を中心として四囲の山川を取り込んだ広大な借景庭園となっています。石積み一つとってみても変化を持たせた多様な石積み、飛び石にも銘石を使い、樹木にも数百年の老樹があり、苔類にも珍種が見られるそうです。

 臥龍山荘は、昭和31年9月に大洲の名勝として大洲市の文化財に指定され、さらに昭和60年2月に臥龍院、不老庵が愛媛県の有形文化財(建造物)に指定されました。個々の建物については次回から。

臥龍山荘
1901(明治34)年
大洲市指定文化財(名勝)
設計 : 河内寅次郎
施工 : 中野寅雄(棟梁)草木国太郎(大工)
大洲市大洲411-2
撮影 : 2012.10.21
c0112559_9343210.jpg
c0112559_9344078.jpg
c0112559_9344768.jpg
c0112559_9345939.jpg
c0112559_935874.jpg
c0112559_9351660.jpg
 山荘の入り口近くにあるのは2階建の倉庫。
c0112559_9363828.jpg
c0112559_936518.jpg
c0112559_937151.jpg
c0112559_9371194.jpg
c0112559_9372276.jpg
c0112559_9374154.jpg
c0112559_94023100.jpg
 「飛石」
 手鞠石、石臼、伽藍礎石、伊予上灘産のげんだ石とその配置の妙には魅せられるものがあります。
c0112559_9384096.jpg
 「潜龍洞(せんりゅうどう)」
 氷室。いわゆる昔の冷蔵庫です。
c0112559_9403349.jpg
 「苔」
 珍種が多くみられ京都西芳寺にも比すべきものがあります。左の「牡丹苔」は通常であれば100年余りの歳月を要しますが、ここでは湿度も高く環境が良いので60~70年余りで生育します。
c0112559_9425144.jpg
c0112559_94315.jpg
c0112559_9431473.jpg
c0112559_9432648.jpg
 「石積み」
 「乱れ積み」、「末広積み」、「流れ積み」と変化を持たせた石積みの中に生きた「チシャの木」が繁茂し、自然と人工の共存を感じさせる。次に石垣の中に埋め込まれた石臼に目をとられる。流れ積みの中に船に見立てた石があり、何かを語りかけられているようでもあります。
by gipsypapa | 2013-08-15 09:47 | | Trackback(1) | Comments(4)