タグ:寺社 ( 78 ) タグの人気記事

箕面山 瀧安寺

c0112559_8235953.jpg
瀧安寺(りゅうあんじ)は箕面公園にある本山修験宗(修験道の一派)の寺院。寺伝では7世紀に箕面滝の下に役行者(えんのぎょうじゃ)が堂を建設し、本尊の弁財天像を安置し、「箕面寺」と命名したのが始まりとか。室町時代末期に織田信長によって焼失し、江戸時代に後水尾天皇の援助によって現在地に再建されました。

滝への信仰を伝えながら、山岳信仰修験道の根本道場として、全国各地から修験者が集まり、大護摩法要が毎年4・7・11月に行われているそうです。またウィキペディアでは宝くじの発祥である富くじの発祥の地とありました。

箕面山 瀧安寺
箕面市箕面公園2-23
撮影 : 2017.1.16
c0112559_8253180.jpg
c0112559_8255719.jpg


山門
c0112559_8261717.jpg
山門は光格天皇が1809年に京都御所から移築したものだそうです。

瀧安寺山門
1809(文化6)年移築
設計・施工 : 不明

観音堂
c0112559_8272858.jpg
中央に重要文化財の如意輪観音、左右に阿弥陀如来、弘法大師を安置しています。新しく再建されました。

瀧安寺観音堂
2002(平成14)
設計・施工 : 不明
c0112559_827581.jpg
天女がいました。
c0112559_8282569.jpg

c0112559_8284180.jpg
c0112559_8293763.jpg
行者堂と本堂へは、この見事な石垣の横の階段を上ります。
c0112559_8315682.jpg
c0112559_8321890.jpg


行者堂(護摩堂)
c0112559_833224.jpg
瀧安寺の行者堂は前後2棟で構成される珍しい構造で、奥に本尊が祀られており、手前は護摩堂となっています。2棟をまとめて行者堂と言うこともあるとか。行者堂法要に採燈大護摩供と山伏大行列が行われるところです。

瀧安寺行者堂(護摩堂)
1693(元禄6)年か?
設計・施工 : 不明
c0112559_834461.jpg
c0112559_8342291.jpg


弁財天本堂
c0112559_8343647.jpg
後水尾天皇の勅命により江戸時代初期の1656年(明暦2年)に建てられました。この弁財天は日本四弁財天の一つだそうです。奥殿と拝殿から成る神社形式になっています。

瀧安寺弁財天本堂
1656(明暦2)年
設計・施工 : 不明
c0112559_8353975.jpg
c0112559_8355356.jpg
琵琶の絵があります。弁天様は水や音楽の神様なのでかな。
c0112559_8373752.jpg
c0112559_8381525.jpg
c0112559_8384538.jpg
本堂横の大黒堂。詳細はわかりません。
c0112559_840220.jpg
c0112559_8412977.jpg
手前は朱色に塗られた瑞雲橋。橋の向こう側に見える建物群は修行をする根本道場。武田五一設計の鳳凰閣がありますので、次回に。
by gipsypapa | 2017-02-02 08:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)

福岡市博多の西門飢人地蔵尊

c0112559_9161513.jpg
 昨日紹介した法性寺の南側に西門飢人地蔵尊(さいもんうえにんじぞうそん)が祀られています。御本尊はお地蔵さんで、ネット情報では享保17~18年(1732~1733年)に起きた「享保の大飢饉」。春から続いた大雨・洪水に加え、害虫の大発生で作物は全滅状態となり黒田藩でも人口36万のうち、約3割の人々が餓死したそうです。

 農村部から福博地区に流れてきた行き倒れた人々も多く、その遺骸の埋葬地に石を置き、後に地蔵を建てて亡くなった方々を弔ったのがこの飢人地蔵尊のお祭りの起こりだと伝えられています。毎年8月23日・24日の両日、施餓鬼供養が盛大に行われ、幻住庵をはじめ8名の僧侶によって参詣施餓鬼会の回向が執り行われるとか。

西門飢人地蔵尊
1933(昭和8)年
設計・施工 : 不明
福岡市博多区千代2-8
撮影 : 2015.1.19
c0112559_9172443.jpg
c0112559_9173353.jpg
c0112559_9174548.jpg
c0112559_9181250.jpg
c0112559_9182681.jpg
c0112559_9183877.jpg
c0112559_9184819.jpg

by gipsypapa | 2015-07-29 09:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)

修昌山 法性寺

c0112559_8114331.jpg
さらに東に移動して御笠川の東大橋を渡ったら千代町。そこにも日蓮宗のお寺、法性寺(ほうしょうじ)があります。

正長元年(1428年)に久遠成院日親上人が22歳のときに博多の市小路という地に開かれたお寺で、西国(九州))最初の法華経の道場として古くからの歴史があるとか。

秀吉の町割りによって蓮池町(昨日紹介した妙典寺の南隣)に再建。 しかし、明治43年(1910年)に市内電車が開通したときに(現在その敷設道部分は明治通りで、今、路面電車はなくなり、地下を市営地下鉄が走っています)ここ千代町に移転して 再々建されたそうです。小さな石庭があり、装飾彫刻が見どころでした。

修昌山 法性寺
1910(明治43)年
設計・施工 : 不明
福岡市博多区千代2-8-14
撮影 : 2015.1.19
c0112559_8115940.jpg
c0112559_81294.jpg
c0112559_8122389.jpg
c0112559_8123423.jpg
 山門をくぐったところに小さな庭があります。
c0112559_8133033.jpg
c0112559_8134375.jpg
c0112559_8135841.jpg
c0112559_814915.jpg
c0112559_8142114.jpg
c0112559_8145916.jpg
c0112559_8151266.jpg
c0112559_8152389.jpg
 コテ絵でしょうね。
c0112559_815559.jpg
c0112559_8161010.jpg
 装飾彫刻を発見。
c0112559_8164524.jpg
c0112559_8165868.jpg
 木鼻の見事な獅子。
c0112559_8173326.jpg
c0112559_817438.jpg
c0112559_8175513.jpg
c0112559_818442.jpg

by gipsypapa | 2015-07-28 08:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松林山 妙典寺

c0112559_913463.jpg
 善導寺から明治通りを御笠川に向かって東に行くと、橋の手前にもう一軒お寺があります。妙典寺(みょうてんじ)は日蓮宗の寺院で永徳元年(1381)、筑後柳川に創立されたとされるとか。

現在の本堂は天明5年(1785)、第32世本妙院日定上人の代に再建されたもので、第2次大戦時の福岡空襲からも奇跡的に難を逃れ、現在もその容貌を保っています。

松林山 妙典寺
1785(天明5)年
設計・施工 : 不明
福岡市博多区中呉服町9-12
撮影 : 2015.1.19
c0112559_925647.jpg
 庫裏の唐破風とむくり屋根の玄関には、濃密な装飾彫刻。庫裏も江戸時代と思われますが、詳細は不明です。
c0112559_933191.jpg
c0112559_93417.jpg
c0112559_935279.jpg
c0112559_94379.jpg
c0112559_942048.jpg
c0112559_94357.jpg
 奥は天明5年に建てられた本堂です。
c0112559_952343.jpg
c0112559_953385.jpg
c0112559_954481.jpg
 妙典寺のアプローチ。向うが明治通りで、地下鉄が走っています。
by gipsypapa | 2015-07-27 09:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)

光明山 善導寺

c0112559_1475295.jpg
 御供所町から北上して呉服町に出ました。この一角は名前の通り、商業の街でした。昔は角に博多大丸デパートがありましたが、商業の中心が天神町周辺になったので、今は天神にあります。

 昔は市電が走っていた明治通りにある善導寺(ぜんどうじ)は戦国時代の創建と伝えられています。訪ねた時は山門と鐘楼だけが建っていて、本堂などがあったと思われる場所は空地になっていました。再建計画があるのかもしれません。

光明山 善導寺
詳細不明
福岡市博多区中呉服町6-24
撮影 : 2015.1.19
c0112559_1491314.jpg
 山門は間違いなく古いようです。
c0112559_1495399.jpg
c0112559_1410216.jpg
c0112559_14101187.jpg
 境内にはこの鐘楼があるだけです。工事用の軽トラックが見えます。再建工事が行われるのでしょうね。
by gipsypapa | 2015-07-26 14:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

安国山 聖福寺

c0112559_84353100.jpg
 聖福寺(しょうふくじ)はる臨済宗妙心寺派の寺院です。以前、京都の建仁寺を調べているときに、日本最古の禅寺と知り、一度訪ねたかった寺院です。

 建久6年(1195年)に日本の臨済宗開祖の栄西が南宋より帰国後に、宋の人が建立した博多の百堂の跡地に寺院を創建しました。これが日本最初の本格的な禅寺であり、禅道場です。

 当初は臨済宗単独寺院でした。この後、栄西が京都に建仁寺を開山してからは建仁寺派となりました。江戸時代初期に黒田長政の命により、妙心寺派となって、現在も存続しています。室町時代には、五山十刹に数えられた名刹だそうです。

 山号は安国山(通称は安山)。境内は国の史跡に指定されていて、現存する主要建造物は江戸期に再建されたものです。境内は、山門・仏殿・本堂と一直線に並ぶ典型的な伽藍型式をよくとどめていて、江戸時代の建物が残っています。

安国山 聖福寺
江戸時代
国史跡
設計・施工 : 不明
福岡市博多区御供所町6-1
撮影 : 2015.1.19
c0112559_8473380.jpg
 仏 殿(ぶつでん)。 天正17年(1589年)耳峯玄熊によって中興されたそうです。
c0112559_8484752.jpg
c0112559_84747100.jpg
c0112559_8485665.jpg
 大型の建造物ですが、和風の寺院とは違った形をしています。宋の影響でしょう。
c0112559_8513486.jpg
c0112559_8514811.jpg
c0112559_852216.jpg
 両端には丸窓があります。栄西禅師が渡った南宋の寺は丸窓が多いそうで、それに倣ったと考えられています。
c0112559_8524947.jpg
c0112559_853585.jpg
c0112559_853171.jpg
 山門(さんもん)。これも山門としては大型ですが、それには理由がありました。元は以前の山門は志摩桜井神社の観音堂を移築したものだったそうですが、慶応2年(1866)に焼失しまし。現在のものは明治44年(1911)に再建されたものです。
c0112559_8593069.jpg
c0112559_8594524.jpg
c0112559_8595765.jpg
c0112559_901038.jpg
c0112559_902455.jpg
c0112559_911371.jpg
 その隣には小さな鐘楼。宝暦9年(1759)に改築されたものです。
c0112559_921848.jpg
 勅使門(ちょくしもん)。建築年は1700年初頭以前のものと推測されています。先に「楽水園」で紹介した博多塀が両側に伸びています。
c0112559_934681.jpg
 唐門。詳細は不明ですが、装飾彫刻と十六弁の菊の御紋章が印象的。
c0112559_944781.jpg
c0112559_95052.jpg
 家紋。調べると笹竜胆らしいです。源氏とゆかりの深い紋みたいですが、なぜここにあるかは不明です。
c0112559_9125444.jpg
 境内にもいくつか塔頭があります。
c0112559_9133198.jpg
c0112559_9134574.jpg
 この奥に方丈があるのですが、見えるのは庫裏だけ。
c0112559_9142049.jpg
 こんなきつい看板があったら、中へは進めません。
c0112559_9145885.jpg
c0112559_9152090.jpg
 緑が多い境内ですが、特に庭園は造られていません。もったいないと感じました。
by gipsypapa | 2015-07-23 09:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

福岡市の節信院と幻住庵

c0112559_921430.jpg
 北上して再び御供所町へ。節信院(せっしんいん)はこのあと紹介する聖福寺の塔頭(たっちゅう)寺院です。聖福寺の裏手にひっそりと伽藍を構えています。幕末に勤皇派で、福岡藩の倒幕派の中心的な立場にあった家老・加藤司書(のりしげ)の菩提寺です。

 開基は1602年、加藤重徳による創立です。加藤重徳は荒木村重の家臣でしたが、幽閉された黒田如水(官兵衛)を助けた縁で、次男の一成が黒田家の養子となり福岡に来たそうです。節信院は代々加藤家の菩提寺になっており、末裔の加藤司書の墓があるのはこのためです。

節信院
詳細不明
福岡市博多区御供所町11-20
撮影 : 2015.1.19
c0112559_9215489.jpg
c0112559_922367.jpg
c0112559_9221271.jpg
c0112559_9222316.jpg
 さらに北上して風情のある細い路地を聖福寺に向かいます。
c0112559_9231375.jpg
c0112559_9233130.jpg
 この一角は古い博多の雰囲気をよく残しています。
c0112559_9234725.jpg
 途中にもう一つの塔頭である幻住庵の前を通りました。

幻住庵(げんじゅうあん)

解説文では「延元元年(1336)無隠元晦が馬出に開山。天保3年(1646)に博多の豪商大賀宗伯が聖福寺境内に移し、耳峰玄熊和尚を中興の祖とする。以後大賀家の菩提寺となり、大賀家歴代の墓碑が並ぶ。」とありました。残念ながら柵があって、境内には入れませんでした。

天目山 幻住庵
詳細不明
福岡市博多区御供所町7-1
c0112559_9242199.jpg
 左折して西に向かう細道へ。
c0112559_9273216.jpg
 聖福寺はすぐそこです。
by gipsypapa | 2015-07-22 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)

福岡市の天與庵

c0112559_8234942.jpg
 承天寺の北隣に伽藍を構えている天與庵(てんよあん)。承天寺の塔頭寺院で1299(西安元)年の創建。円鑑禅師蔵山順空の開山で、戦時中の博多大空襲にて焼失。1965(昭和40)年に再建されました。

 銅葺の屋根で回廊が広い本堂は最近改修されたそうです。本堂前の小さな枯山水の庭園が美しいので紹介します。

天與庵
1965(昭和40)年
設計。施工 : 不明
福岡市博多区博多駅前1丁目29-14
撮影 : 2015.1.19
c0112559_825695.jpg
 入口を入ると、奥の本堂へ続く細道があります。
c0112559_826553.jpg
 ここをくぐると本堂へ、
c0112559_8263750.jpg
 右の奥には庫裏があります。
c0112559_8271282.jpg
 開放的な廊下の本堂です。
c0112559_8295542.jpg

c0112559_830560.jpg
 小さな枯山水の庭があります。
c0112559_8313916.jpg
c0112559_8315379.jpg
c0112559_832828.jpg
 山から大海に流れ出る川を苔の築山と小石で表現したそうです。
c0112559_8331821.jpg
c0112559_8333388.jpg

by gipsypapa | 2015-07-21 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)

萬松山 承天寺

c0112559_9434642.jpg
 寺町の一番南にある承天寺(しょうてんじ)。ここだけは御供所町ではなく博多駅前という住所になっています。

 臨済宗東福寺派で、山号は萬松山。開山は仁治2年(1241年)で聖一国師(円爾弁円)によるもの。創建にあたっては謝国明ら宋商人が多く援助したそうです。

 少し変わっているのは、境内が市道によって北東と南西に分かれていることです。これは昭和38年(1963年)の博多駅移転に伴う区画整理事業によって通されたもので、このため山門や仏殿は南西側、本堂や墓地などは北東側に分断されています。建物は仏殿「覚皇殿」、方丈、開山堂などがあり、方丈の前には石庭「洗濤庭」が広がっています。鐘楼、唐門、開山堂が福岡市指定有形文化財になっています。

萬松山 承天寺(承天禅寺)
詳細不明
福岡市博多区博多駅前1-29-9
撮影 : 2015.1.19
c0112559_9471851.jpg
c0112559_94758100.jpg
 西側の山門から入りました。
c0112559_9483276.jpg
c0112559_9484268.jpg
 勑賜承天禅寺? 勑賜は勅賜でしょう。
c0112559_9492767.jpg
c0112559_9493873.jpg
c0112559_9495067.jpg
 鐘楼は市の文化財で古そうです。江戸時代の築と思われますが、これを含めて建物の正確な建造年は見つかりませんでした。
c0112559_9504474.jpg
 1枚目と同じ仏殿。比較的最近に再建されたようです。
c0112559_9515430.jpg
c0112559_952819.jpg
c0112559_9522231.jpg
c0112559_9523425.jpg
 寶聚庵。承天寺の塔頭(たっちゅう)寺院で、西応3年1290に創建。寶覚堪照禅師によって開山されたもの。
c0112559_9534344.jpg
c0112559_954297.jpg
 東へ出ました。
c0112559_9543221.jpg
c0112559_9544691.jpg

c0112559_9552416.jpg
 境内を北東と南西に分割している市道承天寺通りです。
c0112559_9553721.jpg
 真ん中に庭があります。
c0112559_9561814.jpg
 通りにある博多千年門は古文書に登場する博多の出入り口「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」をモデルにした木造瓦ぶきの四脚門。去年できたばかりです。
c0112559_9585079.jpg
 通りから東側の境内へ。
c0112559_9594287.jpg
 唐門。1860(安政7)年と推測されています。市有形文化財。
c0112559_1005154.jpg
c0112559_101764.jpg
 装飾彫刻は鯉かナマズみたいに見えますが、お寺に生臭ものは珍しい。
c0112559_1011958.jpg
c0112559_1013365.jpg
 庫裏。
c0112559_1015619.jpg
 うどん・そば・羊羹・饅頭などの製法が、宋から最初に伝えられた場所とも云われています。
c0112559_1024469.jpg
 開山堂と思いますが、未確認です。
c0112559_1032753.jpg
c0112559_1034135.jpg
 巨大な方丈。
c0112559_1041571.jpg
c0112559_1043310.jpg
 その前に広がる石庭「洗濤庭」です。玄界灘を表しているそうです。
c0112559_1051549.jpg
c0112559_1053835.jpg
 ↑ ネットにあった写真を借用。砂紋が違いますね。ライトアップのイベント用みたいです。
c0112559_1055313.jpg
c0112559_106104.jpg
c0112559_1062386.jpg

by gipsypapa | 2015-07-20 10:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

南岳山 東長寺

c0112559_10165781.jpg
 JR博多駅を地下鉄で1駅分北上すると、その東側の御供所町(ごくしょまち)と博多駅前町に寺院が多く立ち並ぶ一角があります。「御供所」という名は、昔、筥崎八幡宮の御供え物を調えた(必要な物を取り揃えた)ために付いたとされています。「寺町」とも呼ばれ、寺院が集中しています。しばらくこの区画を散策します。

 最初のお寺は東長寺(とうちょうじ)。真言宗の寺院で、九州における真言宗九州教団の拠点寺院(別格本山)。九州八十八カ所第一番霊場・九州三十六不動尊結願霊場・九州二十四地蔵尊第二十二番霊場。山号は南岳山。

 大同元年(806年)、空海(弘法大師)が唐での修業から帰国し、博多に滞在して、密教東漸を祈願して建立したと伝えられています。その後、永禄・天正の兵火で焼けて荒廃していたところを、福岡藩2代目藩主の黒田忠之が寺基を現在地に移して再興し、菩提所としたそうです。

 境内には伽藍、本堂、六角堂、大仏殿、五重塔などがあります。そのうち六角堂は江戸時代に建てられたもので、福岡市指定有形文化財です。

南岳山 東長寺六角堂
1842(天保13)年
福岡市指定有形文化財
設計・施工 : 伊藤平左衛門(宮大工)
福岡市博多区御供所町2-4
撮影 : 2015.1.19
c0112559_10183828.jpg
c0112559_10185231.jpg
c0112559_1019931.jpg
 六角堂。
c0112559_10194884.jpg
 江戸時代後期の天保13年(1842年)、博多商人の豊後屋栄蔵が名古屋以西の商人に浄財を募り、名古屋の堂宮大工・伊藤平左衛門を招いて建造したもの。
c0112559_10202164.jpg
c0112559_10203149.jpg
c0112559_10204187.jpg
c0112559_10205150.jpg
 鐘楼と・・・
c0112559_10211716.jpg
 本堂は鉄筋コンクリート造りです。
c0112559_10215128.jpg
c0112559_10221139.jpg
c0112559_10222929.jpg
c0112559_10224194.jpg
 ど派手な朱色の五重塔。
c0112559_10231974.jpg
 どう見ても新しそう。できたてですね。
c0112559_10235391.jpg
c0112559_1024779.jpg
 大師堂。
c0112559_10243896.jpg
c0112559_10244982.jpg
 福岡藩主黒田家墓所(史跡)。
by gipsypapa | 2015-07-19 10:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)