タグ:寺社 ( 56 ) タグの人気記事

大阪天満宮

c0112559_1228232.jpg
 大阪市北の繁華街のど真ん中にある大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)。天満宮といえば菅原道真を祀る神社です。

 ネット情報では「901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。」といあります。

 現在の本殿は、弘化2年(1845)に再建された物で権現造りの社です。他に梅花殿(1928年)、神楽所(1904年)と参集所(1911年)が国の登録有形文化財に指定されています。

大阪天満宮
1845(弘化2)年
設計・施工 : 不明
大阪市北区天神橋2-1-8
撮影 : 2015.3.30
c0112559_12302773.jpg
c0112559_12304116.jpg
c0112559_12305779.jpg
 国の登録有形文化財の参集殿。
c0112559_12332957.jpg
c0112559_12333962.jpg
c0112559_1233562.jpg
c0112559_1234983.jpg
c0112559_1234223.jpg
c0112559_12343635.jpg
c0112559_12344676.jpg
c0112559_1235280.jpg
c0112559_12351870.jpg
c0112559_1235551.jpg
c0112559_12361016.jpg
c0112559_12363185.jpg
 何度か来たことがあるここを再訪したのは「寺社の装飾彫刻 近畿編」という本で彫刻の存在を知ったから。
c0112559_1238496.jpg
c0112559_12381877.jpg
 表門に見るべきものがあるのです。
c0112559_12385963.jpg
c0112559_12392197.jpg
c0112559_1240443.jpg
c0112559_12405679.jpg
 表門袖壁羽目板の鳳凰。
c0112559_124249.jpg
 天井には方位盤。
c0112559_12424971.jpg
c0112559_1243373.jpg
c0112559_12431888.jpg
 西側の門にも。
c0112559_12435423.jpg
c0112559_12441039.jpg
 木鼻は獅子ですね。
c0112559_12445139.jpg
c0112559_12454014.jpg
c0112559_12455565.jpg
 臥牛(がぎゅう)。ビフテキのスエヒロが、昭和15年に開業30周年を迎えるにあたり昭和14年7月に奉納したものだとか。
c0112559_12474176.jpg

c0112559_12475786.jpg
 「寺社の装飾彫刻 近畿編」にはこのほかにも彫刻があるようですが、見つけることはできませんでした。
c0112559_12481353.jpg
 北側から出ると繁盛亭があります。上方落語唯一の寄席で、落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸の興行が連日行われています。
by gipsypapa | 2015-07-13 12:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

富田御坊 本照寺

c0112559_841832.jpg
 散歩コースの一つなので、何回も訪ねたところです。特に普通のお寺なので、あまり写真も撮影していませんでしたが、最近大発見をしました。

 本照寺(ほんしょうじ)は浄土真宗本願寺派の仏教寺院で、富寿栄山(ふすえざん)あるいは富山と号し、富田御坊(とんだごぼう)ともいわれています。かつて周囲に寺内町を形成し、現在もその町並みをとどめている地域です。本堂は1798(寛政10)年の築で、山門・東門・鐘楼とともに市の有形文化財に登録されています。

富寿栄山 本照寺(富田御坊)
1798(寛政10)年
高槻市登録有形文化財
設計・施工 : 不明
高槻市富田町4-4-27
撮影 : 2013.10.18 & 2014.9.26 & 2015.5.25
c0112559_841389.jpg
c0112559_8415130.jpg
c0112559_842221.jpg
 市の有形文化財の山門。
c0112559_8423765.jpg
c0112559_8425099.jpg
 扉などに草花の透かし彫り。
c0112559_8431825.jpg
c0112559_8432842.jpg
c0112559_8434036.jpg
 小さいながら池のある庭。
c0112559_845220.jpg
c0112559_8451922.jpg
c0112559_8453397.jpg
c0112559_8454672.jpg
 こちらが鐘楼。いずれも江戸時代の築です。
c0112559_8462498.jpg
 いつもは本堂の前を通り抜けるだけですが、この日は扉が大きく開いているのに気づきました。
c0112559_8473074.jpg
c0112559_8474959.jpg
c0112559_848330.jpg
 この日だけ開いていたわけではないかもしれません。単に初めて気づいたのでしょう。
c0112559_8481438.jpg
 「履物を脱いで上がってください」というような立札があるからには、中に入れるようです。
c0112559_8505582.jpg
 普通の格天井の本堂かと、何気なく見上げると・・・・
c0112559_8513987.jpg

c0112559_8515435.jpg
c0112559_852816.jpg
 欄間に手の込んだ彫刻と天女の彫り物。
c0112559_8525349.jpg

c0112559_85354.jpg
 すごい!
c0112559_8551867.jpg
c0112559_8552977.jpg
c0112559_8555429.jpg
c0112559_856678.jpg
 散歩なのでちゃんとしたカメラはもっていません。胸ポケットに入る超小形のコンデジしかありませんでした。画像がイマイチです。
by gipsypapa | 2015-07-10 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

磯良(疣水)神社

c0112559_854578.jpg
 茨木市の総持寺から北に行ったところに磯良神社(いそらじんじゃ)があります。疣を取るのに神験ありとの信仰から疣水神社(いぼみずじんじゃ)とも呼ばれています。

 もと天照御魂神社(あまてらすみたまじんじゃ)の旧境内地の一部で、同社の境内社として奉斎されていたが、 寛文9年(1669年)3月に新屋神社が西北隅に遷座されて分かれたそうです。現在は疣水神社という呼び方が一般的。拝殿は昭和54年に新築されたものです。

磯良(疣水)神社 拝殿
1979(昭和54)年
設計・施工 : 不明
茨木市三島丘1-4-29
撮影 : 2013.11.12 & 2014.3.31
c0112559_856344.jpg
c0112559_8564665.jpg
c0112559_8565786.jpg
c0112559_85788.jpg
c0112559_8573244.jpg
c0112559_8581367.jpg
c0112559_85830100.jpg
 境内に井戸があり、拝受所で御神水「疣水」の受けることができ、いつもにぎわっています。(無料)
c0112559_901383.jpg
c0112559_902854.jpg
 こちらは国道171号線を挟んだ北側に遷座した新屋坐天照御魂神社(にいやにますあまてるみたまじんじゃ)です。今は疣水神社に比べると、参拝者が少なく、ひっそりとしています。
by gipsypapa | 2015-07-09 09:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)

八幡大神宮

c0112559_8163265.jpg
 野見神社では正面からの参拝はできないので、いつももう少し南まで歩いて、この八幡大神宮(はちまんだいじんぐう)にお参りしています。

 例年、野見神社では長蛇の列ですが、ここは人がまばら。しかもお神酒を頂けて、参拝記念に祝箸をもらえるのです。八幡大神宮という名前から想像する規模ではなく、ひっそりとした小さな神社です。最近ここへの初詣が恒例になりました。

 ネット情報では「創建は不詳だが、洪水により応神天皇の像と白羽矢がこの地に流れ着き、それを祀ったのが起こりという。江戸時代初期の高槻城主・松平家信は、社領を寄進するほど厚く敬い、その後も高槻城の守護神として歴代城主の信仰が厚かった。戦国期にはキリシタンの高山氏の兵火で焼失したこともある。」とか。

 毎年、ここに来ます。2017(平成29)年にも初詣に出かけたので写真をアップします。何も変わっていません。

八幡大神宮
詳細不明
高槻市八幡町2
撮影 : 2015.1.3 & 2017.1.3
c0112559_8173668.jpg
 誰もいません。(笑)
c0112559_8174856.jpg
c0112559_818048.jpg
c0112559_8181331.jpg
c0112559_8182740.jpg
 ちなみに高槻市にある多くのお寺や神社では、かつて高山右近によって焼き払われたという、解説板をよく見ます。一般にキリシタン大名として迫害を受け、最後にはルソン島に流された悲劇の武将として知られています。しかし実際には逆に高槻城主のときにキリスト教以外の宗教を迫害したようです。

 以下は2017年の初詣です。
c0112559_839386.jpg
c0112559_8392328.jpg
c0112559_8393621.jpg
 毎年、本堂横の社務所で声をかけられ、お神酒をいただくのです。この写真はそのまた横のおみくじ売り場です。
c0112559_8404049.jpg
c0112559_8405413.jpg
 唯一の違いは、初詣ののぼりが立ったことです。
by gipsypapa | 2015-07-07 08:21 | 建築 | Trackback | Comments(1)

野見神社

c0112559_14202174.jpg
 初詣の目的地の一つ、野見神社(のみじんじゃ)です。式内社論社で、旧社格は郷社。須佐之男命と野見宿禰命を祭神として祀る神社です。

 平安時代中期の宇多天皇の時代(887年 - 897年)ころからある神社で、高槻城主だったキリシタンの高山右近が社殿を破壊し社領を没収したことがありましたが、その後の高槻城主、松平紀伊守が1619年(元和5年)に社殿を再建したとあります。

 昔は牛頭天社といわれましたが、明治始めに野見宿禰命を合祀し、名を野見神社と改名したそうです。

 本殿は江戸時代初期の築。境内には摂末社がいくつもあり、中でも永井神社の社殿と唐門は市指定有形文化財で、見るべきものがあります。

野見神社
本殿 :1649(慶安2)年
永井神社:1848年〈嘉永元〉年
高槻市指定有形文化財(永井神社社殿および唐門)
設計・施工 : 不明
高槻市野見町6-6
撮影 : 2015.1.3
c0112559_14212838.jpg
 もう何回かこの神社に初詣に来ましたが、いつも参拝客の長蛇の列。境内をはみ出して道路まで延々とした列です。
c0112559_14214485.jpg
 今年は遅めの1月3日で、しかも午後4時前だったので、もう少なかろうと思ったのですが、やはり長い列が道路の向こうまで。今年も例年通りに並ばずに、横からお参りしました。
c0112559_14233467.jpg
c0112559_1423496.jpg
 とはいえ建物好きの自分の目的はこちらです。摂末社の一つ永井神社は初代高槻藩主永井直清を祀っています。
c0112559_14244065.jpg
c0112559_14245926.jpg
 江戸末期、1848年〈嘉永元〉年の創建。
c0112559_14251182.jpg
 社殿、唐門ともに装飾彫刻が見事です。
c0112559_14254715.jpg
c0112559_14255663.jpg
c0112559_142655.jpg
c0112559_1428177.jpg
 こちらが唐門。
c0112559_14283131.jpg
c0112559_14284377.jpg
c0112559_14285676.jpg
 末社の一つ、護国神社。
c0112559_1429486.jpg
 戎神社。
c0112559_14301422.jpg
c0112559_1430262.jpg
c0112559_14303978.jpg
 小島辨天宮。

c0112559_1431882.jpg

by gipsypapa | 2015-07-05 14:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)

常智山 本行寺

c0112559_8374333.jpg
 その隣は本行寺(ほんぎょうじ)。日蓮宗の仏教寺院で、山号は常智山。本尊は題目宝塔、釈迦多宝二仏。旧本山は、京都本満寺です。

 高槻市のHPでは「創建年月は不詳だが、戦国時代に三好元長、細川晴元の崇敬が厚く隆盛を極めたと伝えられるが、法華一揆とそれに続く天文法華の乱により堂宇は焼け落ち焦土となった。その後三好長慶により毘沙門堂として再興されるものの、高山右近の時代に諸堂宇は焼き討ちされ、日蓮聖人像(祖師像)のみが住職により備前国(岡山県)に逃れたとされている。その後高槻に復帰がかなうものの、創建の地への復帰、元の寺号の呼称が許されず、慶長元年(1596年)に、後に久遠寺の第二十世法主となる一如院日重上人の手により現在の地に再建され、そのときに寺号を常智山本行寺と改めた。」とあります。

常智山 本行寺
詳細不明
高槻市大手町2-43
撮影 : 2015.1.3
c0112559_8382831.jpg
c0112559_8384315.jpg
 この寺の山門は高槻城にあった門が移築されたもので、高麗門の様式になっているそうです。
c0112559_8395657.jpg
c0112559_840748.jpg
c0112559_84016100.jpg
c0112559_8402597.jpg
c0112559_8403638.jpg
c0112559_8404797.jpg
c0112559_841074.jpg
c0112559_8411023.jpg
c0112559_8412378.jpg
c0112559_8413472.jpg
c0112559_8414564.jpg
c0112559_842218.jpg
c0112559_8421377.jpg
c0112559_8422621.jpg
c0112559_8423529.jpg
c0112559_8424445.jpg

by gipsypapa | 2015-07-03 08:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

霊瑞山 光松寺

c0112559_8244186.jpg
 同じ一角にある光松寺(こうしょうじ)。西山浄土宗の仏教寺院で、山号は霊瑞山。本尊は阿弥陀如来。

 高槻市のHPでは「創建年月は不詳だが、寺伝によると良元が結んだ草庵が始まりと伝えられている。当初は高槻城内にあったとされるが、永禄年間(1558~1569年)の高山右近の高槻城改築にあたりこの地を賜り移転したとされる。そのときに光明寺から顕空登順上人を迎え開山としたと伝えられる。顕空登順上人が本堂を創建し、後に、庫裡、観音堂、鐘楼堂、客殿、玄関、土蔵などを増築した。1995年(平成7年)の阪神大震災により被災し、本堂は1998年(平成10年)に修復されている。」とあります。

霊瑞山 光松寺
詳細不明
高槻市大手町2-47
撮影 : 2015.1.3
c0112559_8251981.jpg
c0112559_8252882.jpg
c0112559_8253892.jpg
c0112559_8254938.jpg
c0112559_826516.jpg
c0112559_8261611.jpg
c0112559_8262565.jpg
c0112559_8263490.jpg
c0112559_8264496.jpg
c0112559_8265251.jpg
c0112559_82768.jpg

by gipsypapa | 2015-07-02 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)

起行山 理安寺

c0112559_8534572.jpg
 今年の初詣は高槻へ。目的地は野見神社と八幡大神宮ですが、その途中にある寺院を見ていきました。

 高槻城の鬼門に当たる位置にある寺町。そのうちの一つが理安寺(りあんじ)です。浄土宗の仏教寺院で山号は起行山。院号は総智院。本尊は阿弥陀如来。高槻市のHPによると、「元和5年(1619年)、時の高槻城主・松平家信が夫人の菩提を弔って以来、松平氏の菩提寺として繁栄した。古くは「利生安国」から利安寺と称していた。」とあります。

起行山 理安寺
詳細不明
高槻市京口町1-18
撮影 : 2015.1.3
c0112559_8543412.jpg
c0112559_8544428.jpg
c0112559_8545450.jpg
c0112559_855241.jpg
c0112559_8551096.jpg
c0112559_855184.jpg
c0112559_8552619.jpg
c0112559_8553484.jpg
c0112559_8554224.jpg
c0112559_8555291.jpg
 寺院らしい建物が並んでいますが、いずれも新しいように感じました。
by gipsypapa | 2015-07-01 08:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)

祥雲山 慶瑞寺(慶瑞禅寺)

c0112559_9173627.jpg
 住宅地の細い路地の奥にあるひっそりとしたお寺。ネット情報では、持統天皇8年(694)、宇治橋架橋などで知られる僧道昭が創建し、法相宗に属して景瑞寺と呼ばれていたと伝えられていて、江戸時代初期には、景瑞庵と呼ばれ荒廃していましたが、寛文元年(1661)頃、普門寺の龍溪が再興したとありました。

 今の本堂や鐘楼は古そうに見えますが、これらが江戸初期の築かどうかはわかりませんでした。

祥雲山 慶瑞寺(慶瑞禅寺)
詳細不明
高槻市昭和台町2-25-12
撮影 : 2014.12.25
c0112559_9181598.jpg
c0112559_9182572.jpg
c0112559_9183792.jpg
c0112559_9184798.jpg
c0112559_918575.jpg
c0112559_919678.jpg
 鐘楼。
c0112559_9191773.jpg
c0112559_9192824.jpg
 鐘楼の額は東郷平八郎の書だとか。
c0112559_9193974.jpg
c0112559_9194955.jpg
c0112559_920234.jpg
c0112559_9201661.jpg
 本堂。
c0112559_9202716.jpg
c0112559_9203970.jpg
c0112559_9205179.jpg
c0112559_921572.jpg
c0112559_9211720.jpg
 聖歯塔(せいしとう)。
「後水尾法皇の崇敬篤く、寛文5年皇子の隠仁親王が亡くなると、その歯を、同7年には仏舎利3個と法皇の歯1個を収めた舎利塔を賜り、石塔に収めた。」と書いてありました。
c0112559_9212769.jpg

by gipsypapa | 2015-06-30 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(6)

補陀洛山 総持寺

c0112559_10301139.jpg
 しばらく寺社建築をやります。まずは近所の散歩コースから。総持寺(そうじじ)は、大阪府茨木市にある高野山真言宗の寺院です。山号は補陀洛山 (ふだらくさん)。西国三十三所第22番札所です。

 寺伝では元慶3年(879年)頃、藤原山蔭が創建し、山蔭の三回忌の寛平2年(890年)に伽藍が完成したとあるそうで、歴史のあるお寺です。現在の本堂は江戸初期の建立ですが、山門などの他の建造物のデータは見当たらず、おおむね最近に再建されたものと思います。

補陀洛山 総持寺本堂
1603(慶長8)年
設計・施工 : 不明
茨木市総持寺1-6-1
撮影 : 2014.12.25
c0112559_1032242.jpg
c0112559_10321167.jpg
c0112559_10322141.jpg
c0112559_10323051.jpg
c0112559_10323951.jpg
c0112559_10324843.jpg
c0112559_10325957.jpg
c0112559_10331042.jpg
c0112559_10332112.jpg
c0112559_10333361.jpg
c0112559_10334453.jpg
c0112559_10335635.jpg
c0112559_1034956.jpg
c0112559_10342081.jpg
c0112559_10343274.jpg
c0112559_10344443.jpg
c0112559_10345669.jpg
c0112559_10351183.jpg
c0112559_10353258.jpg
c0112559_10354697.jpg
c0112559_10355989.jpg
c0112559_10361275.jpg
c0112559_10362625.jpg
c0112559_10363853.jpg

by gipsypapa | 2015-06-29 10:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)