タグ:大阪 ( 297 ) タグの人気記事

大阪の吉田家住宅

c0112559_1193671.jpg
 中崎町から北へ。大通りを越えたところに文化財の住宅が並ぶ地区があります。大正時代の和風住宅が並ぶ一角で、主屋以外はすべて長屋となっていますので、主屋の吉田氏が借家経営をしていたのでしょう。主屋と東長屋、西長屋、北二軒長屋、南二軒長屋、北長屋が国の登録有形文化財のいずれも木造2階建て。

吉田家住宅
大正期
登録有形文化財
設計・施工 :不明
大阪市北区豊崎1-1-9
撮影 : 2014.10.9
c0112559_11103484.jpg
 路地を入ると、まず板塀に囲まれた主屋があります。
c0112559_11112317.jpg
 以下は北側にある長屋群です。
c0112559_11115420.jpg
c0112559_11121574.jpg
c0112559_11122886.jpg
 カフェになっている家もあります。
c0112559_1113428.jpg
c0112559_11131825.jpg
c0112559_11133129.jpg
c0112559_11134265.jpg
 内部を見てないので何ともいえませんが、外観からは意匠的な特徴や見所はありません。文化財指定されたのは、大正期の都市住宅の形態が、この一角に集中して残っているからでしょう。
by gipsypapa | 2017-01-22 11:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

天劇キネマトロン

c0112559_1144348.jpg
中崎町の再開発されてマンションが建つ一角にも古い建物があります。まったく色気のない打ちっぱなしの黒い下見板貼りに蔦が絡まる不思議で大きな建物です。あまり情報はありませんでしたが、昔は印刷工場だったところを改装したという記事がありました。工場従業員の住居を兼ねていたようです。今は天劇キネマトロンという自主映画専門映画館やカフェとして使われています。木造2階建て。

天劇キネマトロン
旧印刷工場
昭和初期
設計・施工 : 不明
大阪市北区中崎西1-1-18
撮影 : 2014.10.9
c0112559_116118.jpg
c0112559_1163186.jpg
c0112559_1164216.jpg
幅の狭い入り口から細い路地を奥に向かってみました。
c0112559_118552.jpg
薄暗いです。小さなカフェがあります。
c0112559_1185313.jpg
Welcome ! の看板。ここが天劇キネマトロンの入り口です。
c0112559_119262.jpg
c0112559_1193811.jpg
なんとも色気のない外観なので、元は何だったのか、疑問でした。工場とのこと。納得です。
by gipsypapa | 2017-01-21 11:10 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

大阪市の中崎町

c0112559_8435942.jpg
 2年以上前の古い写真を少し。中崎町は大阪の中心、梅田の東北に隣接する昭和レトロな一角。今も下町の風情が残り、大都会のエアポケットのような町です。第二次世界大戦での戦災をまぬがれた古い民家や長屋が多く、それらを利用したカフェや小さなレストランなどが立ち並び、近年は若者に人気の町になりました。以下の建物はいずれも昭和初期以前と思われます。
撮影 : 2014.10.9

美容室 リスタバイスニップ Lista by Snip
c0112559_8451674.jpg
 最初の写真は中崎町の四つ角にあるシンボル的な建物です。ネットに内部写真がありました。

美容室 リスタバイスニップ Lista by Snip
大阪市北区中崎西3-2-26
c0112559_8455644.jpg


キタノ薬品店
c0112559_847787.jpg
 美容室 リスタバイスニップ の西の二軒隣にある薬局。いかにも古い町屋です。

キタノ薬品店
大阪市北区中崎西3-2-26

筆屋さくら堂
c0112559_8482789.jpg
 その筋隣り。化粧筆と雑貨の店。化粧筆ってお化粧に使う筆だそうです。

筆屋さくら堂
大阪市北区中崎西1-9-13
c0112559_8491836.jpg


いろんなカフェがあって見きれませんでしたが、一部を紹介します。

コア・ナカザキ
c0112559_851792.jpg
 衣料雑貨店らしいです。

コア・ナカザキ
大阪市北区中崎西1-7-17
c0112559_852175.jpg
c0112559_8521276.jpg
c0112559_8522229.jpg
c0112559_8523497.jpg


Salon de AManTO 天人
c0112559_8535380.jpg
 HPによると「築120年の長屋が一人のパフォーマーの空家再生パフォーマンスによってコミュニティカフェとして再生されました。その後カフェ、サロン・ド・アマント(天人)を中心とする古民家リノベーション施設展開しています。」なるほど、古い建物好きの私としては、ぜひ続けていただきたい活動です。

Salon de AManTO 天人
大阪市北区中崎西1-7-26
c0112559_854321.jpg
c0112559_8545727.jpg
 ↓↓は食べログにあった内部写真。
c0112559_8565435.jpg


モノカフェ ワヲン
c0112559_8582480.jpg
 ベトナム料理が食べられる、町家風カフェ兼雑貨店です。↓↓これらも食べログの内部写真です。

モノカフェ ワヲン
大阪市北区中崎西1-7-9
c0112559_931514.jpg

c0112559_933036.jpg


古美苑
c0112559_953561.jpg
 おまけです。 Salon de AManTO 前の細い路地の西奥に、レトロなアパートらしきものがあります。今も現役みたいです。中崎町らしい雰囲気の建物です。

古美苑
大阪市北区中崎西1-7-25
c0112559_9746100.jpg

c0112559_975740.jpg
c0112559_98756.jpg
 この奥も覗いてみたいです。
by gipsypapa | 2017-01-20 09:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

あべのハルカス

c0112559_8195967.jpg
 通天閣から見た日本一高いビルが気になって、行ってみました。今回はレトロではありません。

 超高層ビル「あべのハルカス(Abeno Harukas)」は、阿部野橋ターミナルビルの中核を担っていて、低層階には近鉄百貨店とあべのハルカス美術館、中層階にはオフィス、高層階には大阪マリオット都ホテルや展望台があります。2010年(平成22年)1月9日に着工され、2014年(平成26年)3月7日に全面開業して話題になりました。。

 日本で最も高い300mの超高層ビルで、日本国内の構造物では東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さです。ハルカスは「伊勢物語」の一節の「晴るかす」が由来で、「晴らす、晴れ晴れとさせる」と意味があるとか。 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造の地上60階建て、地下5階、塔屋1階付き。

あべのハルカス
2014(平成26)年
設計 : 竹中工務店、シーザー・ペリ(外観)
施工 : 企業共同体(竹中工務店、奥村組、大林組、大日本土木、銭高組)
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
撮影 : 2015.11.27

 1枚目は通天閣から撮った遠景。手前は天王寺公園です。地下鉄で来たので、地上での撮影ができませんでした。以下の3枚はネットにあった画像を借用しました。
c0112559_8234575.jpg
c0112559_8235763.jpg
c0112559_8241128.jpg
c0112559_8242699.jpg
 最上階は「ハルカス300」という展望台です。入場料は大人が1,500円と高いのが玉にキズです。ちなみに通天閣は700円でした。千円を超えるとかなり抵抗感がありますが、せっかく来たので入場しました。
c0112559_825318.jpg
c0112559_8252676.jpg
 望遠なし・・・
c0112559_8254514.jpg
 大阪のみならず、隣接の都市が展望できます。
c0112559_8263285.jpg
 
c0112559_8265185.jpg
 ちょっとだけ望遠。
c0112559_8273089.jpg
 緑の一角は天王寺公園。ということは、そのそばには通天閣。
c0112559_828584.jpg
 ありました。今日は前回と逆にハルカスの300mのレベルから通天閣を見下ろしました。通天閣は103mなので、ずいぶん低く見えます。
c0112559_830579.jpg
 真下の円形のある建物は「あべのキューズモール(Q’s Mall)」。
by gipsypapa | 2017-01-19 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)

通天閣

c0112559_1015973.jpg
 大阪名所のひとつ通天閣。難波(なんば)の東南、天王寺公園の西にあり、最寄の駅はJR新今宮です。長く大阪府に住んでいますが、数回しか行ったことがありません。昔は治安が悪い地区というイメージがあったためです。しかし今は整備されて観光客でにぎわっています。

 脚部は鉄骨鉄筋コンクリートの103m高の鉄塔です。地下1階からエレベーターに乗り、中層のガラス窓が四角形に張り出したところでエレベータを乗り変えます。八角形の平面形状をした塔身の最上部には、これも八角形のお椀のような形の展望台があります。

 設計者は東京タワーなど鉄骨構造では第一人者で耐震構造の父といわれた内藤多仲(ないとう たちゅう 1886- 1970)。国の登録有形文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造り。

通天閣
1956(昭和31)年
登録有形文化財
設計 : 内藤多仲
施工 : 奥村組
大阪市浪速区恵美須東1-18-6
撮影 : 2015.10.25
c0112559_103896.jpg 現在の通天閣は2代目です。初代通天閣は1912年(明治45年)に建設されました。設計は設楽貞雄。太平洋戦争中の1943年(昭和18年)1月16日に直下にあった映画館・大橋座の火災のため、同年2月13日から塔は解体され、初代通天閣は姿を消したそうです。

c0112559_103455.jpg


 今回は初代通天閣の天井画が復刻されたというニュースを見たので出かけました。
c0112559_1045815.jpg
 クラブコスメチックスの前身「中山太陽堂」の広告です。クジャクや季節の花々を配した華やかな天井画。2015年5月に72年ぶりに復刻されました。
c0112559_1073078.jpg
 「クラブ歯磨」や「クラブ化粧水」、「クラブ白粉」などの文字が見えます。
c0112559_109341.jpg
c0112559_1094569.jpg
 ネットのiPage に夜の天井画の写真があったので、借用しました。↓↓
c0112559_7542688.jpg
c0112559_7544172.jpg
 きれいですね。一度夜も見たいです。
c0112559_10101883.jpg
 Google の写真です。
c0112559_10115041.jpg
 地階のエレベーターはかなりの行列でした。それでも10分待ちくらいでしょうか。エレベータは背後に立つ円筒形のシャフトを上下しています。
c0112559_1013421.jpg
c0112559_10132881.jpg
 中層部には、なぜかキン肉マンのコーナーがあります。ここでエレベーターを乗り換えて頂上の展望台へ上ります。
c0112559_1014258.jpg
 「幸福の神様」ビリケンさん。1911( 明治44) 年、大阪の繊維会社・神田屋田村商店(現・田村駒)が商標登録を行い、1912 年、初代通天閣に併設された遊園地「ルナパーク」にビリケン堂が作られたとか。現在のものは三代目です。
c0112559_10145682.jpg
 塔頂の展望台へ。あべのハルカスが見えます。ここも別の日に行ったので、次回アップします。
c0112559_1016520.jpg
 通天閣の周辺。まず新世界市場商店街です。
c0112559_10164477.jpg
 「ねえ奥さん。本当はMなんでしょ」と書いてあります。なんのこっちゃ。
c0112559_10172451.jpg
c0112559_1017396.jpg
 時刻は11時30分ころ。シャッターが閉まっている店がけっこう多い。この後行った飲食店街は繁盛していますが、商店街は人通りが少なかったです。
c0112559_1020984.jpg
 こちらは賑やかな新世界。通天閣南側の四角いエリアは飲食店の町です。有名なフグの「づぼらや」の本店があるのはここ。
c0112559_10205853.jpg
 串かつの「横綱」。周りには派手な装飾の串かつ屋がたくさん軒を並べています。
c0112559_10221057.jpg
c0112559_10222933.jpg

c0112559_10231646.jpg
 お昼になりました。「鶴亀屋」に入り新世界名物の串かつを食べました。広い店内は満員です。話し声からして日本人の方が少ないかも。
c0112559_1024917.jpg
 メニューの多いこと。なんでも串かつにしてしまうのです。食べていると大人数のツアー客がぞろぞろと奥の部屋に入っていきました。もうかってまんなあ。
c0112559_10245236.jpg
 二度漬け禁止!!大阪で串かつを食べるときのマナーです。左側に見える金の四角い器にソースが入っています。そもそも同じソースを他の客にも使いまわすのが大阪流なので、仕方ありません。手前は別オーダーのサラダです。生のキャベツは無料で出てきます。一番右下に写っています。一切れがでっかいので、なんとなく食べにくい。
by gipsypapa | 2017-01-18 10:30 | 建築 | Trackback | Comments(6)

精肉やまたけ曽根崎店

c0112559_8344343.jpg
 JR大阪駅から御堂筋を南下するとすぐ。曽根崎警察署の南側に、高層ビルにはさまれた変わった小さなビルがあります。この裏にある曽根崎商店で友人たちと飲んだ帰りに発見。遠景しか撮れなかったので、次に飲んだときに、この前を通って撮影しました。昔あった旭屋書店の南隣に当たりますが、当時は旭屋書店も含めて背が低いビルが並んでいたので、この建物の存在は気づかなかったです。

 頂部の半円形にあわせるような角の丸い窓が並び、入り口の庇をヤリのように上部に伸ばした装飾がある、ユニークなデザインです。なんとなく、昭和初期の香りがします。色々調べましたが、建物自体に関する情報は見つかりませんでした。鉄筋コンクリート造り、6階建て、多分、地下1階か?

精肉やまたけ曽根崎店
詳細不明
大阪市北区曽根崎2-12-5
撮影 : 2015.3.30 & 2015.12.8
c0112559_835374.jpg
 左右を新しく建て替えられた高層ビルに挟まれ、ポツンと取り残された不思議なビル。
c0112559_8361469.jpg
 不思議な形の庇。設計者のこだわりを感じます。
c0112559_8364349.jpg
c0112559_8365542.jpg
 営業中でした。しかし、このロケーションでは一般の人は買わないも。ただし、この裏側は飲食店が立ち並ぶ曽根崎商店街です。そちらの需要は多いのでしょう。
c0112559_8385693.jpg
 窓も角が丸い。
c0112559_8393636.jpg
 庇から上に伸びた線の天辺に正体不明の模様があります。
c0112559_840999.jpg
c0112559_8402273.jpg
 一応、テナントビルにもなっているようです。写っている側面に入り口があるバーかレストランのような店舗は撤退しているようです。「テナント募集中」の張り紙がありました。
c0112559_8412516.jpg
 遠景ではこんな感じ。周辺の開発から取り残されたわけです。このスペースしかないので、今さら高層ビルに建て替えられることはなさそう。そっとしておいて欲しい優れものです。
by gipsypapa | 2017-01-16 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(0)

網島町の洋風長屋

c0112559_8201250.jpg
 太閤園から北に少し歩くと洋風の長屋があります。その裏側は大川沿いに広がる人気スポット、毛馬桜ノ宮公園という閑静な一等地です。6軒が軒を連ねていますが、それぞれ微妙に違った意匠となっているのが面白い。

 昭和初期に建てられたもので、1階の玄関や台所の窓は新しい建具に変わっていますが、2階や裏側の大川に面する窓は、昔ながらの木枠の窓が残っています。表側の外観からは2階建てに見えますがが、裏に回ると3階建てになっています。つまり地下室ですね。大阪では数少ない「洋風長屋」として、またデザイン的にも大変優れた貴重な遺産です。木造2階建て、地下1階。

網島町の洋風長屋
1932(昭和7)年
設計・施工 : 不明
大阪市都島区網島町11-17
撮影 : 2015.3.30
c0112559_821277.jpg
c0112559_8212230.jpg
c0112559_8213385.jpg
c0112559_8214558.jpg
c0112559_8215682.jpg
 基本的には同じデザインですが、2階の窓の形などが、それぞれ微妙に違っています。
c0112559_8223838.jpg
 南端の角地から大川沿いに降りる道があります。この角地の住宅の意匠がすばらしい。落ち着いた青い壁に並ぶ白い窓枠が印象的です。
c0112559_823191.jpg
c0112559_8234630.jpg
c0112559_8241991.jpg
c0112559_8243796.jpg
c0112559_8245051.jpg
 裏側の河原から。3階建てですね。3月末でちょうど桜が咲いています。暖かく、美しい景観でした。
c0112559_825502.jpg
 毛馬桜ノ宮公園は桜の見ごろ。
c0112559_8262424.jpg
c0112559_8263723.jpg
 大川の向かい側は造幣局。通り抜けで有名です。そめいよしのは咲いています。造幣局の桜はそめいよしの以外の品種が多いので、通り抜けは1~2週間後でしょう。

 この後、河原を歩いて桜宮橋から造幣局の造幣博物館に向かいます。この二つは以前にアップしていますので、昔のブログにこのときの写真を追加しています。興味のある方はリンクからどうぞ。
by gipsypapa | 2017-01-15 08:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)

太閤園 「料亭 淀川邸」

c0112559_12454418.jpg
 太閤園(たいこうえん)は、大阪市都島区網島町にある宴会場、婚式場、レストランで、藤田観光によって運営されているます。

 太閤園は関西財界の大物だった男爵・藤田傅三郎の邸宅だったものです。明治43年(1910)頃、藤田が淀川(実際は淀川に支流、大川)畔に造った、網島御殿とあかがね御殿などと称された広大な藤田邸というのがありました。本邸、西邸、東邸と豪壮を誇った邸宅のほとんどは昭和20年(1945)の戦災によって失われたそうですが、唯一残された東邸が「料亭 淀川邸」として、現在も大正ロマンの薫りを受け継いでいます。

 HPによると、「太閤園としてオープンしたのは1959(昭和34)年。格調高い庭園と建物が来園者の賞賛の的となり、高級宴会場、国際的社交場としてその名を馳せました。四季折々に美しい表情をたたえる庭園と由緒ある佇まい、歴史に培われたおもてなしの心は、平成20年(2008)サミット財務大臣会合の晩餐会会場にも選ばれ、各国から高い評価を得ました。」とあります。

 戦後、藤田邸の中央部が藤田美術館、東部が太閤園、南部が大阪市公館(現ザ・ガーデンオリエンタル大阪)に分割され、北西部は藤田邸跡公園になっています。そのうち、藤田美術館大阪市公館は行ったことがあり、ここだけ見逃していたわけです。書院造りの木造平屋、一部2階建て。

太閤園「料亭 淀川邸」
旧藤田男爵淀川邸
1914(大正3)年
設計・施工 : 今井兵七、佐藤欽三郎、高木平次郎(棟梁)、直営
大阪市都島区網島町9-10
撮影 : 2015.3.30
c0112559_12473989.jpg
 古そうで立派な門をくぐって園内へ入ります。
c0112559_12492711.jpg
 いかにも広大な敷地です。ネットでは約7000坪とあります。
c0112559_12511342.jpg
 淀川邸の車寄せのある玄関は入母屋唐破風。
c0112559_1251486.jpg
 実際は淀川ではなく、その支流の大川です。ちなみに大川の下流は有名な中ノ島になります。
c0112559_12522971.jpg
c0112559_12523980.jpg
c0112559_12524879.jpg
c0112559_1252596.jpg
c0112559_12541694.jpg
 前庭の両側には仁王像。
c0112559_12543543.jpg

c0112559_12551923.jpg
 庭園は太閤園の利用者でなくても無料で見学することができます。
c0112559_12555963.jpg
c0112559_12561311.jpg
c0112559_12562882.jpg
 築山式回遊庭園というそうです。
c0112559_1257720.jpg
c0112559_12572244.jpg
c0112559_12574087.jpg
c0112559_12575646.jpg
c0112559_12581553.jpg
c0112559_12583052.jpg
c0112559_12584744.jpg
c0112559_1259523.jpg
 桃山時代の一枚岩の石橋だとか。
c0112559_130278.jpg
c0112559_1304566.jpg
 庭園入り口の右にある茶室棟。いくつか部屋がありそうです。
c0112559_1313814.jpg
c0112559_1315366.jpg
c0112559_133103.jpg
c0112559_1332496.jpg
c0112559_1334550.jpg
 こちらは淀川邸玄関の向かいにある別館。
c0112559_135156.jpg
c0112559_1352087.jpg
 1959(昭和34)年ころの築でしょうか。
by gipsypapa | 2017-01-13 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)

大阪天満宮

c0112559_1228232.jpg
 大阪市北の繁華街のど真ん中にある大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)。天満宮といえば菅原道真を祀る神社です。

 ネット情報では「901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。」といあります。

 現在の本殿は、弘化2年(1845)に再建された物で権現造りの社です。他に梅花殿(1928年)、神楽所(1904年)と参集所(1911年)が国の登録有形文化財に指定されています。

大阪天満宮
1845(弘化2)年
設計・施工 : 不明
大阪市北区天神橋2-1-8
撮影 : 2015.3.30
c0112559_12302773.jpg
c0112559_12304116.jpg
c0112559_12305779.jpg
 国の登録有形文化財の参集殿。
c0112559_12332957.jpg
c0112559_12333962.jpg
c0112559_1233562.jpg
c0112559_1234983.jpg
c0112559_1234223.jpg
c0112559_12343635.jpg
c0112559_12344676.jpg
c0112559_1235280.jpg
c0112559_12351870.jpg
c0112559_1235551.jpg
c0112559_12361016.jpg
c0112559_12363185.jpg
 何度か来たことがあるここを再訪したのは「寺社の装飾彫刻 近畿編」という本で彫刻の存在を知ったから。
c0112559_1238496.jpg
c0112559_12381877.jpg
 表門に見るべきものがあるのです。
c0112559_12385963.jpg
c0112559_12392197.jpg
c0112559_1240443.jpg
c0112559_12405679.jpg
 表門袖壁羽目板の鳳凰。
c0112559_124249.jpg
 天井には方位盤。
c0112559_12424971.jpg
c0112559_1243373.jpg
c0112559_12431888.jpg
 西側の門にも。
c0112559_12435423.jpg
c0112559_12441039.jpg
 木鼻は獅子ですね。
c0112559_12445139.jpg
c0112559_12454014.jpg
c0112559_12455565.jpg
 臥牛(がぎゅう)。ビフテキのスエヒロが、昭和15年に開業30周年を迎えるにあたり昭和14年7月に奉納したものだとか。
c0112559_12474176.jpg

c0112559_12475786.jpg
 「寺社の装飾彫刻 近畿編」にはこのほかにも彫刻があるようですが、見つけることはできませんでした。
c0112559_12481353.jpg
 北側から出ると繁盛亭があります。上方落語唯一の寄席で、落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸の興行が連日行われています。
by gipsypapa | 2015-07-13 12:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

富田御坊 本照寺

c0112559_841832.jpg
 散歩コースの一つなので、何回も訪ねたところです。特に普通のお寺なので、あまり写真も撮影していませんでしたが、最近大発見をしました。

 本照寺(ほんしょうじ)は浄土真宗本願寺派の仏教寺院で、富寿栄山(ふすえざん)あるいは富山と号し、富田御坊(とんだごぼう)ともいわれています。かつて周囲に寺内町を形成し、現在もその町並みをとどめている地域です。本堂は1798(寛政10)年の築で、山門・東門・鐘楼とともに市の有形文化財に登録されています。

富寿栄山 本照寺(富田御坊)
1798(寛政10)年
高槻市登録有形文化財
設計・施工 : 不明
高槻市富田町4-4-27
撮影 : 2013.10.18 & 2014.9.26 & 2015.5.25
c0112559_841389.jpg
c0112559_8415130.jpg
c0112559_842221.jpg
 市の有形文化財の山門。
c0112559_8423765.jpg
c0112559_8425099.jpg
 扉などに草花の透かし彫り。
c0112559_8431825.jpg
c0112559_8432842.jpg
c0112559_8434036.jpg
 小さいながら池のある庭。
c0112559_845220.jpg
c0112559_8451922.jpg
c0112559_8453397.jpg
c0112559_8454672.jpg
 こちらが鐘楼。いずれも江戸時代の築です。
c0112559_8462498.jpg
 いつもは本堂の前を通り抜けるだけですが、この日は扉が大きく開いているのに気づきました。
c0112559_8473074.jpg
c0112559_8474959.jpg
c0112559_848330.jpg
 この日だけ開いていたわけではないかもしれません。単に初めて気づいたのでしょう。
c0112559_8481438.jpg
 「履物を脱いで上がってください」というような立札があるからには、中に入れるようです。
c0112559_8505582.jpg
 普通の格天井の本堂かと、何気なく見上げると・・・・
c0112559_8513987.jpg

c0112559_8515435.jpg
c0112559_852816.jpg
 欄間に手の込んだ彫刻と天女の彫り物。
c0112559_8525349.jpg

c0112559_85354.jpg
 すごい!
c0112559_8551867.jpg
c0112559_8552977.jpg
c0112559_8555429.jpg
c0112559_856678.jpg
 散歩なのでちゃんとしたカメラはもっていません。胸ポケットに入る超小形のコンデジしかありませんでした。画像がイマイチです。
by gipsypapa | 2015-07-10 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)