タグ:商業施設 ( 763 ) タグの人気記事

綿業会館

c0112559_14443384.jpg
 大阪では有名な建物です。渡辺節設計で国の重要文化財。渡辺節といえば関西を中心に優れた作品が残っています。すでに紹介した神戸の乾邸は代表作の一つ。
http://gipsypapa.exblog.jp/5583803
ということはこの綿業会館も中が見たいところですが、まだ願いはかなっていません。月に1回内覧可能なのはわかっているのですが・・・
 鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、地下1階、塔屋付。

ネットにあったHPから。内部写真もあります。素晴らしい。
http://www.mengyo-club.or.jp/

< 綿業会館とは・・・。1928年に「日本の綿業 の進歩発展を図るため」という岡常夫氏(当時東洋紡績専務取締役)の遺言で100万 円の寄付を受け、関係業界からの醸出金50万円を加えた150万円を基金に綿業会館建設が決定されました。同時期、大阪城天守閣の再建を望む市民から寄せられ た寄付金も同じ150万円。現在の金額だと60~70億円になるそうです。

 1931年に日本綿業倶楽部の建物として竣工し、翌年1月1日に会館しました。渡辺節氏によって設計されたこの建物のヘッドドラフトマンは村野藤吾氏が担当していました。各部屋はさまざまなスタイルを持っており、世界各国の来賓や、会員の好みに応じて好きな部屋を選んでもらいたいという設計者の配慮によるものです。

 常道として、外観と内部とは同じ方式に統一するのが普通であるのに、なぜ渡辺節氏は、このような建物を計画したのかは「綿業会館の設計と私」と題した文章で以下のように記しています。「会員の好みに応じて好きな部屋で楽しんでもらい、(単一の様式による)不満がいくらかでも解消されると考えたからで、(中略)その結果こうした変った雑多なスタイルの会館が出来上がったわけである」

 大阪大空襲で一面の焼け野原になったなかで奇跡的に綿業会館が焼け残ったのはパトロンの存在と、それにこたえ得る一流の技術があったからだと言われています。1997年には本館が登録有形文化財に指定されました。


綿業会館
1931(昭和6)年
重要文化財
設計 : 渡辺節設計事務所、村野藤吾(設計主任)
施工 : 清水組
大阪市中央区備後町2-5-8
撮影 : 2007.1.14 & 2014.4.1 & 4.26
c0112559_1457344.jpg

c0112559_1458414.jpg
c0112559_1459175.jpg
c0112559_14591377.jpg
 御覧のように休館日。毎月第4土曜日には開放されるそうです。あれっ、玄関のガラスに撮影中の自分の姿が写ってしまった。
c0112559_1501916.jpg
 「社団法人日本綿業倶楽部」と「重要文化財」のプレート。
c0112559_1513644.jpg
 素晴らしいアイアングリル。
c0112559_1521129.jpg
c0112559_1521920.jpg
c0112559_1523065.jpg
 落着いたレンガ色のタイル貼り。ビル自体は大きくありませんが、階毎に異なった形をした窓がいいですね。

偶然通りかかったら、開いていました。美しい内部の写真です。
撮影 : 2014.4.1

c0112559_15242967.jpg
c0112559_15252560.jpg
c0112559_15253968.jpg
c0112559_15255472.jpg
c0112559_1526747.jpg
c0112559_15261924.jpg
c0112559_15263291.jpg
c0112559_1527596.jpg
c0112559_15271875.jpg
c0112559_1527338.jpg
c0112559_15274657.jpg
c0112559_15275897.jpg
c0112559_15281153.jpg
c0112559_15282336.jpg

 つい先日1階のホールまで見てきたばかりですが、そのあとムニュさんから、見学会のお誘いがあり行ってきました。今回は堂々とした公式訪問(笑)なので、心おきなく奥まで素晴らしい内装を見学できました。
撮影 : 2014.4.26


ホール(1F/2F 吹き抜け)
c0112559_10284227.jpg
 この前見た1階ホールを別の角度から。
c0112559_10292587.jpg
c0112559_10294082.jpg

c0112559_8524291.jpg
c0112559_8525539.jpg
c0112559_853795.jpg

会員食堂(1F)
c0112559_10295510.jpg
 1階ホール横にある会員食堂。装飾天井はミューラル・デコレーションというそうです。アーチ窓には透かし彫りのガラスが美しい。
c0112559_1032957.jpg
c0112559_10322471.jpg

c0112559_9553252.jpg

談話室(3F)
c0112559_10365615.jpg
 3階に上がって談話室へ。英国調のルネッサンス初期、ジャコビアン・スタイルだとか。吹き抜け天井や上質の木材を使った階段など、豪華絢爛です。
c0112559_104082.jpg
c0112559_104026100.jpg
c0112559_10405176.jpg
 素晴らしいタペストリーが壁に貼ってあります。京都の泉湧寺の窯場で焼かれたものだそうです。
c0112559_10435911.jpg
c0112559_1144326.jpg

特別室(3F)
c0112559_10441438.jpg
 貴賓室とも呼ばれる特別室。天井や家具は華麗なクイーン・アン・スタイル。
c0112559_10461257.jpg
c0112559_10462580.jpg
c0112559_10463752.jpg
c0112559_10465081.jpg

会議室(3F)
c0112559_1047578.jpg
 特別室とドアを介して続き部屋の会議室は通称「鏡の間」。装飾が少ない部屋ですが、天井照明などセンスがいいデザイン。パンフレットによるとアンピール・スタイルと言われるとか。
c0112559_10513044.jpg

c0112559_8563427.jpg

c0112559_10514829.jpg
c0112559_1052499.jpg

グリル(BF)
c0112559_10524049.jpg
 地下にあるグリル。モザイクタイルが見所。
c0112559_1054247.jpg
c0112559_10541640.jpg
c0112559_1054303.jpg

c0112559_10521856.jpg

c0112559_10545064.jpg
 昔のままの鉄扉がるエレベータに乗って7階へ向かいます。
c0112559_10561129.jpg

大会場(7F)
c0112559_10564896.jpg
 7階の大会場はヴォールト天井のすっきりとしたデザイン。アダム・スタイルというそうです。
c0112559_10585934.jpg
c0112559_10591768.jpg
c0112559_10593496.jpg
 1階のエレベーター横にある郵便箱。上の階から投げ込まれた郵便物がここに落ちてくるようになっています。
c0112559_11102623.jpg
c0112559_11104119.jpg

by gipsypapa | 2007-11-01 15:08 | 建築 | Trackback | Comments(10)

大阪のイトーキクレビオビル (小原化工株式会社支店)

c0112559_138880.jpg
昨日紹介した旧日本短資大阪支店 (旧東京貯蓄銀行大阪支店)の北に隣接する近代建築。鉄筋コンクリート造りに、一階の重厚な石張り外壁と、2、3階部分のスクラッチタイルタイルが落ち着いた心地よい印象。
 事務用品イトーキの現役のオフィスとして使われています。小さめのビルで前面の通りからしか見えません。派手さはありませんが、心惹かれる意匠です。鉄筋コンクリート造、3階建 (地下1階)。


イトーキクレビオビル (小原化工株式会社支店) 1936(昭和11)年
設計 : 小川安一郎
施工 : 不明
大阪市中央区平野町2-4-2
撮影 : 2007.1.14
c0112559_13174035.jpg
 一か所だけのエントランス。
c0112559_13181377.jpg
 1階の窓にはアイアングリル(鉄製格子)が施されて。
c0112559_1319228.jpg
 昭和初期のビルなので、空調設備は屋上に個別の室外機を並べていました。
by gipsypapa | 2007-10-30 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)

旧日本短資大阪支店 (旧東京貯蓄銀行大阪支店)

c0112559_1354986.jpg
大正中期に建てられた小さな銀行。小型ながら銀行建築特有の威厳性が強調された意匠です。
 看板などもなく、現在は使われていないと思われ、今後の動向が気になります。この一帯は大阪の近代建築が密度高く残っています。煉瓦造石張の2階建。


旧日本短資大阪支店 (旧東京貯蓄銀行大阪支店) 1920(大正9)年
設計 : 不明
施工 : 清水組
大阪市中央区平野町2-4
撮影 : 2007.1.14
c0112559_13595264.jpg
c0112559_14147.jpg
 煉瓦造りに2種類の石張りを張り巡らせた重厚な意匠。中世のヨーロッパの建築を思わせる様式です。シャッターが下りて人気がありません。
c0112559_1413695.jpg
 オフィス街の真ん中なので、カフェやブティックにしてもよさそう。
by gipsypapa | 2007-10-29 14:04 | 建築 | Trackback | Comments(1)

大阪の伏見ビル

c0112559_1329462.jpg
 青山ビルの西隣に建っている登録有形文化財ですが、あまり目立ちません。一階は「ギャラリーもず」が入っています。設計の長田岩次郎は辰野片岡事務所出身だそうです。鉄筋コンクリート造、3階建。

青山ビル
旧 旧澤野ビル 1923(大正12)年
登録有形文化財
設計 : 長田岩次郎
施工 : 不明
大阪市中央区伏見町2-2-3
撮影 : 2007.1.14
c0112559_13335589.jpg
c0112559_1334309.jpg
 北面のギャラリー入口。
c0112559_13354815.jpg
 こちらは西面。最上階上部の(明りとりだった?今は塞がっているような)の丸窓が印象的。
c0112559_13364841.jpg
 現代でこそ目立ちませんが、大正期にはモダンな建物だったと思います。
by gipsypapa | 2007-10-26 13:43 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

大阪の青山ビル

c0112559_14224116.jpg
 c0112559_14272425.jpg

輸入食料品店等を経営していた野田源次郎の住宅として建てられたスパニッシュ風の建物。現在は貸しテナントとして使われていて、1階は丸福コーヒーという喫茶店です。地上3階地下1階塔屋付の登録有形文化財。

青山ビル
旧 野田三郎邸 1921(大正10)年
登録有形文化財
設計 : 伊東恒治
施工 : 大林組
大阪市中央区伏見町2-2-6
撮影 : 2007.1.14





c0112559_1430356.jpg
c0112559_14304933.jpg
c0112559_14305852.jpg
 訪ねたのは冬なので、蔦が枯れてビルのバルコニーなどの意匠がよく見えます。夏に行ったら蔦が茂って違った様子を見れるでしょう。
c0112559_14342848.jpgc0112559_14343850.jpg

















c0112559_1434537.jpg

by gipsypapa | 2007-10-25 14:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪土佐堀の山内ビル

c0112559_1316291.jpg
 土佐堀川のほとりに建つスパニッシュ風褐色タイル貼りのビル。弁護士事務所として建てられました。現在1階は里山カフェというレストランになっています。
 鉄筋コンクリート造4階建て、地下1階の登録有形文化財です。

山内ビル 1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計 : 今北乙吉
施工 : 不明
大阪市西区土佐堀1-1-4
撮影 : 2007.1.14 & 2007.11.25
c0112559_13213019.jpg
c0112559_1322269.jpg
 レストランの右には、当時の「山内法律特許事務所」の名前が残っています。
c0112559_13242437.jpg
c0112559_13244075.jpg
 土佐堀川から見たビルの裏側。丸窓とアーチ窓を配したモダンなデザインです。

 しばらくして天気がいい日に再訪。早すぎてカフェはまだ開いていませんでした。
c0112559_11275090.jpg
c0112559_1128898.jpg
c0112559_11282377.jpg
c0112559_1128381.jpg
c0112559_11285273.jpg
c0112559_1129564.jpg

by gipsypapa | 2007-10-23 13:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪の清水猛商店

c0112559_15323597.jpg
 御堂筋の淡路3丁目信号から東へ入ってすぐ近く、小さいながらユニークな茶色の商店建築です。設計者は小川一郎で、彼は他に神戸市文書館などを設計しています。
 家具室内装飾の店で、 正面入り口のひさしを支えるような4本の吊金具とアーチ窓が印象的。一階玄関上部に瓦を置くなど和洋折衷の鉄筋コンクリート造り三階建て。
   
清水猛商店 1923(大正12)年
設計 : 小川安一郎 (住友営繕部)
施工 : 不明
大阪市中央区淡路町3-5-6
撮影 : 2007.1.14
c0112559_154223.jpg
前の道が狭いのでなかなか全貌が撮れません。
c0112559_1542266.jpg
 玄関庇の上にある看板も年代物。
c0112559_1543532.jpg
 庇を支える4本の吊り金具が面白い。両側が煉瓦張りで、アーチを並べた窓などが西洋風ですが、一階の部分が瓦屋根。
by gipsypapa | 2007-10-12 15:47 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

芝川ビルディング

c0112559_14375597.jpg
御堂筋オフィスビル群の中にあるこの建物は、芝蘭社学園という花嫁学校だったとか。マヤ文明の装飾をほどこした昭和初期のアールデコ調の意匠です。
 鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階の登録有形文化財。

芝川ビルディング
旧芝蘭社学園
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計 : 渋谷五郎(基本設計)/本間乙彦(意匠設計)
施工 : 竹中工務店
大阪市中央区伏見町3-3-3
撮影 : 2007.1.14 & 2014.4.1
c0112559_1444342.jpg
c0112559_14441929.jpg
 2階にはマヤ文明の像のような不思議な形状の小ベランダ(?)が取り巻いています。
c0112559_1446352.jpg
c0112559_14464962.jpg
c0112559_1447917.jpg
 角が丸まっていて、そこにエントランス。コンクリートに白い石張り。細かな飾り細工があって面白い。
c0112559_14483646.jpg

再訪しました。今回は入口が開いていて中に入ることができましたので、紹介します。
撮影 : 2014.4.1

c0112559_913788.jpg
c0112559_915120.jpg
c0112559_92449.jpg
c0112559_921758.jpg
c0112559_922931.jpg
c0112559_924486.jpg
c0112559_925933.jpg
 玄関を入ったところに建物の緒元を書いたプレートがあります。起工、完工、設計、請負、監督のデータが刻印されています。
c0112559_9115843.jpg
c0112559_9121287.jpg
c0112559_9122687.jpg
 レトロな郵便受けにテナントの名前。かなり多くの店や会社が入っていますね。
c0112559_9142629.jpg
c0112559_9143747.jpg
c0112559_9145112.jpg
c0112559_915445.jpg
c0112559_9151725.jpg
 色々な種類のショップがあります。
c0112559_9161614.jpg
c0112559_9162870.jpg
c0112559_9164429.jpg
 この店の壁に変な像があります。中華風かな。
c0112559_9174441.jpg
c0112559_9175741.jpg
c0112559_9181112.jpg
c0112559_9182538.jpg
c0112559_9183945.jpg

by gipsypapa | 2007-10-11 14:51 | 建築 | Trackback | Comments(1)

北浜レトロビルヂング

c0112559_13532624.jpg
c0112559_1425733.jpg 大阪の中之島のバラ園も一望できる川沿いに建つレトロなビル。近代的なビルに挟まれるような場所にあり、国の登録有形文化財にも指定されています。
 明治45年(1912)に株仲買商だった桂隆産業のレンガ造り商館として建てられ、戦後は商社として利用された後、リノベーションされて純英国風ティールーム「北浜レトロ」になっています。

北浜レトロビルヂング
c0112559_1432364.jpg旧桂隆産業ビル 1912(明治45)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪市中央区北浜1-1-27
撮影 : 2007.1.14


c0112559_1434388.jpg
c0112559_1435818.jpg
c0112559_1441041.jpg
c0112559_1442573.jpg
 1階は輸入雑貨の店、2階が喫茶室になっています。
 登録有形文化財に指定されていますが、設計者が不明なのは不思議。
c0112559_9373697.jpg
(追加 2008.11.17) 
難波橋から裏側を。「TEA」というロゴが可愛いですね。
by gipsypapa | 2007-10-10 14:08 | 建築 | Trackback(1) | Comments(3)

アンティカ オステリア (旧大阪市消防局中央消防署今橋出張所)

c0112559_1404449.jpg
大阪倶楽部に行けば、交差点を挟んでその斜め向かいに、小ぶりながらレトロな建物があるのに気づくはずです。大阪市の消防出張所だった建物。 タイル貼りの外壁に、2,3階のアーチ状の大窓。

 現在はアンティカ オステリア(古い食堂) ダル ポンピエーレ(消防士)という
北イタリア料理を中心に現代クラシックな料理を提供するレストランになっています。 
 鉄筋コンクリート造り3階建て、1階は小型消防車を納めるガレージだったそうです。

アンティカ オステリア
旧大阪市消防局中央消防署今橋出張所 1925(大正14)年
設計・施工 : 不明
大阪市中央区今橋4-5
撮影 : 2007.1.14
c0112559_1472925.jpg
c0112559_1481680.jpg
 1階にあった消防車のガレージがレストランになっています。
c0112559_1494126.jpg
 消防署の名残を残す赤い非常灯が今もありました。
c0112559_14104317.jpg

by gipsypapa | 2007-10-09 14:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)