タグ:商業施設 ( 737 ) タグの人気記事

倉吉のぎゃらりい和(やわらぎ)

c0112559_08191889.jpg
旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店として、昭和初期に建てられた倉吉初の鉄筋コンクリート造りの本格的な西洋建築です。間口が狭い2階建てですが、古典主義の重厚さを残しながら簡略化して、当時流行のセセションスタイルを取り入れています。

旧日本産業貯蓄銀行という名前はなじみがありませんが、本社は山陰地方にあったローカルな銀行だったとか。この倉吉支店は昭和6年に建設されましたが、わずか2年後の昭和8年には銀行が破産したそうです。幸いこの建物は取り壊されることはなく、町の集会所、日本生命の所有を経て今の「ぎゃらりい和(やわらぎ)」になりました。

型染めの暖簾(のれん)やテーブルクロス、ストール、クッションなどの草木染と雑貨を販売している店舗で、喫茶コーナーもあるそうです。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

ぎゃらりい和
旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2577
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08200009.jpg
c0112559_08201862.jpg
c0112559_08203437.jpg
c0112559_08205381.jpg
c0112559_08210974.jpg
c0112559_08212303.jpg
内部はあまり銀行を感じさせませんが、玄関を入った一角はそれらしく吹き抜けです。
c0112559_08220120.jpg
c0112559_08221997.jpg
ネットにあった写真。上部に☆印のロゴがあり、一階、二階ともに2本のピラスター(付け柱)と小ぶりなわりに装飾が多い建物でした。

仲町公民館
c0112559_08241354.jpg
東隣にある2階建てには東仲町公民館という表札があります。和風ですが、これも古そう。

東仲町公民館
詳細 : 不明
倉吉市東仲町2575
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08254598.jpg

by gipsypapa | 2017-02-24 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本料理 飛鳥(赤瓦十五号館)

c0112559_08295818.jpg
旧街道「倉吉往来」沿い、白壁倶楽部の西隣にも赤瓦の建物があります。古い町家を改装した食事処で、日本料理や郷土料理など地元の食材を使用したメニューを提供しています。かなり大きな建物で、随所に意匠を凝らした工夫がなされている、上質な住宅建築です。ここも築年を聞いたはずですが、忘れてしまいました。大正か明治だったと思います。赤瓦十五号館の木造2階建て。

日本料理 飛鳥(赤瓦十五号館)
大正期以前
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2538
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08303571.jpg
c0112559_08305377.jpg
ここも玄関から覗いていたら、お店の人が「中も見てください」という、うれしいお言葉。遠慮なく中へ。
c0112559_08313893.jpg
c0112559_08315443.jpg
2階を案内していただきました。
c0112559_08323186.jpg
2階が食事スペースのようです。
c0112559_08330422.jpg
違い棚のある床の間と書院。単なる町家ではなさそう。
c0112559_08333436.jpg
c0112559_08335261.jpg
c0112559_08341188.jpg
趣味のよい、和の造形美があちこちに。
c0112559_08344746.jpg
c0112559_08350812.jpg
c0112559_08353056.jpg
c0112559_08360352.jpg
c0112559_08362461.jpg
c0112559_08364135.jpg
外観から想像するより内部がすごい。かなりの地位の人の住いだったんでしょう。
c0112559_08371550.jpg
美しい坪庭があります。


by gipsypapa | 2017-02-23 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(0)

鳥っと屋(赤瓦十四号館)

c0112559_09101529.jpg
元帥酒造から旧街道「倉吉往来」を東へ白壁倶楽部に向かう途中には古い町家が何棟か並んでいます。そのうちの一つ、鳥っと屋(とっとや)。小物やアクセサリーが並ぶショップ、カフェとギャラリーになっています。築年を聞いたはずですが、忘れてしまいました。大正期だったような。赤瓦十四号館の木造2階建て。

鳥っと屋(赤瓦十四号館)
大正期か
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2551
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09105047.jpg
まったく関係ありませんが、博多弁では「とっとやとっとうと~?」となります。
c0112559_09110835.jpg
店先を覗いていると中も見てくださいとお店の人に勧められました。
c0112559_09114298.jpg
c0112559_09121009.jpg
1階は「ショップとっと」。オリジナルアクセサリーや鳥取県伝統工芸品の因州和紙、和小物などの販売をしています。
c0112559_09124179.jpg
2階もどうぞといわれ、トコトコと上がっていきました。
c0112559_09131744.jpg
c0112559_09135032.jpg
2階は二間あります。「ギャラリーとまり木」です。このときは陶磁器などが並んでいました。
c0112559_09142039.jpg
もう一つの部屋は和風。
c0112559_09145787.jpg
再び1階へ。奥が「カフェ カラット」になっていて・・・
c0112559_09154051.jpg
その奥は小さな坪庭です。当時の町家の様子がよくわかります。
c0112559_09161178.jpg
気持ちよく見学させてもらいました。ありがとうございました。

by gipsypapa | 2017-02-22 09:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

元帥酒造本店(赤瓦七号館)

c0112559_08201758.jpg
木屋旅館のご主人に送ってもらった観光案内所から中心部へ向かったとき、最初に出会った赤瓦館です。嘉永年間(1848年~1854年)創業の元帥酒造の本店。160年の伝統があり、全国的に高い評価を得ているという「元帥 大吟醸」をはじめ「くらよし白壁土蔵」、「赤瓦」、「八賢士」など、日本酒の製造販売を行っています。少なくとも大正期以前の築に見えますが、詳細はわかりませんでした。赤瓦七号館になっている木造2階建て。

元帥酒造本店(赤瓦七号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2573
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08204666.jpg
c0112559_08211992.jpg
c0112559_08213509.jpg
c0112559_08214948.jpg
c0112559_08220498.jpg
c0112559_08222174.jpg
c0112559_08223782.jpg
店舗の北側の2階建てと蔵も元帥酒造のものと思われます。
c0112559_08232189.jpg
c0112559_08233652.jpg

by gipsypapa | 2017-02-21 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

赤瓦一号館

c0112559_09130530.jpg
赤瓦館は倉吉の玉川沿いに残っている、江戸末期から昭和初期にかけて建てられた建物群。赤い石州瓦(せきしゅうがわら)の屋根が特徴で、倉吉独特の風景を形成しています。これらは番号が割り当てられ、みやげ物店、ギャラリー、郷土玩具の工房などの観光資源として活用されています。

赤瓦館は一号から十六号館までがありますが、四と九号は縁起が悪いからでしょうが、欠番です。すべてを見たわけではありませんが、面白いものを順不同に紹介します。まずは一号館から。

赤瓦一号館
旧醤油もろみ蔵
大正期
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市新町1-2441
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09133851.jpg
c0112559_09135743.jpg
大正時代に建てられた古い大きな醤油屋のもろみ蔵だった建物です。
c0112559_09145135.jpg
各種の倉吉特産品や、手作りアクセサリー、ちりめん細工を販売しています。
c0112559_09152860.jpg
巨大な梁をむき出しにして、古いというより、むしろモダンな空間を演出しています。
c0112559_09180670.jpg
c0112559_09182350.jpg
c0112559_09184146.jpg
c0112559_09191263.jpg
石州瓦は島根県の石見地方で生産されている粘土瓦のことです。三州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つだとか。

by gipsypapa | 2017-02-19 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

箕面の山本珈琲館

c0112559_8471271.jpg
レトロかなと思ったらはずれだった建物です。箕面滝道から眼下に見える洋館。屋根の形や天窓、煙突から古い建物かと思い、わき道を下っていくと建物正面に出ました。山本珈琲館という看板がある正面から見て、これは新しいと直感。調べると10年ちょっと前にt建てられたようです。

山本珈琲館は「箕面川に臨む静かな森の珈琲専門店」がうたい文句で、若者に人気がありそうなカフェでした。天井画高い木造平屋建て。

山本珈琲館
1995(平成7)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面公園2-28
撮影 : 2017.1.16
c0112559_847567.jpg
滝道をあるいていると崖下にレトロ感満点の、よさそうな洋館がありました。
c0112559_84897.jpg
c0112559_849344.jpg
c0112559_8501050.jpg
c0112559_8503687.jpg
こんなところにレトロな建物があるという前情報はなかったし・・・
c0112559_8505354.jpg
坂を少し下ったら、あれっ!
c0112559_851555.jpg
正面から見ると・・・ハズレでした。この立地なので、季節による山谷が大きそうです。しかし、前日が全国的な寒波で、この日も寒い日でしたがちゃんと営業していて、若い女性客が一人、店から出て来るのに出会いました。

おしゃれな珈琲専門喫茶店。内部写真を食べログから借用します。↓↓
c0112559_853374.jpg

c0112559_8524878.jpg
c0112559_853074.jpg
これで大阪を終わり、次回から山陰地方です。
by gipsypapa | 2017-02-04 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(0)

箕面の橋本亭

c0112559_8453870.jpg
橋本亭は河鹿荘から瀧道をさらに北に上った、一の橋のたもとにあります。明治43年に建てられた旅館でした。後継者難や建物の老朽化のため長く閉鎖されていましたが、2004(平成16)年に、街づくり活動の拠点としてリニューアルされ、一旦は店舗やギャラリー、大小貸室などで使われていました。

しかしながら、運営している「箕面FMまちそだて株式会社」のHPによれば、昨年2016(平成28)年5月に裏山の土砂災害が発生し、その対策工事や裏山と建物の状況調査のため、再び休業中です。趣のある貴重な建物なので早く再開できるよう祈ります。木造3階建て。

橋本亭
1910(明治43)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面2-5-37
撮影 : 2016.10.11 & 2017.1.16
c0112559_8464420.jpg
最初の写真は今年。2枚目からは昨年10月のものです。貴重な木造3階建て。
c0112559_848466.jpg
リノベーションのときに塗り替えられた、黒い外壁がシックです。
c0112559_8491898.jpg
c0112559_8493094.jpg
↓ は再び今年の画像。
c0112559_8505699.jpg
1987(昭和62)年以前は市街地において木造3階建ての建築は禁止されていました。現在でも木造建築の3階建ては、建築基準法上の規制が厳しく簡単には建てられないのです。
c0112559_8514114.jpg
c0112559_8515657.jpg
c0112559_8521013.jpg
休業中なのでフェンスに囲まれています。確かに裏の崖が覆いかぶさるように迫っていますね。崖の補強工事も簡単ではないでしょう。
by gipsypapa | 2017-01-30 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(2)

箕面かじかそう(河鹿荘)

c0112559_854662.jpg
今日からしばらく箕面滝道沿いのレトロな建物を下流から上流に向かって、逐次紹介します。

阪急電車箕面駅から滝道沿道を2~3分上ったところの高台にある「箕面かじかそう」。築60年以上経った伝統のある料理旅館旅館「河鹿荘」をリノベーションして 2012(平成24)年にオープンしました。お洒落で落ち着いた雰囲気の一軒家カフェ&イタリアンレストランです。木造2階建て。

箕面かじかそう
旧旅館 河鹿荘
1953(昭和28)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面1-6-6
撮影 : 2017.1.17
c0112559_872586.jpg
このときは早朝だったので、門は閉まっていました。
c0112559_881349.jpg
門をくぐると和風の塀沿いに階段があるようです。
c0112559_894541.jpg
食べログの写真を借用します。↓↓
c0112559_810233.jpg
c0112559_8104035.jpg
c0112559_8105430.jpg
c0112559_811615.jpg
c0112559_8111959.jpg
c0112559_8231944.jpg
↓ はHPから。
c0112559_8115164.jpg
雰囲気はよさそうです。
by gipsypapa | 2017-01-28 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

天劇キネマトロン

c0112559_1144348.jpg
中崎町の再開発されてマンションが建つ一角にも古い建物があります。まったく色気のない打ちっぱなしの黒い下見板貼りに蔦が絡まる不思議で大きな建物です。あまり情報はありませんでしたが、昔は印刷工場だったところを改装したという記事がありました。工場従業員の住居を兼ねていたようです。今は天劇キネマトロンという自主映画専門映画館やカフェとして使われています。木造2階建て。

天劇キネマトロン
旧印刷工場
昭和初期
設計・施工 : 不明
大阪市北区中崎西1-1-18
撮影 : 2014.10.9
c0112559_116118.jpg
c0112559_1163186.jpg
c0112559_1164216.jpg
幅の狭い入り口から細い路地を奥に向かってみました。
c0112559_118552.jpg
薄暗いです。小さなカフェがあります。
c0112559_1185313.jpg
Welcome ! の看板。ここが天劇キネマトロンの入り口です。
c0112559_119262.jpg
c0112559_1193811.jpg
なんとも色気のない外観なので、元は何だったのか、疑問でした。工場とのこと。納得です。
by gipsypapa | 2017-01-21 11:10 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

あべのハルカス

c0112559_8195967.jpg
 通天閣から見た日本一高いビルが気になって、行ってみました。今回はレトロではありません。

 超高層ビル「あべのハルカス(Abeno Harukas)」は、阿部野橋ターミナルビルの中核を担っていて、低層階には近鉄百貨店とあべのハルカス美術館、中層階にはオフィス、高層階には大阪マリオット都ホテルや展望台があります。2010年(平成22年)1月9日に着工され、2014年(平成26年)3月7日に全面開業して話題になりました。。

 日本で最も高い300mの超高層ビルで、日本国内の構造物では東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さです。ハルカスは「伊勢物語」の一節の「晴るかす」が由来で、「晴らす、晴れ晴れとさせる」と意味があるとか。 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造の地上60階建て、地下5階、塔屋1階付き。

あべのハルカス
2014(平成26)年
設計 : 竹中工務店、シーザー・ペリ(外観)
施工 : 企業共同体(竹中工務店、奥村組、大林組、大日本土木、銭高組)
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
撮影 : 2015.11.27

 1枚目は通天閣から撮った遠景。手前は天王寺公園です。地下鉄で来たので、地上での撮影ができませんでした。以下の3枚はネットにあった画像を借用しました。
c0112559_8234575.jpg
c0112559_8235763.jpg
c0112559_8241128.jpg
c0112559_8242699.jpg
 最上階は「ハルカス300」という展望台です。入場料は大人が1,500円と高いのが玉にキズです。ちなみに通天閣は700円でした。千円を超えるとかなり抵抗感がありますが、せっかく来たので入場しました。
c0112559_825318.jpg
c0112559_8252676.jpg
 望遠なし・・・
c0112559_8254514.jpg
 大阪のみならず、隣接の都市が展望できます。
c0112559_8263285.jpg
 
c0112559_8265185.jpg
 ちょっとだけ望遠。
c0112559_8273089.jpg
 緑の一角は天王寺公園。ということは、そのそばには通天閣。
c0112559_828584.jpg
 ありました。今日は前回と逆にハルカスの300mのレベルから通天閣を見下ろしました。通天閣は103mなので、ずいぶん低く見えます。
c0112559_830579.jpg
 真下の円形のある建物は「あべのキューズモール(Q’s Mall)」。
by gipsypapa | 2017-01-19 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)