タグ:商業施設 ( 768 ) タグの人気記事

金沢の下町・鏡花通り

c0112559_08482473.jpg
泉鏡花が幼少のころ遊んだという久保市神社を出て、「泉鏡花記念館」の前の通りは「新町・鏡花通り」といわれています。住宅と商店が並び、さまざまな老舗があり、それぞれの建物の表にに鏡花にちなんだ掛け行燈が付いていました。

行燈は木枠に白地、正面にウサギの絵が描かれています。ネット情報では、ウサギは鏡花の生まれた年の干支(えと)の向かい干支(時計のように12支を並べたときの向かい)だそうです。ということは鏡花は酉年生まれだったわけです。

新町・鏡花通り
金沢市下新町6
撮影 : 2017.3.8

佃煮の佃
c0112559_08490193.jpg
「泉鏡花記念館」の向かいに、佃の佃煮本店があります。金沢の古い町家の特徴の一つという、「鰻の寝床」と呼ばれる間口が狭く、奥行きが長いたてものです。

佃煮の佃
詳細不明
金沢市下新町6-18
c0112559_08495550.jpg
隣の町屋は古そうです。
c0112559_08504742.jpg
普通の民家でしょうか。
c0112559_08510179.jpg
金沢蓄音機館
c0112559_08521015.jpg
新町・鏡花通りを左折し、尾張町に向かう途中に金沢蓄音機館があります。蓄音器を約600台を収蔵し、常時150台を展示しているそうですが、時間がなく通過しました。

金沢蓄音機館
詳細不明
金沢市尾張町2-11-21
c0112559_08523970.jpg
ネットにあった内部写真です。このあとJR金沢駅から帰路へ。

by gipsypapa | 2017-12-28 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(0)

東山の寿苑

c0112559_08224749.jpg
もう一つ、ひがし茶屋街の入り口付近にある金沢特有の町家建築。九谷焼の湯呑み、お茶碗などの陶器を販売する土産屋です。望楼を載せた、木造2階建て。

寿苑
旧中谷食料品店
詳細不明
金沢市東山1-5-6
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08231722.jpg
c0112559_08233273.jpg

by gipsypapa | 2017-12-22 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東山のきんつば中田屋

c0112559_08134538.jpg
昭和9年創業という甘味処「中田屋」。ひがし茶屋街の入り口付近にあります。きんつばが人気で、2階はカフェスペースになっています。望楼のような小さな3階を載せた木造2階建て。

きんつば中田屋
詳細不明
金沢市東山3-4-30
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08141793.jpg
c0112559_08143143.jpg
c0112559_08145075.jpg
c0112559_08151128.jpg
これ以降の写真はネットから借用しています。
c0112559_08154973.jpg
c0112559_08160562.jpg
c0112559_08161849.jpg
c0112559_08163405.jpg
c0112559_08164964.jpg
[#IMAGE|c0112559_08170285.jpg
by gipsypapa | 2017-12-21 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東山のレストラン自由軒

c0112559_08141958.jpg
ひがし茶屋街の入り口にある洋風建築。1909(明治42)年創業の老舗洋食屋「レストラン 自由軒」です。店舗は看板建築でレトロに見えますが、ネット情報では、1933(昭和8)年に自由軒が改築された時の形だとか。ということは、近年ファサードを復元したものでしょうか。木造2階建て。

レストラン自由軒
1933(昭和8)年か?
設計・施工 : 不明
金沢市東山1丁目6-6
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08145439.jpg
最初の写真の上部に切妻の屋根が見えているので、昭和初期に流行った看板建築です。このときはすごい行列でした。
c0112559_08152050.jpg
この写真以降はネットから借用しています。2階は半円アーチ窓。壁モルタル仕上げで、不思議な文様があります。
c0112559_08161106.jpg
c0112559_08162369.jpg
c0112559_08163821.jpg
c0112559_08171644.jpg
c0112559_08173258.jpg
外観の割りに、内部は和風です。
c0112559_08175866.jpg
c0112559_08181192.jpg
オムライスや・・・
c0112559_08184273.jpg
c0112559_08190105.jpg
タンシチューが人気だそうです。
c0112559_08193034.jpg

by gipsypapa | 2017-12-20 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 東料亭組合

c0112559_09111402.jpg
ひがし茶屋街入り口の広場に大型の一軒家が建っています。玄関に東料亭組合という看板が架かっています。築年などの建物自体の情報は見つかりませんでした。木造2階建て。

東料亭組合
詳細不明
金沢市東山1-8-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_09114472.jpg
c0112559_09120484.jpg
2階はガラス窓が並びます。
c0112559_09123020.jpg
c0112559_09124462.jpg
2階は大広間か?だとしたらお茶屋というより、料亭だったかもしれません。

by gipsypapa | 2017-12-19 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 「金澤東山しつらえ」&「茶房 やなぎ庵」

c0112559_08413873.jpg
ひがし茶屋街の入り口の角地に大型のお茶屋があります。九谷焼や輪島塗などの石川の伝統工芸品を展示するギャラリーショップ「金澤東山しつらえ」です。2階は和風カフェの「茶房 やなぎ庵」です。これも明治初期以前の建物と思いますが、データは見つかりませんでした。木造2階建て。

金澤東山しつらえ & 茶房 やなぎ庵
詳細不明
金沢市東山1-13-23
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08421353.jpg
角地にあり、他のお茶屋とは違って、張り出し部を持つ特殊な形です。
c0112559_08434894.jpg
c0112559_08440716.jpg
c0112559_08443666.jpg
c0112559_08445409.jpg
c0112559_08465281.jpg
c0112559_08450974.jpg
c0112559_08462457.jpg
金澤東山しつらえと茶房やなぎ庵の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08480307.jpg
c0112559_08482235.jpg
c0112559_08485213.jpg


by gipsypapa | 2017-12-18 08:49 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 懐華楼

c0112559_08083623.jpg
志摩と同じ通りにある懐華樓(かいかろう)。金沢で最大のお茶屋「旧越濱」(きゅうこしはま)だった建物で、改修して一般公開されています。名物「黄金くずきり」などの甘味を楽しめるカフェやオリジナル商品を販売する店舗にもなっています。金沢市指定保存建造物の木造2階建て。

懐華楼
旧越濱
江戸後期
金沢市指定保存建造物
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-14-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08094350.jpg
c0112559_08095986.jpg
1階の格子戸はひがし茶屋街共通の意匠。2階はガラス戸と思いますが、戸が閉まっています。
c0112559_08112236.jpg
c0112559_08113613.jpg
c0112559_08115119.jpg
c0112559_08120672.jpg
c0112559_08123489.jpg
c0112559_08124923.jpg
c0112559_08130165.jpg
ネットにあった朱塗りの座敷の写真。お茶屋らしい色使いです。

by gipsypapa | 2017-12-14 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 茶屋美人

c0112559_08222108.jpg
ひがし茶屋街を代表する茶屋の一つだった「旧かみや」です。1階に出格子と玄関、2階は階高が高く、雨戸と戸袋がある明治初期の茶屋建築の典型的な外観と間取りを良く残しいます。数年前に改修されたとかで、現在は「茶屋美人」という金箔を使用した化粧品などを扱う店舗になっています。ひがし茶屋街の往時の華やかさを今に伝える茶屋建築として、金沢市文化財に指定された、木造2階、一部3階建て。

茶屋美人
旧かみや
1873(明治6)年頃
金沢市指定文化財
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-26-17
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08225041.jpg
c0112559_08230230.jpg
c0112559_08231615.jpg
c0112559_08232924.jpg
c0112559_08234183.jpg
c0112559_08235414.jpg
c0112559_08241180.jpg
c0112559_08253286.jpg
これ以降は茶屋美人のHPにある写真を借用しています。
c0112559_08263042.jpg
c0112559_08270191.jpg

by gipsypapa | 2017-12-13 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 志摩

c0112559_08473796.jpg
志摩はひがし茶屋町の創設当初に建設された最も古い茶屋建築の一つです。1、2階の座敷には,要所に面皮柱を使用し,全体に濃い色付けになっています。弁柄色の土壁や具象的な図案の金物など,お茶屋独特の瀟洒で華やかな室内の意匠です。これまで手を加えることなく、江戸時代そのままに残っているそうで、学術的にも貴重な文化遺産として高く評価され国の重要文化財に指定された木造2階建て。

志摩
1820(文政3)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-13-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08484856.jpg
c0112559_08490650.jpg

HPの写真です。
c0112559_08492140.jpg
入館料500円で見学できます。
c0112559_08495114.jpg
内部の写真撮影はOKですが、大型のカメラ、すなわち一眼レフやミラーレスなどは禁止でしたので注意してください。
c0112559_08501826.jpg
私たちはコンデジを1台持っていたので撮影できました。シャッター音が理由でしょうか。
c0112559_08511389.jpg
年配の男性が2階まで案内して、説明してくれます。
c0112559_08521600.jpg
その後に、自由に見て回ることができます。
c0112559_08525492.jpg
お茶屋は芸妓を呼んで客に飲食をさせる店のこと。
c0112559_08532871.jpg
江戸後期から商人の町なので、大店の旦那衆や若旦那衆の息抜きの場所だったわけです。
c0112559_08540062.jpg
2階が客間で、押し入れや物入れなどは作らず、あくまでも遊興を主体とした粋な造りとなっています。
c0112559_08544966.jpg
c0112559_08552231.jpg
c0112559_08554020.jpg
三味線や太鼓なども保存されていました。
c0112559_08561160.jpg
c0112559_08562980.jpg
c0112559_08564434.jpg
c0112559_08570273.jpg
c0112559_08571876.jpg
c0112559_08573641.jpg
c0112559_08575248.jpg
c0112559_08580957.jpg
c0112559_08582772.jpg
c0112559_08584886.jpg
粋を尽くしていますね。
c0112559_08593037.jpg
高価に違いない琴。
c0112559_08595208.jpg
c0112559_09003295.jpg
c0112559_09005272.jpg
階段は急でした。
c0112559_09013097.jpg
c0112559_09014725.jpg
c0112559_09020605.jpg
坪庭があります。典型的なお茶屋の庭だそうで、春日燈灯、月見燈灯、槍燈灯が配置されています。
c0112559_09025294.jpg
台所の前の間です。
c0112559_09034016.jpg
地下に石室。
c0112559_09042525.jpg
襖の引き手の華やかな模様。
c0112559_09045560.jpg
螺鈿(らでん)です。
c0112559_09054800.jpg
c0112559_09060747.jpg
当時の小物も展示されていました。
c0112559_09064128.jpg
c0112559_09070172.jpg
c0112559_09071703.jpg

by gipsypapa | 2017-12-12 09:07 | 建築 | Trackback | Comments(0)

金沢市の「ひがし茶屋街」


c0112559_08395778.jpg
金沢市で人気の観光スポットの一つ「ひがし茶屋街」は1820(文政3)年に加賀藩がこの周辺に点在していたお茶屋を集めて町割りしたところ。浅野川の東岸にあり、犀川西岸の「にし茶屋街」とともに公許され、形成された茶屋町です。

二筋の街路に面して、1階に出格子を構え、2階の天井を高くして座敷を設ける「茶屋建築」の木造が連なっています。江戸時代後期から明治初期にかけての茶屋がまとまって残っている貴重な町並みで、京都・祇園の茶屋町と並んで、当時の華やか茶屋文化を今に伝える地域として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

ひがし茶屋街
江戸後期~明治初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市東山1-13
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08403489.gif
c0112559_08405593.jpg
石畳の両側に同じ高さの茶屋が隙間なく連なっています。
c0112559_08412641.jpg
c0112559_08414212.jpg
c0112559_08415831.jpg
c0112559_08421268.jpg
c0112559_08423117.jpg
c0112559_08424743.jpg
着物が似合う町並みです。
c0112559_08431990.jpg
まずは一部の建物を紹介します。

民宿 陽月
c0112559_08441922.jpg
茶屋を使った「ひがし茶屋街」で唯一の宿泊施設。2階に客室3部屋あり、一階に食堂、風呂場、洗面所、トイレがあるそうです。ゲストハウスとして外国人の人気が高いとか。

民宿 陽月
金沢市東山1-13-22
c0112559_08453433.jpg
c0112559_08455248.jpg
ネットにあった中の写真を2枚。
c0112559_08462242.jpg

アンティーク山屋
c0112559_08473058.jpg
九谷焼、加賀蒔絵、輪島塗などの地域の品々とバカラのグラスやヨーロッパの版画などの販売をしているそうです。

アンティーク山屋
金沢市東山1-13-20
c0112559_08480977.jpg
c0112559_08483031.jpg
これ、気づかず通り過ぎたのでネットから借用しました。

十字屋ひがし茶屋街店
c0112559_08500049.jpg
金沢の魚介やのどぐろ一夜干しなど、魚の加工品を取り扱っている土産店です。

十字屋ひがし茶屋街店
金沢市東山1-13-19
c0112559_08503123.jpg

by gipsypapa | 2017-12-11 08:50 | | Trackback | Comments(2)