タグ:同志社 ( 9 ) タグの人気記事

同志社大学クラーク記念館

c0112559_8432750.jpg
 相国寺に行く途中、地下鉄の今出川駅で降り、そのまま地下から同志社のキャンパスを横切っていくことにしました。久しぶりの訪問です。

 同志社の今出川キャンパスは関西のレトロ建築好きなら一度は訪ねる文化財の宝庫で、数々の煉瓦造りの建築物が立ち並んでいます。

 このブログでもすでに、相国寺通りの西側では、彰栄館(明治27年)、礼拝堂(明治19年)、ハリス理化学館(明治23年)、ハリス理化学館(明治20年)、有終館(明治20年)、明徳館(昭和27年)の建築群。東側の同志社女子大学ではジェームズ館(大正3年)、栄光館(昭和7年)をあっぷして紹介しています。

 さらに別ブログの「ヴォーリズを訪ねて」の方では、致遠館(大正5年)、新島遺品庫(昭和17)年、啓明館(大正4)年、アーモスト館とその管理棟(昭和7年)を紹介していますが、唯一の撮り残しがありました。それがクラーク記念館でした。

 アメリカの資産家B.W.クラーク夫妻が、27歳でこの世を去った息子(バイロン・ストーン・クラーク)のためにとの寄付により建てられ、1894年に開館。当初は「クラーク神学館」として、神学教育と研究に利用されていましたが、現在の神学館の完成に伴い「クラーク記念館」と改名されました。キリスト教文化センター、教室のほか、クラーク・チャペルがあり、結婚式にも使えるようです。

 印象的な尖塔があるドイツのネオ・ゴシックを基調とする建築物で、同志社のランドマークです。2003年から2008年まで修復工事が行われました。前に2回訪ねたのはその期間中だったので建物全体がシートに覆われて撮影できなかったわけです。今回、相国寺に行く途中に立ち寄ってきました。うれしいことに内部も一部とはいえ一般公開されていました。

 設計者のリヒャルト・ゼール(Richard Seel 1854 - 1922)はドイツ人の建築家。ドイツのエンデ・ベックマン事務所が日本の官庁集中計画を受注したことから来日。ベックマン事務所のもとで東京裁判所、司法省の庁舎設計にかかわった後に日本で建築設計事務所を開設し、教会堂やミッションスクールの工事を主に手がけました。このブログでも函館旧ロシア領事館を紹介しています。国の重要文化財の煉瓦造り2階建て、塔屋付き。

同志社大学クラーク記念館
1894(明治27)年
重要文化財
設計 : リヒャルト・ゼール
施行 : 小島佐兵衛ほか
京都市上京区玄武町601
撮影 : 2014.9.24
c0112559_854355.jpg
c0112559_8545284.jpg
c0112559_855736.jpg
c0112559_855184.jpg
c0112559_8552991.jpg
c0112559_8554142.jpg
c0112559_855549.jpg
c0112559_8561195.jpg
c0112559_8562322.jpg
 玄関の欄間に"Byron-Stone Clarke Memorial Hall"と刻まれています。クラーク夫妻の夭折した息子を今も伝えているわけです。
c0112559_8573544.jpg
c0112559_8574928.jpg
 2階です。扉が閉まっていますが、この中がチャペルで、回廊が吹き抜けの2階部分を取り囲んでいるのではないかと想像します。
c0112559_8575939.jpg
c0112559_8581019.jpg
c0112559_8582252.jpg
c0112559_8583680.jpg
c0112559_8584766.jpg
 ネット情報によると、昼休みにはチャペルが開放されているとありますが、この時は「チャペルは公開していません」の立札が立っていました。
by gipsypapa | 2015-03-29 09:03 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

同志社大学フレンドピースハウス

c0112559_10331686.jpg
 同じく京都御苑の東側に同志社関連の明治時代の洋館があります。同志社の宣教医ジョン・C・ペリーの旧自邸でした。その後は同志社大学留学生の布哇(ハワイ)寮として使われたのち、現在は国際親善のための施設や会合など多目的に使用されているそうです。

 白い下見板の壁面に窓や柱の緑色の木部を露出させた美しい洋館。しかしながら屋根は桟瓦葺で和洋折衷です。1997(平成11)年に改修が行われています。登録有形文化財の木造2階建て。

同志社大学フレンドピースハウス(布哇寮)
旧J.C.ペリー邸 1887(明治20)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
京都市上京区寺町通石薬師下る染殿町665-1
撮影 : 2008.7.5
c0112559_10341056.jpg
c0112559_10342639.jpg
c0112559_103435100.jpg
 新島襄旧邸のある寺町通りから西へ入ったら見えてきます。
c0112559_10352171.jpg
c0112559_10353297.jpg
 北面の切妻造りの玄関。
c0112559_1036307.jpg
c0112559_10364085.jpg
 北側を通って西側へ・・
c0112559_10372348.jpg
c0112559_10373581.jpg
 南・西面の1・2階には開放的なベランダ。アメリカ南部の田舎を思わせる風景です。前庭の芝生も美しくこのシーンが一番の見どころでしょう。
by gipsypapa | 2008-07-17 10:39 | 建築 | Trackback | Comments(4)

同志社大学 明徳館

c0112559_14495374.jpg
c0112559_14501151.jpg 

 同志社の戦後の建築です。大倉三郎の設計による第一期の後、第二期工事、第三期工事、第四期工事を経て、1954(昭和29)年10月に今の姿になりました。周りの建物との調和を考えて、コンクリート造りながら、外壁を煉瓦色のタイル貼りにしています。現在は教育開発センター、研究支援課、学生ラウンジ、食堂、生協が入っています。鉄筋コンクリート2階建て、地下1階、塔屋付。

 大倉三郎は武田吾一が創立した京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生。卒業後、宗建築事務所を経て、武田のもとに戻り京都帝国大学で営繕事務、講師などを勤めた後、大阪工業大学、京都工芸繊維大学などの教授を勤めました。

 宗建築事務所にグランヴェルジュ京都七条倶楽部(旧鴻池銀行七条支店、旧若林仏具製作所、1927年)や生駒時計店(1930年)などの優れた建物の設計を担当。後にも京都大学農学部演習林事務室(1931年)、京都大学法学部経済学部本館(1933年)、龍谷大学図書館(1936年)の代表作を残しています。

同志社大学明徳館 1952(昭和27)年
設計 : 大倉三郎
施工 : ミラノ工務店
京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601
撮影 : 2006. 5.14

c0112559_14512211.jpg
  尖塔アーチが多用されている正面ファサード。
c0112559_14521234.jpg
 地下に下りる円形階段。地下に通じています。
c0112559_14534175.jpg
c0112559_1454079.jpg
 やはりこの塔屋が特徴の建物です。

 同志社には他にも弘風館や寒梅館などの見どころの多い煉瓦貼りの建物がありますが、築年が新しいので省略して、同志社シリーズを終わります。
by gipsypapa | 2008-07-01 14:59 | 建築 | Trackback | Comments(4)

同志社大学 ハリス理化学館

c0112559_1522227.jpg
 アメリカの実業家 J.N.ハリスの援助により、ハリス理化学校(工学部の前身)の校舎として建築された煉瓦建築。これまでに紹介したD.C.グリーンの設計はアメリカン・ゴシック様式ですがハリス館はイギリス・ゴシック様式。従って煉瓦積みもイギリス積です。現在は、入試センター、広報課、アドミッションズ オフィス、校友課などが使用しています。施工は京大工の小島佐兵衛。煉瓦造り2階建の国指定重要文化財。

 設計はフランス生まれの建築家で英国王立建築士会正会員だったアレクサンダー・ネルソン・ハンセル。当時日本で建築指導を行った英国王立建築士会正会員だったのはジョサイア・コンドルとハンセルの二人だけだったとか。ハンセルは旧大阪川口居留地の新学校の英語教師として来日しましたが、主として関西を基地に建築家として活躍。

 このハリス理化学館をはじめ、平安女学院明治館 - 明治28年(1895年)、や神戸に門兆鴻邸 - 明治28年(1895年)、旧A.P.ディスレッセン邸 シュウエケ邸 - 明治29年(1896年)、旧ハンセル自邸、 旧ハッサム住宅 - 明治35年(1902年)、旧グッゲンハイム邸 - 明治45年(1912年)、現竹内油業塩屋寮 などの多くの著名建築の設計を行っています。

同志社大学 ハリス理化学館 1890(明治23)年
重要文化財
設計 : A.N.ハンセル
施工 : 小島佐兵衛 ほか
京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町601
撮影 2006.5.14 & 6.24

c0112559_1534386.jpg
c0112559_1542743.jpg
c0112559_154545.jpg
 ほぼシンメトリーなイギリス・ゴシック様式の建物。
c0112559_1572770.jpg
 少しわかりにくいかもしれませんが、長辺と短辺を上下交互に積んだイギリス積みのレンガ造り。建物の2階に新島襄の資料展示室があって、自由に入ることができます。
c0112559_15105363.jpg
c0112559_1511785.jpg
 先ほどの玄関を中から振り向いたところ。アールの緩やかなファンライトです。
c0112559_15122129.jpg
 階段を上って・・・
c0112559_15125772.jpg
c0112559_1513101.jpg
 2階の廊下から。
c0112559_15135676.jpg
 廊下に新島襄氏がいました。
c0112559_1515683.jpg
 数々の展示品の中で気に入ったカバン。今でも使えそうです。
c0112559_15162119.jpg

by gipsypapa | 2008-06-30 15:23 | 建築 | Trackback | Comments(10)

同志社大学 有終館

c0112559_9392010.jpg
 同志社で最初の図書館として建てられた煉瓦建築。当時は書籍館と呼ばれ、学校図書館としては日本最大規模だったそうです。彰栄館、礼拝堂に続き、この有終館という現在の今出川キャンパスの原型である3棟を設計したD.C.グリーン師。施工は礼拝堂と同じく宮大工の三上吉兵衛で、ここでも和洋の合作です。

 1922(大正11)年に図書館としての役目が終り、当時の海老名総長が有終館(The end という意味でしょうか)と命名。なお、建物は1928(昭和3)年に出火し、焼け残った煉瓦の躯体を武田吾一の設計で内部に鉄筋コンクリートの補強(外壁の内部に15cmの鉄筋コンクリートの壁を作る方法で保存した)を加えて修理保存しています。いわゆる外壁保存の古い例です。現在は庶務課の事務所として使用されています。重要文化財の煉瓦造り2階建。

同志社大学 有終館  
旧書籍館 1887(明治20)年
重要文化財
設計 : D.C.グリーン
改修設計 : 武田吾一
施工 : 三上吉兵衛
京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町601
撮影 2006.5.14
c0112559_9404580.jpg
c0112559_9454438.jpg
古くなったレンガの色がいい感じ。積み方は普通の長手積みです。
c0112559_9492830.jpg
c0112559_9494563.jpg
c0112559_9495890.jpg
真上から見ると十字架の形をしているらしいのですが、側面は見えにくいです。
by gipsypapa | 2008-06-29 09:51 | 建築 | Trackback | Comments(0)

同志社大学 礼拝堂

c0112559_15225741.jpg
 彰栄館についでアメリカン・ボードの寄付によって建てられた礼拝堂。設計は同じくD.C.グリーンで、日本に現存する最古の赤煉瓦造のプロテスタント教会だそうです。アメリカン・ゴシック調のシンプルな建物で、施工は有終館も請け負った京大工の三上吉兵衛。

現在も礼拝堂として使用されており、週末には同志社関係者に限り結婚式を挙げることもできます。重要文化財の煉瓦造り平屋建て、一部中二階と地下室付。


同志社大学礼拝堂 1886(明治19)年
重要文化財
設計 : D.C.グリーン
施工 : 三上吉兵衛
京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町601
撮影 2006.5.14 & 6.24
c0112559_15235824.jpg
c0112559_15241676.jpg
 礼拝堂はアメリカン・ゴシック調でシンメトリー。急傾斜の鉄板葺きの屋根です。内部は露出した小屋組らしく三上吉兵衛が活躍したのでしょう。
c0112559_15254567.jpg
 入口はD.C.グリーンの建物に多用されている緩やかな尖塔アーチです。
c0112559_1527396.jpg
c0112559_15275734.jpg
c0112559_152882.jpg
 外から見ただけですが、この種のステンドグラスは中から見ると素晴らしいはず。
c0112559_15291676.jpg
c0112559_15292727.jpg
 煉瓦製の煙突に風向計がありました。
c0112559_1531714.jpg
c0112559_15312428.jpg
 結婚式でした。新郎新婦がスタンバイ中。
c0112559_15323061.jpg
 結婚式の列席者は若者がいっぱい。この後、どこかでパーティなのでしょうか。
by gipsypapa | 2008-06-27 15:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)

同志社大学 彰栄館 (同志社中学校)

c0112559_14361933.jpg
 烏丸通の西門を入るとすぐ左にある建物。煉瓦建築のメッカといえる同志社の今出川キャンパスのなかでも最も古いのがこの彰栄館です。京都市内に現存する煉瓦建築の中でも最古のものだそうで、アメリカン・ボード(アメリカ外国伝道委員会)の寄付を受けて建てられました。

 設計はダニエル C.グリーン師で1869(明治2)年に来日、1881(明治14)年から同志社英学校で神学や旧約聖書学などを講義していた宣教師でしたが、建築にも造詣が深く、同志社の彰栄館、礼拝堂、有終館という現在の今出川キャンパスの原型である3棟を設計しました。

 内部は真壁式、和小屋組みになっているそうで、施工者の日本人大工、尾滝菊太郎氏の力が発揮されたようです。アメリカン・ゴシック調の瓦葺きの煉瓦造り2階建で中央正面の時計塔と鐘塔を兼ねた塔屋に特徴がある重要文化財。現在は同志社中学校が使用しています。

同志社大学 彰栄館 1984(明治17)年
重要文化財
設計 : D.C.グリーン
施工 : 尾滝菊太郎
京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町601
撮影 2006.5.14 & 6.24
c0112559_14372877.jpg
c0112559_14374628.jpg
c0112559_1438348.jpg
 煉瓦造りに鐘楼と煙突。典型的な明治時代の建築ですが、屋根は日本瓦葺き。
c0112559_14414236.jpg
 東側に建物が伸びていますが、このへんは新しいように見えます。
c0112559_14424617.jpg
c0112559_1443280.jpg
 鐘楼のある本館は中学校なので立ち入りできません。こちらの延長部はトイレを借りるのに入ることができました。
c0112559_14444436.jpg
 キャンパスを出て西側の今出川通りからも建物の一部が見えます。
c0112559_14465956.jpg

by gipsypapa | 2008-06-26 14:47 | 建築 | Trackback | Comments(0)

同志社女子大学 栄光館

c0112559_949387.jpg
c0112559_9504699.jpg 


 同じく武田五一の傑作で、同志社女子大今出川キャンパスの象徴的な建物で3部作の最後。八角形の塔屋を設けるなど,和風意匠を織り交ぜています。シンプルなジェームズ館と違って武田らしい装飾的な意匠です。

 米国人ファウラー家の寄付を基に建てられた建物。1923(大正12)年の関東大震災以降は煉瓦造りから鉄筋コンクリート造りが主流となり、この建物も昭和初期の鉄筋コンクリート造りですが、同志社大学から女子大に連なる建物群との調和を配慮して煉瓦タイルを貼って外観の調和を図っています。栄光館は何度か改修工事を行っていますが、1951(昭和26)年の改修をヴォーリズ事務所が請け負っています。鉄筋コンクリート造り2階建て、塔屋付の国登録有形文化財。

同志社女子大学 栄光館 1932(昭和7)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 大倉土木
京都市上京区今出川通寺町西入ル玄武町636
撮影 : 2006.6.24




c0112559_9545031.jpg
 八角形の塔屋に和風(というか中国のホテルのような)の意匠を取り入れているのが面白い。当初は大きな時計とその機械室があったが撤去され、現在はステンドグラスがはめ込まれた瞑想室となっているそうです。
c0112559_9515494.jpg
 
c0112559_953118.jpg
 正面には3連アーチ窓を設けたり、ベランダ周りもジェームズ館に比べてより装飾的になっています。
c0112559_105308.jpg
c0112559_1054513.jpg
 一階の扉もレトロです。ガラス枠が塔屋と同じ八角形。c0112559_1074769.jpgc0112559_108191.jpg















c0112559_1083132.jpg
c0112559_10183814.jpg
 階段と1階の廊下。
c0112559_1010617.jpg
 約1600人収容できる講堂(ファウラーチャペル)ですが、手ぶれしてしまっています。
c0112559_10112426.jpg
 講堂にあるパイプオルガン。
c0112559_10122140.jpg
 
c0112559_10123170.jpg
 2階にも座席が並ぶファウラー講堂。
c0112559_1014135.jpg
 通用口の向こうはジェームズ館です。
c0112559_1015944.jpg

by gipsypapa | 2008-06-25 10:20 | 建築 | Trackback | Comments(11)

同志社女子大学 ジェームズ館

c0112559_15141189.jpg
 2年前、ヴォーリズの作品↓を見に同志社大学に行った時に撮った写真です。ヴォーリズ作品は別のブログにアップしていますのでどうぞ。
アーモスト館 http://gipsymania.exblog.jp/4912096
啓明館 http://gipsymania.exblog.jp/4904385/
新島今遺品庫 http://gipsymania.exblog.jp/4897041/

 同志社大学今出川キャンパスは2回目です。初めて行った時は日曜日だったせいか東側のキャンパスは門が閉じていました。西側の同志社大学の建物だけ見て、そのあと念のため同志社女子大の京都御苑側にある正門に廻って確認しましたが、守衛所でキャンパス内には入れないと言われて断念。少しだけならOKということで栄光館の正面を撮影しただけだったのです。

 ところが、この日(土曜日)は啓明館前の東門もアーモスト館の入り口も開いていたので、東キャンパスに入ることができました。新島遺品庫から同志社女子大へ通じる小道を通って行けるようでしたので、そのまま行って最悪、女子大の正門から出ればいいと思って進んでいくと、栄光館の前になにやら人だかり。近づいて確認すると、偶然この日はオープンキャンパスだったのでした。受付に聞いてみると、予約なしでも特別に入ってもよいとの有難いお言葉。パンフレットや記念品まで頂いてしまいました。

 このジェームズ館は米国ジェームズ家の寄付によって建てられた、武田五一の設計による現存する最古の煉瓦造,瓦葺の校舎建築。外壁は赤レンガ積に花崗岩の白い水平ラインを配した武田にしてはシンプルなデザインです。

 栄光館(1930年着工)を中心に左右に、このジェームズ館(1913年着工)と静和館(1911年着工)(現存せず)が並んで、武田の同志社女子大3部作といわれました。レンガ造り2階建て,一部地下1階の登録有形文化財。

同志社女子大学 ジェームズ館 1914(大正3)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 清水組
京都市上京区今出川通寺町西入ル玄武町636
撮影 2006.6.24
c0112559_1520762.jpg
c0112559_15211817.jpg
 外壁のレンガは新しく見えます。近年改修されたのか。
c0112559_15234749.jpg
 東の端の部分。赤レンガに和風の寄せ棟の屋根が乗って。
c0112559_15272626.jpg
 床下の通気口。
c0112559_15283973.jpg
 定礎が1913年。竣工はその翌年です。
c0112559_15302566.jpg
 オープンキャンパスなので、遠慮なく中へ。普段ならおっさんは入れないところです。
c0112559_15324921.jpg
 1階のサロン。いつもは女子大生がおしゃべりをしているのでしょうか。
c0112559_153811100.jpg
c0112559_15393736.jpg
 サロンにあった背もたれの高い椅子。
c0112559_15413039.jpg
 開口部の上部にステンドグラスが。
c0112559_1546379.jpg
 1階廊下から・・
c0112559_15485777.jpg
c0112559_15513186.jpg
 木製の階段を上って2階へ。
c0112559_15561930.jpg
 2階の廊下。廊下部はアーチ状にし、南北外壁間を一体のレンガ壁でつないで剛性を高めているそうです。
c0112559_15591255.jpg
 同志社の女子教育にその生涯を捧げたM・F・デントン女史のレリーフ。
c0112559_1643764.jpg

by gipsypapa | 2008-06-23 16:13 | 建築 | Trackback | Comments(4)