タグ:台湾 ( 69 ) タグの人気記事

北投温泉博物館

c0112559_08154983.jpg
大正初期に日本の静岡県伊豆山温泉を模して建てられたという北投温泉公共浴場。当時は東南アジア最大の公共浴場だったとか。しかし、戦後になって、国民政府が台湾に進駐して以来、温泉浴場は接収されて、1階は民衆服務社と温水プールに改造されたりしましたが、間もなく使用停止となり、その後は放置されて、その存在すら忘れられ、荒廃していたようです。

ネット情報では、1994年に北投小学校の教師と児童たちが郷土学習中に、この荒れ果てた公共浴場を発見、この浴場を保全する陳情書を提出しました。願いは通じ1997年に政府が市定古跡に指定するとともに、翌年には北投温泉博物館として整備されました。台湾で初めて地元住民の力によって保存された古跡として、北投文化のシンボルになっています。

建物は2階建てで、1階はレンガ造り、2階は木造で、外観は和洋折衷の意匠になっています。建設当初は、1階が大浴場、2階は木造の休憩エリアで、レストランや娯楽室ありました。設計は台湾で数多くの官庁建築を手がけ、台北市では、総統府、台北賓館、監察院、総統副総統文物館をすでに紹介した森山松之助。台北市三級古蹟のレンガ造り、一部木造、2階建て。

北投温泉博物館
旧北投温泉公共浴場
1913(大正2)年
台北市三級古蹟
設計 : 森山松之助
施工 : 不明
台北市中山路2号
撮影 : 2016.9.4
c0112559_08190326.jpg
c0112559_08193133.jpg
c0112559_08510942.jpg
c0112559_08201153.jpg
c0112559_08203381.jpg
利用客は一階で入浴して着替えを済ませ、階段を上がって2階の畳敷きのホールで休憩し、展望テラスから風景を眺めたりしたようです。
c0112559_08211397.jpg
c0112559_08215254.jpg
博物館なので、展示物があります。これは間違いなく富士山ですね。
c0112559_08222595.jpg
意味不明の象形文字みたいなものも。
c0112559_08230464.jpg
縦長窓の右下にチラリと見えるのは800キロの巨大な北投石です。
c0112559_08235778.jpg
c0112559_08242371.jpg
二階にあがると・・・
c0112559_08261266.jpg
畳敷きのホールがあります。ここはレンガ造りの上に建つ木造です。
c0112559_08265399.jpg
日本と同じ格天井。
c0112559_08273043.jpg
四方に障子、ここは休憩して涼み、お茶や食事、囲碁・将棋などが楽しめる場所でした。
c0112559_08275721.jpg
1階に戻ります。
c0112559_08285222.jpg
c0112559_08293429.jpg
1階は元々大浴場、戦後国民政府が接収してからは、温水プールになっていました。
c0112559_08300962.jpg
縦9メートル、横6メートルあり、男性専用だったようです。
c0112559_08305565.jpg
美しいステンドグラス。
c0112559_08313458.jpg
詳細は不明ですが、荒廃していたらしいので、博物館として整備した時にリニューアルしたのではないでしょうか。
c0112559_08320811.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。
c0112559_08330053.jpg
c0112559_08331733.jpg
c0112559_08333196.jpg

by gipsypapa | 2017-08-18 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北投温泉 地熱谷

c0112559_07543226.jpg
北投温泉(ほくとうおんせん)は、台北市の北部にある温泉街です。日本統治時代に日本の温泉地を意識して開発されたところで、天然のラジウム温泉として知られています。

また地熱谷の岩石は北投石(ほくとうせき)として有名。北投石は1905(明治38)年に日本人学者の岡本要八郎によって発見されました。微量のラジウムを含んだ湯の花が、何千年もの歳月をかけて石灰化したもので、世界ではここと秋田県の玉川温泉でしか産出されないそうです。健康によいとかで、テレビに取り上げられて有名になりましたが、個人的には、効果を確かめておりません。

北投温泉公園の近くにある地熱谷は、北投温泉の源の一つです。一年中硫黄の煙が立ちこめているのが、地獄を思わせるので、「地獄谷」や「鬼の湖」ともいわれています。

北投温泉
地熱谷台北市北投区
撮影 : 2016.9.4
c0112559_07562373.jpg
ネットにあった写真を借用しています。北投は台湾語(福建省南部で話されている閩南語から派生し、独自の発展を遂げた変種)ではベイトウと読みます。
c0112559_07574327.jpg
ここの温泉は大屯山(だいとんざん)火山群の中で水温が最も高いそうです。大屯国立公園は日本統治時代に台湾北部に存在した日本の国立公園です。
c0112559_07593908.jpg
硫黄の湯煙が立ちこめているはずですが、このときは大したことはないですね。
c0112559_08005393.jpg
小さな滝や・・
c0112559_08014949.jpg

タイル張りの祠のようなものもあります。
c0112559_08021967.jpg
c0112559_08023301.jpg
硫黄の湯煙が大したことがなかったので、ネットから借用。
c0112559_08030891.jpg
バスの車窓から。北投公園のそばを通っているときに出会った若者の集団。この写真では見にくいのですが、向こう側の低い所にもっと多くの人の波。みんな同じ方向を向いて進んでいます。これ、このころ一世を風靡していた、ポケモンゴーなのです。
c0112559_08034086.jpg
こちらは、市内でバスから見た群集。この頃は日本ではピークを超えていたと思いますが、台北ではピークでした。

by gipsypapa | 2017-08-17 08:04 | | Trackback | Comments(2)

国立故宮博物院

c0112559_09074541.jpg
台北観光では欠かせないスポットです。国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)は、中華民国の国立博物館のうちの最大のもので、ウィキペディアによると、696,000個以上の古代中国の人工品と美術品を所蔵していて、ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なものだそうです。

故宮博物院は清朝時代の溥儀が紫禁城などに所有していた美術品などを一般公開するために、中国本土に作られたそうです。その後、日本軍が華北地方に軍を派遣してきたため、蒋介石の国民政府が博物院の所蔵品を南方へ疎開させ、上海や南京など避難させました。

第二次世界大戦後になって、中華民国政府が共産党と内戦になったころから、第一級の所蔵品を精選して台湾に運び出したものです。したがって、元の故宮博物院の所蔵品は、今も北京と台北の2カ所に別れて展示されているそうです。

所蔵品は当初は別の場所に保管されて、一部が一般公開されましたが、1965年8月に台北の外双渓に台北新館を落成し同年11月12日に一般公開して、現在に至っています。

国立故宮博物院
1965(昭和40)年
設計 : 黃寶瑜
施工 : 不明
台北市士林区至善路2段221号
撮影 : 2016.9.4 & 2017.4.20
c0112559_09083013.jpg

次の年に別のツアーでも行ったので、2回分をまとめてアップします。1回目は昨年、2016年の9月4日の訪問。

c0112559_09092266.jpg

それまでは館内の撮影は禁止されていましたが、幸運なことに2016年9月1日~2016年12月1日の試験的な撮影許可の実施中で、この日は解禁4日目だったのです。

c0112559_09102816.jpg
c0112559_09104555.jpg

ツアーの滞在時間は1時間半。ガイドの説明をイヤホーンで聞きながら移動するので、マイペースになれず、時間が足りません。

c0112559_09115102.jpg
c0112559_09124968.jpg

途中で、これはいかんと、群れを離れましたが、やはり見切れませんでした。

c0112559_09133110.jpg

しかたなく、このときは陶磁器や書画を中心に見ました。

c0112559_09141184.jpg
c0112559_09143222.jpg
c0112559_09144970.jpg
c0112559_09150783.jpg
c0112559_09152934.jpg
c0112559_09154590.jpg
c0112559_09160155.jpg
c0112559_09161789.jpg
c0112559_09164010.jpg
c0112559_09170096.jpg
c0112559_09171388.jpg

2回目の訪問は今年、2017年の4月。昨年の試験的運用の結果がよかったので、2016年12月2日以降、館内での写真撮影、ビデオ撮影は正式に許可されるようになりました。

c0112559_09180218.jpg

前回は他の博物館に出張中だった、目玉の「翠玉白菜」が今回は帰っていました。

c0112559_09184014.jpg

撮影の腕もカメラも大したことがないので、うまく撮れていません。

c0112559_09191823.jpg

とういことで、ネットにあった写真です。全然違います。

c0112559_09205903.jpg

このツアーも1時間半の見学。

c0112559_09214340.jpg

今回は主に宝飾品のフロアーを回りました。

c0112559_09243514.jpg
c0112559_09245486.jpg
c0112559_09250904.jpg
c0112559_09252336.jpg
c0112559_09254414.jpg
c0112559_09255781.jpg
c0112559_09261035.jpg
c0112559_09263659.jpg
c0112559_09265136.jpg
c0112559_09273288.jpg
c0112559_09271781.jpg
c0112559_09274793.jpg
c0112559_09281315.jpg
c0112559_09283864.jpg
c0112559_09290282.jpg

それにしても撮影自由なのはありがたいです。日本でも、少なくとも公営の博物館や美術館はそうして欲しいです。

c0112559_09293986.jpg

ネットにある建物の全景です。


by gipsypapa | 2017-08-16 09:30 | 建築 | Trackback | Comments(6)

国民革命忠烈祠

c0112559_09273471.jpg
二日目は、朝から忠烈祠の衛兵交代のセレモニーを見に行きました。国民革命忠烈祠(こくみんかくめいちゅうれつし)は、辛亥革命を始めとする、中華民国建国、革命、中国大陸での日中戦争などで戦没した英霊を祀る祠です。日本統治時代の台湾護国神社の跡地に1969年に創建されました。

大門をくぐると中央広場があり、その奥には中国の宮殿様式の大殿、その左右に文烈士祠、武烈士祠があります。衛兵交代のセレモニーで有名で多くの観光客で賑わっていました。陸・海・空軍から選抜された兵士が、1時間で交代する儀式が行われます。

国民革命忠烈祠
1969(昭和55)年
設計 : 姚元中
施工 : 不明
台北市中山区北安路139号
撮影 : 2016.9.4
c0112559_09281788.jpg

大門に観光客がいっぱい。

c0112559_09292986.jpg
c0112559_09295937.jpg

衛兵交代のセレモニー。

c0112559_09303694.jpg

衛兵はスリムで身長が高い人が選ばれているらしいです。

c0112559_09311646.jpg

人止めロープが移動して、観光客は後からついて行きます。

c0112559_09323311.jpg

大殿に到着。

c0112559_09332059.jpg
c0112559_09335928.jpg

大門と大殿を各2人ずつで守っています。

c0112559_09341505.jpg

交代した後、任務に就くと、まるでマネキン人形。1時間、微動だにせず、瞬きもしてないようです。

c0112559_09354926.jpg

by gipsypapa | 2017-08-15 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)

中正紀念堂

c0112559_09383018.jpg
台北は3年半ぶりです。前回はフリープランで、市内の日本人建築家が設計した建物を中心に、地下鉄を乗り継ぎながら歩いて回りました。今回は3泊4日のツアーに家族3人で参加しました。行き先は旅行会社の指定ルートなので、建物中心とはいきませんが、いくつか興味深いところにも行けました。

まずは初日の訪問先の一つ中正紀念堂(ちゅうせいきねんどう)。中華民国の初代総統蒋介石の顕彰施設で、台湾の三大観光名所の一つといわれています。「中正」は蒋介石の本名だそうです。

中国の伝統的な宮殿陵墓式が採用されているそうです。北京の天壇を模したという斬新な本堂の両隣には国立歌劇場とコンサートホールが左右対称に建っていて、スケールが大きい建物群でした。設計の楊卓成は有名な圓山大飯店を手がけた建築家人です。1枚目の写真はネットにあったものです。

中正紀念堂
1980(昭和55)年
設計 : 楊卓成
施工 : 不明
台北市中山南路21号
撮影 : 2016.9.3
c0112559_09403322.jpg
大忠門から入りました。
c0112559_09421324.jpg

c0112559_09445232.jpg
c0112559_09442814.jpg

大忠門までのバスの車窓から。

c0112559_09450522.jpg

自由広場門。中世記念堂の本堂入り口にある巨大な門です。

c0112559_09455302.jpg

本堂は外壁の改修工事中。

c0112559_09471827.jpg

本堂の屋根は上から見ると八角形です。これは儒教において推奨される8つの徳、八徳(忠孝仁愛信義和平)に由来するとか。

c0112559_09480252.jpg

閉館直前にあわただしく中へ入りました。

c0112559_09504535.jpg

現代的な建物です。

c0112559_09495530.jpg

蒋介石の坐像があります。

c0112559_09511787.jpg
c0112559_09513752.jpg
c0112559_09515893.jpg
c0112559_09522261.jpg
c0112559_09524236.jpg

ベランダから眺めています。なぜかドラえもんがいる広大な敷地です。夕暮れが近づいてきました。

c0112559_09532727.jpg

出たのは大孝門から。

c0112559_09545932.jpg
c0112559_09552568.jpg

最後の2枚は台北観光サイトの写真を借用しています。

c0112559_09571174.jpg

by gipsypapa | 2017-08-14 09:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台湾大学総合図書館

c0112559_11439.jpg
 台湾大学と台北シリーズの最後です。広いキャンパスのメインロード突き当りにある大きな図書館。一連の全然の建物とデザインを合わせて、褐色のタイルを貼り、大きな玄関ポーチを配するなど、様式主義を採用していますが、中から見た感じでは、かなり新しいものと思います。

 校史館にあった説明文に1998年まで校史館が図書館として使われたという記述があったので、その頃にこちらの新図書館か完成したのではないかと思います。鉄筋コンクリート造り、4階建て。

台湾大学総合図書館
設計・施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路四段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_1144585.jpg
c0112559_1145541.jpg
c0112559_115444.jpg
c0112559_1151432.jpg
c0112559_1152545.jpg
c0112559_1153436.jpg
c0112559_1154222.jpg
これで台北編を終わります。次は青森県へ。
by gipsypapa | 2013-12-10 11:07 | 建築 | Trackback | Comments(0)

台湾大学物理学系校舎

c0112559_10421728.jpg
 戯劇学系の隣に似たたようなデザインの建物があります。窓の形や配置が違うくらいで、ほぼ同じ外観です。建物名は不明ですが、看板が5枚掛かかっていて、その中でも分かりやすい「物理学系」にしました。鉄骨鉄筋コンクリート造り、3階建て。

台湾大学物理学系校舎
昭和初期
設計・施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路四段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_10424914.jpg
c0112559_10425832.jpg
c0112559_1043731.jpg
c0112559_10431685.jpg

by gipsypapa | 2013-12-09 10:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台湾大学戯劇学系校舎

c0112559_10442825.jpg
 メインロードを挟み文学院、校史館の反対側にも2棟、似たようなデザインの建物があります。ただしこちらは3階建てです。玄関ポーチは小ぶりですが、左右対称で外壁に淡褐色の唭哩岸石(きりがんせき)を貼るなど、共通の意匠です。

 データがないのでわかりませんが、築年も文学院、校史館とほぼ同じころに見えます。建物名についても「戯劇学系」と「植物病理及び微生物学系」と二つの看板があり、ここでは仮に戯劇学系としました。鉄骨鉄筋コンクリート造り、3階建て。

台湾大学戯劇学系校舎
昭和初期
設計・施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路四段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_10452966.jpg
c0112559_10453972.jpg
c0112559_10454894.jpg
c0112559_10455850.jpg
c0112559_1046722.jpg
 女優でしょうか、何かの撮影クルーがいました。
c0112559_10463422.jpg

by gipsypapa | 2013-12-06 10:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台湾大学校史館

c0112559_1014372.jpg
 文学院の隣に同じ意匠の建物があります。これも井出薫の設計で現在の図書館ができる前の図書館でした。今は校史館として台湾大学の歴史がわかる博物館になっています。
 
 正面ファサードをちょっと見ただけでは文学院と区別がつきませんが、こちらは2階中央のアーチ窓が大型です。また建物は1930(昭和5)年に建てられた後、1931(昭和6)年/1956(昭和31)年/1973(昭和48)年/1982(昭和57)年と4期にわたって、背後と両脇に増築されています。市定古蹟の鉄骨鉄筋コンクリート造り、2階建て。

台湾大學校史館
旧台北帝国大学総図書館
1930(昭和5)年
市定古蹟
設計 : 井出薫(総督府官房営繕課)
施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路4段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_1024024.jpg
c0112559_1024967.jpg
c0112559_1025877.jpg
c0112559_103921.jpg
c0112559_1031844.jpg
c0112559_1033130.jpg
c0112559_1034166.jpg
c0112559_1035076.jpg
c0112559_104930.jpg
c0112559_1041846.jpg
c0112559_1042884.jpg
c0112559_1043768.jpg
c0112559_1044876.jpg
c0112559_1045851.jpg
c0112559_10574.jpg
c0112559_1052549.jpg
c0112559_1055076.jpg
 正面の階段を上がると翌年1931(昭和6)年に増設された部分につながっていて、ここに様々な資料が展示されています。大きなアーチ窓から差し込む光が美しい。
c0112559_10768.jpg
c0112559_107182.jpg
c0112559_1072994.jpg
c0112559_1073975.jpg
4期にわたって増築されたことを説明する展示。
c0112559_1074879.jpg
c0112559_1075865.jpg

by gipsypapa | 2013-12-05 10:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台湾大学文学院

c0112559_10335872.jpg
 旧台北帝国大学の校舎群に共通した様式の建物。3つのアーチ型開口部を持つ大型の車寄せのある玄関ポーチを中心に左右対称に両翼を張る重厚な建物。外壁は石積みの腰に、正門と同じ淡褐色の唭哩岸石(きりがんせき)という台湾台北市北投区で採取された火成岩のタイルを貼っています。

 内部は広々としたホールは前面褐色のタイル貼りの床に2階までの吹き抜け。2階に上がると吹き抜けを取り巻く回廊は8本のイオニア式柱で支えられた優美な空間です。設計は再び井出薫。市定古蹟の鉄骨鉄筋コンクリート造り、2階建て。

台湾大学文学院
旧台北帝国大学文政学部
1929(昭和4)年
市定古蹟
設計 : 井出 薫(総督府官房営繕課)
施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路四段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_1035982.jpg
c0112559_10351956.jpg
c0112559_10352897.jpg
c0112559_10354186.jpg
c0112559_10355791.jpg
c0112559_10361066.jpg
c0112559_10362059.jpg
c0112559_10362987.jpg
c0112559_1036389.jpg
c0112559_10364637.jpg
c0112559_10365714.jpg
c0112559_1037630.jpg
c0112559_10371488.jpg
c0112559_10372367.jpg
c0112559_10373263.jpg
c0112559_10374137.jpg
c0112559_10375675.jpg
c0112559_1038694.jpg
c0112559_10381753.jpg
c0112559_10382859.jpg

by gipsypapa | 2013-12-04 10:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)