タグ:北海道 ( 389 ) タグの人気記事

宗谷岬と灯台

c0112559_08102521.jpg
三大岬巡りの最初は,、一般人の行く事のできる日本の本土最北端の地、宗谷岬。日本の最北端は、この宗谷岬の沖合い西北西約1 kmにある無人島の弁天島だとか。写真は宗谷岬の先端、北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を示す三角錐の記念石碑です。
撮影 : 2016.11.5
c0112559_08110087.jpg
地図があります。宗谷海峡を挟んで、樺太(サハリン)がすぐ近くなんですね。
c0112559_08112974.jpg
間宮林蔵の像。江戸時代に単独で樺太の北端まで行き、樺太が島であることを確認して、いわゆる間宮海峡を発見した、すごい人です。
c0112559_08120026.jpg
宗谷岬(作詞 吉田弘、作曲 船村徹)の歌碑で、スイッチを押すと千葉紘子の歌うメロディが流れます。知らない曲でした。
c0112559_08125205.jpg
柏屋という土産物店を覗きました。
c0112559_08131832.jpg
11月の初旬ですが、すでに零下です。昨日、大阪は20℃近くあったのに。
c0112559_08134812.jpg
バスは一日5本。まずまずですね。
c0112559_08153930.jpg
「食堂 最北端」。そりゃそうや。

宗谷岬灯台
c0112559_08164001.jpg
小高い丘に白地に赤横帯2本塗り、四角形の灯台があります。宗谷岬灯台で、日本国政府が管理する灯台としては、日本の最北に位置します。「日本の灯台50選」認定灯台。先にアップした稚内灯台と並んで樺太の対岸にある国境の灯台で、国際海峡である宗谷海峡の航路を守る重要な役割を果たしています。初点灯は1885(明治18)年で、現在の灯台は明治時代の2代目を改築したものです。

宗谷岬灯台1912(明治45)年 / 1954(昭和29)年改築
日本の灯台50選
設計・施工 : 不明
北海道稚内市宗谷岬2-8
c0112559_08171161.jpg
一昨日は道東や道南では大雪が降ったそうです。稚内市内は積雪はなかったし、ここも、気温は低いですが、雪はうっすっら積もっている程度です。
c0112559_08182226.jpg
これ以降はウィキペディアやネットにあった写真です。
c0112559_08202236.jpg
遠くに樺太が写っています。
c0112559_08211357.jpg
宗谷岬灯台の東側にある旧海軍望楼。1902(明治35)年に旧帝国海軍によって建造されました。ロシアのバルチック艦隊の動きを監視するのが目的。稚内市の有形文化財。
c0112559_08214956.jpg
こちらは祈りの塔です。

by gipsypapa | 2017-09-14 08:22 | | Trackback | Comments(2)

JR稚内駅

c0112559_07554272.jpg
JR稚内(わっかない)駅は日本最北端の駅です。現在の駅舎は4代目。1924(大正13)年に稚内連絡待合所として開設、1928(昭和3)宗谷線稚内駅(現在の南稚内駅)から 当駅間が延伸されて稚内港駅(わっかないみなとえき)として開業しました。

その後、多少の変遷があったようですが、1939(昭和14)年に駅名を稚内駅と改称し、2011(平成23)年に現在の駅舎に建て替られたそうです。

JR稚内駅
2011(平成23)年
北海道稚内市中央3-6-1
撮影 : 2016.11.5
c0112559_07562057.jpg
新しい駅舎は現代的なガラス張りの明るい造りです。
c0112559_07573228.jpg
レールが切れています。日本のすべての鉄道は、ここが北の行き止まりです。
c0112559_07581753.jpg
駅舎は建て替えられましたが、ホームとレール周辺は昔のままに見えます。
c0112559_07584416.jpg
c0112559_07590600.jpg
ネットにあった稚内港駅の写真。昭和初期と思われます。
c0112559_07593541.jpg
こちらもネットにあった、現在の駅舎(裏のホーム側)です。

by gipsypapa | 2017-09-13 08:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)

稚内港北防波堤ドーム

c0112559_07495651.jpg
北防波堤ドームは稚内港にある大型の防波堤です。ツアーバスが通過したので、車窓から撮影しました。防波堤としてだけでなく、桟橋から稚内港駅までの乗り換え通路を兼用していました。

防波堤としては珍しいドーム状の形なので、稚内港北防波堤ドームと命名されました。高さ約14メートル、長さ427メートルの規模で、古代ギリシア建築をおもわせる70本のエンタシス状の柱列群が、斬新な印象です。

設計は北海道大学出身で、当時稚内築港事務所にいた26歳の技手、土谷実といわれていますが、土木学会選奨土木遺産のHPによると「設計者は二人存在した。つまり,基本構想とその技術的なバックボーンは平尾によって固められ,詳細設計を土谷が担当したのである」とあります。平尾俊雄は東京帝国大学を卒業後、旧内務省に技官として任官し、その後北海道庁に赴任し、北海工営社を設立した人です。土木学会選奨土木遺産と、北海道遺産に選定された鉄筋コンクリートト造り、ドーム型防波堤。

稚内港北防波堤ドーム
1936(昭和11)年 / 1980(昭和55)年復元
土木学会選奨土木遺産、北海道遺産
設計 : 土谷実+平尾俊雄
施工 : 不明
北海道稚内市開運1-2-2
撮影 : 2016.11.5
c0112559_07503281.jpg
c0112559_07584151.jpg
バスの窓越しに撮っているので、ぼやけています。短時間でもいいので、下車したかったです。
c0112559_07515329.jpg
というわけで、この写真以下はネットから借用しています。
c0112559_07522060.jpg
乗り換え通路の役目を終えた後は、石炭置場に使われていたそうですが、塩害でぼろぼろに劣化。取り壊されることになったそうです。
c0112559_07525489.jpg
しかし、すでにこのドームは稚内のシンボルとして定着していたため,市民の熱心な存続運動が実を結び,原型に忠実に復元されることになったとか。復元工事は1980(昭和55)年に完工しました。

by gipsypapa | 2017-09-12 07:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

野寒布(のしゃっぷ)岬と稚内灯台

c0112559_07452772.jpg
一夜明けて、二日目は稚内市を観光した後、三大岬の一つの宗谷岬を経由。オホーツク海を見ながら、一挙に阿寒湖温泉まで南下する行程です。

稚内観光の初めは、野寒布(のしゃっぷ)岬。岬にある恵山泊漁港公園(えざんどまりぎょこうこうえん)には「ノシャップ岬の碑」の他、「イルカのモニュメント」があり、観光ポイントになっています。この翌日訪れる根室半島先端の納沙布(のさっぷ)岬と紛らわしい。

野寒布岬
北海道稚内市野寒布2
撮影 : 2016.11.5
c0112559_07460210.jpg
ノシャップ(野寒布)はアイヌ語でノッ・シャムといい「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の2つの意味があるとか。ノサップ(納沙布)の語源も同じだそうです。
c0112559_07462109.jpg
岬の最北端には稚内灯台があります。晴れた海霧の立たない日には利尻島(利尻富士)、礼文島が望めるらしいのですが、この日は全然見えませんでした。

稚内灯台
1966(昭和41)年
北海道稚内市野寒布2-2
c0112559_07480367.jpg
この写真以下はネットから借用しています。
c0112559_07485048.jpg
c0112559_07483724.jpg

by gipsypapa | 2017-09-11 07:50 | | Trackback | Comments(2)

旧花田屋番屋

c0112559_08475755.jpg
台北シリーズを終わり、一挙に北へ移動して、しばらく北海道の旅行記をやります。昨年の11月に北海道の三大岬を巡るツアーに参加しました。バスに乗って、北海道を1周して、宗谷岬、納沙布(のさっぷ)岬から襟裳(えりも)岬を3泊4日で見て回る、弾丸ツアーでした。

初日は新千歳空港から稚内まで、道央自動車道とオロロンラインから国道232号線を経由して日本海側を北上する、約5時間半の工程です。途中何ヶ所か休憩するわけですが、今回のツアーでは縁のないレトロ建築の唯一の例外、旧花田屋番屋です。隣が「おびら鰊番屋」という道の駅なのです。

時間的に閉まっていて中は見ることができませんでしたが、北海道に残る大型鰊漁場建築の数少ない遺構の一つで、ヤン衆(雇い漁夫)の宿泊設備がよく残っているとか。使われている梁などの巨材は、すべて地元の大椴(おおとど)山から切り出した木材を三半船(さんばせん)で海上を運び集め、製材されたものだそうです。国の重要文化財の木造平屋、一部2階建て。

旧花田屋番屋
1905(明治38)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富35-2
撮影 : 2016.11.4
c0112559_08491378.jpg
地元の網元だった花田家が建てた番屋です。
c0112559_08494600.jpg
北海道の鰊番屋はすでにこのブログでは旧茨木番屋旧茨木與八郎番屋旧白鳥家番屋(群来陣)旧田中家住宅(小樽市鰊御殿)旧青山家漁家などを紹介しています。
c0112559_08533016.jpg
道内で現存する番屋では最大の規模だそうです。
c0112559_08535989.jpg
c0112559_08551670.jpg
雇い人が200人を超えたという大鰊漁家でした。
c0112559_08553741.jpg
天登雁(てんとかり)村とあります。昔はそういわれた場所だったわけです。
c0112559_08562020.jpg
北側に並ぶ道の駅「おびら鰊番屋」。
c0112559_08565751.jpg
c0112559_08571100.jpg
c0112559_08572637.jpg
c0112559_08574813.jpg
番屋の雰囲気です。
c0112559_08582872.jpg
海岸沿いに鰊番屋と書かれた小屋がありますが、新しいようです。
c0112559_08585918.jpg
中を見れなかったので ↑ 以下はネットの写真を借用します。
c0112559_08595403.jpg
c0112559_09002773.jpg
大広間は吹き抜けです。
c0112559_09005595.jpg
c0112559_09011248.jpg
c0112559_09012852.jpg
ちなみに入場料は350円だそうです。

by gipsypapa | 2017-09-10 09:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)

丘のまち美瑛

c0112559_08121675.jpg
富良野からさらに北上して美瑛(びえい)へ。ここを観光した後は旭川を経由して札幌へ向かいます。この日はかなり強行軍でした。
撮影 : 2015.8.24
c0112559_08124840.jpg
有名なケンとメリーの木。若いころテレビの日産スカイラインのCMで注目されました。この日も観光客が多かったです。
c0112559_08135355.jpg
マイルドセブンの丘。マイルドセブンのCM使用されたカラマツ林です。
c0112559_08143782.jpg
日本の風景とは思えません。ヨーロッパみたいです。
c0112559_08154008.jpg
なだらかな丘陵に緑の畑が広がる絶景です。
c0112559_08161387.jpg
c0112559_08165774.jpg
c0112559_08164941.jpg
見渡す限り緑の平野。丘のまち美瑛の景観は、農業によって保たれています。
c0112559_08180156.jpg
日本では北海道でしか見られない、おおらかな風景を楽しみました。
c0112559_08191084.jpg
昼食に立ち寄った四季彩の丘。ここも大規模な花畑です。四季彩の丘北海道上川郡美瑛町新星
c0112559_08192161.jpg
c0112559_08194272.jpg
c0112559_08195991.jpg
c0112559_08205427.jpg
↑はネットにあった美しい写真です。
c0112559_08214932.jpg
ここから旭川を経由して札幌へ。夜は札幌の居酒屋で最後の夕食でした。これで北海道旅行は一旦終わります。次回からは日本列島の反対側、九州です。


by gipsypapa | 2017-04-03 08:25 | | Trackback | Comments(2)

富良野の花畑を観光

c0112559_08532983.jpg
旅の3日目の宿は富良野(ふらの)でした。朝から富良野、美瑛を観光して、最後の宿泊地の札幌に向かいます
撮影 : 2015.8.23 & 24

富良野ホップスホテル
c0112559_08541172.jpg
リゾート型ホテルですが、テントプランというのがあるそうです。かなりたくさんテントがありますね。

富良野ホップスホテル
北海道空知郡上富良野町西2線北25号
c0112559_08551633.jpg
夏場限定でしょうが、たくさんのテント。安いのかな。
c0112559_08554489.jpg
c0112559_08560417.jpg
食事も良かったです。
c0112559_08564000.jpg

富良野聖観音像
c0112559_08572692.jpg
ホテルのそばに立っている富良野聖観音像。詳細は知りませんが、かなりでかい。
北海道空知郡上富良野町
c0112559_08591286.jpg
c0112559_08593090.jpg

フラワーランドかみふらの
c0112559_09002962.jpg
富良野といえば花畑。「ファーム富田」が有名ですが、中富良野なので、ホテルはすでに北へ行き過ぎています。ということでホテルに近い「フラワーランドかみふらの」へ。

フラワーランドかみふらの
北海道空知郡上富良野町西5線北27
c0112559_09020750.jpg
c0112559_09025360.jpg
c0112559_09033723.jpg
c0112559_09044029.jpg
c0112559_09050000.jpg
c0112559_09052426.jpg
7~8月が旬。すでに8月も終盤なので少し遅いかと思いましたが、なんとか開花時期に間に合ったようです。
c0112559_09060013.jpg
c0112559_09062079.jpg
c0112559_09064039.jpg
c0112559_09070266.jpg
c0112559_09072103.jpg
c0112559_09073924.jpg
c0112559_09080471.jpg
c0112559_09082606.jpg
さすがにこの時期は人が少なかったです。畑では人に出会いませんでした。



by gipsypapa | 2017-04-02 09:08 | | Trackback | Comments(2)

夕張鹿鳴館(旧北炭鹿ノ谷倶楽部)

c0112559_08250075.jpg
夕張鹿鳴館(ゆうばりろくめいかん)は大正初期に旧北海道炭礦汽船の迎賓館「鹿ノ谷倶楽部」として建てられました。上流階級の施設として会社幹部の会合や政財界人や取引先などの接待や、昭和天皇を初めとして、皇族の宿泊施設にも用いられていました。

建物の外観は和風ですが、中には洋間もある和洋折衷。室内装飾の美術工芸の意匠や美しい庭園をもつ絢爛豪華な造りが特徴です。全盛期の炭鉱の栄華を感じさせる倶楽部建築を代表する素晴らしい建物です。国の登録有形文化財と近代化産業遺産の木造平屋建て。

夕張鹿鳴館
旧北炭鹿ノ谷倶楽部
1913(大正2)年 / 1916(大正5)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計・施工 : 不明
北海道夕張市鹿の谷2-4
撮影 : 2015.8.23
c0112559_08254052.jpg
中央に本館、西に第一別館、東に第二別館があり、廊下で繋がっています。本館は多くの部屋を複雑な形に配置しています。
c0112559_08261726.jpg
夕張炭鉱の閉山に伴い市に移管されてしばらくは老朽化など経済的な理由で、公開されず長く幻の施設といわれたそうです。
c0112559_08264915.jpg
1994年から一般公開が始まり、夕張市内有数の歴史的建造物として知られるようになりました。
c0112559_08273154.jpg
その後、民間に委託されホテル・レストラン「オーベルジュ夕山荘」を営業していましたが、私が訪ねたすぐ後の2015年12月に閉館したようです。
c0112559_08281717.jpg
夕張鹿鳴館自体も夕張市のHPによれば、”平成27年12月1日より冬季休館しております、「夕張鹿鳴館」及び「オーベルジュ夕山荘」につきまして、休館期間を延長させていただきます”とあります。
c0112559_08290358.jpg
夕張市は財政破綻したことで知られました。私たちが訪ねたときも見学者はわれわれだけでした。
c0112559_08293302.jpg
この素晴らしい建物の中がしばらく見ることができなくなるかもしれません。
c0112559_08300298.jpg
午後の訪問でした。レストランでケーキと夕張メロンと紅茶か珈琲のセットをオーダーしたら邸内を自由に見学できるとのこと。
c0112559_08303839.jpg
もちろんメロンセットにしました。
c0112559_08311845.jpg
大会議室が食堂になっています。
c0112559_08323203.jpg
c0112559_08325544.jpg
c0112559_08331918.jpg
邸内散策を開始。
c0112559_08340927.jpg
c0112559_08343830.jpg
c0112559_08345987.jpg
c0112559_08351612.jpg
c0112559_08353304.jpg
c0112559_08355185.jpg
c0112559_08361527.jpg
c0112559_08363166.jpg
c0112559_08364855.jpg
c0112559_08370832.jpg
c0112559_08372656.jpg
c0112559_08374176.jpg
第一別館へ向かいます。
c0112559_08381489.jpg
光の回廊といわれています。
c0112559_08385468.jpg
c0112559_08390916.jpg
c0112559_08392469.jpg
c0112559_08394078.jpg
c0112559_08400019.jpg
c0112559_08401628.jpg
c0112559_08403453.jpg
c0112559_08405209.jpg
本館の奥の和室が並ぶ一角です。
c0112559_08414646.jpg
c0112559_08420492.jpg
c0112559_08421958.jpg
c0112559_08423673.jpg
c0112559_08425514.jpg
c0112559_08431286.jpg
c0112559_08433032.jpg
c0112559_08434691.jpg
c0112559_08440674.jpg
c0112559_08442932.jpg
c0112559_08444986.jpg
庭側からの写真。庭には入れませんのでネットにあった写真です。
c0112559_08462402.jpg
寄棟や切妻の屋根を複雑に連続させています。倶楽部建築の好例として長く残したいものです。


by gipsypapa | 2017-03-31 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

苫小牧の「海の駅ぷらっとみなと市場」と「 ほっき貝資料館」

c0112559_08295258.jpg
太平洋に面した白老町のホテルを出て室蘭本線沿いに北上します。この日のゴールは富良野です。途中2箇所に立ち寄りました。お昼前に苫小牧に到着して、ここでお昼と買い物をしました。

海の駅ぷらっとみなと市場 / ほっき貝資料館
北海道苫小牧市港町2-2-5
撮影 : 2015.8.23
c0112559_08302491.jpg
「海の駅ぷらっとみなと市場」に駐車して中へ。
c0112559_08305702.jpg
店先には海産物が並んでいます。
c0112559_08313903.jpg
食事処もあります。
c0112559_08355710.jpg
c0112559_08361386.jpg
もうすぐお昼。ここで食べることにしました。
c0112559_08364550.jpg
いくつかある飲食店の中の「ふじ十食堂」へ。
c0112559_08371627.jpg
ちなみに今は名前が変わって「ぷらっと食堂」になったようです。
c0112559_08374964.jpg
c0112559_08380179.jpg
定番の「ウニ・イクラ丼」ですが、さすがにおいしかったです。
c0112559_08383688.jpg
同じ敷地にある「ほっき貝資料館」。
c0112559_08391088.jpg
c0112559_08392641.jpg
c0112559_08394266.jpg
マニアックです。
c0112559_08401952.jpg
c0112559_08403879.jpg
c0112559_08405562.jpg
c0112559_08411269.jpg
c0112559_08412604.jpg
結局買い物をしたのは、道路を挟んだところにある「学べる農産物 直売所とまとま 」。大きいメロンと夜のおつまみを買いました。

学べる農産物 直売所とまとま  北海道苫小牧市汐見町1-1-14
by gipsypapa | 2017-03-30 08:41 | | Trackback | Comments(2)

登別温泉を散策

c0112559_08021293.jpg
室蘭から北上の途中に登別温泉を訪ねることにしました。9種類もの温泉が湧き出す日本有数の温泉郷として人気があるところです。温泉街はそんなに大きくありません。由来は良くわかりませんが、鬼に関係するモニュメントがいくつもありました。登別温泉北海道登別市登別温泉町撮影 : 2015.8.22
c0112559_08024765.jpg
c0112559_08030716.jpg
c0112559_08032093.jpg
道端に源泉が湧いています。
c0112559_08035967.jpg
有名なクマ牧場。
c0112559_08050095.jpg
c0112559_08051565.jpg
地獄谷
c0112559_08061437.jpg
日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡。直径は約450m、面積は約11ha。谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄」の由来となったそうです。ここから多種類の温泉が温泉街のホテルや旅館に給湯されています。
c0112559_08065114.jpg
c0112559_08071163.jpg


大湯沼
c0112559_08083208.jpg
同じく日和山が噴火したときの爆裂火口跡。ひょうたん型の沼です。沼底では、約130℃の硫黄泉が激しく噴出していて、表面の温度でも約40℃~50℃で灰黒色をしています。昔は底に堆積する「硫黄」を採取していました。
c0112559_08091394.jpg
c0112559_08092912.jpg

c0112559_08100095.jpg
この日の宿は登別温泉は割高なので、山を下った海側のホテルオーシャンにしました。

by gipsypapa | 2017-03-29 08:11 | | Trackback | Comments(2)