タグ:北海道開拓の村 ( 50 ) タグの人気記事

博物館明治村 皇居正門石橋飾電燈

c0112559_13351436.jpg
 皇居正門の「石橋」は皇居前広場から皇居に通じる橋である。江戸時代からこの場所には「西の丸大手橋」と呼ばれる木橋が架けられていた。明治宮殿造営に際して二重橋の鉄橋も木橋から架け替えられたが、この「石橋」も木橋に替わり架けられた。橋体の設計は当時皇居御造営事務局の技手であった久米民之助、欄干の装飾は同じく河合浩蔵であった。

 橋は、明治19年3月に起工され明治20年12月に竣工した。岡山産大島花崗岩造りで、橋の渡り35.3m、幅12.8mで、橋脚は橋を均整の取れた形とするため、円弧のアーチを二つ並べた眼鏡橋の形に設計されている。この橋は、昭和23年から行われている一般参賀に開放されるが、それまでは、天皇、皇后、皇族、あるいは外国の貴賓と大公使に限って通行できた。

 橋の両側に高さ114cmの石の手すりがありその間に高さ174cmの男柱が片側3本ずつ計6本ある。それぞれの男柱石の上に青銅鋳造飾電燈計6基が設置された。皇居造営に伴い皇居内外に、この飾電燈を含めて900を超える電燈が設置された。電燈ははじめガス燈にする予定であったが、ドイツ人技術者オーベンにより電燈の照明度と安全性が上申され、電燈を採用することとなり東京電燈会社によって建設された。

 長年使われてきた6基の飾電燈は、昭和61年9月、鋳型を取って新しく鋳造されたものと交換され、取り外されたもののうち1基が明治村に払い下げられた。明治村では男柱石を新材で製作しこれを台座としてその上に飾電燈を展示している。


博物館明治村 皇居正門石橋飾電燈
1893(明治26)年
登録有形文化財
設計 : 久米民之助+河合浩蔵
施工 : 不明
旧所在地 : 東京都千代田区千代田
犬山市内山5-58博物館明治村内
撮影 : 2012,3,10
c0112559_13381678.jpg
c0112559_13382742.jpg
c0112559_13383856.jpg

by gipsypapa | 2012-11-20 13:41 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北海道開拓の村 旧平造材部飯場

c0112559_15592587.jpg
 この建物は、大正後期に下川村奥名寄の御料林内に建てられた造材飯場を再現した。造材飯場は、伐木・造材に携わった山子や集・運材作業に従事した藪出し、馬追いなどが山中で寝泊まりした小屋である。この飯場には山子と藪出しが生活し、馬追い飯場は別棟になっていた。

北海道開拓の村 旧平造材部飯場
大正後期(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : -
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 山村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1601040.jpg
c0112559_1604266.jpg
c0112559_1605259.jpg
c0112559_1611831.jpg
c0112559_1612893.jpg
c0112559_161374.jpg
c0112559_161484.jpg
c0112559_1615884.jpg
 長かった北海道編はこれでおしまいです。今年は同じ時期に道東へ行く予定です。
by gipsypapa | 2012-07-22 16:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 森林鉄道機関庫

c0112559_13103512.jpg
 北海道庁は、大正8年度から拓殖計画に国有林の直営伐採事業を加え、木材搬出のための森林鉄道の敷設に着手した。その後、道内各地で建設が進められ、昭和初期には従来の流送にかわって鉄道運材が主流となり、機関車や貨車のほか、機関庫、貯木場も整備された。

北海道開拓の村 森林鉄道機関庫
昭和初期(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : -
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 山村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13104086.jpg
c0112559_1311207.jpg
c0112559_13112853.jpg
c0112559_13113412.jpg
c0112559_1311406.jpg
c0112559_13114851.jpg
c0112559_13115686.jpg

by gipsypapa | 2012-07-20 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北海道開拓の村 開拓小屋 & 炭焼小屋

 再現物件を二つまとめて紹介します。

開拓小屋
c0112559_1322054.jpg
 開拓小屋は開墾小屋とも称し、移住者が最初に建てた住居である。丸太を埋め立てて柱とし、桁・梁・垂木をわたし、笹・茅などで屋根や壁を葺き、出入り口・窓にはむしろを下げた。屋内は一部が土間で、他は笹・枯草を重ねたむしろを敷いて居間とし、炉を設けた。明治期のものを再現した。

北海道開拓の村 開拓小屋
明治期(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : -
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 山村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_133077.jpg
c0112559_133778.jpg
c0112559_1334122.jpg


炭焼小屋
c0112559_1352081.jpg
 北海道は、国内有数の木炭生産地で、主に黒炭が生産された。炭窯の種類は多様であるが、明治・大正期の北海道では、角窯が多く使われていた。一般に専業の炭焼きは大型の窯を、副業では小型の窯を使用していた。この炭窯は大正末期の副業製炭業者の角窯を再現した。

北海道開拓の村 炭焼小屋
大正末期(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 山村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1363648.jpg
c0112559_136432.jpg
c0112559_1362317.jpg
c0112559_1365779.jpg

by gipsypapa | 2012-07-19 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北海道開拓の村 旧菊田家農家住宅

c0112559_13163594.jpg
 明治19年(1886)、新潟県長岡の有力者であった大橋一蔵や関矢孫左衛門などは北越植民者を組織し、野幌原野開拓を計画した。この建物は、その一員の新潟県魚沼郡出身者が、移住直後の明治26年(1893)頃に建築し、後に同じく南浦原郡出身の初代菊田常吉が買い受けて移築したものである。

北海道開拓の村 旧菊田家農家住宅
1893(明治26)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 江別市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13171357.jpg
c0112559_13172187.jpg
c0112559_13172836.jpg
c0112559_13173443.jpg
c0112559_13174141.jpg
c0112559_13172988.jpg

by gipsypapa | 2012-07-18 13:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧小川家酪農畜舎

c0112559_1345896.jpg
 この畜舎は、大正末期に札幌農学校出身の小川三策がアメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもので、19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造が特徴である。また、軟石サイロはのちに厚別の農家より譲りうけて移築したものである。

北海道開拓の村 旧小川家酪農畜舎
大正末期
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市清田区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1353771.jpg
c0112559_1352865.jpg
c0112559_1355127.jpg
c0112559_1354389.jpg
c0112559_136680.jpg
c0112559_1361422.jpg
c0112559_1362050.jpg
c0112559_1361121.jpg
c0112559_1363520.jpg
c0112559_1364418.jpg
c0112559_1363973.jpg
c0112559_137371.jpg
c0112559_1371226.jpg
 やっと北海道らしい建物を紹介できました。
by gipsypapa | 2012-07-17 13:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧樋口家農家住宅

c0112559_14211039.jpg
 樋口家は富山県から移住した水田農家で、明治26年(1893)に入植し5年目にこの家を建てた。富山出身の棟梁に建築を依頼し郷里の建築様式であるワクノウチ造りを取り入れ、材料は近くの原始林から切り出したという。復元に際し、同じ建築様式の山口家の解体材もあわせて使用した。

北海道開拓の村 旧樋口家農家住宅
1897(明治30)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市厚別区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_14225841.jpg
c0112559_1423928.jpg
c0112559_14232133.jpg
c0112559_14233151.jpg
c0112559_14234062.jpg
c0112559_14235086.jpg
c0112559_1424054.jpg
c0112559_14241172.jpg

by gipsypapa | 2012-07-16 14:24 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

北海道開拓の村 旧岩間家農家住宅

c0112559_111257.jpg
 岩間家は旧仙台藩亘理領(宮城県亘理町)の士族移民団の一員として、明治4年(1871)2月に入植した畑作農家である。この建物は明治15年(1882)に郷里の大工によって建築され、構造・間取り共に仙台地方の特徴を受け継いでいる。旧領主が時おり立寄った由緒ある家である。

北海道開拓の村 旧岩間家農家住宅
1882(明治15)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 伊達市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1115026.jpg
c0112559_1113374.jpg
c0112559_112393.jpg
c0112559_111456.jpg
c0112559_1121527.jpg
c0112559_1122386.jpg
c0112559_112789.jpg
c0112559_1124779.jpg
c0112559_1123192.jpg

by gipsypapa | 2012-07-13 11:03 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北海道開拓の村 旧山田家養蚕板倉 & 旧河西家米倉

 今回も二つまとめて、小さな農家を紹介します。

旧山田家養蚕板倉

c0112559_105961.jpg
 開拓使は、屯田兵の授産事業として養蚕を奨励し、琴似兵村ではその成果が実って、屯田兵のなかに独自の養蚕施設を持つ人も現れた。この板倉は、屯田兵として入植した山田家のもので、草創期の暮らしぶりを伝える数少ない遺構の一つである。

北海道開拓の村 旧山田家養蚕板倉
1881(明治14)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市西区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_107520.jpg
c0112559_1072728.jpg


旧河西家米倉

c0112559_1082897.jpg
 厚別地区での米作は、明治16年(1883)長野県からの移住者によって始められた。水田は付近の低湿地に造られ、明治20年代になり本格的に耕作されるようになった。この米倉は最初の移住者の一人である河西由蔵が建てたものを再現した。

北海道開拓の村 旧河西家米倉
1897(明治30)年ころ(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市厚別区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_109731.jpg
c0112559_1091346.jpg

by gipsypapa | 2012-07-12 10:09 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北海道開拓の村 旧龍雲寺 & 旧信濃神社

このブログの趣旨から外れますが、お寺と神社もありましたので、まとめて紹介します。

旧龍雲寺
c0112559_13323429.jpg
 篠路山龍雲寺は明治19年(1886)頃、村民の努力によって創建された浄土宗の寺である。この建造物は、明治28年(1893)頃に新築落成した本堂で、開拓期の農村の寺院建築の様式をよくあらわしている。正面入り口の向拝部分は大正年間に増築されたものである。

北海道開拓の村 旧龍雲寺
1893(明治28)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市北区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13331466.jpg
c0112559_13332155.jpg
c0112559_13332836.jpg
c0112559_13333452.jpg


旧信濃神社
c0112559_13351254.jpg
 間口が2本の柱で構成される、「一間社流れ造り」という様式で、神社建築によく用いられる。旧所在地は、長野県諏訪地方の出身者が中心となって開拓されたので信州開墾地とも呼ばれた。神社には信濃国一ノ宮諏訪大社の祭神である建御名方命を祀り、信濃神社と命名した。

北海道開拓の村 旧信濃神社
1897(明治30)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市厚別区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
by gipsypapa | 2012-07-11 13:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)