タグ:兵庫 ( 98 ) タグの人気記事

城崎の温泉街

c0112559_99090.jpg
 秋の旅行に2泊3日で北近畿に出かけました。まずは最初の宿泊地の城崎温泉です。

 城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧城崎郡城崎町)にある温泉で、平安時代から1300年の歴史があります。昨年はある号泣兵庫県会議員が何度も訪れたことで全国的に知られた町でもあります。

 基本的に中心を流れる大谿川(おおたにがわ)沿いにある七湯の外湯めぐりが主体の温泉ですが、木造の和風旅館が連なって町並みを形成し、浴衣を着て下駄を履くのが正装と言われ、古き温泉街の情緒を残しています。

城崎温泉の温泉街
豊岡市城崎町
撮影 : 2014.10.26-27
c0112559_9103569.jpg
c0112559_9104943.jpg
c0112559_911217.jpg
c0112559_9111546.jpg
c0112559_9112997.jpg
c0112559_9114012.jpg
c0112559_911534.jpg
c0112559_912825.jpg
c0112559_9121849.jpg
c0112559_9122944.jpg

by gipsypapa | 2015-04-11 09:14 | | Trackback | Comments(2)

旧神戸港信号所

c0112559_923141.jpg
 神戸煉瓦倉庫から海沿いに板張りの遊歩道、ハーバーウォークを進んだ高浜岸壁南端に高い塔が立っています。

 神戸港に現存する最古の信号所建造物で、1921(大正10)年に新港第四突堤に建設され、1937(昭和12)年に新港第5突堤に移設されました。当初は信号旗を使用していたとか。その後発光信号に変更され、1990(平成2)年まで実際に使われていました。現在はハーバーランドのシンボルタワーとして高浜岸壁南端に移築され、保存されています。

旧神戸港信号所
1921(大正10)年 / 1937(昭和12)年移設
神戸市指定景観形成重要建築物
設計・施工 : 大蔵省営繕管財局神戸出張所
神戸市中央区東川崎町1-7付近
撮影 : 2014.9.5
c0112559_928997.jpg
c0112559_9282041.jpg
c0112559_928321.jpg
c0112559_9284275.jpg
c0112559_9285626.jpg
 高浜岸壁のターミナル。
c0112559_9293494.jpg
 対岸の左橋に見えるのが神戸ポートタワー。右の面白い形の建物は神戸メリケンパークオリエンタルホテルです。
c0112559_9301334.jpg
 夜はライトアップされています。ウィキペディアの写真を借用します。 ↓
c0112559_9304740.jpg

by gipsypapa | 2015-03-10 09:32 | 建築 | Trackback | Comments(4)

神戸煉瓦倉庫

c0112559_830581.jpg
 神戸ハーバーランドの入り口にあるホテルで親類の結婚式があり、前日から1泊しました。ついでに久しぶりにハーバーランドを散歩。

 一角にある煉瓦倉庫レストラン街は、神戸港にある明治時代の赤レンガ倉庫2棟を再利用。したショップやレストランが入る施設です。

 明治31年ころ建造された日本貿易倉庫といわれ、1987(昭和62)年まで神戸港にと到着する靴や電気製品などの貨物の上屋倉庫として使用されていましたとか。当時5棟あった倉庫のうち海側に位置した2棟が現在残っている煉瓦倉庫です。神戸市指定景観形成重要建築物の煉瓦造り、平屋建て。

神戸煉瓦倉庫
旧日本貿易倉庫
1898(明治31)年
神戸市指定景観形成重要建築物
設計・施工 : 不明
神戸市中央区東川崎町1-5
撮影 : 2014.9.5
c0112559_8322352.jpg
c0112559_8323481.jpg
c0112559_8324524.jpg
c0112559_8325920.jpg
c0112559_8331335.jpg
c0112559_8332555.jpg
c0112559_8333861.jpg
c0112559_8334992.jpg
c0112559_83419.jpg
 煉瓦はイギリス製で、積み方もイギリス積みです。
c0112559_8344690.jpg
c0112559_835142.jpg
c0112559_8353080.jpg
c0112559_8354353.jpg
c0112559_836637.jpg
 周辺は港湾の名残と・・・
c0112559_8365655.jpg
c0112559_8371075.jpg
 エルビス・プレスリーの銅像。
by gipsypapa | 2015-03-09 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧グッゲンハイム邸

c0112559_15433761.jpg
 鄭邸や旧後藤家住宅の西側の低地にある有名な明治の洋館。明治から大正期に神戸で貿易商を営んだグッゲンハイムが明治の末期に建てた住宅。1,2階とも5連アーチのあるベランダを持つ、典型的なコロニアルスタイルの明るい西洋館です。

 長く竹内油業という会社の寮として使われましたが、現在は各種の催し、結婚式やパーティーなどに使える多目的スパースになっています。

 設計者は旧ハッサム邸シュウエケ邸門兆鴻邸北野異人館キャセリンハウス同志社大学ハリス理化学館などを手がけた、英国人建築家のアレクサンダー・ネルソン・ハンセル(Alexander Nelson Hansell、1857 - 1940)と考えられています。木造2階建て。

旧グッゲンハイム邸
1909(明治42)年
ひょうごの近代住宅100選
設計 : A.N. ハンセルか
施工 : 不明
神戸市垂水区塩屋町3-5-17
撮影 : 2014.3.16
c0112559_15471921.jpg
c0112559_15473015.jpg
c0112559_15474075.jpg
c0112559_15474991.jpg
c0112559_15475923.jpg
 鄭邸やYK邸がある高台から見下ろすところにあります。
c0112559_1549948.jpg
c0112559_1549202.jpg
c0112559_1549292.jpg
 Google の航空写真。A印のちょっと左が「鄭邸」。その真南のオレンジ色の屋根が「YK邸」、さらに南の赤い縁取りの屋根が「旧後藤家住宅」。そして西側にある大きな建物が、「旧グッゲンハイム邸」です。
by gipsypapa | 2014-06-15 15:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)

神戸塩屋の旧後藤邸

c0112559_103643100.jpg
 南端の崖の上に建っているので、電車からよく見える印象的な洋館。鋭角的な片流れを葺き下ろした切妻屋根が特徴的。スレート葺きの屋根の真っ赤な縁取りが目を引きます。横にある白い蔵も古そうです。木造2階建て。

旧後藤家住宅
大正中期
ひょうごの近代住宅100選
設計 : 設楽建築事務所
施工 : 田中仙吉
神戸市垂水区塩屋町3-1-3
撮影 : 2014.3.16
c0112559_10404152.jpg
c0112559_10405288.jpg
c0112559_104131.jpg
c0112559_10411796.jpg
 左はYK邸。これまで紹介した3軒の住宅は、車では行けません。やっと人が通れる細道を上って行くしかないです。下界に車庫を借りるしかなさそうですね。
by gipsypapa | 2014-06-14 10:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)

神戸塩屋のYK邸

c0112559_8232222.jpg
 鄭邸の前の細い道を南に進むと、赤いスペイン瓦の洋館があります。ベージュ色の外壁と複雑に張り出したモダンな形状に特徴があります。この高台は古い洋館があるところですが、窓がアルミサッシになっていることもあり、新しいかもしれません。木造2階建て。

YK邸
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
神戸市垂水区塩屋町3
撮影 : 2014.3.16
c0112559_8235493.jpg
c0112559_824536.jpg
c0112559_8241654.jpg
c0112559_8242640.jpg
 この感じは現代的です。比較的新しい可能性があります。とはいえ、このアプローチが狭く高い場所に家を建てること自体、大変な難工事に思えます。
by gipsypapa | 2014-06-13 08:26 | 建築 | Trackback | Comments(0)

神戸塩屋の鄭邸

c0112559_9204956.jpg
 JRと山陽電鉄の塩屋駅の北東側は小高い山になっていて、レトロな洋館が並んでいます。電車の車窓からも見えるので、通るたびに「いつか行こう」と思っていた一角です。

 真っ白な外壁に木枠の上げ下げ窓。ハーフティンバーの妻面、煙突や半円形の屋根窓など、いかにもレトロ感が漂うお洒落な洋館です。明治末期の築と思えないくらい大事に使われているようです。木造2階建て。

鄭邸
1907(明治40)年
ひょうごの近代住宅100選
設計・施工 : 不明
神戸市垂水区塩屋町3
撮影 : 2014.3.16
c0112559_9213820.jpg
c0112559_9215098.jpg
c0112559_922443.jpg

by gipsypapa | 2014-06-12 09:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧ジェームス邸そばの洋館

c0112559_93234100.jpg
 ジェームス邸車庫の前にある平屋建ての洋館。これもジェームス邸に関連するのかと思いました。この日はジェームス邸で結婚式があるそうで、三々五々に列席者が門を潜り、出迎えの係の人が門の傍に待機中でした。人通りが切れた時に、この建物について尋ねたところ、ジェームス邸とは無関係だとのことでした。

 周りに立ち並んでいた、ジェームス山の洋館の名残でしょうか。表札などの表示はなく、空き家のようです。木造平屋建て。

旧ジェームス邸そばの洋館
昭和初期か?
設計・施工 : 不明
神戸市垂水区塩屋町6-25-57
撮影 : 2014.3.16
c0112559_9332119.jpg
c0112559_9333714.jpg
c0112559_9334739.jpg
c0112559_9335788.jpg
c0112559_934663.jpg
 手前にもスパニッシュ風の洋館。左にジェームス邸が見えます。これは新しいかも。
by gipsypapa | 2014-06-11 09:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧ジェームス邸車庫兼運転手住宅

c0112559_994171.jpg
 ジェームス邸と同じ敷地の北側に建つ住宅。車庫兼運転手住宅だったスパニッシュ風の小住宅で、三洋電機時代は聖泉館といわれていました。木造2階建て。

旧ジェームス邸車庫兼運転手住宅
1934(昭和9)年
設計 : 早良俊夫(竹中工務店)
施工 : 竹中工務店
神戸市垂水区塩屋町6-28
撮影 : 2014.3.16
c0112559_9101816.jpg
c0112559_9102750.jpg
c0112559_9103736.jpg
c0112559_9104780.jpg
c0112559_9105653.jpg
c0112559_91157.jpg
c0112559_9111537.jpg

by gipsypapa | 2014-06-10 09:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)

ジェームス邸本館

c0112559_846032.jpg
 神戸市垂水区青山台・塩屋町付近に通称「ジェームス山」という明石海峡を見下ろす高台があります。神戸市西部を代表する高級住宅街として、多くの洋館が残ることで知られているところです。

 ネット情報では「1930年(昭和5年)、神戸に居住しカメロン商会を経営していたイギリス人貿易商、アーネスト・ウイリアムス・ジェームスが、当地に自邸を含めてイギリス人のための住宅地を約60棟以上ほど開発した。やがてジェームスの名を取り、この地をジェームス山と称するようになった。」そうです。

 ジェームス氏の没後は、旧邸とイギリス人住宅地を井植歳男(三洋電機創業者)が所有し、長く望淡閣という、三洋電機の迎賓館として使われてきました。現在は結婚式も行われる一般客向けの高級レストラン「ジェームス邸」になっています。

 スパニッシュ様式の瀟洒な高級住宅で、鮮やかな赤のスペイン瓦にクリーム色の壁。大きなアーチの車寄せのある玄関ポーチや橙色で、クポラ(小ドーム)の塔屋などスペイン風の明るく豪華な住宅建築です。

 設計は雲仙観光ホテル箕面市の小阪家住宅を手がけた竹中工務店の早良俊夫(さがら としお、1913-1982)。神戸市指定有形文化財の鉄筋コンクリート造2階建て、地下1階、塔屋付き。

ジェームス邸本館
1934(昭和9)年
神戸市指定有形文化財
設計 : 早良俊夫(竹中工務店)
施工 : 竹中工務店
神戸市垂水区塩屋町6-28-1
撮影 : 2014.3.1
c0112559_8494788.jpg

c0112559_8495920.jpg
c0112559_8501048.jpg
c0112559_8502680.jpg
c0112559_8503798.jpg
c0112559_8504680.jpg
c0112559_8505662.jpg
 この日は結婚式とかで、敷地に入れませんでいた。ということでHPにあった写真を借用します。↑ ↓
 近々、ランチにでも行きたいと思っています。
c0112559_852183.jpg

by gipsypapa | 2014-06-09 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(4)