タグ:住宅 ( 541 ) タグの人気記事

尾道の島居邸洋館 

c0112559_08041689.jpg
千光寺へと続く長い階段の途中にスパニッシュ風の洋館を見つけました。寺社や和風建築が多い山手では珍しい華やかな住宅です。普通のレトロな住宅かと思いましたが、調べると現在は一棟貸町家「せとうち 湊(みなと)のやど 島居(しまずい)邸洋館」という滞在形の宿泊施設として使われていることがわかりました。

昭和初期建築のお洒落な洋館で、スクラッチタイルを貼り付けた、カーブを描く特徴的な塀で囲まれています。建物の屋根は赤いスペイン瓦、外壁はクリーム色のモルタル仕上げのスタッコ壁にアーチ型や丸窓を配した、欧風の意匠になっています。滞在施設にするに当たり、外観は当時の面影を残しつつ、内装を宿泊客がくつろげるモダンな空間に改造したそうです。木造2階建て。

せとうち 湊のやど 島居邸洋館
旧島居邸
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
広島県尾道市東土堂町11
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08045682.jpg
c0112559_08051374.jpg
c0112559_08053625.jpg
c0112559_08055456.jpg
宿泊施設に改修するときの設計は桐谷昌寛氏が行ったそうです。
c0112559_08065265.jpg
これ ↑ 以降の写真はせとうち 湊のやど 島居邸洋館のHPなどから借用しました。
c0112559_08084707.jpg
c0112559_08090157.jpg
c0112559_08091556.jpg
c0112559_08092992.jpg
c0112559_08094203.jpg
c0112559_08095469.jpg
すばらしい空間です。いつか泊まってみたい。

by gipsypapa | 2017-05-26 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道市文学記念室(旧福井邸)

c0112559_08214430.jpg
高台に南向きに建つ瀟洒な数寄屋風の住宅。元々は地元企業役員だったの福井家の住いでした。寄棟造の東棟が大正元年の築、昭和2年に入母屋造の西棟が、昭和3年に茶室が増築されました。現在は尾道市が管理する尾道市文学記念室として、尾道ゆかりの作家である林芙美子や高垣眸、横山美智子、行友李風、歌人の中村憲吉、山下陸奥、麻生路郎の愛用品や書簡、直筆原稿等を展示しています。茶室、蔵とともに国の登録有形文化財の木造平屋建て。

尾道市文学記念室
旧福井家住宅主屋
1912(大正元)年 / 1927(昭和2)年増築
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
広島県尾道市東土堂町13-28
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08235604.jpg
c0112559_08242022.jpg
尾道特有の坂の途中に建っている住宅です。
c0112559_08252185.jpg
敷地は高低があり下の段から石段を登っていきます。
c0112559_08263064.jpg
c0112559_08265180.jpg
こちらが西棟。増築された部分です。
c0112559_08272109.jpg
c0112559_08274049.jpg
玄関を真ん中にして・・
c0112559_08281789.jpg
こちらは古い方の東棟です。
c0112559_08295323.jpg
c0112559_08301809.jpg
c0112559_08304529.jpg
中に入らず、外からガラス越しに見ています。
c0112559_08312177.jpg
展示室。
c0112559_08315598.jpg
東棟にもう一つ玄関があります。こちらが元の玄関だったのでしょう。
c0112559_08331093.jpg
1段下がったところに立つ快傑黒頭巾(かいけつくろずきんの石碑、1935(昭和10)年に発表された高垣眸の小説の記念碑です。
c0112559_08335905.jpg
山側にある文学関係の建物などは総じて「おのみち文学の館」と呼ばれ、この「文学記念室」のほかに「中村憲吉旧居」、「志賀直哉旧居」と、その建物南側の「尾道市文学公園」の4つの施設からなっています。以下はネットの写真を借用しています。

中村憲吉旧居
c0112559_08355078.jpg
尾道市のHPから。「中村憲吉はアララギ派のリーダーとして現代日本歌人の第一人者として短歌界に重きをなしました。昭和8年12月25日、おだやかな尾道の千光寺山中腹に転地療養し、昭和9年5月5日に46才で惜しまれながら世を去りました。」

中村憲吉旧居
昭和初期か?
設計・施工 : 不明
尾道市東土堂町15-10

志賀直哉旧居
c0112559_08381200.jpg
これも尾道市のHPからです。「大正元(1912)年志賀直哉が尾道に移り住んだ棟割長家が現在でもご覧になれます。代表作「暗夜行路」もここ尾道のこの部屋で草案が練られました。併設の文学公園では文人達の作品を見ながら休むことができます。 」

志賀直哉旧居
明治後期か?設
計・施工 : 不明尾
道市東土堂町8-28

尾道市文学公園
c0112559_08392622.jpg

by gipsypapa | 2017-05-25 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道ガウディハウス

c0112559_08041189.jpg
JR尾道駅裏の北側斜面の狭い敷地に上手にはめ込まれたような住宅です。下見板張りの外壁に入母屋屋根。切妻破風や小庇があり、露台を回した和風建築で、変化に富んだ屋根構成になっています。南側にはモルタル塗の洋館が接続されています。

尾道市で箱物の製作や販売を手がけていた和泉茂三郎氏の別宅として建てられたものだとか。跡継ぎ不足と老朽化で25年間空き家の状態で解体の危機にあったそうですが、「尾道空き家再生プロジェクト」のシンボルとして、今も再生され続けています。国の登録有形文化財の木造2階建て、一部地下室あり。

旧和泉家別邸(尾道ガウディハウス)
1933(昭和8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
広島県尾道市三軒家町9-17
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08045191.jpg
ネット情報では、「通称ガウディハウスという名前は、以前よりそう呼ばれていたことや、随所に見られる必要以上の装飾や日本建築にしては珍しい曲線の多様から来ていると考えられます。」
c0112559_08052630.jpg
「また現在ではスペインのザグラダファミリア教会のように「いつ完成するか分からない」という意味合いも含めての愛称となっています。」とのことです。
c0112559_08065322.jpg
和館の南側です。これが洋館部分?
c0112559_08073519.jpg
「尾道空き家再生プロジェクト」のHPに内部の写真がありましたので借用します。↑↓
c0112559_08091955.jpg

by gipsypapa | 2017-05-03 08:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)

楽寿園の楽寿館

c0112559_08110804.jpg
楽寿園(らくじゅえん)はJR三島駅のすぐ南に位置し、うっそうとした森に囲まれた広さ約75,474平方メートルの自然豊かな大きな公園です。明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年より市立公園として三島市が管理運営しています。

楽寿園
静岡県三島市一番町
19-3撮影 : 2016.2.3
c0112559_08114326.jpg
ほぼ駅前にあるにしてはとてつもなく広大な公園です。
c0112559_08123027.jpg
ここから入園します。入園料は300円でした。
c0112559_08130201.jpg
c0112559_08132124.jpg
韮山反射炉(伊豆の国市)が世界文化遺産として登録されたことを記念して建てられたモニュメントがあります。

楽寿館
c0112559_08143200.jpg
お目当ての楽寿館は楽寿園の南側中央にあります。小松宮彰仁親王の別邸として明治時代に建てられた、京間風高床式数寄屋造りの建物です。内部は一般公開されていますが、指定された見学時間が数回に限られていて、残念ながらタイミングが悪く内部は見ることができませんでした。上質な材料から装飾意匠までが十分吟味された、宮家の別荘建築として価値が高い建物です。木造平屋建て。

楽寿館
旧小松宮彰仁親王別邸
1890(明治23)年
設計・施工 : 不明
静岡県三島市一番町19-3
c0112559_08161928.jpg
c0112559_08163635.jpg
c0112559_08165189.jpg
c0112559_08171526.jpg
c0112559_08201635.jpg
c0112559_08203187.jpg
c0112559_08205243.jpg
楽寿館の前は小浜池ですが、ごらんのように枯れています。富士山噴火時に流れ出て三島までたどりついた溶岩(三島溶岩流)に富士山の雪解け水が湧き出す池の景色がすばらしいことから昭和29年国の天然記念物及び名勝に指定されました。しかしながら最近は水が減少し、枯渇期が長く、ほとんど満水になることはないそうです。
c0112559_08214002.jpg
岩がむき出しになっています。昭和37年頃から湧水の枯渇が続いているとか。工業用水の汲み揚げとの関係が指摘されています。もともと池の水位は季節によって変化し、降水量の多い夏期に増加し、冬季に減少するそうなので、このときの水位は低いのでしょうが・・・
c0112559_08223922.jpg
ネットにあったかつての小浜池は確かに水が豊富です。隔世の感があります。小浜池は市内を流れる蓮沼川(宮さんの川)と源兵衛川の起点となっています。
c0112559_08235269.jpg
一部しか内部を見学できなかったので、以下にネットにあった写真を借用します。
c0112559_08242030.jpg
楽寿の間は、中央に床の間を構え、美しい襖絵(ふすまえ)と天井画で飾られた格式高い空間です。
c0112559_08244848.jpg
c0112559_08250342.jpg
c0112559_08251696.jpg
c0112559_08253288.jpg
c0112559_08254438.jpg



by gipsypapa | 2017-04-28 08:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)

室港サービス(旧北海道炭礦汽船倶楽部)

c0112559_08132342.jpg
室蘭市内の近代建築をいくつか見て回りました。この瀟洒な建物は北海道炭礦汽船(北炭)の社長の別荘があった敷地に建てられた北炭の倶楽部だった建物でした。現在は、海事工事や通船の(株)室港サービスが保有しています。

左右非対称で横長の建物です。石張りの煙突があり、白い板張りの壁と腰面は石積みの山荘風のデザイン。やや右側にあるぺディメントはハーフティバー風にするなどセンスが良い意匠となっています。木造2階建て。

(株)室港サービス
旧北海道炭礦汽船倶楽部
1926(大正15)年
設計・施工 : 不明
北海道室蘭市緑町9-28
撮影 : 2015.8.22
c0112559_08135446.jpg
c0112559_08141088.jpg
この辺は事務所の区画でしょう。
c0112559_08145718.jpg
c0112559_08151168.jpg
住宅としても使われているように見えます。
c0112559_08154311.jpg

by gipsypapa | 2017-03-24 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

倉吉 その他の建物

倉吉編の最終回です。残りの気になった建物をいくつかアップします。

琴櫻記念館
c0112559_08185817.jpg
地元が生んだ第53代横綱琴櫻、後の佐渡ヶ嶽親方を記念する施設です。旧家を記念館としています。木造2階建て。

琴櫻記念館
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2518
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08082987.jpg
ここが生家というわけではありません。古民家を活用して記念館にしています。
c0112559_08095132.jpg
裏側は白壁土蔵群を東に行った玉川沿いです。ここからも入ることができます。
c0112559_08112801.jpg
Youtube にありました。
土蔵館 & TIROIR(ティロワール)
c0112559_08133374.jpg
白壁土蔵群から東へ。玉川沿い町家を改装したヘアサロン「TIROIR(ティロワール)」。私が訪ねたときは土蔵館という札が下がっていました。木造2階建て。

土蔵館・TIROIR Haircare&Design(ティロワール ヘアケア&デザイン)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2521
c0112559_08140812.jpg
玉川の石橋を渡った玄関口は今も和風です。この奥がヘアサロンのようです。
c0112559_08144364.jpg
c0112559_08145774.jpg
庭の窓
c0112559_08155380.jpg
白壁土蔵群の一本南側の筋に入ってすぐ、矢吹本店の東隣に庭のあるレトロなコーヒーショップ「 庭の窓」があります。町家を改造した木造2階建て。

庭の窓
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2593
c0112559_08162635.jpg
この奥がコーヒーショップのようです。
c0112559_08163813.jpg
ネットに内部の写真がありました。↓
c0112559_08171375.jpg
鳥取県はこれで終わりです。次は隣の島根、島根半島へ移動しました。

by gipsypapa | 2017-03-14 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

倉吉 赤瓦の建物

すでにいくつかの赤瓦館をアップしていますが、その他のものと、赤瓦館に命名されていない赤い屋根の建物を紹介します。

倉吉ふるさと物産館(赤瓦八号館)
c0112559_10075144.jpg
地元名産のお菓子やお土産品を販売し、喫茶コーナーや蕎麦処も併設されています。木造2階建て。

倉吉ふるさと物産館(赤瓦八号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市仲ノ町812-1
撮影 : 2015.4.29
c0112559_10085384.jpg
軽食・喫茶 天女のいずみ(赤瓦十号館)
c0112559_10094220.jpg
軽食と喫茶店で倉吉白壁土蔵群観光案内所を兼ねてています。ここも古いと思いますが、前面に化粧板を貼り付けています。2階のロゴ「竹馬サイダー・ラムネ」は、以前はここがラムネの工場だったからだそうです。木造2階建て。

軽食・喫茶 天女のいずみ(赤瓦十号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2568
c0112559_10104886.jpg
c0112559_10110537.jpg
久和(赤瓦十二号館)
c0112559_10115794.jpg
白壁土蔵群の一つ。打吹玉川にかかる小さな石橋を渡って店舗内に入る赤瓦十二号館はみやげ物の店、久和(くわ)です。土蔵造り木造平屋建て。

久和(赤瓦十二号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2582
c0112559_10123720.jpg
c0112559_10125445.jpg
お茶処 淡雪・凧工房(赤瓦十六号館)
c0112559_10135585.jpg
赤瓦十号館の西隣に「お茶処 淡雪」や、「凧工房 たここうぼう」などが入った建物があります。木造2階建て。

お茶処 淡雪・凧工房(赤瓦十六号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2586
c0112559_10143589.jpg
以下は赤瓦館に命名されていない赤瓦の建物です。

オークランド
c0112559_10155413.jpg
明治中期に建てられた商家を使ってヨーロッパ直輸入のアンティーク家具やインテリア小物など展示販売しています。通りに面してかなり横長に伸びている大型の商家。2階部屋は普通の部屋と比較して天井の高さが低いため、物置や使用人の部屋などに使われたようで、当時の商家の特徴をよくあらわしています。木造2階建て。

オークランド
1889(明治22)年
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2522
c0112559_10162922.jpg
夢倉
c0112559_10170868.jpg
こちらも赤瓦の旧商家を改修して、自家製豆腐料理や豆乳を材料とした軽食が楽しめ、地域の交流の場となっている「夢倉(むそう)」。店内には倉吉の郷土玩具の「はこた人形工房」が、元の赤瓦二号館から移設されています。木造2階建て。

夢倉
明治期か
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2528
c0112559_10174116.jpg
鳥っと屋(赤瓦十四号館)の二階から正面に見えます。
c0112559_10181456.jpg
ネット情報では、鳥取中部地震で店内の壁などが崩れ、営業ができなくなっていた「レストラン&カフェ白壁倶楽部」がこの建物の一部を間借りして営業を再開したそうです。

防災センター くら用心
c0112559_10184707.jpg
防災センター「くら用心」は、伝統的建造物群保存地区の火災跡地に倉吉の明治時代の町家を復原した防災施設です。市の防災拠点であるとともに、市民や訪れる人々が交流し触れ合う場となっています。木造2階建て。

防災センター くら用心
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2578
撮影 : 2015.4.29
c0112559_10193023.jpg

by gipsypapa | 2017-03-11 10:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

倉吉の飛龍閣

c0112559_07290729.jpg
市街地の南、打吹山(うつぶきやま)北麓に広がる打吹公園内の一角にある歴史的建造物、飛龍閣(ひりゅうかく)です。1904年(明治37年)に倉吉町(現・倉吉市)により建築され、時の皇太子(大正天皇)の山陰行啓の際の宿泊施設として使用されました。北面に入母屋造り妻入の玄関を張り出し、左手奥に御座所(ござしょ)のほか、寝殿、浴室、化粧室などがある、格式を感じさせる和風建築です。現在は一部改修し、市有の集会所として使用されています。国の登録有形文化財の入母屋造桟瓦葺き、木造平屋建て。

飛龍閣
1904(明治37)年 / 1964(昭和39)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 山田市平(大工)
鳥取県倉吉市仲ノ町3445-1
撮影 : 2015.4.29
c0112559_07300241.jpg
c0112559_07301940.jpg
c0112559_07303302.jpg
c0112559_07304912.jpg
c0112559_07310157.jpg
c0112559_07311845.jpg
c0112559_07313449.jpg
c0112559_07315128.jpg
c0112559_07320781.jpg
c0112559_07322206.jpg
c0112559_07324243.jpg
打吹公園は飛龍閣と同時期に開園した日本さくら名所100選、日本の都市公園100選、森林浴の森100選などに選ばれている山陰を代表する都市公園の一つです。
c0112559_07332290.jpg
c0112559_07334388.jpg
c0112559_07340406.jpg

by gipsypapa | 2017-03-06 07:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)

倉吉のK邸

c0112559_07550038.jpg
土蔵蕎麦の南西斜め前に、目を引く和風建築があります。中央に城郭を思わせる破風があり、左右に翼を広げた見事な建物です。交通量が多い通りで、ひときわ存在感がある、木造2階建て。

K邸
旧銭湯
昭和初期
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市新町1-2422
撮影 : 2015.4.29
c0112559_07553532.jpg
最初に見たときは構えの感じから元旅館かなと思いました。玄関口に椅子に座った高齢の女性がいらっしゃってので、聞いてみると、元は銭湯だったとのことでした。
c0112559_07560535.jpg
さらにそのとき築年も伺いましたが、はっきり覚えていません。(汗)たしか昭和3年だったと思います。
c0112559_07564905.jpg
c0112559_07570598.jpg
Google のストリートビューです。私が話した方がここにも写っています。(^-^)

by gipsypapa | 2017-03-05 07:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

桑田醤油(赤瓦六号館)

c0112559_08084612.jpg
倉吉の赤瓦館を代表する建築物の一つ桑田醤油。明治9年創業の醤油醸造場です。明治初期の主屋を残しつつ、大正4年に敷地全体を改修しました。先に紹介した「高田酒造」と同じように、敷地全体を使った近代の醸造業の典型です。

店舗兼住宅は近代的な意匠をもつ大規模商家の店構えで、いわゆる町家。付属する醸造施設を含め、近代の醤油醸造の形態を良く留め、貴重ということで鳥取県の保護文化財に指定された木造2階建て。

桑田家住宅及び醤油醸造施設(赤瓦六号館)
1876(明治9)年 / 1915(大正4)年改修
鳥取県指定保護文化財
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2591
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08104272.jpg
c0112559_08105682.jpg
c0112559_08111298.jpg
c0112559_08112912.jpg
c0112559_08115098.jpg
c0112559_08120762.jpg
c0112559_08122611.jpg
裏側は土蔵があり工場になっています。
c0112559_08125514.jpg
白壁土蔵群を代表するランドマーク的な建築物です。
c0112559_08132120.jpg
桑田醤油のHPから。以下の写真は「とっとり文化財ナビ」から借用しました。
c0112559_08135854.jpg
作業場かな。
c0112559_08145192.jpg
住居部分は上質な和室です。
c0112559_08154718.jpg
明治40年東宮(後の大正天皇)山陰道行啓の際に随行した東郷平八郎の寝所となった地元の旧居でした。

by gipsypapa | 2017-03-02 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)