タグ:住宅 ( 564 ) タグの人気記事

台中の彩虹眷村

c0112559_07073750.jpg
この前の日月潭湖シリーズと順番が逆になりました。ツアー2日目の朝一番に行ったのは台中市の彩虹眷村です。この場所は、元は第2次世界大戦後、蒋介石の国民党軍が台湾に来た際に、同行した60万人の中国軍人たちなどが移住。そのときに開発された、台湾独特の「眷村」(軍人村)という住宅エリアです。

この手の地域は国民党が、以前からあった建物を利用し、集団住宅にした場合もありますが、多くは新しく都市の郊外に建てられたもので、小さな平屋の建物が集合した場所だそうです。ここ彩虹眷村は、時を経て老朽化し、再開発地区として取り壊しが計画された場所でした。

そんな場所が、ある日から、家の壁という壁、道路などいたる所にカラフルな絵が描かれた「虹の村」となり、徐々に有名になってきました。描いたのは「黄じいさん(黄伯伯)」こと黄永阜さん。すでに90歳を超えているそうですが、私が訪ねたときはまだまだお元気で、とてもそんな年齢には見えませんでした。

彩虹眷村
台中市春安路56巷
撮影 : 2017.4.17
c0112559_07080894.jpg
c0112559_07082524.jpg
今は観光地として、周辺も整備され、公園や・・・・
c0112559_07085622.jpg
遊園地もあります。
c0112559_07092721.jpg
c0112559_07094398.jpg
家屋の壁から地面まで、人や動物をデフォルメした抽象画のような絵が一杯。
c0112559_07101653.jpg
c0112559_07103285.jpg
c0112559_07104975.jpg
c0112559_07111269.jpg
c0112559_07113325.jpg
家の中も絵で埋まっています。
c0112559_07120580.jpg
c0112559_07122239.jpg
一人で「彩虹眷村」の全ての絵を描いた黄永阜さんです。90歳以上には見えません。
c0112559_07134158.jpg
土産物も販売中。
c0112559_07141549.jpg
絵を描き始めのは、取り壊しの話が出てきた2008(平成20)年からだとか。まだ10年経っていないわけです。
c0112559_07145637.jpg
c0112559_07152828.jpg
今では台中の観光名所です。

by gipsypapa | 2018-01-08 07:15 | | Trackback | Comments(2)

オリエンタルブルーイング東山店

c0112559_08390091.jpg
「東山やつはし」の隣には自家製の地ビール醸造所を持つバー「オリエンタルブルーイング東山店」があります。古い町家のファサードを現代的な看板建築風に改造しているようです。木造2階建て。

オリエンタルブルーイング東山店
詳細不明
金沢市東山3-2-22
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08393488.jpg
このファサードになったのは最近みたいです。
c0112559_08402135.jpg
c0112559_08404234.jpg
手前のおばんざいの看板は「東山やつはし」のもの。
c0112559_08411534.jpg
これ以降の内部写真は食べログなどネットから借用しています。
c0112559_08414255.jpg
c0112559_08415677.jpg
c0112559_08421474.jpg

by gipsypapa | 2017-12-09 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)

町家ごはん 東山やつはし

c0112559_08222479.jpg
東茶屋街の花町へ入る手前のバス通りに古い町屋を改修した店があります。加賀野菜と地魚のおばんざいと地酒を楽しめるそうです。ネット情報では築100年の古民家とあるので、大正時代の建物と思われます。木造2階建て。

町家ごはん 東山やつはし
大正時代
設計・施工 : 不明
金沢市東山3-2-22
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08225523.jpg
灯具と2階の大きなガラス窓がいい感じ。
c0112559_08230901.jpg
屋根に何か乗っています。魔よけでしょうね。
c0112559_08252605.jpg
c0112559_08254542.jpg
c0112559_08260534.jpg
これ以降の内部と料理の写真は食べログから。
c0112559_08263592.jpg
c0112559_08271404.jpg
c0112559_08274135.jpg

by gipsypapa | 2017-12-08 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)

梅梅(めいめい)金沢

c0112559_09044362.jpg
尾張町の町家建築をもう一つ。3軒長屋の大きな望楼を載せたインパクトのある外観です。左半分は、その古い町家を改修して最近開店した中華料理店「梅梅(めいめい)」です。古いのは間違いなさそうですが、明治の建物以外の詳細はわかりませんでした。木造2階、一部3階建て。

梅梅 金沢
明治時代
設計・施工 : 不明
金沢市尾張町1-9-16
撮影 : 2017.3.8
c0112559_09052217.jpg
c0112559_09053716.jpg
望楼というか、小さな3階がある部分は梅梅ではないようです。
c0112559_09061014.jpg
これ以下はHP他のネットにあった写真です。
c0112559_09064883.jpg
c0112559_09070600.jpg
c0112559_09072005.jpg
c0112559_09074146.jpg
内部もいい雰囲気です。
c0112559_09084000.jpg
リーズナブルな値段ではないでしょうか。
c0112559_09092333.jpg
北京ダックが名物だそうです。
c0112559_09100204.jpg
美味しそう。
c0112559_09103787.jpg
北京ダックのセットで2800円は安い。
c0112559_09111950.jpg
c0112559_09114125.jpg
c0112559_09115677.jpg

by gipsypapa | 2017-12-05 09:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の松田文華堂

c0112559_08134779.jpg
江戸時代から筆を初めとした文房具を扱った老舗の松田文華堂。松田家は本家と分家ともに加賀友禅の起源といわれている黒梅染を業としていましたが、分家が筆を商うようになり「黒梅屋(くるみや)」という屋号になったそうです。

ネット情報では「現在は、筆屋を受け継ぐ人もいなくなり、縁続きの金子作造さんが町家や武家屋敷のミニチュアを造る工房として週に何日か使われています。」とあります。建物は典型的な尾張町の町家で、2階の両側には袖壁がある、木造2階建て。

松田文華堂
旧黒梅屋
詳細不明
金沢市尾張町1-9-14
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08142048.jpg
横長の看板がありますが、文字が消えています。
c0112559_08150506.jpg
c0112559_08152165.jpg
「ミニ美術館」とか「アジア民族楽器」のプレート。
c0112559_08164986.jpg

by gipsypapa | 2017-12-01 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の黒田香舗(黒田永一商店)

c0112559_08131982.jpg
尾張町の町屋建築の続きです。創業1626(寛永3)年で、加賀藩前田家に仕えたという老舗の黒田永一商店。現在も現役で、和漢薬、お香や蝋燭(ろうそく)を販売しています。店舗と住宅を兼ねたこの建物も古いものとは思いますが、情報は見つかりませんでした。木造2階建て。

黒田香舗
旧黒田永一商店
詳細不明
金沢市尾張町1-9-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08134839.jpg
c0112559_08140697.jpg
c0112559_08142047.jpg
c0112559_08143443.jpg
心臓病に亀田六神丸の看板。京都の亀田利三郎薬舗の製品です。
c0112559_08150168.jpg
c0112559_08151335.jpg

by gipsypapa | 2017-11-29 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の園部慶子ピアノ教室

c0112559_07534356.jpg
尾張町でいくつか見かけた2階の天井が高い町屋建築。古い建物のと思いますが、詳細は分かりませんでした。園部慶子ピアノ教室の看板があり、その目的で使われているようですが、古い金澤コクヨの木の看板もあります。調べると金澤コクヨという会社は少なくともこの場所にはありません。木造2階建て。

園部慶子ピアノ教室
旧金澤コクヨ
詳細不明
金沢市尾張町2-8-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_07561065.jpg
c0112559_07563252.jpg
c0112559_07564773.jpg
c0112559_07570249.jpg

by gipsypapa | 2017-11-28 07:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の居酒屋「むさし」

c0112559_08130389.jpg
尾張町に多い古民家を改装した居酒屋むさし。2軒長屋の左側を使っています。1階,2階ともに細かな格子窓があるのが特徴です。2階の軒が高いので、そんなに古いものではないようですが、詳細は分かりませんでした。木造2階建て。

居酒屋「むさし」
詳細不明
金沢市尾張町1-9-4
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08141675.jpg
c0112559_08143078.jpg
c0112559_08144950.jpg
c0112559_08150244.jpg
c0112559_08151834.jpg
これ以降は食べログから借用しました。
c0112559_08161400.jpg
c0112559_08163189.jpg
c0112559_08164547.jpg
海の幸が美味しそう。

by gipsypapa | 2017-11-27 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

三国町の坂井家住宅

c0112559_09393938.jpg
三国町の「かぐら建て」の町家。1階には通り土間,2階廊下に沿って座敷を一列に並べる奥の深い三国湊特有の建物です。前面には繊細な出格子,2階両端に袖壁がある外観は,歴史的な町並みの中に溶け込んでいます。国の登録有形文化財の木造2階建て。

坂井家住宅
明治初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福井県坂井市三国町北本町3-9-32
撮影 : 2017.3.7
c0112559_09403098.jpg
c0112559_09404282.jpg
もう二つ登録有形文化財があります。いずれも文化省の「文化遺産オンライン」から。まずは土蔵。
c0112559_09412173.jpg
荷蔵。表通りの反対側の川べりにあります。港で荷卸して、ここに保管したんでしょう。
c0112559_09445249.jpg
こちらは坂井家の近くにある「かぐら建て」の町家。よく似ています。

by gipsypapa | 2017-11-15 09:45 | 建築 | Trackback | Comments(0)

三國湊町家館(三国湊まちなか案内所・休憩所)

c0112559_09185076.jpg
旧岸名家住宅に隣接して、これも典型的な町家があります。旧商家を改築した建物内には、三国湊町の昔の写真や引き札が掲示され、三国祭山車巡行の様子をビデオの上映など、三国町の観光拠点になっています。旧岸名家住宅に匹敵するたたずまいですが、文化財登録はされていません。木造2階建て。

三國湊町家館(三国湊まちなか案内所・休憩所)
詳細不明
福井県坂井市三国町北本町4-6-55
撮影 : 2017.3.7
c0112559_09192419.jpg
ありがたいことに入館無料です。
c0112559_09201822.jpg
c0112559_09203195.jpg
旧岸名家と似た造りで、棟もつながっているので、明治初期以前に建てられたと思いますが、情報が見つかりませんでした。
c0112559_09205666.jpg
c0112559_09211185.jpg

by gipsypapa | 2017-11-11 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)