タグ:京都 ( 273 ) タグの人気記事

カトリック宮津教会 洗者聖ヨハネ天主堂

c0112559_9121956.jpg
 宮津はあまり知られていませんがレトロ建築が数多く残っています。その中でも有名な教会がカトリック宮津教会です。

宮津を拠点に布教したパリ外国宣教会のルイ・ルラーブ神父が、フランスから聖像、ステンドグラス、祭壇、聖具、エッチング「十字架への道行き」などを取り寄せ、宮津の大工が建てたものです。カトリック天主堂としては長崎にある大浦天主堂に次ぐ古さと言われています。

 和洋折衷のフランス風木造ロマネスク式教会明治時代中期に建てられた教会建築の遺構として貴重な存在です。正面はモルらる仕上げになっていますが、それ以外は木造下見板貼りの外観です。

 内部は3廊式で、コウモリ天井という典型的なカトリック教会の様式で、正面や側面のステンドグラスが美しい教会です。木造平屋建て。

カトリック宮津教会 洗者聖ヨハネ天主堂
1896(明治29)年
設計 : ルイ・ルラーブ神父
施行 : 太田正司(大工)か
宮津市宮本500
撮影 : 2014.10.27
c0112559_9141578.jpg
c0112559_9143126.jpg
c0112559_9145154.jpg
c0112559_915248.jpg
 こちらが正面です。正面のみモルタル仕上げになっています。その他の面は、白い下見板張りです。
c0112559_9152775.jpg
c0112559_9153698.jpg
 鮮やかなステンドグラス。
c0112559_9161376.jpg
c0112559_9162557.jpg
 こうもり天井です。
c0112559_9164078.jpg
c0112559_9165014.jpg
c0112559_91717.jpg
c0112559_917121.jpg
c0112559_9172231.jpg
c0112559_9173287.jpg
c0112559_9174431.jpg
c0112559_9175560.jpg
c0112559_918825.jpg
c0112559_9181993.jpg
c0112559_9183144.jpg
c0112559_9184991.jpg
c0112559_919014.jpg
 すぐそばには細川ガラシャ(明智光秀の三女で細川忠興の正室)の像があります。
c0112559_9194073.jpg
 細川忠興は、ここ丹後国宮津城主でした。
by gipsypapa | 2015-04-27 09:23 | 建築 | Trackback | Comments(4)

宮津駅前の富田屋

c0112559_11525448.jpg
 再び北タンゴ鉄道に乗って宮津駅に到着。まず目に入ったのがこの和風建築。駅前にある大衆食堂「富田屋(とんだや)」です。着いた日は天橋立で昼食を済ませていたので通過しただけですが、次の日はここでお昼にしました。

 外から見た雰囲気を裏切らない昭和レトロな店内。20cmくらいの厚さのケヤキ1枚板のテーブルに杉の木を半割にした長椅子があります。日本海に近いので魚介類を中心としたメニューが売りのようで、お昼時の店は満員でした。木造2階建て。

富田屋
詳細不明
宮津市鶴賀2066-56
撮影 : 2014.10.27&28
c0112559_11543432.jpg
c0112559_11544781.jpg
 初日は暖簾が上がっています。見ると本日休業の札が下がっていました。この時は翌日この店に入るとは思っていませんでした。
c0112559_11553519.jpg
c0112559_11554714.jpg
c0112559_11555942.jpg
 翌日はお昼を予定している店が逆に定休日でした。他に食堂のようなものがなく、結局駅前までくると、今度は暖簾が下がっていました。開いています。
c0112559_11584218.jpg
c0112559_11585347.jpg
c0112559_1159994.jpg
 期待以上。昭和レトロの雰囲気がうれしい食堂でした。
c0112559_1201170.jpg
c0112559_1202169.jpg
 刺身定食は安くておいしい。おすすめです。
c0112559_1213454.jpg
 あわび焼き。時価かな。夜だったら間違いなくオーダーしそうです。
c0112559_1214969.jpg
c0112559_122173.jpg
c0112559_1221319.jpg
c0112559_1223392.jpg
c0112559_1224725.jpg
 2階は宿になっているようです。かなり奥が深いみたいです。ここに泊まって富田屋食堂で一杯飲みながら夕食というのもよさそう。
by gipsypapa | 2015-04-25 12:05 | 建築 | Trackback | Comments(4)

天橋立 智恵の湯

c0112559_881421.jpg
 駅のそばにある日帰り温泉「智恵の湯」です。石積みの塀に囲まれている和風の建物。玄関のむくり屋根が目を引きました。木造2階建て。

智恵の湯
詳細不明
宮津市文殊640-73
撮影 : 2014.10.27
c0112559_892285.jpg
c0112559_893492.jpg
c0112559_894714.jpg

by gipsypapa | 2015-04-24 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)

天橋山 智恩寺

c0112559_9212753.jpg
 智恩寺(ちおんじ)は、駅から天橋立へ向かう途中にある臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は天橋山(てんきょうざん)または五台山です。開創は醍醐天皇の延喜年間(901~922)といわれています。通称「知恵の文殊」と呼ばれ、また地名から「切戸の文殊」・「九世戸の文殊」とも呼ばれていて、古くから信仰の厚いところだそうです。

 境内には歴史的な建物があります。現存する多宝塔は室町時代のものですが、本堂、山門や方丈等はいずれも近世以降のものです。

文殊堂
c0112559_9223773.jpg
 解説書によると「本堂に相当する文殊堂は明暦年中および宝暦年中の江戸期に修理を経たと伝える。内陣中央の「神建の柱」と称する四本柱や天井は室町初期を下らぬ古いものといわれるが、全体的には江戸初・中期頃の建築という。」とあります。

 屋根はわずかに起(むく)りがある優美な宝形造り。正面に三間の向拝を葺き降ろしています。木造平屋建て。

天橋山智恩寺 文殊堂
江戸初期から中期
設計・施工 : 不明
宮津市文珠466
撮影:2014.10.27
c0112559_924084.jpg

c0112559_9241190.jpg
c0112559_9242271.jpg
c0112559_9243220.jpg
c0112559_9244344.jpg
c0112559_925022.jpg
 無相堂です。詳細は分かりませんでした。

多宝塔
c0112559_9262776.jpg
 丹後国守護代だった延永春信によって建立された、こけら葺きの塔屋で高さは 18.1mあります。塔は、石造り基壇に立ち、高欄のない縁をめぐらしています。国の重要文化財。

天橋山智恩寺 多宝塔
1501(明応10)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_927911.jpg
c0112559_9272024.jpg
c0112559_92912.jpg
c0112559_9292481.jpg
c0112559_9304919.jpg


山門(黄金閣)
c0112559_9311241.jpg
 駅方面から境内に向かうと文殊堂側に出ます。境内を通り抜けると山門に出たので、参拝としては逆行したわけですが、帰りは山門から入ってので、お許しいただきたく、お願いします。

 江戸中期に建立された唐様楼門は黄金閣とよばれています。宮津市指定文化財。

天橋山智恩寺 山門(黄金閣)
1767(明和4)年
宮津市指定文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_932273.jpg
c0112559_9324720.jpg
c0112559_933084.jpg
c0112559_9331145.jpg

by gipsypapa | 2015-04-23 09:34 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

城崎から天橋立へ

翌朝は城崎温泉を発って、次の宿泊地の宮津市に向かいました。朝から小雨模様でしたので、雨が降っていたら直行、止んだら途中下車して天橋立を歩く予定でした。
撮影:2014.10.27
c0112559_9241964.jpg
 城崎温泉駅はJR山陰本線の駅。ここから南下して豊岡駅へ。
c0112559_9245444.jpg
c0112559_925688.jpg
c0112559_9252724.jpg
 豊岡で北近畿タンゴ鉄道(KTR)に乗り換えて、宮津方面へ向かいます。
c0112559_9262336.jpg
c0112559_9263359.jpg
c0112559_926449.jpg
 観光列車「あかまつ」「くろまつ」「あおまつ」が走っているそうです。
c0112559_9271526.jpg
c0112559_9273619.jpg
c0112559_9274688.jpg
 乗ったのは西舞鶴行の普通列車です。ローカル色がいっぱいですが、車内はがらがらでした。
c0112559_929917.jpg
 車中では雨が降っていましたが、天橋立駅に着くころには雨も止んでいたので下車しました。天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州で日本三景の一つです。
c0112559_9295143.jpg
 まず駅前の食堂で腹ごしらえです。
c0112559_9303542.jpg
 まず廻旋橋へ。 天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転する可動橋です。1923年に人力で動く橋が完成し、1957年から現在の電動式になったそうです。
c0112559_9315360.jpg
 着いた時にはほとんど閉まりかけでしたので、開いているウィキペディアの写真を借用します。
c0112559_9331980.jpg
c0112559_9332953.jpg
c0112559_9333964.jpg
 観光船の船着場です。
c0112559_9341996.jpg
 知恵の輪灯篭。元々近くを往来する船の安全を祈って建立されたそうです。
c0112559_9345729.jpg
 もう一つ大橋立を渡ります。
c0112559_9353918.jpg
c0112559_9355237.jpg
c0112559_9361250.jpg
c0112559_9362561.jpg
 すぐ左にあるのは「はしだて茶屋」。
c0112559_937968.jpg
 あとは松林の一本道。天橋立を歩いて渡って片道1時間弱かかりました。
c0112559_938445.jpg
c0112559_9381876.jpg
 途中にいろいろな見どころがありました。なぜか軍艦春日の大砲もあります。
c0112559_940845.jpg

c0112559_9385513.jpg
 天橋立神社(橋立明神)。
c0112559_9403964.jpg
c0112559_940538.jpg
 環境省選定の名水百選に選ばれている磯清水。
c0112559_9425382.jpg
 砂嘴にある井戸で両側が海であるにもかかわらず、口に含んでも塩味を感じない不思議な名水として古くから珍重されているそうです。ただし湧き水なので飲まないように注意する立て札が立っていました。
c0112559_9433925.jpg
 これが砂浜です。白砂青松といわれた天橋立ですが、白砂ではないです。天気が悪いだけではありません。
c0112559_9445426.jpg
 テレビで見たことがあります。近年は砂州の侵食が顕著になり、縮小・消滅の危機にあるとかで、砂浜の維持のために砂を補給しました。その砂に雑草などの種子が混ざっていて、草が生えてきたのです。
c0112559_9454048.jpg
c0112559_9455213.jpg
c0112559_94637.jpg
 南から渡って北側に到着。また歩いて南の駅を目指し戻りました。
c0112559_947143.jpg
 天気も悪いし砂浜もイマイチでした。ウィキペディアの写真を借用します。これくらいきれいだったらいいのに。
by gipsypapa | 2015-04-22 09:50 | | Trackback | Comments(2)

京都の京神倉庫

c0112559_8411822.jpg
 梅小路蒸気機関車館からJR京都駅に向かう途中に倉庫が立ち並んでいました。大正初期の起業で、間もなく創業100周年を迎える京神倉庫㈱の本社に併設する倉庫群です。色遣いが面白く目を引きました。古く見えますが、建物自身の情報はありませんでした。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

京神倉庫
詳細不明
京都市下京区和気町21-1
撮影 : 2014.9.30
c0112559_8421421.jpg
 西側に2棟の倉庫。
c0112559_8422613.jpg
 1ブロック西側に「京神倉庫」の文字がある4棟が並んでいます。
c0112559_8423755.jpg
c0112559_8425295.jpg
c0112559_843385.jpg
 こちらの建物が本社ビル。

 すぐ西側に市立梅小路小学校がありその一角を借りるような形で消防署があります。これも詳細不明です。↓
c0112559_8441066.jpg
京都市消防局下京消防署 大内分団
京都市下京区観喜寺町3
by gipsypapa | 2015-04-09 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)

梅小路蒸気機関車館 扇形車庫

c0112559_947447.jpg
 玄関棟の旧二条駅舎を奥に進むと扇形車庫に出ます。上から見ると、その姿が扇を開いた形に見えるので扇形車庫といわれ、蒸気機関車の車庫となっています。内部は機関車駐留場や整備などを行う器械場や職場等に分かれて、20線の引き込み線があります。現在でも車庫内では蒸気機関車の保守や修繕などを行われています。

 また屋外には転車台(ターンテーブル)と放射状に伸びる引き込み線があります。蒸気機関車は車庫から引き込み線で転車台まで移動し、蒸気機関車の向きを変え、本線へと移動します。

 扇形庫には蒸気機関車18形式20両が収容・展示され、現在も車両基地としての機能を有していて、営業線とも接続されています。実際に観光のための「SLスチーム号」が運行されていて、多くの鉄道ファンに人気を呼んでいます。

 車庫は大正初期に建設された現存する最古の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫。設計と建築を指揮したのは東京帝国大学建築科を卒業し、12年に鉄道院に就職したばかりの若き渡辺節。渡辺はここ梅小路機関車庫や京都駅を担当し後に退官、大阪に設計事務所を開いて、綿業会館、ダイビル本館、商船三井ビルディングなどの有名建築物手掛けました。国の重要文化財と近代化遺産に選ばれた鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

梅小路蒸気機関車館 扇形車庫
1914(大正3)年
重要文化財、近代化遺産
設計 : 渡辺節(鉄道院西部鉄道管理局)
施工 : 大林組
京都市下京区観喜寺町56
撮影 : 2014.9.30
c0112559_948945.jpg
c0112559_9481938.jpg
c0112559_9483146.jpg
c0112559_9484279.jpg
c0112559_9485356.jpg
c0112559_949355.jpg
c0112559_9491284.jpg
c0112559_9492119.jpg
c0112559_9493183.jpg
c0112559_9493930.jpg
c0112559_949515.jpg
c0112559_950268.jpg
c0112559_9501362.jpg
c0112559_950243.jpg
c0112559_9503673.jpg
c0112559_9504690.jpg
c0112559_9505748.jpg
c0112559_951797.jpg
c0112559_9512424.jpg
c0112559_9514158.jpg
 車庫に立つ煙突は蒸気機関車からでる煙を排出するためのものです。
by gipsypapa | 2015-04-08 09:52 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

梅小路蒸気機関車館 資料展示館

c0112559_8372631.jpg
 島原からの帰りは歩いてJR京都駅に向かいました。途中に見たかった建物があるのです。

 この建物は1904(明治37)年に当時の私鉄、京都鉄道株式会社によって建設され、長くJR嵯峨野線(山陰線)の二条駅だったもので、1996(平成8)年に嵯峨野線が高架化された翌年現在地へ移築、復元されました。今は梅小路蒸気機関車館の玄関棟兼資料展示館になっています。

 明治期の和風駅舎建築として唯一の残存例であり、京都の近代化を象徴する建物です。全体的には屋根には懸魚(げぎょ)がつるされ、京都鉄道の社紋が入った鬼瓦があるなど、神社のような左右対称で和風を基調とした作りの駅舎ですが、内部には中央が丸みを帯びたギリシャ風の柱や洋風のガラス窓が使用され、明治らしい和洋折衷の建物です。設計は伊東忠太というのと清水組という両方ありますが決め手はないようです。京都市指定有形文化財の木造2階建て。

梅小路蒸気機関車館 資料展示館
旧JR二条駅舎
1904(明治37)年 / 1997(平成9)年移築
京都市指定有形文化財
設計 : 伊東忠太か清水組?
施工 : 清水組か
京都市下京区観喜寺町56
撮影 : 2014.9.30
c0112559_951341.jpg
 ウィキペディアにある、当時の大阪朝日新聞の記事。
c0112559_8383961.jpg
c0112559_8385221.jpg
c0112559_839323.jpg
c0112559_8391328.jpg
c0112559_8392437.jpg
 建築当時は京都鉄道の本社を兼ねていて、2階は事務所として使われたようです。
c0112559_8393422.jpg

c0112559_8401743.jpg
c0112559_8402828.jpg
c0112559_8403761.jpg
c0112559_8404632.jpg
c0112559_8424761.jpg
c0112559_8425838.jpg
c0112559_8431045.jpg
c0112559_8432293.jpg
c0112559_8433986.jpg
c0112559_8435227.jpg
c0112559_8445716.jpg
c0112559_845875.jpg
c0112559_8451936.jpg
 天皇陛下など皇室用の貴賓室にあった品物も展示されています。
c0112559_8452994.jpg
 
c0112559_8463120.jpg
c0112559_846463.jpg
c0112559_847154.jpg

by gipsypapa | 2015-04-07 09:06 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

京都の島原住吉神社

c0112559_1015823.jpg
 島原住吉神社(しまばらすみよしじんじゃ)は島原の鎮守社で、島原中堂寺町の住吉屋太兵衛宅に祀られていた住吉大明神が始まりだそうです。1732(享保17)年に大な境内を伴って社が建立されました。1999(平成11)年に社殿、拝殿が改修され、新たに社務所も建設されたそうです。

島原住吉神社
1732(享保17)年 / 1999(平成11)年改修
設計・施工 : 不明
京都市下京区西新屋敷下之町1−6
撮影 : 2014.9.30
c0112559_1023623.jpg
c0112559_1024666.jpg
c0112559_1025616.jpg
c0112559_103761.jpg
 摂社の幸天満宮(さいわいてんまんぐう)です。かつては揚屋町の会所にあったのですが、1734(享保19)年に住吉神社に遷座したとあります。
c0112559_1033955.jpg
c0112559_1035082.jpg

by gipsypapa | 2015-04-06 10:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)

京都島原のカフェ「きんせ旅館」

c0112559_8465963.jpg
 京都の島原にはいくつか古い町屋が残っています。『きんせ旅館』は推定築後250年といわれる建物です。元と角屋と同じような揚屋として建てられたものですが、後には旅館として営業していたそうです。現在 は『きんせ旅館』という名前をそのまま引き継いで、カフェ兼地域の文化交流サロンとして営業しています。

 旅館時代に改装されたと思われるレトロで華麗なステンドグラスやタイル、当時の家具などが残されています。木造2階建て。

カフェ「きんせ旅館」
江戸中期
設計・施工 : 不明
京都市下京区西新屋敷太夫町79
撮影 : 2014.9.30
c0112559_8482678.jpg
c0112559_8483644.jpg
 2階が総ガラスの引き戸になっています。これは旅館時代に改装したと思われます。
c0112559_849760.jpg
c0112559_8494131.jpg

c0112559_8495041.jpg
 屋根の軒先に鐘馗様?

 華麗な内部写真を食べログから借用します。↓
c0112559_8512159.jpg
c0112559_8513613.jpg
 旅館時代にダンスホールとして使った部屋です。
c0112559_8522213.jpg
c0112559_852347.jpg
c0112559_8524639.jpg
c0112559_85346.jpg
c0112559_8531539.jpg
c0112559_8532817.jpg
c0112559_855433.jpg
 食べログにはステンドグラスの写真がありますが、タイルはありません。フォートラベル「タイルの宝庫!きんせ旅館」に美しい写真がありますので、どうぞ。

 そのほかにもいくつか古い町屋建築があります。↓
c0112559_855321.jpg
c0112559_8563418.jpg
c0112559_8564783.jpg
c0112559_8565891.jpg
c0112559_8571121.jpg
c0112559_8572383.jpg

by gipsypapa | 2015-04-05 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(0)