アルモニービアン(旧日本勧業銀行松本支店)

c0112559_08200897.jpg
松本城に向かう大名町通りにある歴史的建造物。日本勧業銀行松本支店として建てられたもので、2003年に銀行統合のために閉鎖されて建物存続の危機がありましたが、市民など、2万人の署名活動や市民募金がおこなわれ、解体を免れたそうです。現在はアルモニービアン(HARMONIE BIEN)という、ホテル併設型のウェディング施設になっています。

建物は銀行らしい、重厚さのなかに華やかさを感じさせるデザインです。外壁は石張り風にし、先が尖った、独特な形状をしたアーチの開口部が正面に7連、側面と背面に各3連並んでいるのが特徴。長野県の近代建築の代表例の一つとされて、商業都市の松本を象徴する建物です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て、一部地下1階、塔屋付。

アルモニービアン
旧日本勧業銀行松本支店
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計 : 日本勧業銀行営繕課
施工 : 清水組
長野県松本市大手3-5-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08210741.jpg
c0112559_08212158.jpg
このアーチが美しい。教会にありそうな形です。
c0112559_08215250.jpg
c0112559_08224363.jpg
c0112559_08230088.jpg
c0112559_08231139.jpg
側面は「じゃらんカメラ」というブログから借用しています。以下、内部写真は食べログから。
c0112559_08235101.jpg
c0112559_08240414.jpg
c0112559_08242285.jpg
c0112559_08244532.jpg

# by gipsypapa | 2017-07-17 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)

松本市の四柱神社

c0112559_07541049.jpg
NTT大名町ビルの北側にある四柱神社(よはしらじんじゃ)。四柱とは天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)の四人の神のことだそうで、地元では、すべての願い事が叶う「願い事むすびの神」として親しまれています。

1879(明治12)年、現在地に社殿を造営しましたが、1888(明治21)年の松本大火で社殿が焼失し、1924(大正13)年に再建したものです。木造平屋建て。

四柱神社
1924(大正13)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市大手3-3-20
撮影 : 2016.7.11
c0112559_07545130.jpg
c0112559_07550830.jpg
c0112559_07552577.jpg
c0112559_07554231.jpg
御幸橋(みゆきばし)1879(明治12)年。松本城の総堀に架けられた眼鏡橋で、明治天皇の信濃地方巡幸のときに、最初に渡られたことから名づけられました。
c0112559_07561666.jpg
神社の傍にカエルがいくつか飾ってあります。松本市なわて通り商店街を舞台に、商店主・地元の学生・市民が協力して運営するかえるをテーマにしたお祭りがあるとか。毎年全国からたくさんのかえる作家さんの連なる「かえる市場」やかえるに関する様々な催し・学生が運営する楽しい遊びコーナーなどが開催されるそうです。
# by gipsypapa | 2017-07-16 07:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)