天城湯ヶ島温泉の「落合樓 村上」

c0112559_08553258.jpg
早朝に白壁荘周辺を散策しました。白壁荘から狩野川を少し上流に行く文化財の宿「落合楼 村上」があります。元は明治七年に創業した「眠雲樓(みんうんろう)」が眠雲樓落合楼の創始です。現在の名称は狩野川の起点、本谷川と猫越川(ねっこがわ)の合流点にあり、明治14年に逗留中の山岡鉄舟が宿の庭から川の落ち合う様子を眺めて「落合楼」と称したのが由来だそうです。

玄関を含む本館の一部と眠雲亭や応接棟などは、昭和8年から12年にかけて建てられたもの。 約3,000 坪の広大な敷地に客室は僅か15 室のみだそうです。各室の床・棚などに銘木奇木を用いるなど、良質の建築材をふんだんに使った贅沢な造りの高級旅館。本館以外にも玄関棟、応接棟、眠雲亭、紫檀宴会場、配膳室階段棟、住居棟及び廊下が国の登録有形文化財に指定されている木造2階建て。

眠雲閣落合樓 村上
1933(昭和8)年~1937昭和12)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
伊豆市湯ヶ島1887
撮影 : 2016.2. 2
c0112559_08560886.jpg
門から正面に見える玄関棟。
c0112559_08565263.jpg
c0112559_08575151.jpg
狩野川沿いに建つのは本館。
c0112559_08583835.jpg
周辺から見えるのほここまでです。以下はネットにあった写真を借用します。
c0112559_08594109.jpg
玄関棟。
c0112559_08595701.jpg
本館。
c0112559_09004149.jpg
眠雲亭。
c0112559_09010901.jpg
c0112559_09012597.jpg
c0112559_09014083.jpg
c0112559_09015406.jpg
c0112559_09020863.jpg
c0112559_09022394.jpg
c0112559_09023606.jpg
c0112559_09025261.jpg
c0112559_09030706.jpg
c0112559_09032525.jpg
c0112559_09034191.jpg





# by gipsypapa | 2017-04-23 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

天城湯ヶ島温泉の白壁荘

c0112559_09463646.jpg
旅行から戻ったので、再開します。今日から伊豆半島です。伊豆は何度か行ったことがありますが、今回は初めて湯ヶ島温泉に行くことにしました。修善寺駅からバスで30分ほどの所にある湯ヶ島温泉は、天城山麓を流れる狩野川上流の渓谷沿いにあります。

泊まった白壁荘は静かな雰囲気のかなにある民芸調の旅館です。建物は本館1号が昭和29年築、以下昭和31年築の本館2号、昭和40年築の別館、昭和63年築の新館と4棟から成っています。

白壁荘
1954(昭和29)年以降増設
設計・施工 : 不明
静岡県伊豆市湯ケ島1594
撮影 : 2016.2.1 & 2
c0112559_09471547.jpg
c0112559_09473416.jpg
c0112559_09475167.jpg
c0112559_09480689.jpg
c0112559_09482242.jpg
c0112559_09483817.jpg
c0112559_09485763.jpg
c0112559_09491212.jpg
狩野川沿いに建っています。
c0112559_09494433.jpg
本館を入ったらロビー。
c0112559_09501535.jpg

c0112559_09510616.jpg
c0112559_09512688.jpg
民芸調です。
c0112559_09515657.jpg
c0112559_09521347.jpg
c0112559_09523065.jpg
c0112559_09524704.jpg
泊まった部屋は本館から地下道を通って向い側にある本館2号でした。
c0112559_09532152.jpg
広めの和室と・・・
c0112559_09535263.jpg
板張りの控え間には掘り炬燵がありました。
c0112559_09542607.jpg
c0112559_09544724.jpg
c0112559_09550898.jpg
c0112559_09564551.jpg
c0112559_09553064.jpg
巨石をくりぬいた露天風呂。
c0112559_09572978.jpg
こちらは巨木の風呂。
c0112559_09575890.jpg
もちろん普通の大浴場「瑠璃の湯」もあります。
c0112559_09582819.jpg
有名な石川さゆりの「天城越え」。
c0112559_10000623.jpg
作詞家の吉岡治はここ白壁荘に逗留して歌詞を書いたそうです。
c0112559_10005104.jpg
廊下や地下道でつながった各棟を散策しました。
c0112559_10021057.jpg
c0112559_10022782.jpg
c0112559_10024448.jpg
c0112559_10030293.jpg
c0112559_10032184.jpg
c0112559_10034124.jpg
c0112559_10042159.jpg
c0112559_10044010.jpg
c0112559_10051607.jpg
客室の眼下を流れる狩野川。


# by gipsypapa | 2017-04-22 10:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)