西宮市の旧辰馬喜十郎邸

c0112559_1123653.jpg
 灘五郷の一つ、白鹿酒造で有名な「辰馬本家酒造」南辰馬家の初代当主辰馬喜十郎の自邸でした。
神戸の英国領事館を建築物を真似て造られたようで、柱廊を巡らせ2階に広いベランダがある、簡素ながらも明治時代らしい雰囲気を持った木造二階建ての洋館。

旧辰馬喜十郎邸 1889(明治22)年
兵庫県指定文化財
設計・施工 : 不明
兵庫県西宮市浜町8-5
撮影 2007.2.12
c0112559_1185864.jpg
c0112559_1192319.jpg

c0112559_11101120.jpg
c0112559_11114833.jpg
c0112559_11105041.jpg
c0112559_11121199.jpg
c0112559_11131428.jpg
c0112559_11134242.jpg
c0112559_1114487.jpg
c0112559_11142627.jpg


 周辺には他にも興味深い建物がありました。↓
c0112559_11152659.jpg
 敷地内に高い煙突のある小屋が。
c0112559_11163434.jpg
c0112559_1117061.jpg
 さらに南側には細長い煉瓦の倉庫があります。
c0112559_11175728.jpg
 辰馬邸の道を挟んだ西側に建つ辰馬本家酒造倉庫。
# by gipsypapa | 2007-02-18 11:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)

米原市の旧醒井公会堂

c0112559_10133828.jpg
 ヴォーリズの醒井宿資料館を訪ねたときに、
http://gipsymania.exblog.jp/5533357/
資料館の人から近くにも登録有形文化財の建物がもう一軒あるとお聞きしました。その方向に歩きましたが、醒井公民館という新しい建物しか見当たりません。近くの商店に入って聞いたら、その公民館を教えてくれます。いえ、それじゃないと言うと「ああ、あれ。ボロ家ですよ。」ということでやっと発見。確かに・・・

旧醒井公会堂 1936(昭和11)年
設計・施工 : 不明
登録有形文化財
滋賀県米原市醒井
撮影 2007.1.27
c0112559_10382348.jpg
 有形文化財のプレートがあります。
c0112559_1022507.jpg
 
c0112559_10232153.jpg
 北西面。正面以外はこれという特徴はありません。
c0112559_102419100.jpg
 正面の縦長窓。窓からお祭りに使う旗のようなものが見えました。倉庫代わりに使われているようです。
c0112559_10255528.jpg
 裏に廻ってみましたが、もっと特徴なし。

ということで、いい写真がありませんので、醒井宿の写真を。
c0112559_10273349.jpg
c0112559_1028365.jpg
 湧き水が豊富だそうで地蔵川という小さな清流がありました。川底に見えるのが梅花藻(バイカモ)。夏に白く小さな花が咲くので有名とか。今は冬ですから花は見れませんでしたが、近所のかたがたが川底の手入れをされていました。
c0112559_10312147.jpg
 旧醒井宿問屋場。ここも醒井宿資料館の別館になっていて、資料館の入場料を払うとここも見ることが出来ます。ただ、無人でしたから、誰でも入れるとは思います。
c0112559_10341517.jpg
 本陣跡は割烹本陣樋口山という料亭に。
c0112559_10353732.jpg
 八代食品という食料品の店はレトロ。
c0112559_1036468.jpg
 醒井公会堂への道を聞いたお店。醤油屋喜代治商店といいます。
# by gipsypapa | 2007-02-16 10:41 | 建築 | Trackback | Comments(0)