京都国立博物館・本館と正門

c0112559_1839596.jpg
 京都の煉瓦建築としてあまりにも有名な京都国立博物館。

 本館の建築は、フレンチ・ルネサンス様式の壮麗な煉瓦造で、明治28年建造の重要文化財。
設計者は片山東熊。片山氏は、宮内庁匠寮の宮廷建築家として皇室関係の建築を担当していた人物です。ヨーロッパを歴訪して宮廷建築を学んだため、彼の作品はヨーロッパ的です。
 
先に紹介した東京国立博物館表慶館も彼の作品。
http://gipsypapa.exblog.jp/6280168

京都国立博物館・本館と正門 1985(明治28)年
設計 : 片山東熊
施工 : 直営
重要文化財
京都市東山区大和小路通七条上ル
撮影 : 2007.3.4

c0112559_18423133.jpg
c0112559_18445264.jpg
c0112559_1845148.jpg
c0112559_18454790.jpg
c0112559_18462015.jpg
c0112559_18464620.jpg
c0112559_184785.jpg
c0112559_18473973.jpg
 ここに行って、目を惹かれるのは、まず本館の建築ですが、正面の噴水を中心とした広大な洋風庭園も見所に一つです。ヨーロッパでよく見る庭園建築と呼んでいいでしょう。
 この博物館は、京都の社寺などに伝えられた美術品や文化財の展示を行っていますが、常設展示は新館で行い、特別展のみにこの建物が使われます。
c0112559_18524658.jpg
 シバ神と吉祥天が向かい合う彫刻。興味深い装飾です。
c0112559_18545651.jpg
 同時期に作られ、これも重要文化財の正門。
c0112559_18561453.jpg
c0112559_18563917.jpg
c0112559_1856591.jpg
c0112559_18573352.jpg
c0112559_18575524.jpg
c0112559_18581652.jpg
 とても日本とは、さらには京都とも思えないような建築です。へっへ~、と頭が下がるような・・・
 明治の人たちの考えること、やることはすごいですね。現代ではこういう壮大な計画はありえません。

 ただ個人的には、もっとこじんまりして、遊び心のある建物が好きなのです。
# by gipsypapa | 2007-07-21 19:05 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

京都の文椿ビルヂング

c0112559_22382898.jpg
 反物問屋で栄えた三条通に面した室町界隈。その繁栄を残す染織会社のレトロビルは大正9年に建てられた珍しい木造の洋館です。
  当初は西村貿易会社の社屋として使われ、その後繊維問屋や内装業社、呉服商社として使われていた物件を2004年に久和幸司建築設計事務所の手により商業施設として再生したのが「文椿ビルヂング」です。建物紹介のサイトでは旧・次田染織株式会社という名前でも出ている場合があります。木骨コンクリート造り2階建て。

文椿ビルヂング
旧 西村貿易会社 1920(大正9)年/2004(平成16)年改修
設計 : 不明
施工 : 清水組
京都市中京区三条通烏丸西入ル北側
撮影 : 2007.4.15
c0112559_2248041.jpg
c0112559_22482568.jpg
c0112559_2248584.jpg
 外壁はタイル張り、屋根にはドーマーウィンドウが並び、一見して鉄筋コンクリート造りの建物に見えますが、木骨コンクリート造りとのです。3年前の改修でもこの構造は保持されたままなのでしょうか。
c0112559_2251379.jpg
c0112559_2252436.jpg
 少し中を覗いてみました。レストランや洋服店が入ったテナントビルとして生き残っています。
c0112559_22535857.jpg

# by gipsypapa | 2007-07-20 22:56 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)