内子座

c0112559_21361612.jpg
 c0112559_21365283.jpg 



3年以上前、四国を旅行した時に、立ち寄りました。愛媛県の内子町は、江戸後期から明治時代にかけて、和紙と木蝋で栄えた町で、当時の面影を残す八日市・護国地区の町並みが、今も美しい佇まいを見せ、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

 中でもこの内子座は、大正5年に建築された本格的な歌舞伎劇場で、現在も芝居やコンサート、寄席などに利用されています。枡席や回り舞台、奈落などが昔のまま残る劇場。木造2階建て、地下奈落。

内子座
1916(大正5)年
設計 : 長曽雄熹
施工 : 西岡暹 
愛媛県内子町内子2102
撮影 : 2004.9.24




c0112559_21375311.jpg
 
c0112559_2138197.jpg
c0112559_21383438.jpg
 大正時代を喚起するような看板。
c0112559_21414488.jpg
 こちらは現代の出し物。歌舞伎もありますが、結構有名な芸能人がいますねぇ。
c0112559_21395716.jpg
c0112559_21401036.jpg
 内部の見学は有料ですが、安かったと思います。
c0112559_21445890.jpg
 都会では少なくなった典型的な芝居小屋。福岡県飯塚市の嘉穂劇場もそうですが、土地の人々の熱意によって支えられている貴重な財産です。
c0112559_21473137.jpg
 昔の街道が残る内子の町並み。
c0112559_21482163.jpg
 通りの古い店の看板です。「酢卵」という聞きなれない名前。飲み物のようですが、何でしょう?
# by gipsypapa | 2008-03-23 21:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)

愛媛県立美術館分館(旧萬翠荘)

c0112559_2254758.jpg
 3年以上前に四国を旅した時にホテルの近くにあった建物。旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨伯爵の別邸でした。彼は陸軍駐在武官としてフランス生活が長く、この別邸もフランス風様式にしたそうです。現在は愛媛県立美術館の別館として活用されています。
 鉄筋コンクリート造、屋根小屋組-鉄骨造の3階建て。

愛媛県立美術館分館
旧萬翠荘/久松定謨邸 1922(大正11)年
愛媛県指定有形文化財
設計 : 木子七郎
施工 : 不明
愛媛県松山市一番町3-3
撮影 : 2004.9.24
c0112559_22591948.jpg
c0112559_22593957.jpg
c0112559_22595048.jpg
 この頃はまだ系統立って建物を見ていたころではなく、内部も見学してのですが、写真はこの踊場壁面の大きな帆船のステンドグラスしか撮っていませんでした。
c0112559_2325482.jpg
c0112559_2321231.jpg
 外観はフランス風の白いタイル張り。 勾配のきつい屋根とドーマー窓が印象的で、機会があればもう一度見たい建物です。
# by gipsypapa | 2008-03-22 23:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)