京都の旧・立誠小学校

c0112559_15522634.jpg
 木屋町の高瀬川沿いに、今は廃校になった立誠小学校があります。京都は当時の市営繕課が各種の興味深い学校を設計していますが、ここもその一つ。それぞれ意匠を凝らして、同じ設計がないのは驚きです。
アーチ形の玄関や、その上方のアーチ窓と庇、また装飾を施したバルコニーが素晴らしい。鉄筋コンクリート造 4階建て。

旧・立誠小学校 1928(昭和3)年
設計 : 京都市営繕課
施工 : 直営
京都市中京区木屋町通蛸薬師
撮影 : 2006.5.21
c0112559_161102.jpg
c0112559_1615127.jpg
 昭和初期の建築様式を色濃く残すすぐれた建物。
c0112559_16394.jpg
 玄関の脇に角倉了以の胸像がありますが、由来は知りません。
c0112559_1642715.jpg
 ご覧のようにこれも古い橋を渡って、小学生が登下校していたわけです。平成5年に廃校となったとか。
 廃校の理由は知りません。ただ、この高瀬川沿いは美しい京都が残っていますが、一筋裏側へ踏み込むと、かなり環境の悪い地域です。飲み屋が多いのはまだしも、ピンクサロンが立ち並び、客引きがうようよ。廃校の理由の一つかもしれません。
c0112559_1693019.jpg
 立誠小学校にかかる橋の下はきれいな水が流れていて、川底には方形の石が敷き詰められています。
c0112559_161152.jpg
 川の真ん中には井戸のようなものが。何でしょうね。
c0112559_16115839.jpg
 高瀬川はいい感じです。
# by gipsypapa | 2007-07-17 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(9)

京都の紫織庵(旧川崎家住宅)

c0112559_844774.jpg
c0112559_8563766.jpg 






 元々は江戸時代後期に荻野元凱がこの地で開業していた医院。大正15年、豪商・四代目井上利助氏が元凱時代をそのままに、最新のライト様式のモダンな洋間を加えて新築し、昭和40年から平成9年まで川崎家が使用していました。

 和室部分を上坂浅次郎、洋館部分は武田五一が設計参与しました。京都の伝統的な「大塀造」建築の代表例といわれています。木造2階建て。

 現在は「京のじゅばん & 町家の美術館」として一般公開されています。(入場料500円)

京都の紫織庵
旧・川崎家住宅
1926(大正15)年
設計 : 武田五一(洋館)、上坂浅次郎(和館)
施工 : 上坂浅次郎
京都市有形文化財
京都市中京区新町通六角上ル
撮影 : 2007.4.15 & 7.6
















c0112559_8574180.jpg
c0112559_85831.jpg
c0112559_905840.jpg
c0112559_8594830.jpg
c0112559_912638.jpg
c0112559_901276.jpg
門をくぐったらまず洋館。この洋館は武田五一がフランク・ロイド・ライトを参考にしたといわれ、外壁には、旧帝国ホテルと同様の石灰岩とタイルが貼られています。
c0112559_945243.jpg
 玄関を入ったところの部屋。ここが受付です。
c0112559_96957.jpg
c0112559_963195.jpg
c0112559_965726.jpg
c0112559_971882.jpg
c0112559_974588.jpg
 1階の洋間。濠天井に寄木貼り床、電熱式暖炉を設け、内装の木部はすべてチーク材が使用されています。
c0112559_910222.jpg
c0112559_9112497.jpg
 1階の和室。祇園祭の宵山に山鉾町の人々が、町屋の店の間に屏風を立て巡らしたという「屏風祭」が再現されています。
c0112559_9161532.jpg
 広い縁側から見た和館。ガラス戸はすべて当時の「波打ちガラス」が1枚も割れずに残っているとか。
c0112559_921092.jpg
c0112559_92139100.jpg
c0112559_9221536.jpg
c0112559_9223920.jpg
c0112559_923446.jpg
c0112559_924682.jpg
c0112559_9243280.jpg
 2階の洋間サロン。1階の洋間の上にではなく(洋館は平屋建て)、和室部分の2階にあります。暖炉、ステンドグラスをはめ込んだ窓、シャンデリア、寄木細工の床、鎌倉彫りの壁など大正時代の贅を尽くした造り。この部屋も武田五一の設計です。
c0112559_9275689.jpg
 洋館部分の屋上は祇園祭の山鉾巡行を見るための「鉾見台」となっていて、和室の2階廊下から渡り廊下を通っていくようになっています。
c0112559_9313353.jpg
c0112559_9315981.jpg
c0112559_9325679.jpg
 もう一つの見所は蔵。切妻造本葺2階建て土蔵が敷地西側に2棟並んで建っています。
c0112559_9345292.jpg
 入り口は分厚い引き戸があります。これはその引き戸の木製コロ。円筒形のコロが2列、それぞれ傾いたりして並んでいますが、この状態で問題なく使えるとか。珍しい。
c0112559_9381675.jpg
c0112559_9383713.jpg
 大きい方の北側の蔵の2階です。巨大な木製の梁が素晴らしい。
c0112559_9402289.jpg
 便所の手洗い蛇口も昔のもの。
c0112559_9411330.jpg
 「京のじゅばん&町屋の美術館」という名前では、男一人で入るのは勇気が要ります。別におっさんは来て要らんということかもしれませんが。(笑)
 ちなみに「長襦袢友禅資料室」が2階にありますが、撮影禁止です。
# by gipsypapa | 2007-07-16 09:53 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)