京都大学・学生部留学課留学生センター(旧第三高等中学校・物理学実験場)

c0112559_14242163.jpg
 この建物はこの大学に残るもっとも古い建物で、京都大学の前身、第三高等学校時代に物理の実験場として使用されていたものです。
 現在は先に紹介した旧石油化学教室本館と1階部分でつながって、現在は留学生センターとして利用されています。石油化学教室が後に正面玄関からの視線を遮るように建てられたので、正門を入ってすぐの場所にあるのに、建物が隠れています。旧石油化学本館と保険診療所の間の狭い通路を西に行くと見つかります。
 レンガ造平屋建。

京都大学・学生部留学課留学生センター
旧第三高等中学校・物理学実験場 1889(明治22)年
設計 : 山口半六、久留正道
施工 : 日本土木会社
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2007.11.23
c0112559_14312665.jpg
c0112559_14315515.jpg
c0112559_1432653.jpg
c0112559_14321813.jpg
c0112559_14323475.jpg
c0112559_14324734.jpg
 煉瓦造りに煙突の洋風な建物ですが、屋根は日本瓦葺の寄せ棟。120年近く前の建物ですが、良好な状態に保存されていて、今も現役です。
# by gipsypapa | 2007-08-23 14:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)

京都大学・保健管理センター/学生部 (旧石油化学教室本館)

c0112559_16402787.jpg
 本部構内の正門をくぐると左手にすぐ見えてくる、レンガ造り2階建ての建物。先の保険診療所の北側にあります。
 1階の部分は、明治31年建てられましたが、2階部分は大正時代に増築されたのでレンガの色が違っています。
 ノーベル賞受賞者の湯川秀樹・朝永振一郎・福井謙一の各氏もここで研究したため、別名「ノーベル賞の館」と呼ばれていますが、一般には旧石油化学教室本館と呼ばれていました。

京都大学・保健管理センター/学生部
旧・石油化学教室本館 1898(明治31)年/1922(大正11)年増築
設計 : 山本治兵衛・増築の一部 永瀬狂三
施工 : 不明
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2006.11.23
c0112559_16203843.jpg
正面に向かって左は学生部。
c0112559_16221944.jpg
 中央の入り口には保健管理センター、安全センター、国際交流センター、低温物質科学研究センターの表札。多目的に使われています。
c0112559_16234512.jpg
 正面を斜めから。1階と2階の煉瓦が違っているのがわかります。
c0112559_16254334.jpg
 裏に廻りました。かなり長大な建物です。ただし右に見えるのは旧物理学実験場。
c0112559_16274136.jpg
 北側の本館には渡り廊下で繋がって更に煉瓦の建物が伸びています。
c0112559_1629859.jpg
 ただしこの建物は3階建て。後に建てられたのでしょうか?それにしてはこの建物も古い。
c0112559_16305554.jpg
c0112559_16311929.jpg
c0112559_16315019.jpg
 窓や通用口は裏側のほうがレトロです。
c0112559_1633023.jpg
 2階部分は1階のように煉瓦を積み上げるだけではなく、窓枠を御影石で飾る、いわゆる「辰野式」スタイルとなっています。大正時代はこのスタイルが流行したのでしょうね。
# by gipsypapa | 2007-08-21 16:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)