名古屋のカトリック主税町教会

c0112559_1642112.jpg
 木造・2階建、桟瓦葺 この教会は白壁・主税・橦木の町並み保存地区にあり、名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に100年以上前に士族屋敷を改造して建てられた教会です。外観は社寺風で、格天井の三廊式。鐘楼は復元されたものです。
 また隣接の司祭館はコロニアルスタイルを特徴とする建物です。

カトリック主税町(ちからまち)教会 
礼拝堂 1904(明治37)年
設計 : 井上秀斎、テュルパン神父
施工 : 不明
司祭館 1903(昭和5)年
設計・施工 : 不明
名古屋市都市景観重要建築物指定
愛知県名古屋市東区主税町3-33
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1654077.jpg
c0112559_166772.jpg
 とてもキリスト教会とは思えない、お寺のような外観。伊勢湾台風後に入口と外陣両側が増築されたため、側廊ができ、三廊式となりました。礼拝堂正面の3連アーチが優美。
c0112559_168342.jpg
 とはいえ、側面はやはり教会。
c0112559_1692018.jpg
c0112559_1693213.jpg
 復元された鐘楼。
c0112559_16101830.jpg
c0112559_16104364.jpg
c0112559_1611387.jpg
 隣接する司祭館は外観を下見板張りとした洋風建築物で、白壁・主税・橦木の町並み景観を形成する建物です。
c0112559_16124697.jpg
c0112559_1613520.jpg
c0112559_16133534.jpg
 
c0112559_16135594.jpg
 礼拝堂は両側に側廊のある三廊式。
c0112559_16142586.jpg
c0112559_161546.jpg
c0112559_16155763.jpg
c0112559_16162254.jpg
c0112559_16165297.jpg
c0112559_16171237.jpg
c0112559_1617369.jpg
 カトリックの教会は日曜以外にも開いていることが多いのですが、ここも中に入れました。名古屋市がキャンペーンをしている「文化のみち」という古い建築物の散策ルートにあるので、一般の観光客の姿も見えました。
 礼拝堂の中はカトリックにしてはシンプルな感じですが、やはり天使像などが飾られています。
c0112559_16221382.jpg

# by gipsypapa | 2007-06-26 16:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)

名古屋市市政資料館

c0112559_146589.jpg
 この建物は、大正11年(1922)に当時の名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所として建設されて以来、昭和54年(1979)に名古屋高等・地方裁判所が中区三の丸一丁目に移転するまで、中部地方における司法の中心として60年近い歴史を積み重ねてきました。
 赤い煉瓦と白い花崗岩、そしてスレートの黒を組み合わせた組み合わせが鮮やかなネオ・バロック様式の建物。
 国の重要文化財として保存・公開するとともに、名古屋市の公文書館として名古屋市の誕生から今日にいたるまでの行政文書や資料を保存し閲覧しています。またこの建物が市民の会議や集会、展示のためのスペースも備えています。

名古屋市市政資料館
旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎 1922年(大正11)年
設計 : 山下啓次郎(工事計画主任)、金刺森太郎(設計監督就任)、司法省営繕課
施工 : 司法省直営

重要文化財
愛知県名古屋市東区白壁1-3
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1482983.jpg
c0112559_1485659.jpg
c0112559_1493916.jpg
c0112559_14102796.jpg
 煉瓦・鉄筋コンクリート造3階建て、搭屋付、スレート葺の堂々とした建物です。
c0112559_14112913.jpg
 ランドマーク的な塔屋。
c0112559_14121948.jpg
 中から入り口を振り返ったところ。
c0112559_14131227.jpg
c0112559_14133347.jpg
c0112559_14135049.jpg
c0112559_1414109.jpg
c0112559_1414536.jpg
c0112559_14154299.jpg
c0112559_1416312.jpg
c0112559_14162179.jpg
c0112559_1421576.jpg
c0112559_14233264.jpg
 吹き抜けになった中央階段まわりの荘厳な雰囲気は一見の価値があり。大理石の手摺が豪華。2階はバルコニーが吹き抜け部分を取り巻くように配置されています。建物好きはここを見たらもう満足。
c0112559_14222054.jpg
c0112559_14223313.jpg
c0112559_14225080.jpg
c0112559_1423531.jpg
c0112559_14234419.jpg
c0112559_14235811.jpg
c0112559_14241486.jpg
 2階は常設展示室に市政に関する数々の資料が展示。そのほかに法廷や各種の控え室、会議室、独房や雑居房なども復原されていて面白い。
c0112559_14271427.jpg
c0112559_14272880.jpg
 2階の廊下から中庭に面したレンガ壁が見えました。
c0112559_14283288.jpg
 土曜日の午前中でしたが、他に見学者は見当たらず、閑散としていました。何度も行くところではないので地元の人が少ないのでしょうが、私は入場無料で十分楽しませてもらいました。
# by gipsypapa | 2007-06-25 14:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)