サロベツ湿原センター

c0112559_08090856.jpg
台湾を終わり、今日から北海道です。5月中旬に北海道の利尻島と礼文島を観光する、2泊3日の国内ツアーに参加しました。北海道観光は花が咲き始める6月下旬からが旬なので、この時期は格安だったのです。

途中、サロベツ湿原に立ち寄りました。北海道北部の日本海側(豊富町・幌延町)に広がる6,700haの湿原で、JR山手線の内側よりも広いとかで、日本3大湿原の1つに数えられ、利尻礼文サロベツ国立公園」に指定されています。

今回もレトロな建物は出てこず、旅行記になってしまい申し訳ありませんが、お付き合いください。

サロベツ湿原センター
利尻礼文サロベツ国立公園
北海道天塩郡豊富町字上サロベツ8662
撮影 : 2017.5.15
c0112559_07285590.jpg
新千歳空港から稚内まで、道央自動車道とオロロンラインから国道232号線を経由して日本海側を北上する、約5時間半のバスの旅です。
c0112559_07294012.jpg
このルートこの半年前に3大岬巡りで通った経路なのでおなじみです。日本海は、相変わらずどんよりした風景です。
c0112559_07303508.jpg
サロベツ湿原センター。この向こう側が湿原です。
c0112559_07311708.jpg
この湿原は北海道本島にありますが、これから行く利尻島、礼文島とともに国立公園になっています。

c0112559_07321327.jpg
c0112559_07323856.jpg
5月中旬はまだ早過ぎみたいで、緑が少ないです。
c0112559_07331443.jpg
c0112559_07333432.jpg
c0112559_07335635.jpg
遊歩道を周りました。
c0112559_07344093.jpg
c0112559_07350097.jpg
c0112559_07352402.jpg
c0112559_07354834.jpg
水芭蕉が散在しています。
c0112559_07363120.jpg
c0112559_07365273.jpg
c0112559_07371317.jpg
数少ない緑。蕗の葉か?
c0112559_07381616.jpg
c0112559_07393031.jpg
いくつか花が咲いています。ガイドさんから名前を聞いたはずですが、覚えていません。
c0112559_07375922.jpg
c0112559_07411309.jpg
天気がよければ、このネットの写真のように、利尻島の利尻山が見えるはずでした。このセリフを、これから何回も繰り返すことになります。

# by gipsypapa | 2018-01-22 08:15 | | Trackback | Comments(0)

花蓮から台北へ

c0112559_09005803.jpg
花蓮から台北までは鉄道で移動です。特急列車、太魯閣号(タロコ号)に乗って2時間弱かかりました。
撮影 : 2017.4.19
c0112559_09013528.jpg
花蓮駅の外観写真はネットから借用しています。
c0112559_09022986.jpg
花蓮駅の構内。日本と変わりません。
c0112559_09020973.jpg
地下道を通ってホームへ。
c0112559_09032187.jpg
c0112559_09033823.jpg
華やかな列車が止まっていました。
c0112559_09043869.jpg
c0112559_09045301.jpg
太魯閣号(タロコ号)が到着。
c0112559_09052232.jpg
車両はTEMU1000型で、JR九州の885系「白いかもめ・ソニック」を基本とし、日立製作所が製造したものです。
c0112559_09055260.jpg
車両は台湾初の振り子式電車だとか。
c0112559_09061059.jpg
乗り心地はイマイチか。揺れを感じました。ちなみに西海岸を走る新幹線の乗り心地は日本と同じと聞きました。
c0112559_09083595.jpg
支給された駅弁です。
c0112559_09092611.jpg
車内も日本と変わりません。
c0112559_09101428.jpg
2時間弱で台北駅に到着。九份へ向かう途中、バスで市内を通ります。
c0112559_09110491.jpg
懐かしい総統府。以前、ここの正面を撮影しようとしたら、警備員にとめられましたが、写真を撮ってますね。
c0112559_09121553.jpg
・・と思ったら、やはり正面は誰も撮影してません。
c0112559_09124630.jpg
周辺には警察の車両が止まっています。
c0112559_09132192.jpg
やはりこの周辺はキュリティが厳しいです。総統府の裏側はそんなことはないんですが。
c0112559_09153149.jpg
c0112559_09154710.jpg
台北市の中心部を通っています。
c0112559_09163511.jpg
c0112559_09164821.jpg
ガイドさんがこれから行く九份の訪問先を漢字表記で教えてくれています。
夕食後は自由行動になるので、迷子になったときは、この漢字を見せろと言っているのです。

この日の夜は九份で、夕食と観光した後、野柳風景区のホテルに宿泊。
最終日の5日目は野柳風景区の地質公園を見て、故宮博物館の二度目の訪問した後、大阪へ帰りました。
この辺の写真は以前アップしていますので、今回の台湾編はこれで終わります。

# by gipsypapa | 2018-01-20 09:19 | | Trackback | Comments(2)