<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

国立故宮博物院

c0112559_09074541.jpg
台北観光では欠かせないスポットです。国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)は、中華民国の国立博物館のうちの最大のもので、ウィキペディアによると、696,000個以上の古代中国の人工品と美術品を所蔵していて、ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なものだそうです。

故宮博物院は清朝時代の溥儀が紫禁城などに所有していた美術品などを一般公開するために、中国本土に作られたそうです。その後、日本軍が華北地方に軍を派遣してきたため、蒋介石の国民政府が博物院の所蔵品を南方へ疎開させ、上海や南京など避難させました。

第二次世界大戦後になって、中華民国政府が共産党と内戦になったころから、第一級の所蔵品を精選して台湾に運び出したものです。したがって、元の故宮博物院の所蔵品は、今も北京と台北の2カ所に別れて展示されているそうです。

所蔵品は当初は別の場所に保管されて、一部が一般公開されましたが、1965年8月に台北の外双渓に台北新館を落成し同年11月12日に一般公開して、現在に至っています。

国立故宮博物院
1965(昭和40)年
設計 : 黃寶瑜
施工 : 不明
台北市士林区至善路2段221号
撮影 : 2016.9.4 & 2017.4.20
c0112559_09083013.jpg

次の年に別のツアーでも行ったので、2回分をまとめてアップします。1回目は昨年、2016年の9月4日の訪問。

c0112559_09092266.jpg

それまでは館内の撮影は禁止されていましたが、幸運なことに2016年9月1日~2016年12月1日の試験的な撮影許可の実施中で、この日は解禁4日目だったのです。

c0112559_09102816.jpg
c0112559_09104555.jpg

ツアーの滞在時間は1時間半。ガイドの説明をイヤホーンで聞きながら移動するので、マイペースになれず、時間が足りません。

c0112559_09115102.jpg
c0112559_09124968.jpg

途中で、これはいかんと、群れを離れましたが、やはり見切れませんでした。

c0112559_09133110.jpg

しかたなく、このときは陶磁器や書画を中心に見ました。

c0112559_09141184.jpg
c0112559_09143222.jpg
c0112559_09144970.jpg
c0112559_09150783.jpg
c0112559_09152934.jpg
c0112559_09154590.jpg
c0112559_09160155.jpg
c0112559_09161789.jpg
c0112559_09164010.jpg
c0112559_09170096.jpg
c0112559_09171388.jpg

2回目の訪問は今年、2017年の4月。昨年の試験的運用の結果がよかったので、2016年12月2日以降、館内での写真撮影、ビデオ撮影は正式に許可されるようになりました。

c0112559_09180218.jpg

前回は他の博物館に出張中だった、目玉の「翠玉白菜」が今回は帰っていました。

c0112559_09184014.jpg

撮影の腕もカメラも大したことがないので、うまく撮れていません。

c0112559_09191823.jpg

とういことで、ネットにあった写真です。全然違います。

c0112559_09205903.jpg

このツアーも1時間半の見学。

c0112559_09214340.jpg

今回は主に宝飾品のフロアーを回りました。

c0112559_09243514.jpg
c0112559_09245486.jpg
c0112559_09250904.jpg
c0112559_09252336.jpg
c0112559_09254414.jpg
c0112559_09255781.jpg
c0112559_09261035.jpg
c0112559_09263659.jpg
c0112559_09265136.jpg
c0112559_09273288.jpg
c0112559_09271781.jpg
c0112559_09274793.jpg
c0112559_09281315.jpg
c0112559_09283864.jpg
c0112559_09290282.jpg

それにしても撮影自由なのはありがたいです。日本でも、少なくとも公営の博物館や美術館はそうして欲しいです。

c0112559_09293986.jpg

ネットにある建物の全景です。


by gipsypapa | 2017-08-16 09:30 | 建築 | Trackback | Comments(6)

国民革命忠烈祠

c0112559_09273471.jpg
二日目は、朝から忠烈祠の衛兵交代のセレモニーを見に行きました。国民革命忠烈祠(こくみんかくめいちゅうれつし)は、辛亥革命を始めとする、中華民国建国、革命、中国大陸での日中戦争などで戦没した英霊を祀る祠です。日本統治時代の台湾護国神社の跡地に1969年に創建されました。

大門をくぐると中央広場があり、その奥には中国の宮殿様式の大殿、その左右に文烈士祠、武烈士祠があります。衛兵交代のセレモニーで有名で多くの観光客で賑わっていました。陸・海・空軍から選抜された兵士が、1時間で交代する儀式が行われます。

国民革命忠烈祠
1969(昭和55)年
設計 : 姚元中
施工 : 不明
台北市中山区北安路139号
撮影 : 2016.9.4
c0112559_09281788.jpg

大門に観光客がいっぱい。

c0112559_09292986.jpg
c0112559_09295937.jpg

衛兵交代のセレモニー。

c0112559_09303694.jpg

衛兵はスリムで身長が高い人が選ばれているらしいです。

c0112559_09311646.jpg

人止めロープが移動して、観光客は後からついて行きます。

c0112559_09323311.jpg

大殿に到着。

c0112559_09332059.jpg
c0112559_09335928.jpg

大門と大殿を各2人ずつで守っています。

c0112559_09341505.jpg

交代した後、任務に就くと、まるでマネキン人形。1時間、微動だにせず、瞬きもしてないようです。

c0112559_09354926.jpg

by gipsypapa | 2017-08-15 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)

中正紀念堂

c0112559_09383018.jpg
台北は3年半ぶりです。前回はフリープランで、市内の日本人建築家が設計した建物を中心に、地下鉄を乗り継ぎながら歩いて回りました。今回は3泊4日のツアーに家族3人で参加しました。行き先は旅行会社の指定ルートなので、建物中心とはいきませんが、いくつか興味深いところにも行けました。

まずは初日の訪問先の一つ中正紀念堂(ちゅうせいきねんどう)。中華民国の初代総統蒋介石の顕彰施設で、台湾の三大観光名所の一つといわれています。「中正」は蒋介石の本名だそうです。

中国の伝統的な宮殿陵墓式が採用されているそうです。北京の天壇を模したという斬新な本堂の両隣には国立歌劇場とコンサートホールが左右対称に建っていて、スケールが大きい建物群でした。設計の楊卓成は有名な圓山大飯店を手がけた建築家人です。1枚目の写真はネットにあったものです。

中正紀念堂
1980(昭和55)年
設計 : 楊卓成
施工 : 不明
台北市中山南路21号
撮影 : 2016.9.3
c0112559_09403322.jpg
大忠門から入りました。
c0112559_09421324.jpg

c0112559_09445232.jpg
c0112559_09442814.jpg

大忠門までのバスの車窓から。

c0112559_09450522.jpg

自由広場門。中世記念堂の本堂入り口にある巨大な門です。

c0112559_09455302.jpg

本堂は外壁の改修工事中。

c0112559_09471827.jpg

本堂の屋根は上から見ると八角形です。これは儒教において推奨される8つの徳、八徳(忠孝仁愛信義和平)に由来するとか。

c0112559_09480252.jpg

閉館直前にあわただしく中へ入りました。

c0112559_09504535.jpg

現代的な建物です。

c0112559_09495530.jpg

蒋介石の坐像があります。

c0112559_09511787.jpg
c0112559_09513752.jpg
c0112559_09515893.jpg
c0112559_09522261.jpg
c0112559_09524236.jpg

ベランダから眺めています。なぜかドラえもんがいる広大な敷地です。夕暮れが近づいてきました。

c0112559_09532727.jpg

出たのは大孝門から。

c0112559_09545932.jpg
c0112559_09552568.jpg

最後の2枚は台北観光サイトの写真を借用しています。

c0112559_09571174.jpg

by gipsypapa | 2017-08-14 09:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長浜市内を歩く

c0112559_08215646.jpg
長浜編の最終回です。まずは長浜大手門通りから。大手門通りは、黒壁スクエアから大通寺の表参道、宮町通商店街へと続く、観光客向けのアーケード商店街。沿道に黒壁ガラス館からさまざまな飲食店、龍遊館や曳山博物館などが見どころの通りです。
撮影 : 2016.11.18 & 19
c0112559_08222984.jpg
c0112559_08224398.jpg
のっぺいうどん 茂美志屋(もみじや)
滋賀県長浜市元浜町7-15
c0112559_08232028.jpg
内部の写真などは食べログから借用しています。
c0112559_08493018.jpg
c0112559_08251338.jpg
店内もレトロ。
c0112559_08253714.jpg
「のっぺいうどん」は餡かけうどん。大きな麸、かまぼこ、しいたけ、生湯葉など。すりおろし生姜の風味のスープだそうです。
c0112559_08261925.jpg
龍遊館(海洋堂フィギュアミュージアム黒壁)
滋賀県長浜市元浜町13-31
c0112559_08264882.jpg
c0112559_08270496.jpg
c0112559_08271886.jpg
これ以下はネットにあった写真です。
c0112559_08274674.jpg
c0112559_08280428.jpg
名前の通りフィギュアがいっぱい。入ればよかったかも。

c0112559_08291438.jpg
長浜ラーメン大手門店
滋賀県長浜市元浜町6-16
c0112559_08295342.jpg
故郷、博多の長浜ラーメンと名前が同じ。長浜市なので、単にその名前がついているのかなと思って、お昼時に入ってみました。
c0112559_08312569.jpg
紅ショウガが載った、正真正銘の博多ラーメンでした。お店の人に聞くと。麺は博多から取り寄せているそうです。
c0112559_08322642.jpg
長浜大手門通りアーケードに小さな橋が架かっています。
c0112559_08325680.jpg
橋の傍の古い2階建て。
c0112559_08332523.jpg
空き家でしょうか。
c0112559_08335592.jpg
大手門通りの1ブロック北側は、ゆう壱番街祝町(いわいちょう)通りです。
c0112559_08343119.jpg
望楼が載ったアーケードです。
c0112559_08345999.jpg
c0112559_08351671.jpg
長浜市曳山博物館
滋賀県長浜市元浜町14-8
長浜曳山祭りはユネスコ無形文化遺産登録の33件の日本祭りの一つです。ここには入っていません。
c0112559_08393936.jpg
曳山博物館の近くにゆるきゃらがいました。
c0112559_08401656.jpg
「ひでよしくん」というそうです。太った秀吉ですね。長浜ラーメンも食べたので、帰ります。
c0112559_08410427.jpg
麺処 赤鬼
滋賀県長浜市元浜町7-1
帰り道の開知学校や安藤家住宅の近くにあります。
c0112559_08421088.jpg
これ以下の写真は「ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して」というこだわりのブログから借用しました。
c0112559_08430148.jpg
居酒屋兼ラーメン屋みたいです。
c0112559_08432085.jpg
黒いラーメンですね。生卵はいかがなものか。
c0112559_08435494.jpg
JR長浜駅です。ここから新快速で帰ります。これで長浜はおしまい。
次回から台北です。

by gipsypapa | 2017-08-12 08:44 | | Trackback | Comments(2)

長浜市の「夢の小路 良太郎」

c0112559_08071732.jpg
大通寺の目の前にある、レトロな店「夢の小路 良太郎ゆめのこうじりょうたろう}。旧家を改造したそうですが、ガラス戸の幾何学的な桟の形が印象的です。内部も大正浪漫を感じさせる店。長浜の郷土料理を提供しています。木造2階建て。

夢の小路 良太郎
詳細 : 不明
滋賀県長浜市元浜町19-12
撮影 : 2016.11.19
c0112559_08074978.jpg
c0112559_08090122.jpg
c0112559_08091997.jpg
c0112559_08093469.jpg
以下の内部写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08100750.jpg
c0112559_08102084.jpg
c0112559_08104202.jpg
長浜名物「鯖そうめん」。食べログにあった写真です。以下同様。
c0112559_08123526.jpg
これは「小鮎の山椒煮」というものだそうです。
c0112559_08130296.jpg

by gipsypapa | 2017-08-11 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長浜別院 大通寺

c0112559_08063266.jpg
町通りから北へ進んだところに、広大な大通寺(だいつうじ)があります。真宗大谷派の寺院で、山号は「無礙智山(むげちざん)」。別名、長浜別院や長浜御坊といわれています。

湖北の中心道場であった総坊を前身とし、慶長7年(1602年)に本願寺第十二代教如を開基として長浜城跡に創建。慶安4年(1652年)に現在地に移転したそうです。伏見城の遺構とされる本堂や大広間、客殿などの建築物(国の重要文化財)や、含山軒庭園と蘭亭庭園という2つの庭園(国の名勝)のほか、円山応挙や狩野山楽・狩野山雪らの障壁画など貴重な文化財を多数保有する寺院として知られています。

無礙智山 大通寺
江戸初期
重要文化財(本堂、大広間、客殿)
名勝庭園(含山軒、蘭亭庭園)
設計・施工 : 不明
滋賀県長浜市元浜町32-9
撮影 : 2016.11.19
c0112559_08075590.jpg
なまこ壁の塀の向こうに山門が見えてきます。
c0112559_08082504.jpg
手前の脇門(台所門)は工事中。向こうに庫裏が見えました。


山門
c0112559_08093542.jpg

江戸時代末期建立の総欅造り、二層門です。京都の東本願寺山門を模して32年間かけて建築されました。長浜市指定文化財の木造、二層門。

山門1841(天保11)年
長浜市指定有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08104616.jpg
c0112559_08111006.jpg
c0112559_08112472.jpg
装飾彫刻がいくつも。
c0112559_08115426.jpg
c0112559_08120995.jpg
c0112559_08122745.jpg
c0112559_08124315.jpg
c0112559_08125974.jpg
c0112559_08131604.jpg
山門のそばにある灯篭。
c0112559_08134410.jpg
c0112559_08140487.jpg
ウィキペディアより。右から太鼓楼、本堂、大広間です。

本堂(阿弥陀堂)
c0112559_08150274.jpg
江戸初期建立の入母屋造り、本瓦葺きです。寺伝では、伏見城の殿舎が徳川家康より東本願寺の第十二代 教如へ贈られ、本願寺(東本願寺)の御影堂として用いていたものを、承応年間(1652年〜1654年)に移建したものと伝えられるそうです。国の重要文化財の木造平屋建て。

本堂(阿弥陀堂)
江戸初期
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08152365.jpg
拝観料は500円でした。
c0112559_08154115.jpg
c0112559_08160197.jpg
欄間にはこんな洒落たものが。
c0112559_08171064.jpg
c0112559_08173057.jpg
本堂と大広間は渡り廊下でつながっています。
c0112559_08191034.jpg
c0112559_08192875.jpg

大広間(附玄関)
c0112559_08202541.jpg
これも本堂と同じく、承応年間に東本願寺から移築した書院造りの見事な建物で、伏見城の遺構と伝えられています。附(つけたり)指定の玄関は江戸時代中期の宝暦10年(1760年)建立です。写真は附(つけたり)指定の玄関。国の重要文化財の木造平屋建て。

大広間(附玄関)
江戸初期
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08215147.jpg
見事な大広間。
c0112559_08222890.jpg
違い棚や・・・
c0112559_08225576.jpg
花鳥の襖絵が素晴らしいのですが、誰の作品かは分かりませんでした。
c0112559_08234772.jpg
c0112559_08240475.jpg
c0112559_08241987.jpg

新御座
c0112559_08250371.jpg
大広間を進むと、建物がつながっている新御座へ出ます。天明7(1787)年、彦根藩の井伊家より住職として明達院乗徳が入寺したときに、彦根藩から寄進された建物で、そのあと何回も改築され、大正のときに現在の新御座として再建されたそうです。長浜市指定有形文化財の木造平屋建て。

新御座
1787(天明7)年 / 1912(大正元)年再建
長浜市指定有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08254037.jpg
ここにも素晴らしい襖絵があります。金地墨画梅之図(市指定)は、江戸時代後期に京都画壇で活躍した岸駒の筆によるもの。1786(天明6)年。
c0112559_08262480.jpg
c0112559_08265392.jpg
障壁画の琴棋書画図は狩野永岳です。
c0112559_08284009.jpg
この向こう側が客殿だったと思います。
c0112559_08290457.jpg
客殿(含山軒及び蘭亭)(合1棟)

c0112559_09155863.jpg
含山軒は、いわゆる住職の居間です。庭園を望む一の間に狩野山楽筆の山水画、二の間に狩野山雪筆の山水画があります。江戸時代前期の建築と考えられています一方、蘭亭は 江戸時代の宝暦5年(1755年)建立。含山軒とともに、優れた襖絵や杉戸絵があります。いずれも国の重要文化財の木造平屋建て。

客殿(含山軒及び蘭亭)(合1棟)
江戸初期
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08382946.jpg
c0112559_08321566.jpg
含山軒茶室南側と蘭亭東端にある「牡丹唐獅子図」の杉戸絵。江戸時代。
c0112559_08325091.jpg

こちらの「蔦に雉子図」は含山軒の東側、一の間と二の間の間の杉戸絵。江戸時代、17世紀と推定されています。
c0112559_08333920.jpg
蔦に雉子図と一対をなすと思われているる「竹に雀図」は襖絵。
c0112559_08391672.jpg
c0112559_08393785.jpg
山水花鳥押絵貼屏風。狩野山休の六曲屏風も江戸時代のもの。
c0112559_08403942.jpg
c0112559_08412212.jpg

c0112559_08414607.jpg
c0112559_08423548.jpg
蘭亭の一の間の床の間は床柱側面に、近代的な意匠の透かし彫り。
c0112559_08421208.jpg
鶏図。蘭亭の西端の杉戸絵。これも江戸時代後期に京都画壇で活躍した岸駒の筆によるもの。1786(天明6)年と推定されています。
c0112559_08434709.jpg
c0112559_08444970.jpg
庭園は建物から眺めるしかできませんが、なかなか立派でした。
c0112559_08452494.jpg
まずは大広間の前庭。


含山軒庭園
c0112559_08455949.jpg
江戸時代初期築造。書院含山軒の前庭で、伊吹山を借景とする観賞式枯山水庭園です。国の名勝に指定されています。
c0112559_08463461.jpg
c0112559_08465512.jpg
c0112559_08471433.jpg

蘭亭庭園
c0112559_08492416.jpg
c0112559_08494923.jpg
↓ 以下はウィキペディアから借用しています。
c0112559_08502236.jpg
なまこ壁の手前は工事中だった脇門(台所門)。その奥に見えるのが山門です。
c0112559_08510815.jpg
工事前の脇門。庫裏が見えています。

あらかじめ、重要文化財の建物があると知っていたので、訪ねてみましたが、予想以上、見所が多い寺院でした。数々の素晴らしい襖絵や杉戸絵がそのまま残っているのが、大変貴重です。ただ、あまり手をかけていないようで、色あせなど古さが目立つものも。この後どれくらい維持できるのか不安です。

費用的にそう簡単ではないかもしれませんが、京都の建仁寺で紹介したような、高精細デジタル複製(写真)の使用を考えたらどうかと思います。ともあれ、行ってよかったお寺でした。多くの人に是非一度訪ねて欲しいものです。
by gipsypapa | 2017-08-10 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長浜市の三谷旅館

c0112559_08424325.jpg
祝町通りを歩いているときに見つけた三谷旅館。老舗の旅館を改装して、昔ながらの町家の外観のまま、内装や風呂やトイレ、洗面所などを現代的にしたとか。家族経営の小さな旅館ですが、観光スポットがの近くにあり、評判がいいようです。木造2階建て。

三谷旅館
詳細 : 不明
滋賀県長浜市元浜町19-19
撮影 : 2016.11.19
c0112559_08432482.jpg
ストリートビューの写真です。
c0112559_08435897.jpg
c0112559_08441395.jpg
c0112559_08442538.jpg
玄関から覗いてみました。
c0112559_08450072.jpg
↑↓ の2枚内部写真は「日本ボロ宿紀行」という、優れもののブログから借用しています。
c0112559_08453434.jpg
c0112559_08454925.jpg
↑↓これらの2枚はHPからお借りしました。
c0112559_08464748.jpg
またいつか機会があれば、泊まってみたい宿です。

by gipsypapa | 2017-08-09 08:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長浜市の日本一巨大な万華鏡

c0112559_08094689.jpg
黒壁スクエアからほど近い「ゆう壱番街(祝町通り)」にある高さ8メートルの日本一巨大な竪型万華鏡。通りから細い路地を通って奥に進むと、突然現れます。タワーのように見えますが、万華鏡そのもの。ハンドルを回すと、色んな絵柄に変化すします。

日本一 竪型万華鏡
詳細 : 不明
滋賀県長浜市元浜町21
撮影 : 2016.11.19
c0112559_08104431.jpg
通りからこんな風に見えますが、見逃しそうです。この路地にはフリーマーケットの店が数軒ありました。万華鏡は、突き当りを右折した先にあります。
c0112559_08113176.jpg
ハンドルを回します。この写真はネットから借用しています。
c0112559_08120290.jpg
ここに来たのは2回目です。これは11年前に撮った写真です。「日本一 竪型万華鏡」が正式名称ですね。
c0112559_08123598.jpg
これも11年前です。
c0112559_08132367.jpg
これは今回。
c0112559_08135228.jpg
撮り方のせいなのか、違って見えます。
c0112559_08151009.jpg
長浜は豊臣秀吉が城を構えたところ。すぐ傍にこんなパロディ的なものがあります。
c0112559_08162450.jpg
万華鏡の周囲には、なぜかキウイが鈴なり。
c0112559_08165885.jpg

by gipsypapa | 2017-08-08 08:17 | | Trackback | Comments(2)

長浜鉄道スクエア

c0112559_07382461.jpg
慶雲館の門を出たら目の前にあるのが長浜鉄道スクエアです。旧長浜駅舎と長浜鉄道文化館、北陸線電化記念館の3つの施設があります。

旧長浜駅舎は敦賀線(北陸線)の起点駅として、また長浜~大津間の鉄道連絡船の駅として、1882(明治15)年の鉄道開通と同時に完成しました。その後は20年間にわたり使われたそうです。1958(昭和33)年に、現存する日本最古の駅舎として「鉄道記念物」に指定され、明治の鉄道の姿を今に伝える歴史遺産として、保存されています。

駅舎は画期的な木骨構造の石灰コンクリート造りで、四隅の角は、花崗岩の切石を積み、窓枠と出入口は、レンガが使われています。当時はまだ日本では「駅」は少なく、ハード、ソフトともに知見は少なかったので、イギリス人技師のホルサムに設計を委託しました。施工は神戸の稲葉弥助が請け負ったという記録が残っているそうです。滋賀県指定有形文化財の木骨石灰コンクリート造り、2階建て。

長浜鉄道スクエア
旧長浜駅舎
1882(明治15)年
滋賀県指定有形文化財
設計 : ホルサム(イギリス人技師)
施工 : 稲葉弥助(神戸)
滋賀県長浜市北船町1-41
撮影 : 2016.11.19
c0112559_07394386.jpg
c0112559_07400550.jpg
c0112559_07402069.jpg
c0112559_07403527.jpg
c0112559_07405088.jpg
c0112559_07412425.jpg
入館料は大人300円でした。
c0112559_07415191.jpg
c0112559_07420412.jpg
c0112559_07422052.jpg
c0112559_07423415.jpg
c0112559_07425104.jpg
旧長浜駅舎裏、西側にある長浜鉄道文化館。2000(平成12)年10月14日の「鉄道の日」にオープンしました。館内の天井は、ヨーロッパのターミナル駅を模し、木造のアーチ作りとなっています。
c0112559_07433435.jpg
c0112559_07435241.jpg
長浜~大津間の鉄道連絡船の長浜港駅だった名残もあります。当時は湖南汽船。1929年(昭和4年)に社名を太湖汽船に、その後、琵琶湖汽船に変ったそうです。
c0112559_07464499.jpg
貴重な資料が展示されていました。
c0112559_07473160.jpg
c0112559_07474411.jpg
c0112559_07480275.jpg
レトロ感たっぷりです。
c0112559_07485926.jpg
東側の北陸線電化記念館は、かつて北陸線で活躍した、D51形蒸気機関車と電化後に登場したED70形交流電気機関車を並べて展示してあります。2014年竣工。
c0112559_07502485.jpg
施工した宮本組のHPから借用しました。JRの線路沿いに建っています。
c0112559_07515544.jpg
一旦、旧長浜駅舎に戻って、ここから入場。
c0112559_07532009.jpg
実際に北陸線を走っていたD51形蒸気機関車。
c0112559_07550697.jpg
c0112559_07552537.jpg
c0112559_07555482.jpg
1962(昭和37)年に北陸トンネルが開通して、福井まで電化されました。電化後に登場したED70形交流電気機関車です。
c0112559_07572534.jpg
c0112559_07575165.jpg
c0112559_07582209.jpg
2階に上がることができます。写真は「南野クラフト建築設計室 きまぐれ日記」から借用しています。

by gipsypapa | 2017-08-07 07:59 | 建築 | Trackback | Comments(4)

長浜慶雲館

c0112559_07594712.jpg
慶雲館(けいうんかん)明治20年に、明治天皇皇后の行在所として、地元の実業家、浅見又蔵が資材を投じて建てた和風建築です。命名は、同行していた初代内閣総理大臣の伊藤博文だそうです。

地元の宮大工の平山久左衛門が施工したり総檜造りの書院風建築の本館や茶室などがあります。その後、市に寄付され、長浜の迎賓館として使われてきました。

明治45年に造営された庭園は、このブログでも数多く取り上げた七代目小川治兵衛(屋号 植治)によるもので、国の名勝に指定されています。木造2階建て。

長浜慶雲館本館
旧長浜迎賓館
1887(明治20)年
史跡名勝天然記念物
設計・施工 : 平山久左衛門
作庭 : 7代目小川治兵衛(植治)
滋賀県長浜市港町2-5
撮影 : 2016.11.18
c0112559_08010491.jpg
c0112559_08012093.jpg
c0112559_08013762.jpg
門を入ると前庭です。
c0112559_08024794.jpg
大灯篭があります。
c0112559_08032348.jpg
中にも門。
c0112559_08043961.jpg
玄関前庭から中門を振り返ります。中庭は巨石と松を配置しています。
c0112559_08063477.jpg
慶雲館には多く巨石がありますが、ほとんど大津市(旧志賀町)から琵琶湖上を船で運ばれたと伝えられています。
c0112559_08071303.jpg
c0112559_08073258.jpg
ここまでは自由に見ることができます。建物内部の見学は300円。
c0112559_08082253.jpg
まず2階から。
c0112559_08090477.jpg
明治19年(1886年)秋、明治天皇皇后両陛下が翌年京都行幸啓の帰路に大津から船を利用し、長浜に上陸されるとの報が入ってから、3ヶ月余りの突貫工事だったそうです。
c0112559_08100049.jpg
c0112559_08114838.jpg
梅の花型の電灯。本館2階の照明器具は、明治時代に作られたとは思えないハイカラなデザインで、文明開化の香りがしますね。。
c0112559_08122506.jpg
鶴の襖絵や欄間など、建設当初のものが残っているそうです。
c0112559_08133671.jpg
なかなかの優れものと思いますが、誰が描いたかは分かりませんでした。
c0112559_08144092.jpg
2階には両陛下をお迎えする為に設けられた「玉座の間」があります。天皇皇后両陛下は同日の13時前に長浜に到着され、慶雲館で休憩し13時45分の列車で名古屋へ向かわれたとか。う~む、たった45分のご休憩のために・・・。
c0112559_08154733.jpg
c0112559_08161789.jpg
1階は大広間。
c0112559_08165850.jpg
c0112559_08171699.jpg
c0112559_08173460.jpg
c0112559_08175347.jpg
c0112559_08181249.jpg
c0112559_08183465.jpg
本庭は1912(明治45年)に 小川治兵衛により作庭された広大な池泉回遊式庭園です。
c0112559_08191899.jpg
ただし、池に水はありません。
c0112559_08200081.jpg
縁側から庭に下りて散策できるのが、うれしい。
c0112559_08211367.jpg
c0112559_08213537.jpg
c0112559_08215533.jpg
c0112559_08221910.jpg
この写真はウィキペディアから借用しました。
c0112559_08224177.jpg
c0112559_08230215.jpg
この写真はHPから。天皇や皇室方の行啓のための行在所は、日本各地だけでなく、台湾に今でもいくつか残っていますが、いずれも急ごしらえされた割には、素晴らしいものです。

by gipsypapa | 2017-08-05 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)