<   2017年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

松本神社

c0112559_08110754.jpg
松本城の北側にある松本神社。前身は縁結びおよび郷土発展の神として信仰を集めた暘谷(ようこく)大神社で、松本城主松平康長と松姫の子の虎松(孫六郎永兼)を祀る社でした。その後、いくつかの神社を合祀し、1953(昭和28)年に名称を松本神社と改めたとか。地元では「ごしゃ(五社)」と呼ばれているそうです。木造平屋建て。

松本神社本殿
1726(享保11)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市丸の内10-37
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08123288.jpg
c0112559_08124652.jpg
c0112559_08130475.jpg
c0112559_08132164.jpg
ウィキペディアにあった本殿と・・・
c0112559_08140765.jpg
鳥居の写真。後ろに松本城が見えています。

by gipsypapa | 2017-07-04 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松本旧開智学校

c0112559_08183701.jpg
松本のレトロ建築では最も有名なものです。旧開智学校(きゅうかいちがっこう)は明治時代初期の洋風校舎。文明開化時代の小学校建築を代表する建物として広く知られています。

外壁はコーナーストーンと石積みを模した漆喰塗大壁で、中央に八角の塔屋が聳え立っています。建物正面に中央玄関ポーチが突出し、その2階部分はの屋根は唐破風。窓は両開きの硝子戸で、外側に両開き板戸があります。当初、深志の全久院跡地にあった校舎で、1963(昭和38)年まで、約90年間使用された後、翌年に現在地へ移築されたました。

設計と施工は、地元出身で大工棟梁の立石清重(たていし せいじゅう1829 -1894)。2度み亘り上京して東京の開成学校(東京大学の前身)や山梨県の日川学校など、多くの建物を見て参考にしたようです。明治初期の貴重な擬洋風学校建築の代表的遺構として国の重要文化財に指定されている、木造2階建て、八角塔屋付。

旧開智学校
1876(明治9)年/1964(昭和39)年移築
重要文化財
設計・施工 : 立石清重
長野県松本市開智2-4-12
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08190777.jpg
c0112559_08192376.jpg
c0112559_08193870.jpg
c0112559_08195211.jpg
玄関ポーチにバルコニーがあります。濃密な彫刻があります。流水の上の龍、雲の上ではキューピッドが両側で校名の額を支えています。
c0112559_08215158.jpg
c0112559_08221146.jpg
c0112559_08223950.jpg
入館料は大人300円でした。
c0112559_08231660.jpg
c0112559_08233152.jpg
c0112559_08234680.jpg
彫刻は室内の唐戸や・・・
c0112559_08240534.jpg
洋灯の吊元にも。
c0112559_13152296.jpg
c0112559_08245527.jpg
c0112559_08250970.jpg
c0112559_08252835.jpg
c0112559_08254725.jpg
c0112559_08260331.jpg
c0112559_08261923.jpg
c0112559_08263791.jpg
c0112559_08265473.jpg
c0112559_08271144.jpg
c0112559_08273178.jpg
海抜596メートル。松本は涼しいです。
c0112559_08281677.jpg
すぐそばにある、現在の開智小学校です。

by gipsypapa | 2017-07-03 08:28 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧松本カトリック教会司祭館

c0112559_08112554.jpg
旧開智学校の隣にある洋館。明治中期にフランス人のクレマン神父が設計し、地元の大工が施工した西洋館です。元は三の丸武家屋敷跡にあった宣教師と伝道師のための住居でした。松本城北側の街路拡幅事業にともない、平成3年に現在の旧開智学校の隣地に移築復元されたそうです。

左右対称の二階建てで、淡いブルーの下見板張りの外壁にイギリス積みレンガ基礎という、シンプルながら典型的な洋館。和瓦葺にレンガ造りの煙突が立っています。ネット情報では、外壁の下見板張りは、遠くアメリカ開拓時代の船大工の技法を残す、アーリー・アメリカン様式の特徴を備えた貴重なものとか。長野県宝に指定された木造2階建て。

旧松本カトリック教会司祭館
1889(明治22)年 / 1991(平成3)年移築復元
長野県宝
設計 : クレマン神父
施工 : 不明(日本人大工)
長野県松本市開智2-6-24
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08120077.jpg
c0112559_08122642.jpg
入場無料です。
c0112559_08124189.jpg
各部屋に暖炉があります。
c0112559_08133187.jpg
観音開きの縦長窓には木製の鎧戸(よろいど)。
c0112559_08140085.jpg
c0112559_08141781.jpg
c0112559_08143639.jpg
アンティークな家具も残されています。
c0112559_08150687.jpg
c0112559_08152170.jpg
c0112559_08153774.jpg
c0112559_08160059.jpg
1・2階ともにベランダがあります。
c0112559_08163332.jpg
窓越しに旧開智学校が見えています。こちらは次回に。
c0112559_08170428.jpg
ウィキペディアの写真を借用しています。方形屋根のシンプルな形状です。

by gipsypapa | 2017-07-02 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松本聖十字教会

c0112559_08494687.jpg
今日からは一度は行きたいと思っていた長野県の松本市です。1泊2日の短い旅でしたが、色々探索することができました。大阪はもう暑い日が続いていましたが、松本は海抜600m弱なので、涼しく、また町並みも美しく清潔感があり、住み安そうな町でした。

JR松本駅から開智学校を目指して歩く途中に松本聖十字教会があります。1910(明治43)年竣工の教会建築で、1957(昭和32)年に一部増築したもののほぼ創建時のままだそうです。ゴシック・ロマネスクの折衷様式といわれるもので、聖公会のシンボルである、丸に十字架を載せた緑の尖塔がある鐘楼が印象的です。木造平屋建て。

松本聖十字教会
1910(明治43)年/1957(昭和32)年 増築
設計・施工 : 不明
長野県松本市開智1-6-25
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08510580.jpg
明治43年築にしては新しく見えます。
c0112559_08524211.jpg
1957(昭和32)年の増築時か、2015(平成27)年にハシバテクノスの施工により耐震補強が行われたそうなので、そのいずれかのときに手が加えられたのかもしれません。
c0112559_08563263.jpg
以下はネットにあった内部の写真です。
c0112559_08574026.jpg
c0112559_08575462.jpg
c0112559_08580949.jpg
c0112559_08582961.jpg
トラス組に特徴があります。

by gipsypapa | 2017-07-01 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)