<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

石蔵酒造 博多百年蔵

c0112559_8565023.jpg
 御笠川の東側にある造り酒屋の石蔵酒造(いしくらしゅぞう)。

 その歴史は石蔵酒造のHPでは、黒田家の播州播磨時代からの御用商人であった「石蔵屋」が関ヶ原の戦いでの功績により、黒田官兵衛・長政親子が筑前福岡藩主の命を受けた際に帯同して博多入りし、博多商人としての歴史が始まったそうです。江戸時代の石蔵屋は、主に博多~壱岐・対馬間の廻船問屋を営んでいましたが、江戸時代後期になり酒造業にも参入したとか。

 145年に亘ってその歴史を受け継いできた博多百年蔵。白壁土蔵にレンガの煙突をもつ佇まいは、街の景観のランドマークになっています。現在の酒蔵は石蔵屋の第2酒造場として、明治3年に建造されたもので、博多百年蔵といわれています。事務所兼主屋は大正期、西倉と旧精米所は昭和初期の築でいずれも国の登録有形文化財です。現在は造り酒屋をしながら、ウェディングや食事処、貸しホールなども手広い事業を手掛けています。

 2011(平成23)年10月8日に漏電による火災があり、新聞記事を見た記憶があるので、どうなっているか心配しましたが、小屋組みが焼け残っていたとかで、それらを生かしながら、翌年の始めには再建、再生したそうです。実際に、内装は新しい気はしましたが、違和感はなく良い雰囲気でした。

石蔵酒造 博多百年蔵
1870(明治3)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福岡市博多区堅粕1-30-1
撮影 : 2015.1.19
c0112559_99552.jpg
 細長い敷地です。この辺は西倉と精米所でしょう。
c0112559_910271.jpg
c0112559_9104585.jpg
c0112559_9105660.jpg
 主屋が見えてきました。
c0112559_9115293.jpg
c0112559_9121356.jpg
c0112559_9122636.jpg
c0112559_9123462.jpg
c0112559_9124813.jpg
c0112559_9125760.jpg
c0112559_9131161.jpg
c0112559_9132231.jpg
 明治の建物の主倉。
c0112559_9141323.jpg
c0112559_9142449.jpg
c0112559_9143933.jpg
c0112559_9145069.jpg
c0112559_915393.jpg
c0112559_9151488.jpg
c0112559_9152450.jpg
c0112559_9153575.jpg
c0112559_9154436.jpg
c0112559_9155490.jpg
c0112559_916722.jpg
c0112559_9161810.jpg
c0112559_9162921.jpg
 小瓶をお土産に買いました。
c0112559_917723.jpg
 博多編はこれで終わります。
by gipsypapa | 2015-08-03 09:18 | 建築 | Trackback | Comments(16)