<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

湯田中温泉 よろづや旅館松籟荘

c0112559_9482775.jpg
 湯田中にも文化財の宿があるというので見に行きました。よろづや旅館は湯田中温泉では最も有名な温泉旅館のひとつ。文化遺産オンラインでは、

 「真壁造で,高欄付の開口部を整然と配し,各階に庇を設け,入母屋造,鉄板葺(もとこけら葺)の大屋根を架ける。1階と2階は手の込んだ数寄屋造で,各室毎に意匠を変える。3階大広間は144畳敷の豪壮な大空間である。」とあります。

 ところが建物は宿泊客でないと全貌は見えないということがわかりました。国の登録有形文化財の木造3階建て、地下1階。

よろづや旅館松籟荘
1939(昭和14)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏3137
撮影 : 2014.3.25
c0112559_951273.jpg
c0112559_9513690.jpg
c0112559_9515751.jpg
 地図を片手に訪ねると巨大な現代的なホテルです。そんなはずはないと・・・・
c0112559_9531611.jpg
c0112559_9533481.jpg
 少しずれると、背面に隠れるように赤い大屋根が見えました。
c0112559_9543523.jpg
 横にある空き地から近付こうとしましたが、これ以上のアプローチはありません。ホテルの内部からしか行けないようです。
c0112559_9553360.jpg
 もう一つ文化財の桃山風呂というのがあるのですが、これは全く見えません。ということでWikipedia にある写真を借用しました。文化遺産オンラインでは
 「切妻造,平入で,雄大な唐破風玄関を設け,内部は浴室と脱衣室からなり,浴槽は楕円形で縁や床に稲田石を用いる。架構は虹梁や組物など社寺建築の技法を巧みに用い,浴室天井は折上格天井とし,菱欄間や彫物欄間を要所に配している。設計は沖津清。」
木造平屋建て。

よろづや旅館桃山風呂
1951(昭和26)年
登録有形文化財
設計 : 沖津清
施工 : 不明
c0112559_101850.jpg
c0112559_1024340.jpg
 松籟荘の手前に千鳥破風が見えているのが桃山風呂かもしれません。
by gipsypapa | 2014-06-30 10:03 | 建築 | Trackback | Comments(0)

楓の館(旧湯田中駅駅舎)

c0112559_9315176.jpg
 渋温泉を発つ日の朝は少し時間がありました。隣町の湯田中温泉が近くにあり、散歩を兼ねて行ってきました。

 湯田中駅(ゆだなかえき)は、長野電鉄長野線の終着駅です。旧湯田中駅舎は町内の各温泉や志賀高原への玄関口として使用されましたが、昭和31年に国鉄の上野・長野間の急行列車が乗り入れるようになり、ホーム反対側に現駅舎が建てられました。

 モダンで志賀高原にちなんだ山小屋風の駅舎は人気があり、「楓の館(やかた)」として、築当時の配色に極力近いものでリニューアルしたものです。交流室や展示室として、町民をはじめ観光客も利用できます。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

楓の館
旧湯田中駅駅舎
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平隠3227-1
撮影 : 2014.3.25
c0112559_9374765.jpg
c0112559_938918.jpg
c0112559_9381816.jpg
c0112559_9384265.jpg
c0112559_9385329.jpg
c0112559_939315.jpg
c0112559_9391525.jpg
c0112559_9392696.jpg
c0112559_9393518.jpg
 こちらは1Wikipedia から借用した新駅舎の写真。長野電鉄長野線の東の終点で、西は善光寺下を経由して長野が終点です。
by gipsypapa | 2014-06-29 09:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渋温泉 九湯めぐり

c0112559_912458.jpg
 .渋温泉には、昔から地元の人が毎日利用する外湯が九つあります。渋温泉に宿泊すると合鍵をもらい「九湯めぐり(厄除巡浴外湯めぐり)」ができるのです。それぞれ源泉や効能が異なる外湯を、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながらめぐり、最後に温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣して印受すれば満願成就する、いわゆるスタンプラリーです。

泊まった金具屋にも内湯が八つあるので、それらのいくつかに入浴するのが精いっぱい。残念ながら外湯は未経験です。
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_92395.jpgc0112559_921283.jpg
 何かのパロディーか・・・モンハンというそうです。ゲームのモンスターハンターの略で、九湯すべての入口に鎮座して、こちらは「九頭巡り」というスタンプラリーらしい。
c0112559_93037.jpg
c0112559_931110.jpg
c0112559_932246.jpg
c0112559_934029.jpg
c0112559_93573.jpg
c0112559_94740.jpg
c0112559_941824.jpg
c0112559_943087.jpg
c0112559_944211.jpg

渋薬師庵
c0112559_963770.jpg
 九湯めぐりのゴールはこの渋薬師庵です。渋薬師庵の創建は神亀年間(724~29)と古いものですが、現在の御堂は昭和6年(1931)に再建されたもので入母屋、銅瓦棒葺、妻入、1間唐破風向拝。木造平屋建て。

渋薬師庵
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏
撮影 : 2014.3.24
c0112559_972092.jpg
 この細く長い階段を上った先にあります。
c0112559_98370.jpg
c0112559_981653.jpg
c0112559_982751.jpg
c0112559_983764.jpg
 アイルーシルエット?これもモンスターハンター活動の一環かな。どうも「九頭巡り」のゴールもここなんですね。
c0112559_991149.jpg
c0112559_992527.jpg
c0112559_993746.jpg
c0112559_994889.jpg
 同じ高台には廃屋と思われる建物がいくつかあります。
c0112559_911927.jpg
c0112559_9111913.jpg
 轟竜出没・・・・これも??
c0112559_9114854.jpg

by gipsypapa | 2014-06-28 09:14 | | Trackback | Comments(2)

渋温泉の旅館群

 渋温泉の温泉街で、築年などの情報が見つかりませんたが、古そうな旅館やホテルが数多くあります。まとめて紹介します。
撮影 : 2014.3.24 & 25

春蘭の宿 さかえや

長野県下高井郡山ノ内町平穏2171
c0112559_931868.jpg

c0112559_95619.jpg

c0112559_951675.jpg

米屋旅館
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2153
c0112559_965027.jpg
c0112559_97221.jpg

小澤屋
長野県下高井郡山ノ内町平穏2276
c0112559_981057.jpg
c0112559_982094.jpg

多喜本
長野県下高井郡山ノ内町平穏2279
c0112559_9111083.jpg
c0112559_9112172.jpg

小石屋
長野県下高井郡山ノ内町平穏2277
c0112559_9132820.jpg
c0112559_9133941.jpg
c0112559_9134928.jpg

山崎屋旅館
長野県下高井郡山ノ内町平穏2299
c0112559_914161.jpg
c0112559_9142722.jpg

安代館
長野県下高井郡山ノ内町平穏2305-イ
c0112559_9153129.jpg
c0112559_9154021.jpg
c0112559_9155259.jpg
c0112559_916277.jpg

塵表閣
長野県下高井郡山ノ内町平穏2306
c0112559_9165538.jpg


古久屋ホテル

長野県下高井郡山ノ内町平穏2200
c0112559_9172966.jpg

渋温泉の廃業旅館群

 こちらは廃業したと思われる旅館やホテルです。地図上に名前がないこともあり詳細はまったくわかりませんが、いずれも魅力的な佇まいです。
撮影 : 2014.3.24 & 25
小松屋商店
 洗心館 松屋とつぼた屋の間の路地を北上すると、つぼた屋別館の対面に唯一、Google Map 上で名称がある建物があります。3階建ての典型的な和風旅館に見えますが、「おみやげの店小松屋」という看板がかかっていました。しかし営業している雰囲気はなく、二日間ともに閉まっていました。木造3階建て。
長野県下高井郡山ノ内町平穏2230
c0112559_920313.jpg

c0112559_9212694.jpg

本格和風旅館
 温泉街の西の端に近い場所に、間違いなく最近まで旅館だったという建物があります。凝った帝冠風の千鳥破風のある中央部を張り出した、優れた意匠です。これも2階の戸袋は銅板貼りに見えます。木造2階建て、地下1階。
長野県下高井郡山ノ内町平穏2303-ハ
c0112559_9222798.jpg

c0112559_923128.jpg

c0112559_9231177.jpg
c0112559_9232046.jpg

by gipsypapa | 2014-06-27 09:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渋温泉 とんがり屋根の建物

c0112559_8471352.jpg
 温泉街を西に進むと、一風変わった洋館があります。渋温泉ではほとんど見ない下見板貼りの外壁。狭い間口に奥深い奥行きと鋭角な切妻屋根、2か所にあるペディメントの玄関ポーチがひときわ目を引きます。側面が全面ガラス戸というのも珍しく、戸袋も銅板貼りのように見えます。元は旅館か、あるいは企業の保養所だったような気がします。木造3階建て。

とんがり屋根の建物
昭和初期以前
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2318-2 付近 ‎
撮影 : 2014.3. 25
c0112559_848022.jpg
c0112559_848993.jpg
c0112559_8482167.jpg
c0112559_8524895.jpg
c0112559_8581657.jpg
c0112559_8483379.jpg

by gipsypapa | 2014-06-26 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渋温泉 真田家旧本陣つぼたや旅館

c0112559_9264449.jpg
c0112559_9334750.jpg 創業300年余の歴史のある宿で松代藩主真田家の本陣だった「つぼたや旅館」です。昭和初期に建てられた木造建築といわれていますが、明治初期の建物も残っているそうです。木造2階建て。

真田家旧本陣 つぼたや旅館本館
昭和初期
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2052
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_934887.jpg

c0112559_9291273.jpg
c0112559_9292349.jpg
c0112559_9293259.jpg
c0112559_9294188.jpg
c0112559_9295010.jpg
c0112559_9295873.jpg
c0112559_930716.jpg
c0112559_9301530.jpg
 すぐそばに別館もあります。これも同時期の建物に見えます。
c0112559_9305947.jpg
c0112559_931756.jpg
 本館の横の路地。相当に奥行きが深い旅館のようです。
by gipsypapa | 2014-06-25 09:35 | 建築 | Trackback | Comments(0)

渋温泉 もやいの宿 いかり屋旅館

c0112559_828328.jpg
 金具屋に対面する位置にある「いかり屋旅館」。明治末期に創業した老舗の宿で、大正時代に現在の3階建てに建て替え旅館として営業を始めたそうです。木造3階建て。

もやいの宿 いかり屋旅館
大正期
設計 : 不明
施工 : 片桐某(棟梁)
長野県下高井郡山ノ内町平穏2197
撮影 : 2014.3.24 & 25

c0112559_8294888.jpgc0112559_830141.jpg










c0112559_8302260.jpg
c0112559_8303514.jpg
c0112559_8304764.jpg
c0112559_8305976.jpg

by gipsypapa | 2014-06-24 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(0)

渋温泉 洗心館 松屋

c0112559_8494940.jpg
 こちらは昭和初期築の和風旅館。ネット情報によると、現当主が11代目という渋温泉を代表する老舗旅館、洗心館 松屋。名前の由来は、勝海舟や山岡鉄舟とともに“幕末三舟”といわれた幕臣・高橋泥舟がこの地を訪れた際に滞在し、「心洗われる館」と言ったことから名付けられたと伝えられているからだそうです。木造3階建て。

洗心館 松屋
昭和初期
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2222
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_8522954.jpgc0112559_8524124.jpg












c0112559_8531279.jpg
c0112559_8535326.jpg
c0112559_854350.jpg
c0112559_854123.jpg
c0112559_8542154.jpg
c0112559_85429100.jpg

by gipsypapa | 2014-06-23 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渋温泉 湯本旅館

c0112559_9385199.jpg
 渋温泉には古い温泉旅館が多く残っています。しばらくそれらを紹介します。千鳥破風を左右と正面に見せる大型の和風旅館です。内部は大正ロマンの香りをよく残しているとか。個人的には木造2階建てに見えますが、湯本旅館のHPでは3階建てになっています。

c0112559_9393572.jpgc0112559_940333.jpg 













湯本旅館
大正期
設計・施工 ; 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2218
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_941621.jpg
c0112559_941168.jpg
c0112559_9412637.jpg
c0112559_9413612.jpg
c0112559_9414643.jpg
c0112559_9415585.jpg
c0112559_942697.jpg
c0112559_9421564.jpg
c0112559_9422538.jpg

by gipsypapa | 2014-06-22 09:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渋温泉 旧臨仙閣

旧臨仙閣本館
c0112559_9105078.jpg
 横湯川沿いの通りに面した所にも登録有形文化財の旅館があります。金具屋旅館の斉月楼よりも前に建てられ、斉月楼の試作として建てられた旅館だそうです。

 各階に庇や縁を付けた重層的な外観で和風旅館の典型といえます。内部も2階にはベンガラを用いた紅色の壁、3階はなまこ壁の、ほとんど城下町の雰囲気にするなど、見どころが多い内装になっているとか。

 残念ながら10年以上前に廃業して、閉鎖されています。見どころである内部は温泉チャンピオンというブログYoutubeに少しありますので見てください。ちなみに文化遺産オンラインでは、名称が「金具屋別館臨仙閣本館」で所有者が「有限会社金具屋ホテル」となっているので、金具屋旅館の資産と思われますが、再開の気配はなさそうです。国の登録有形文化財の木造3階建て、地下1階。

旧臨仙閣本館
1929(昭和4)年 / 1940(昭和15)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2147-1
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_9134212.jpg

c0112559_9135326.jpg
c0112559_914661.jpg
c0112559_9141572.jpg
c0112559_9142673.jpg
c0112559_9143761.jpg
c0112559_9144923.jpg
c0112559_914581.jpg
c0112559_915876.jpg
c0112559_9151718.jpg
c0112559_9152868.jpg
c0112559_915374.jpg

旧臨仙閣浴堂
c0112559_9165615.jpg
 臨仙館本館の東に細い小路を挟んで、屋根に煙出のある寺院のような建物があります。これも有形文化財に指定されている浴堂で、本館と地下通路でつながっているようです。こちらも閉鎖されているので、YOOMI'S至福温泉日記☆というブログで内部をどうぞ。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧臨仙閣浴堂
1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県下高井郡山ノ内町平穏2147-3
撮影 : 2014.3.24 & 25
c0112559_92012100.jpg
c0112559_9202147.jpg
c0112559_9203034.jpg
c0112559_9203816.jpg
c0112559_920478.jpg

by gipsypapa | 2014-06-21 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)