<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

横浜市情報文化センター

c0112559_1013147.jpg
 道路を挟んで横浜地方簡易裁判所の対面にある横浜市情報文化センター。昭和初期に建てられた旧横浜商工奨励館の背後に高層ビルを建て、旧館を理想的な形で保存したものです。

 南北の角に丸みを持たせ、それぞれに大きな円形の庇の特徴のある出入口を配しています。1階は石貼りで、2階以上は凝石仕上げ。最上階の窓は半円アーチ窓が並んでいます。中央の玄関部は4本の飾り柱を立て、両側に6個の八角形の小窓があるアール・デコスタイルの意匠とし、ポーチの上部に小さなバルコニーを配した凝ったデザインです。横浜市認定歴史的建造物と近代化産業遺産の鉄筋コンクリート造り、4階建て、地下1階。

横浜市情報文化センター
旧横浜商工奨励館
1929(昭和4)年
横浜市認定歴史的建造物
近代化産業遺産
設計 : 横浜市建築課(木村龍雄)
施工 : 岩崎金太郎
横浜市中区日本大通11
撮影 : 2012.12.9
c0112559_10134211.jpg
c0112559_10135146.jpg
c0112559_10135747.jpg
c0112559_10141084.jpg
c0112559_10141227.jpg
c0112559_10142159.jpg
c0112559_10142777.jpg
c0112559_10143728.jpg
c0112559_10144381.jpg
c0112559_10145413.jpg
c0112559_1015144.jpg
c0112559_10151050.jpg
c0112559_10151626.jpg
 このときは内部には入りませんでしたが、後でネット情報を読むと「建物は道路に面する3面の外壁を極力残し、正面玄関から1階と、中央階段をあがり2階に及ぶ空間には、東洋的な意匠が随所にみられる。3階にある、旧貴賓室は和風趣味で照明器具は創建当初のものである。格天井には鳳凰と水蓮の天井画を再現している。この部屋は、竣工後まもなく復興状況を視察した昭和天皇の休息所として造られたものである。」とのこと。もう一度出直さなければ。
by gipsypapa | 2013-09-30 10:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

横浜地方簡易裁判所

c0112559_10111058.jpg
 関内地区の日本大通に面して建つ官庁建築。老朽化により改修工事が行なわれ2001(平成13)年に完工。ファサード保存の一種ですが、大通りに面した正面中央は従来の4階建てのままとして建設当時の面影を残し、後方に鉄筋コンクリート13階建高層棟が増築されました。ある意味、理想的な保存方法といえます。

 庁建築らしい左右対称の建物で、スクラッチタイル貼りの外壁は昭和初期の特徴。車寄せのある大きな玄関ポーチは花崗岩の石貼りで、裁判所にふさわしい重厚で威厳のある意匠となっています。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り、3階、中央部4階建て。

横浜地方簡易裁判所
旧横浜地方裁判所
1930(昭和5)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 大蔵省営繕管財局(小野武雄+保岡豊)
施工 : 大倉土木
横浜市中区日本大通9
撮影 : 2012.12.9
c0112559_10115889.jpg
c0112559_10121263.jpg
c0112559_10122524.jpg
c0112559_10123849.jpg

by gipsypapa | 2013-09-29 10:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本キリスト教団横浜海岸教会

c0112559_135518.jpg
 開港資料館を東側に出ると開港広場の一角に横浜海岸教会の尖塔が見えます。

 1871(明治4)年に石造の小会堂が建てられた、日本のプロテスタント教会発祥の地です。1875(明治8)年には大会堂が建設されて横浜海岸教会と改称されました。両会堂は1923(大正12)年の関東大震災で焼失したため現会堂が再建されました。 塔屋には1875年(明治8年)に鋳造された鐘があるそうです。

 まっ白な壁に上部にローソクの炎をかたどる縦長の窓が整然と並び、ゴシック様式のとがった三角屋根の鐘塔が印象的な教会です。礼拝堂はプロテスタントらしくシンプルで清潔なイメージ。柱のない天井の支持構造はヴォールトではなく△形となっているのが珍しい。

 設計は東京美術学校を出て宮内省内匠寮(ないしょうりょう)に入り、帝室博物館の実施設計にあたった雪野元吉。宮内省内匠寮の技師が何故このような教会の設計を手がけたのかは謎です。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り、3階建て。

日本キリスト教団横浜海岸教会
1933(昭和8)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 雪野元吉
施工 : 宮内工務店
横浜市中区日本大通8
撮影 : 2012.12.9
c0112559_1361248.jpg
c0112559_1371629.jpg
c0112559_1362949.jpg
c0112559_137076.jpg
c0112559_1374513.jpg
c0112559_137125.jpg
c0112559_1365617.jpg
 キャンドル形の階段手すり。
c0112559_137433.jpg
c0112559_1385379.jpg
c0112559_1382251.jpg
c0112559_1382021.jpg
 フランク・ロイド・ライトのような幾何学形の天井。
c0112559_1383381.jpg
c0112559_1391346.jpg
c0112559_1384975.jpg
c0112559_139113.jpg
c0112559_1392792.jpg
 窓もキャンドル形です。
c0112559_13104363.jpg
c0112559_1394063.jpg

by gipsypapa | 2013-09-27 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

横浜開港資料館旧館

c0112559_10194851.jpg
 緑の一角に横浜開港資料館があり、新館と旧館が口の字に建っています。南西側にある旧館は1972(昭和47)年まで英国総領事館として使用されていた建物です。ちなみに北東にある新館は1956(昭和31)年に浦辺建築事務所の設計で建てられたもの。

 旧館に行くには東西の門を通って、アールヌーヴォーの窓枠が付いた入口から入りますが、本来の玄関は口の字の内側、今の中庭に面しています。

 玄関には大きな二本のコリント式円柱、丸天井、弓形の一部が切れた入口上の飾り、大きな要石など18世紀のジョージアンスタイルの都市邸宅の建築様式がこの周辺に凝縮されています。
 
 設計は旧長崎英国領事館本館(1908年)、函館市旧イギリス領事館(1913年)、英国大使館(1930年)と同じく英国工務省。中でも築年が近い英国大使館と似た意匠です。古き横浜のモダンな風情を良い形で残した建物でした。近代化産業遺産の鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階。

横浜開港資料館旧館
旧英国領事館
1931(昭和6)年
近代化産業遺産
設計 : 英国工務省
施工 : 昭和土木建築
横浜市中区日本大通3
撮影 : 2012.12.9
c0112559_10221734.jpg
c0112559_10223458.jpg
c0112559_10232937.jpg

 ここから建物入りました。かつての通用門です。
c0112559_10242252.jpg
 本来の玄関は新館が出来て、口の字に閉じた中庭側にあります。ど真ん中に大きな木があって、正面がうまく写せません。
c0112559_1025689.jpg
c0112559_10244986.jpg
 住宅なのに玄関には大きな二本のコリント式円柱。
c0112559_1025391.jpg
c0112559_10262311.jpg
c0112559_10252127.jpg
c0112559_1026161.jpg
c0112559_10253279.jpg
c0112559_10254650.jpg
c0112559_10261622.jpg
c0112559_1026994.jpg
c0112559_1025593.jpg
 1枚目の写真はは西側、こちらは東側から見ています。
by gipsypapa | 2013-09-26 10:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧東京三菱銀行横浜中央支店

c0112559_125637100.jpg
 イオニア式オーダーが銀行らしい重厚な印象を与える建物で横浜市認定歴史的建造物ですが、いわゆるファサード保存した、日本興亜馬車道ビルと同じく「かざぶた建築」の物件。後ろに建つ高層ビルはD’ グラフォート横浜クルージングタワーという高層マンションです。

 設計は日本興亜馬車道ビルで詳しく紹介した矢部又吉。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

旧東京三菱銀行横浜中央支店
元第百銀行横浜支店
1934(昭和9)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 矢部又吉
施工 : 戸田組
横浜市中区本町4-41
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_12574155.jpg
c0112559_1257151.jpg
c0112559_12581239.jpg

by gipsypapa | 2013-09-25 12:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

横浜銀行協会

c0112559_1341012.jpg
 横浜に本支店を置く銀行の親睦会である横浜銀行集会所として建てられました。現在も横浜銀行協会として使われています。

 外観はほぼ正方形の形。正面に3階部分まで通した7本の柱を立て、柱上にはテラコッタの飾りをつけています。擬石貼りに玄関周りは大理石を使用し、壁面や柱にギリシャ・ローマ風の模様を取り入れていますが、全体的に軽快な印象。

 設計はこのブログでも内閣文庫を紹介し、後に国会議事堂の建設を統括し大熊喜邦(おおくま よしくに1877 - 1952)と娘婿で同じく国会議事堂建設などに関与した林豪蔵。鉄筋コンクリート造り、4階建て。

横浜銀行協会
旧横浜銀行集会所
1936(昭和11)年
設計 : 大熊喜邦+林豪蔵
施工 : 清水組
横浜市中区本町3-28
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_1353370.jpg
c0112559_135115.jpg
c0112559_1353917.jpg
c0112559_136363.jpg
c0112559_1355365.jpg
c0112559_1362968.jpg
c0112559_136621.jpg
c0112559_1364388.jpg
c0112559_1362263.jpg
c0112559_137562.jpg

by gipsypapa | 2013-09-24 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)

三井住友銀行横浜支店

c0112559_2032866.jpg
 昭和初期に建てられ、今も銀行として使われている建物です。比較的おとなしい外観ですが、建物外壁に施された6本のイオニア式オーダーが銀行らしい重厚な印象を与えています。

 設計は数々の三井系のビルを手がけたアメリカのトロウブリッジ&リヴィングストン(Trowbridge & Livingston)建築事務所。このブログでも三井本館三井住友銀行上前津支店を紹介しています。ちなみにこの建物が設計された当時は松田軍平が所属しており、彼の関与が考えられます。鉄骨鉄筋コンクリート造2階建て、地下1階。

三井住友銀行横浜支店
旧三井銀行横浜支店
1931(昭和6)年
設計 : トロウブリッジ&リヴィングストン建築事務所
施工 : 清水組
横浜市中区本町2-20
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_20342870.jpg
c0112559_20345759.jpg
c0112559_20351294.jpg
c0112559_20352982.jpg
c0112559_20354164.jpg

by gipsypapa | 2013-09-23 20:36 | 建築 | Trackback | Comments(6)

北仲BRIC(旧横浜生糸検査所倉庫事務所)

c0112559_17421619.jpg
 横浜第二合同庁舎(旧横浜生糸検査所)の裏にある小ぶりな建物。こちらは当時のまま残っています。これも遠藤於菟の設計で同時期に建てられた生糸検査所の倉庫事務所です。意匠的にも第二合同庁舎と同じコンセプトを使用しています。北仲BRICという看板がありますが、現在は使われていないようです。

 ネット情報によれば、この地区は再開発中であり、この建物は現状のまま保存され、「アジアデザインマネージメントセンター(仮称)」として活用される予定だそうです。鉄筋コンクr-ト造り、3階建て。

北仲BRIC
旧横浜生糸検査所倉庫事務所
1926(大正15)年
設計 : 遠藤於莬
施工 : 大林組
横浜市中区北仲通5-57-2
撮影 : 2012.12.9
c0112559_17425967.jpg
c0112559_1743985.jpg
c0112559_17432086.jpg
c0112559_17433131.jpg
c0112559_17434137.jpg
c0112559_17435111.jpg
c0112559_1744250.jpg
 後方にはもう1棟横長の煉瓦貼りの倉庫と思える建物があり、これも同時期に建てられたのでしょう。整備すれば使えそうなので、この建物を含めて再開発されるのかもしれません。
c0112559_17443171.jpg
 また、古いネット情報では北仲WHITEという旧帝蚕ビルディングがこの一角にあったそうですが、解体されて今はありません。
by gipsypapa | 2013-09-22 17:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

横浜第二合同庁舎

c0112559_2075595.jpg
 横浜港で最も重要な輸出品だった生糸の検査を行う目的で建てられた生糸検査所。神戸にも昭和初期に建てられた旧国立生糸検査所旧市立生糸検査所が残っていますが、横浜のこれはさらに古く大正15年の築です。

 耐震耐久性の問題から取り壊し、1995(平成7)年に新しく23階建ての高層ビル建て、その低層部分に創建当時の建物を新築復元させて、横浜第2合同庁舎として使用しています。つまりファサード保存の大規模版といえます。

 大型の庁舎で、規則的に赤レンガを貼った大きな柱を規則的に並べ、間に白いセメントモルタル塗りの外壁と小柱に囲まれた縦長窓との対比が美しい。建物正面上部に飾られた紋章は、蚕が孵化した巨大な蛾を表わしているそうです。

 設計は鉄筋コンクリート技術の先駆者の一人で、横浜に数々の作品を残した遠藤於莵(えんどう おと1866 - 1943)。横浜市認定歴史的建造物と近代化産業遺産の鉄筋コンクリート造り、4階建て、地下1階。

横浜第二合同庁舎
旧横浜生糸検査所
1926(大正15)年
横浜市認定歴史的建造物
近代化産業遺産
設計 : 遠藤於莬
施工 : 大林組
横浜市中区北仲通5-57
撮影 : 2012.12.9
c0112559_2010917.jpg
c0112559_20101985.jpg
c0112559_20102887.jpg
c0112559_20103884.jpg
c0112559_20104786.jpg
c0112559_20105733.jpg
c0112559_2011638.jpg
c0112559_20111592.jpg
c0112559_20112419.jpg
c0112559_20113318.jpg
c0112559_20114245.jpg

by gipsypapa | 2013-09-21 20:12 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

横浜市開港記念会館

c0112559_1258725.jpg
 横浜三塔の最後は「ジャックの塔」の愛称で市民に公開され親しまれている横浜市開港記念会館。横浜の観光名所になっている、最も華麗な建物です。

 1909(明治42)年の横浜の開港50周年の記念に、市民からの寄付金を基に公募設計を行って建設された横浜市のいわゆる公会堂。翌、大正7年に竣工した大阪市中央公会堂とともに大正期の2大公会堂建築といわれ、双方が国の重要文化財に指定されています。

 1923(大正12)年の関東大震災によって、時計塔と壁体だけを残し、内部が焼失し、屋根ドーム群も欠落しましたが、数回にわたる復旧工事を経て、1964(平成元)年に大正時代そのままの姿に復元しました。

 赤煉瓦と花崗岩をとりまぜた辰野式フリークラシックといわれる様式だそうです。通りに面した3つの隅部に、ひときわ印象的な36メートルの時計塔、角塔と八角塔を配した複雑な形状になっています。

 内部も華麗な構成となっており、多彩な絵模様、色とりどりのステンドグラス窓や大ホールのヴォールト天井、豪華なシャンデリアの列など息を呑む素晴らしさです。

 コンペ原案は、東京帝国大学卒業し、住友総本店臨時建築部(現日建設計)、三菱合資会社(現三菱地所設計)を経て、旧東京市に所属した建築家で、建築行政家として、また都市計画の方面でも活躍した福田重義(ふくだ しげよし1887 -1971)。

 実施設計は横浜市の初代建築課長だった山田七五郎(やまだ しちごろう)と、後に多くの水力発電所の建物設計を手がける佐藤四郎(さとう しろう)が担当。国の重要文化財と近代化産業遺産の煉瓦・鉄骨煉瓦・鉄筋コンクリート造り2階建て、地下1階、塔屋5階建て。

横浜市開港記念会館
旧開港記念横浜会館
1917(大正6)年
重要文化財
近代化産業遺産
設計 : 福田重義(コンペ案)
実施設計 : 山田七五郎、佐藤四郎(横浜市営繕)
施工 : 清水組
横浜市中区本町1-6
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_131471.jpg
c0112559_1312338.jpg
c0112559_1312664.jpg
c0112559_131541.jpg
c0112559_1305912.jpg
c0112559_1314842.jpg
c0112559_131272.jpg
c0112559_1313698.jpg
c0112559_1314475.jpg
c0112559_1322552.jpg
c0112559_1323976.jpg
c0112559_1321596.jpg
c0112559_1325518.jpg
c0112559_1323672.jpg
c0112559_1331487.jpg
c0112559_133223.jpg
c0112559_1333778.jpg
c0112559_133524.jpg
c0112559_134665.jpg
c0112559_1341767.jpg
c0112559_1335393.jpg
c0112559_134783.jpg
c0112559_134992.jpg
c0112559_1342681.jpg
c0112559_135792.jpg
c0112559_1351297.jpg
c0112559_135030.jpg
c0112559_1353857.jpg
c0112559_1352011.jpg
c0112559_1352983.jpg
c0112559_1354293.jpg
c0112559_1355215.jpg
c0112559_1363676.jpg
c0112559_1365047.jpg
c0112559_1365280.jpg
c0112559_1371043.jpg
c0112559_1364376.jpg
c0112559_1372984.jpg

by gipsypapa | 2013-09-19 13:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)