<   2013年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館(乃木館)

c0112559_1391280.jpg
 善通寺にはかつて大日本帝国陸軍第11師団があり、現在も陸上自衛隊の駐屯地です。その一角にある第3キャンプ内に駐屯地資料館があり、初代師団長の乃木希典に因み乃木館という通称で一般公開されています。

 旧陸軍第11師団の司令部だった建物で、木造ルネッサンス様式の大規模な洋風建築です。白い漆喰塗りの外壁に水色の窓枠の上げ下げ窓が整然と並び、ブルーの瓦屋根とともに明るい印象です。明治31年の築とは思えないくらい綺麗に使われています。木造2階建て。

陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館(乃木館)
旧陸軍第11師団司令部
1898(明治31)年
設計 : 不明
施工 : 小野長吉(建築請負人)、木下幾治郎(大工棟梁)
善通寺市南町2-1-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1310018.jpg
c0112559_13101826.jpg
c0112559_13101654.jpg
c0112559_13102352.jpg
 時間がなく周りから撮っただけでした。
by gipsypapa | 2013-04-30 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

善通寺の磯野家住宅

c0112559_161355.jpg
 大正から昭和初期に多くみられる和風住宅に洋館を付した住宅建築です。2階部分に大きな縦長アーチ窓があり、外壁は薄いあずき色のモルタル仕上げ。1階と2階の間にあるロンバルディアバンドや4隅の飾り柱の上部に装飾を施す、凝った意匠です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

磯野家住宅
1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市生野町2146-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_16133048.jpg
c0112559_16134153.jpg
c0112559_16135140.jpg
c0112559_1614184.jpg
c0112559_16141133.jpg
c0112559_1614211.jpg

by gipsypapa | 2013-04-28 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

四国学院大学2号館

c0112559_1391243.jpg
 善通寺は今でも市街地近くには陸上自衛隊の旅団司令部や駐屯地が配置されていますが、明治時代から帝国陸軍の師団が置かれていた軍都だったので、当時の建物が残っています。

この建物は旧陸軍第11師団の兵舎だったもので、今は四国学院大学の校舎として使われています。南側中央に1本石によるロマネスク風の大オーダーと大振りなペディメントの玄関ポーチが特徴です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

四国学院大学2号館
旧陸軍第11師団兵舎棟
1897(明治30)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市文京町3-2-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_13105161.jpg
c0112559_13103019.jpg
c0112559_13103751.jpg
c0112559_13104432.jpg
c0112559_13112218.jpg
c0112559_1311176.jpg
c0112559_13115141.jpg

by gipsypapa | 2013-04-26 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

善通寺の水尾写真館

c0112559_1324353.jpg
 まっ白な下見板貼りの外壁に鮮やかなブルーの窓枠が印象的なお洒落な写真館。中央上部に「水尾」の文字が見えます。シンプルながらよく手入れされていて、明るい外観は町の景観を形成しています。市民の記念写真はここかな。国の登録有形文化財の木造2階建て。

水尾写真館
1913(大正2)年
登録有形文化財
設計 : 水尾与一(自家設計)
施工 : 不明(宮大工)
善通寺市上吉田町3-4-6
撮影 : 2012.2.27
c0112559_133439.jpg
c0112559_1341638.jpg
c0112559_1342517.jpg
c0112559_134612.jpg
c0112559_1341477.jpg
c0112559_1342778.jpg

by gipsypapa | 2013-04-25 13:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)

善通寺の大川家住宅

c0112559_13201389.jpg
 先端を折り曲げた急勾配の屋根とハーフティンバー風の妻面が目を引く洋館。白いモルタル仕上げの外壁に縦長窓が並ぶ明るいデザインです。写真では捉えきれていませんが玄関ポーチの装飾も凝ったものです。西側にある大川酒店の住居でおもに応接用に使われていたそうです。国の登録有形文化財の木造2階建て、屋根裏部屋付き。

大川家住宅
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市上吉田町3-7-20
撮影 : 2012.2.27
c0112559_13205765.jpg
c0112559_132122.jpg
c0112559_13213938.jpg
c0112559_132156100.jpg
c0112559_1321408.jpg
c0112559_13221181.jpg
 また最初の写真の左に見える黒漆喰塗りで屋根にむくりを付けた重厚な外観の建物は大正12年から製造している酒店で、これも国の有形文化財の木造2階建て。
by gipsypapa | 2013-04-24 13:25 | 建築 | Trackback | Comments(4)

善通寺市郷土博物館

c0112559_13445483.jpg
 偕行社(かいこうしゃ)は戦前には旧大日本帝国陸軍将校・陸軍将校生徒・陸軍高等文官の、戦後はそのまま陸上自衛隊・航空自衛隊幹部自衛官の親睦組織です。全国には戦災を免れた偕行社の社交倶楽部がいくつか残っていて、いずれもレトロ建築としては有名で、これはその一つです。現在は善通寺市立郷土館になっています。

 ちなみに他には主なものとして旭川市の旧旭川偕行社(第7師団)、弘前市の旧弘前偕行社(第8師団)、金沢市の旧金沢偕行社(第9師団)、豊橋市の旧豊橋偕行社(第15師団)、岡山市の旧岡山偕行社(第17師団)などが現存しています。

 建物は東西に長い平屋建てで,北側正面の中央に大きく張り出した玄関ポーチがあり、南には芝庭が広がっています。内部も見学が可能で、玄関の左右に同形式の応接室、廊下を挟んで南側中央に大広間,東端に南北二室の貴賓室,西端に食堂とうい構成。

 簡明なルネサンス様式の意匠でまとめられた洋風建築で,陸軍省営繕組織の確立期における建築作品の作風をよく伝える貴重な遺構として国の重要文化財に指定されています。木造平屋建て。

善通寺市郷土博物館
旧陸軍第11師団偕行社
1903(明治36)年ころ
重要文化財
設計 : 陸軍省営繕組織
施工 : 北村宗八
善通寺市文京町2-1-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1346289.jpg
c0112559_13462133.jpg
c0112559_13463091.jpg
c0112559_1346361.jpg
c0112559_13465447.jpg
c0112559_13465286.jpg
c0112559_1347011.jpg
c0112559_13472479.jpg
c0112559_13471535.jpg
c0112559_13472521.jpg
c0112559_1347364.jpg
c0112559_1347465.jpg
c0112559_13481132.jpg
c0112559_1348590.jpg
c0112559_13481382.jpg
c0112559_1348211.jpg
c0112559_13483056.jpg

by gipsypapa | 2013-04-23 13:50 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

善通寺の瀬川酒店

c0112559_1375475.jpg
 JR善通寺駅から西方へ行くと、善通寺市役所の対面に古い造り酒屋があります。通り沿いに建つ店舗は長大な入母屋造の本瓦葺屋根葺き。隣の東蔵は妻面を通りに見せ、腰回りは海鼠壁です。

 善通寺らしく「師団一」という銘柄の造り酒屋ですが、なぜか表には琴平で見た丸尾醸造所の「凱陣」酒樽が積んでありました。店舗主屋、東蔵とも国の登録有形文化財の木造平屋建て。

瀬川酒店
1917(大正6)年
登録有形文化財
設計・施工 : 音田定吉(棟梁)
善通寺市上吉田町1-4-10
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1310052.jpg
c0112559_1310983.jpg
c0112559_1310163.jpg
c0112559_13102519.jpg
c0112559_13103735.jpg
c0112559_13104568.jpg

by gipsypapa | 2013-04-22 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)

JR善通寺駅

c0112559_2184490.jpg
 善通寺市の表玄関です。駅舎には珍しく左右非対称。正面やや北寄りに切妻造でハーフティンバー風意匠の車寄せのあるポーチを張り出しています。舟肘木状の持送りなどには和風意匠も見られます。大正期の築ですが、一見して古さを感じませんので、近年に大幅に改修されたと思います。国の有形文化財の木造平屋建て。

JR善通寺駅
1922(大正11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市文京町1-7-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_2194375.jpg
c0112559_2110019.jpg
c0112559_21101141.jpg
c0112559_21102263.jpg
c0112559_21103614.jpg
c0112559_21104682.jpg
c0112559_21105666.jpg
c0112559_21111229.jpg
c0112559_2111353.jpg
  1,2番ホーム上屋、跨線橋も国の登録有形文化財です。
c0112559_2112495.jpg

by gipsypapa | 2013-04-21 21:14 | 建築 | Trackback | Comments(0)

香川県の善通寺市

c0112559_13111683.jpg
 琴平で1泊し、帰りにJR善通寺駅に途中下車してレトロな建物を訪ねました。善通寺市といえば、空海の生誕地のため四国八十八ヶ所が5霊場あります。最も有名なのは第七十五番の善通寺。また明治時代から帝国陸軍の師団が置かれていた軍都でもあり、今でも市街地近くには陸上自衛隊の旅団司令部や駐屯地が配置されていて、古い歴史を持つ都市です。

途中、善通寺の境内を通り抜けましたが、国宝から重要文化財、登録有形文化財の宝庫で数えきれないくらい。今となってはどの建物が何だったか区別がつきません。ほとんどが江戸時代の建物です。

五岳山 誕生院 善通寺
善通寺市善通寺町3-3-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_13115336.jpg
c0112559_13115741.jpg
c0112559_1312074.jpg
c0112559_13125553.jpg
c0112559_1313152.jpg
c0112559_1313432.jpg
c0112559_13123845.jpg
c0112559_13123981.jpg
c0112559_13125481.jpg

by gipsypapa | 2013-04-19 13:14 | | Trackback | Comments(2)

琴平の東條接骨院

c0112559_1319693.jpg
 琴平街道を更に東へ進むと、レトロな洋館が見えてきます。寄せ棟の屋根やむくり屋根の玄関は和風で、壁と窓の形状は洋風の和洋折衷です。木造平屋建て。

東條接骨院
1936(昭和11)年
設計・施工 : 不明
仲多度郡琴平町榎井69-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1320257.jpg
c0112559_13201673.jpg
c0112559_13202915.jpg
c0112559_13203675.jpg
 これで琴平町を終わり、次は善通寺市へ移動します。
by gipsypapa | 2013-04-18 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)