<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

博物館明治村 高田小熊写真館

c0112559_12524788.jpg
 銀板写真と呼ばれる写真術が日本に渡来したのは幕末1840年代のことである。続いて1850年代の末頃湿板写真が導入され、明治中期には乾板写真に移行し、さらに今日のフィルムへと変遷をとげた。

 明治時代においては、写真術は高度な理化学の知識と長年月の修練を要し、誰にでも簡単にできるというものではなかった。このため写真師は文明開化の花形職業として高い収入と大きな名声を得ていたのである。

 この建物は、昔から豪雪地として知られ、日本のスキー発祥の地である越後高田の街なかに、明治41年(1908)頃建てられた洋風木造二階建の簡素な写真館である。階下には応接間、暗室のほか作業室兼用の居室があり、二階に写場(スタジオ)が設けられていた。創建以後、時世の変化に応じて増築や模様替えが重ねられていたため、移築に際しては創建時の姿に復原することに努め、背面及び内部の後補部分は取り去った。しかし、正面の突出部分は改造後の姿をそのまま復原した。 大工棟梁によって地方に建てられた明治末大正初期の写真館の俤が偲ばれる。

 当時、写真師が写場を設営するにあたり最も苦労したのは、人工照明がないため、外光を写場にいかに効果的に取り入れるかであった。そのため屋根やカーテン、反射板等に様々な工夫が凝らされ、この写真館でも北側の屋根を全面ガラス張にし、独特の白黒天幕を用いて光景を調節できるようにしている。又、写真師は写真館の外観とともに、「書割」と呼ばれるバックや小道具にも力を注ぎ、専門の絵師にバックを描かせたり、高価な舶来の小道具を購入する等、その豪華さを競い合った。


博物館明治村 高田小熊写真館
1908(明治41)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 新潟県上越市本町
犬山市内山5-65博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_12541362.jpg
c0112559_1254208.jpg
c0112559_12542888.jpg
c0112559_12543474.jpg
c0112559_12544098.jpg
c0112559_12544723.jpg
c0112559_12545511.jpg
c0112559_1255029.jpg
c0112559_1255844.jpg
c0112559_12551847.jpg
c0112559_12552587.jpg
c0112559_12553522.jpg
 明治初期の湿板写真は、ガラス板の上に乳剤を塗り、それが乾かないうちに写したため、この名がある。写したガラス板のネガは黒いビロードにのせてポジ像に見せ、これを桐箱に入れて客に渡した。 撮影には長時間の露出を要するため、「首おさえ」や「胴おさえ」を使って体を固定した。
by gipsypapa | 2012-11-30 12:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 菊の世酒蔵

c0112559_14242390.jpg
 この建物は、西洋館の多い明治村の中では珍しく和風瓦葺の蔵であって、梁間九間(約16m)桁行十八間(約33m)、外壁に厚い土壁を塗り廻した二階建部分と、幅二間(約3.6m)の吹き放ちの庇部分からなる。明治28年(1895)愛知県の刈谷にあった菊廣瀬酒造の仕込み蔵として建てられたが、もとは明治の初め刈谷から程遠くない三河湾近くの新川(碧南市)に穀物蔵として造られたものを移したという。

 明治村は、昭和44年(1969)この建物を解体保存していたが、十数年を経た昭和58年(1983)12月に移築公開した。移築に当たり、広い蔵の内部を明治村の収蔵庫兼展示場に利用するため、鉄筋コンクリートで新たに地下室を設けるとともに、内部構造の一部を変更した。南半分は旧来の蔵造として遺したが、北半分は鉄筋コンクリート造に置き換え、下見板を張り廻して外観の様式を整えた。

 尚、蔵造部分の一階には、酒蔵に因んで、酒造りに関する多数の資料を展示しており、入口の杉玉もその一例である。

 大屋根を支える小屋組は、古い民家の形式である。梁間を三等分し、中央の部分を本屋、両側を下屋といい、本屋は背の高い二本の独立柱を立て大梁を架けて鳥居形とし、上に和小屋を組む。下屋は外壁の側柱から登り梁を本屋桁に掛け渡している。


博物館明治村 菊の世酒蔵
1868(明治初)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 愛知県刈谷市銀座
犬山市内山5-64博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_14255164.jpg
c0112559_14255934.jpg
c0112559_1426772.jpg
c0112559_14261451.jpg
c0112559_1426212.jpg
c0112559_14263036.jpg
c0112559_14263934.jpg
c0112559_1426469.jpg
c0112559_14265418.jpg
c0112559_1427393.jpg
c0112559_14271277.jpg
c0112559_14272251.jpg
 酒造りは、雪国や山村の農民、漁民ら出稼者で組織される「蔵人」にまかされる。蔵人の引率者が「杜氏」、その補佐が「頭」と呼ばれる。その下に、酒造りの大切な工程麹づくりの責任者「大師」(麹師などともいう)、醗酵のための酵母菌をふやす作業の責任者「廻り」が続く。また、道具の管理、酒しぼり、蒸米など役割に応じて責任者が決められ、それら責任者の下に「上人・中人・下人」らの職人がいた。この菊の世酒蔵内には、酒造りの道具が工程順に置かれ、当時の酒造りの様子が偲ばれる。
by gipsypapa | 2012-11-29 14:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 宮津裁判所法廷

c0112559_13272290.jpg
 古来日本では裁判所を行政官庁から独立させる思想はなく、むしろ行政官庁が同時に裁判所でもあることが原則となっていたが、明治元年(1868)の政体書の中で、太政官の権力を立法・行政・司法の三権に分離し、司法権を掌る刑法官を設けたのを端緒として、司法権の独立へと向かうことになった。明治4年(1871)司法省が置かれ、同8年最上級審として大審院が、翌9年には各地に4つの上等裁判所と23の地方裁判所が創設された。

 そののち幾度かの改編を重ねて整備が進み、明治23年(1890)の裁判所構成法により司法制度はその確立をみた。制度の改良と時を同じくして法律も整備され、明治15年にはフランス法系の治罪法が定められ、同23年には治罪法を改正して刑事訴訟法が制定された。このような司法制度確立期の明治19年に宮津裁判所は建てられ、この法廷はその一部である。

 控訴裁判所などの上級審が洋風レンガ造で造られたのに対し、和洋折衷の木造で建てられた。立式を採用した法廷内部や、窓、出入口などに洋風の影響を見ることができるが、明治村の中の他の多くの和洋折衷建物がペンキ塗であるのに対し、この建物は素地のままであり、和風の意識が強いことを表している。

 宮津裁判所全体の形は左右対称のH型で、中央に二階建の管理棟、左右両翼に法廷棟が配されていた。管理棟には、玄関、応接所、正庁、会議室などがあり、法廷棟には法廷のほか予審廷、検事調所があった。明治村に移築されているのは、右翼の刑事法廷棟である。

 法廷を復元するに当たり、明治村では人形を用いて当時の法廷風景の再現を図った。高い壇上に裁判官と検事、書記が座を占め、弁護士、被告人は下段に置かれている。法廷への入口も分けられており、裁判官達は廊下づたいに、弁護士、被告人は外の廻廊から入るよう定められていた。


博物館明治村 宮津裁判所法廷
1886(明治19)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 京都府宮津市本町
犬山市内山5-63博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_13284845.jpg
c0112559_1328551.jpg
c0112559_1329154.jpg
c0112559_1329834.jpg

by gipsypapa | 2012-11-28 13:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 金沢監獄中央看守所・監房

c0112559_1482447.jpg
 金沢監獄では、広い敷地の北半分が管理のための建物群で占められ、南半分に舎房が置かれた。ここでも洋式舎房が採用されており、八角形の中央看守所を中心に、左右及び正面奥と左右斜め奥に五つの舎房が放射状に配され、右の舎房から順に第一、第二…第五舎房と名付けられた。

 移築復原に当たっては、先の正門と中央看守所、第五舎房の一部だけが遺されたが、当時の洋式監獄の形を十分にうかがうことができる。

 木造桟瓦葺で外壁に洋風下見板を張り、中央看守所の窓には上ゲ下ゲ硝子戸を建て込んでいる。外見上は普通の西洋館の外壁と変わらないが、実は三重壁になっており、内外が厳重に区切られている。建築技法だけに限って考えると、近代の防音、断熱の先駆的な実例とも言える。看守所上部の見張り櫓へは小屋裏を抜けて昇るようになっており、その高さは地上高12mに達する。

広い廊下の左右に独居房の重い扉が整然と並ぶ第五舎房の内部。扉の上には換気用の小窓が開けられ、衛生面に留意したことがうかがわれる。小屋組も合理的に設計されており、大梁の廊下部分は鉄筋に置き換えて組まれている。長い廊下の見通しを良くするための配慮であろう。

差渡し14mの広い中央看守所の中央には看視室が置かれ、ここから各舎房の廊下が一目で見渡せるようになっている。現在ここに置かれている看視室は金沢監獄のものではなく、網走監獄で使われていたものである。


博物館明治村 金沢監獄中央看守所・監房
1907(明治40)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 石川県金沢市小立野
犬山市内山5-62博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_1493951.jpg
c0112559_1494687.jpg
c0112559_1495570.jpg
c0112559_1410058.jpg
c0112559_1410631.jpg
c0112559_14101880.jpg
c0112559_14102477.jpg
c0112559_14103183.jpg
c0112559_1410413.jpg
c0112559_14105038.jpg
c0112559_14105890.jpg
c0112559_1411473.jpg
c0112559_14111692.jpg

by gipsypapa | 2012-11-27 14:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 前橋監獄雑居房

c0112559_14505178.jpg
 「監獄則並図式」(1872)に沿って、前橋監獄でも十字放射型配置の舎房が造られた。しかし、構造は和洋折衷の面白いもので、洋小屋に越屋根を載せているが、房廻りの構造は江戸時代以来の日本の牢屋の形式をそのまま伝えている。太く堅い栗材を密に建て並べ、貫を通して鳥籠状に囲い、床や天井も堅固に組まれている。

 飲食から排便に至るまで同じ狭い房内で行われるため、とかく不衛生になりがちな監獄であるが、ここでは房廻り、廊下とも全て吹きさらしになっているため、風通しが大変良く、その面での心配は少ない。

 移築に当たり、左右合わせて21房あったものを切り縮め、9房と洗い場を復原している。
 素通しの房廻りとは言え、入口の周囲には板がはめ込まれ、中からは錠に手が届かないようになっている。その反面、扉には小さな窓が開けられ、扉の背後に隠れることを防ぐための配慮もなされている。


博物館明治村 前橋監獄雑居房
1887(明治21)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 群馬県前橋市南町
犬山市内山5-61博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_1452527.jpg
c0112559_1453562.jpg

by gipsypapa | 2012-11-26 14:53 | 建築 | Trackback | Comments(0)

博物館明治村 東京駅警備巡査派出所

c0112559_10123176.jpg
 明治41年(1908)、それまで品川を起点としていた東海道線を皇居正面の丸の内まで延長し、新しい中央停車場を建設する工事が開始された。その大工事は大正3年(1914)竣工、東京駅と命名され開業したが、その折駅前広場を整備する中で、この派出所が建設された。

 駅本屋との調和をはかるため、駅本屋のデザインを十二分に意識した設計がなされている。隅切り八角形の外形で、その屋上に小塔を置き、正面軒上に半円のぺディメントを、窓上には小庇を設け、腰壁に白い帯状装飾を廻らしている。構造は鉄筋コンクリート造で、化粧レンガを張って仕上げている。レンガ積ではなく鉄筋コンクリートの躯体に化粧レンガを張る工法は、当時日本で行われはじめた新しい工法であった。

 首府東京の表玄関であった東京駅では、天皇の地方巡幸や外国使節の従来など重要行事が多く、一時は12人もの巡査が詰めていたという。

 大正3年に完成した東京駅本屋は、日本建築界の第一人者、辰野金吾の設計になり、鉄骨レンガ造三階建、床を鉄筋コンクリートで造った長さ330m余の壮大な建物である。当初の計画では当時新工法として注目をあびていた鉄筋コンクリート造で全てを造ることも考えられたが、最終的には辰野博士が得意とするレンガ造で建設することに決したと言う。


博物館明治村 東京駅警備巡査派出所
1914(大正3)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 東京都千代田区丸の内
犬山市内山5-60博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_10141146.jpg
c0112559_10132489.jpg
c0112559_10142848.jpg
c0112559_10135391.jpg

by gipsypapa | 2012-11-22 10:14 | 建築 | Trackback | Comments(4)

博物館明治村 内閣文庫

c0112559_14121717.jpg
 内閣文庫は、明治6年(1873)赤坂離宮内に太政官文庫という名で開設された明治政府の中央図書館である。明治23年(1890)内閣制度の制定とともに内閣文庫と改称され、昭和46年国立公文書館が設立されるまで、内外の古文書研究家に広く利用された。

 その蔵書は、紅葉山文庫本、昌平坂学問所本をはじめ和漢書籍、記録など旧徳川幕府ゆかりの書籍を中心とし、さらに明治政府が集めた古文書・洋書を加えて、我が国の中世から近代までの文化、中国の明、清代の文化に関する貴重な内容である。

この建物は明治44年、皇居大手門内に新築された内閣文庫庁舎のうちの本館・事務棟である。本格的なルネッサンス様式のデザインで、明治のレンガ・石造建築の教科書的作品である。特に正面中央には高さ7m余の4本の円柱と2本の隅角柱が並び、巨大なぺディメントを受け、その姿は古代ギリシャ・ローマの新殿建築を思わせる。

 設計は明治40年に横河工務所から大蔵省臨時建築部に移籍したばかりの若い大熊喜邦の手になる。その後の大熊は官庁建築の本流に位置し、昭和11年には、現国会議事堂完成を指揮するに至った。


博物館明治村 内閣文庫
1911(明治44)年
登録有形文化財
設計 : 大熊喜邦(大蔵省臨時建築部)
施工 : 鈴木市郎(大丸組)

旧所在地 : 東京都千代田区千代田
犬山市内山5-59博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_14125056.jpg
c0112559_14134754.jpg
c0112559_14135313.jpg
c0112559_14133211.jpg
c0112559_14135412.jpg
c0112559_14134275.jpg
c0112559_14141115.jpg
c0112559_14141995.jpg
c0112559_14143788.jpg
c0112559_1414464.jpg
c0112559_1414175.jpg
c0112559_14142661.jpg
c0112559_14151351.jpg
c0112559_14145678.jpg

by gipsypapa | 2012-11-21 14:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 皇居正門石橋飾電燈

c0112559_13351436.jpg
 皇居正門の「石橋」は皇居前広場から皇居に通じる橋である。江戸時代からこの場所には「西の丸大手橋」と呼ばれる木橋が架けられていた。明治宮殿造営に際して二重橋の鉄橋も木橋から架け替えられたが、この「石橋」も木橋に替わり架けられた。橋体の設計は当時皇居御造営事務局の技手であった久米民之助、欄干の装飾は同じく河合浩蔵であった。

 橋は、明治19年3月に起工され明治20年12月に竣工した。岡山産大島花崗岩造りで、橋の渡り35.3m、幅12.8mで、橋脚は橋を均整の取れた形とするため、円弧のアーチを二つ並べた眼鏡橋の形に設計されている。この橋は、昭和23年から行われている一般参賀に開放されるが、それまでは、天皇、皇后、皇族、あるいは外国の貴賓と大公使に限って通行できた。

 橋の両側に高さ114cmの石の手すりがありその間に高さ174cmの男柱が片側3本ずつ計6本ある。それぞれの男柱石の上に青銅鋳造飾電燈計6基が設置された。皇居造営に伴い皇居内外に、この飾電燈を含めて900を超える電燈が設置された。電燈ははじめガス燈にする予定であったが、ドイツ人技術者オーベンにより電燈の照明度と安全性が上申され、電燈を採用することとなり東京電燈会社によって建設された。

 長年使われてきた6基の飾電燈は、昭和61年9月、鋳型を取って新しく鋳造されたものと交換され、取り外されたもののうち1基が明治村に払い下げられた。明治村では男柱石を新材で製作しこれを台座としてその上に飾電燈を展示している。


博物館明治村 皇居正門石橋飾電燈
1893(明治26)年
登録有形文化財
設計 : 久米民之助+河合浩蔵
施工 : 不明
旧所在地 : 東京都千代田区千代田
犬山市内山5-58博物館明治村内
撮影 : 2012,3,10
c0112559_13381678.jpg
c0112559_13382742.jpg
c0112559_13383856.jpg

by gipsypapa | 2012-11-20 13:41 | 建築 | Trackback | Comments(0)

博物館明治村 川崎銀行本店

c0112559_12592669.jpg
 川崎銀行本店は、ルネッサンス様式を基調としており、当時の銀行・会社の本店建築の中でも本格的銀行建築である。構造は鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造、外壁は御影石積で地上3階、地下1階建、間口約38メートル、高さ約20メートルの建築であった。関東大震災以前の大正10年に起工され、6年間の工期を費やして昭和2年に竣工した。設計者の矢部又吉は、ドイツのベルリン工科大学に学び、帰国後多くの銀行建築を設計したが、この建物はその代表作といえる。

 東京の中心地、日本橋のシンボルとして永く人々に親しまれてきたこの建物は、昭和61年ビル立て替えのため惜しくも取り壊され、正面左側角の外壁部分が明治村へ移築された。日本橋に建て替えられた新ビルは、旧建物の中央玄関部分や柱のキャピタル部分などを保存再利用し、旧建物の面影を活かしたポストモダーンのデザインとなっている。あわせて参考にすべきであろう。


博物館明治村 川崎銀行本店
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計 : 矢部又吉
施工 : 不明
旧所在地 : 東京都中央区日本橋
犬山市内山5-57博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_1311339.jpg
c0112559_1312196.jpg
c0112559_1312774.jpg
c0112559_1313556.jpg
c0112559_1314179.jpg
c0112559_1314913.jpg
c0112559_1315889.jpg
c0112559_132775.jpg
c0112559_1321541.jpg

by gipsypapa | 2012-11-16 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(4)

博物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂

c0112559_1364037.jpg
 キリスト教は天文18年(1549)、宣教師フランシスコ・ザビエルによって伝えられたが、その後、豊臣秀吉、次いで徳川家康の政権時に禁制となり、実に二百数十年を経た、明治6年(1873)に禁教が解かれた。

 この建物は明治12年(1879)頃、長崎湾の伊王島に創建された教会堂である。開国後、長崎の町に建てられた最初の教会は大浦天主堂(1865年完成)で、それから15年後のことであった。

 大明寺教会堂は、フランス人宣教師ブレル神父の指導のもと、地元伊王島に住んでいた大渡伊勢吉によって建てられた。若い頃、大浦天主堂の建設にも携わった伊勢吉は、当時の知識をこの教会堂に注ぎ込んだのである。

 内部こそゴシック様式だが、外観は、鐘楼を除けば、普通の農家の姿に過ぎず、いまだキリスト教禁制の影響を色濃く残している。教会堂内部は、一般的には中央身廊と左右側廊からなる三廊式である。

 明治村の聖ザビエル天主堂などの典型的なゴシック様式の教会堂では、列柱は大きなアーチでつながれ、大アーケードと呼ばれるが、この大明寺教会堂では一本おきに柱頭飾りから下の柱を取り払った姿になっている。連なる小さなアーチのそれぞれに柱を建てると堂内が大変窮屈になってしまうためで、木造だからできた離れ業といったところだろう。

 正面の土間や鐘楼は、創建後の増築である。このような地方の教会は創建の時に全てが完成しているものではなく、時代を経て少しづつ人々の手が加えられたのである。

 「コウモリ天井」とは、建築用語で「交差リブヴォールト」と言い、西洋のゴシック様式の教会建築によく見られる。柱の間に渡されたアーチ型のリブを骨として天井を支えている。この教会では木製のリブを骨として、竹小舞を球形の鳥籠のように編み上げ、両面に荒土、漆喰を塗り重ねてある。ちなみに「コウモリ」とは、骨の姿がコウモリ傘に似ているからである。

 また左右の側廊の天井は、日本風の「竿縁天井」を少し曲げて曲面にし、西洋のヴォールト天井に似せたものと思われる。


博物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂
1879(明治12)年
登録有形文化財
設計 : ブレル神父+大渡伊勢吉
施工 : 大渡伊勢吉
旧所在地 : 長崎県西彼杵郡伊王島
犬山市内山5-56博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_1383989.jpg
c0112559_1384665.jpg
c0112559_1383787.jpg
c0112559_13915.jpg
c0112559_139835.jpg
c0112559_1385935.jpg
c0112559_139266.jpg
c0112559_1393414.jpg
c0112559_1394337.jpg
c0112559_1395025.jpg
c0112559_1310571.jpg
c0112559_1310947.jpg
c0112559_13102857.jpg
c0112559_13104398.jpgc0112559_13104957.jpg



























c0112559_13112771.jpg
 1858年、フランス、ピレネー山麓の町ルルドのとある洞窟で聖母マリアが出現するという奇跡が起こった。それにあやかって世界各地の教会で「洞窟」の再現が行われた。それが、「ルルドの洞窟」である。

 通常、「ルルドの洞窟」を設ける時には、教会敷地の一部に岩山を作り、洞窟を掘るのであるが、この大明寺教会堂では室内に設けられており、それだけに、日本でも珍しい教会堂として数えられる。押入れのような凹みに小さな鳥籠状の竹小舞を編み上げ、岩の様に泥を塗りつけて仕上げてある。

c0112559_13122616.jpg

by gipsypapa | 2012-11-15 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)