<   2012年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

北海道開拓の村 廊下

c0112559_1404359.jpg
 廊下は、陸揚げしたニシンを一時収蔵するための施設であるが、漁期後は船・櫂・櫓などの大型の漁労具や加工用具を収納する倉としても利用された。壁の落とし板構造は、魚の搬入や建物の周囲で行われた「ニシンつぶし」と称した加工作業に便利なように工夫したものである。

北海道開拓の村 廊下
大正中期 (再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : -
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 漁村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1412782.jpg
c0112559_1413523.jpg
c0112559_141423.jpg
c0112559_1414865.jpg
c0112559_1415444.jpg

by gipsypapa | 2012-06-29 14:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧青山家漁家住宅

c0112559_130538.jpg
 青山家は、安政6年(1859)山形県から渡道し、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営した漁家である。建網経営には番屋をはじめ網倉、船倉のほか海産干場、船入澗など多くの施設、設備を必要とした。鰊漁場の建物が、このように集約的に保存されているところは少なく、貴重な遺構の一つである。

北海道開拓の村 旧青山家漁家住宅
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 小樽市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 漁村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1314252.jpg
c0112559_1315098.jpg
c0112559_131586.jpg
c0112559_132557.jpg
c0112559_1321160.jpg
c0112559_1321843.jpg
c0112559_1322530.jpg
c0112559_1323319.jpg
c0112559_1322625.jpg
c0112559_1324023.jpg
c0112559_133757.jpg
c0112559_1331572.jpg
c0112559_133235.jpg
c0112559_13331100.jpg
c0112559_133392.jpg
c0112559_1334696.jpg
c0112559_1335480.jpg
c0112559_134486.jpg
c0112559_1341382.jpg
c0112559_134622.jpg
c0112559_1341729.jpg
 小樽編で紹介したにしん御殿小樽貴賓館は青山家の別邸で、こちらは本邸。祝津のにしん漁の三大網元といわれた青山家、白鳥家茨木家の一つがここに移設されているわけです。
by gipsypapa | 2012-06-28 13:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北海道開拓の村 旧土谷家はねだし

c0112559_11394669.jpg
 はねだしは、鰊漁家の付属施設として海岸の地形に合わせ海側へ跳ね出す形で建てられた倉である。床には開口部が設けられており、直接荷物の出し入れを行うこともできる。この倉は漁具、漁穫物、魚粕・身欠鰊・数の子などの加工品を収納するために使用された。

北海道開拓の村 旧土谷家はねだし
1887(明治20)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 二海郡八雲町
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 漁村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1140921.jpg
c0112559_11402961.jpg
c0112559_1140379.jpg
c0112559_11402767.jpg

by gipsypapa | 2012-06-27 11:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧札幌師範学校武道場

c0112559_1014247.jpg
 この建物は、北海道教育大学札幌校の前身である北海道札幌師範学校の武道場として昭和4年(1929)に建設された。入母屋造り、平入りの和風建築意匠を強調した木造平屋建ての建物で、剣道、柔道場として使用されたが、戦後昭和24年(1949)からは一時図書館、ついで第二体育館として利用された。

北海道開拓の村 旧札幌師範学校武道場
1929(昭和4)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_10151554.jpg
c0112559_1015222.jpg
c0112559_10152912.jpg
c0112559_10153532.jpg
c0112559_10154375.jpg
c0112559_10154099.jpg
c0112559_10155982.jpg
c0112559_10155687.jpg
c0112559_10161523.jpg
c0112559_1016254.jpg
c0112559_10162546.jpg

by gipsypapa | 2012-06-26 10:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧札幌農学校寄宿舎

c0112559_14411980.jpg
 開拓使仮学校に始まる札幌農学校(現北海道大学)は、明治9年(1876)現在の時計台付近に開学した。明治36年に現在の大学の位置へと移転して寄宿舎も新築され、同40年に“恵迪寮(けいてきりょう)”と命名された。当時は玄関棟と2棟36室および厨房棟があったが、ここでは玄関棟と2棟12室を復元した。

北海道開拓の村 旧札幌農学校寄宿舎
1903(明治36)年(復元)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市北区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_14415744.jpg
c0112559_144295.jpg
c0112559_14421582.jpg
c0112559_14422148.jpg
c0112559_14422777.jpg
c0112559_1442291.jpg
c0112559_14424298.jpg
c0112559_14424455.jpg
c0112559_14425831.jpg
c0112559_1443750.jpg
c0112559_14431650.jpg
c0112559_14432415.jpg
c0112559_14433014.jpg
c0112559_14434222.jpg
c0112559_14434941.jpg
c0112559_14435749.jpg
c0112559_1444125.jpg
c0112559_14441837.jpg
c0112559_14442850.jpg
c0112559_14443363.jpg
c0112559_14444574.jpg
c0112559_14445376.jpg
c0112559_1445057.jpg

by gipsypapa | 2012-06-25 14:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧札幌拓殖倉庫

c0112559_11201339.jpg
 札幌軟石を使用したこの倉庫は、五十嵐倉庫合名会社より明治45年創立の札幌拓殖倉庫株式会社に引きつがれた。この建物は札幌駅北側に隣接し、線路に直角に位置していた6棟の内の一番西側の棟である。開拓期の農産物の集散に大きな役割を果たし、地域の発展に貢献した。

北海道開拓の村 旧札幌拓殖倉庫
1907(明治40)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1121480.jpg
c0112559_11211860.jpg
c0112559_11213283.jpg
c0112559_11214225.jpg
c0112559_11215281.jpg
c0112559_112213.jpg
c0112559_11221052.jpg

by gipsypapa | 2012-06-24 11:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧広瀬写真館

c0112559_13221724.jpg
 この建物は、大正末期から昭和33年(1958)まで岩見沢市街で営業した写真館を再現した。外観は洋風であるが、内部の多くは和風で、和洋折衷の建物である。撮影には自然光を用いたため、写場は2階に設け、北側の屋根をシングルスラントと呼ばれた斜めのガラス張りとしている。

北海道開拓の村 旧広瀬写真館
1924(大正13)年(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 岩見沢市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13225456.jpg
c0112559_1323266.jpg
c0112559_1323963.jpg
c0112559_1323988.jpg
c0112559_13232372.jpg
c0112559_13233170.jpg
c0112559_13233967.jpg
c0112559_13234060.jpg
c0112559_13234828.jpg
c0112559_1324575.jpg
c0112559_1324799.jpg
c0112559_13242392.jpg

by gipsypapa | 2012-06-22 13:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧本庄鉄工場

c0112559_12582162.jpg
 明治30年から2代にわたって営業した本庄鉄工場の仕事場として、大正14年(1925)から昭和50年代まで使用されていた。石狩川河口にひらけた旧市街にあって、漁具や漁船の付属品のほか、農具などを作っていた。開拓地に欠かせなかった鍛冶屋のようすがしのばれる建物である。


北海道開拓の村 旧本庄鉄工場
1897(明治30)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 石狩市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1259969.jpg
c0112559_12591038.jpg
c0112559_12585626.jpg
c0112559_125961.jpg
c0112559_12593885.jpg
c0112559_12591940.jpg

by gipsypapa | 2012-06-21 12:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧藤原車橇製作所

c0112559_13235120.jpg
 明治31年(1898)、兵庫県出身の宮大工藤原信吉が深川に入植し、同36年(1903)には妹背牛で車橇製造を開業した。以後3代にわたり営業を続けた。この建物は、開業以来使われてきた車橇製作所を再現したものである。作業場と住宅から成り、木造切妻平入りの構造である。

北海道開拓の村 旧藤原車橇製作所
1903(明治36)年(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 雨竜郡妹背牛町
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1325272.jpg
c0112559_13251234.jpg
c0112559_13251898.jpg
c0112559_13252427.jpg
c0112559_13253043.jpg
c0112559_13251759.jpg
c0112559_13253816.jpg
c0112559_13254443.jpg
c0112559_1325599.jpg
c0112559_1326725.jpg
c0112559_13261442.jpg

by gipsypapa | 2012-06-20 13:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道開拓の村 旧太田装蹄所

c0112559_13144753.jpg
 大正13年(1924)から昭和20年(1945)まで、札幌市街の江別方面に通じる幹線道路(今の国道12号)沿いで営業していた装蹄所を再現した。蹄鉄屋の名で親しまれていた装蹄所は、馬が物資運搬や農耕の主役であった時代にはどこの町や村にもみられ、馬蹄の保護には欠かせない職種であった。

北海道開拓の村 旧太田装蹄所
大正後期(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_131573.jpg
c0112559_13152334.jpg
c0112559_13152126.jpg
c0112559_1315426.jpg
c0112559_13155049.jpg

by gipsypapa | 2012-06-19 13:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)