<   2010年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大阪島之内の中央鍍金工業

c0112559_1056454.jpg
 元住友家本邸内ビリヤード場の東側の通り、斜め向かいに建つ建物。大正初期の町工場と思われる建物で、現在は中央鍍金工業という看板があります。鍍金とはメッキのことで、その前は加藤鍍金の工場でした。

 前面は煉瓦タイル貼りに木枠の窓が並び、工場建築にしては破風やパラペットの装飾が華やかで、セセッション風にも見えます。住友家の創業地に隣接していることから、住友関連の工場だった可能性があるようです。コンクリート造りか煉瓦造りに見えますが、強度材は木製。木骨煉瓦造り、2階建て。

中央鍍金工業
旧加藤鍍金 1913(大正2)年
設計:施工 : 不明
大阪市中央区島之内1-1-6
撮影 : 2009.12.23
c0112559_105772.jpg
c0112559_10571661.jpg
c0112559_10572686.jpg
c0112559_10573731.jpg
c0112559_10574672.jpg
破風には消えかかっていますが、2頭のライオンの間に住友のロゴと思わしきものが見えます。
c0112559_10581613.jpg
c0112559_10582638.jpg
c0112559_10583668.jpg

by gipsypapa | 2010-12-30 11:00 | 建築 | Trackback | Comments(4)

元住友家本邸内ビリヤード場

c0112559_1303929.jpg
 大阪の島之内には江戸時代に日本最大の銅精錬所といわれた住友長堀銅吹所があり、1876(明治9)年に銅吹所が廃止され、跡地が住友家の邸宅になりました。その後は公園となり、邸宅は残っていませんが、その東側の一角に当時のビリヤード場が現在も残っています。

 明治初期に建てられた日本で初めてのビリヤード場で、玄関には洋風のアーチ扉や円柱の飾りがあり、ギリシャ風の三角ペディメントの上には鬼瓦の切妻屋根となっていて、屋根は瓦葺き。通り側の面に丸窓を配し、反対側には木枠の洋風上げ下げ窓など、明治初期の擬洋風を象徴する貴重な建物です。土蔵造り、平屋建て。

元住友家本邸内ビリヤード場
1879(明治12)年
設計・施工 :八木甚兵衛?
大阪市中央区島之内1-6
撮影 : 2009.12.23
c0112559_1314524.jpg
c0112559_1315710.jpg
 昔ここにあった住友家住宅の写真がありました。
c0112559_133337.jpg
c0112559_1331511.jpg
c0112559_1332026.jpg
c0112559_1333059.jpg
c0112559_1333822.jpg
c0112559_1334682.jpg
c0112559_1335466.jpg
c0112559_134556.jpg

by gipsypapa | 2010-12-28 13:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本基督教団島之内教会

c0112559_11351683.jpg
 大阪の繁華街、心斎橋の東にある教会。昭和初期に建てられた中村鎮の設計で中村式鉄筋コンクリートブロック構造を採用しています。

 相変わらずシンプルな構造ですが、正面の大階段、6本のブロックの角柱で支えられた玄関ポーチなどは、彼にしてはダイナミックな印象です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリートブロック造、3階建て。

日本基督教団島之内教会 1928(昭和3)年
登録有形文化財
設計 : 中村鎮
施工 : 不明
大阪市中央区東心斎橋1-6-7
撮影 : 2009.12.23
c0112559_11363039.jpg
c0112559_11363928.jpg
c0112559_11364424.jpg

by gipsypapa | 2010-12-27 11:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧大丸東清水町別館

c0112559_22101118.jpg
 ヴォーリズの名作の一つである大丸心斎橋店の東側の路地にある旧別館。本館は1922(大正11)年の築で、その後1924(大正13)年、1932(昭和7)年/1933(昭和8)年と増築を重ねて今に至っています。こちらは1930(昭和5)年築なので、まだヴォーリズ設計事務所の関わりがあった可能性がありますが、建物の意匠を見ても、資料的にも、その関係を示唆するものは見つかりませんでした。

 両側のビルに挟まったように間口が狭いビルで、最上階のアーチ窓、庇や窓の間にある装飾に見るべきものがあります。大丸の手を離れたあと、テナントビルになりましたが、私が見たときは空き家になっていました。鉄筋コンクリート造り、4階建て。

旧大丸東清水町別館
1930(昭和5)年
設計・施工 : 不明
大阪市中央区心斎橋筋1-4-10
撮影 : 2009.12.23
c0112559_22113194.jpg
c0112559_22114282.jpg

by gipsypapa | 2010-12-26 22:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪の三ッ山・石井歯科

c0112559_1150577.jpg
 大阪の谷町、長堀通りにある大正末期のビル。派手な装飾はありませんが、玄関周りに大きな半円柱をあしらって、ここが見どころ。

 上部階には縦長窓が並んで、奥には四角形の塔があります。長掘通りからは3階建てに見えますが、裏の北側は地盤が下がっているため、実は4階建て。正面玄関は2階になるそうです。現在は歯科医院として使われている登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て、塔屋付き。

三ッ山・石井歯科
三ッ山家住宅旧主屋
1926(大正15)年
登録有形文化財
設計・施工 : 立島幸助
大阪市中央区谷町6-9-22
撮影 : 2009.12.5
c0112559_1152580.jpg
c0112559_11521846.jpg
c0112559_11523599.jpg
 右側にも「三山」の看板があり、古そうな建物が並んでいます。純和風の2階建て家屋にはうだつがありました。
c0112559_11531361.jpg
c0112559_11532367.jpg

by gipsypapa | 2010-12-25 11:55 | 建築 | Trackback | Comments(4)

山本能楽堂及び能舞台

c0112559_11234835.jpg
 この一角のレトロな建物を調べていて、有形文化財に指定された能楽堂があるのを知り、寄り道をしました。

 初代能楽堂は1927(昭和2)年に建てられましたが戦災で焼失。現在の建物は1950(昭和25)年に再建されたものです。木造の能楽堂で、道路に面した部分は、一見して料亭のように見えますが、後に改装されているとか。やはり文化財指定された理由は外観ではなく、見ることができなかった能舞台にあるのでしょう。登録有形文化財の木造2階、一部3階建て。

山本能楽堂及び能舞台
旧山本観鵆社舞台
1950(昭和25)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪市中央区徳井町1-3-6
撮影 : 2009.12.5
c0112559_1125210.jpg

c0112559_1125103.jpg

by gipsypapa | 2010-12-24 11:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会大阪聖ヨハネ教会

c0112559_14453016.jpg
 2008年に創立120周年を迎えた大阪聖ヨハネ教会。戦前からあった礼拝堂が戦災で焼失したため、戦後に建て替えられました。こじんまりしていますが、側壁に並ぶステンドグラスの尖頭アーチ窓が印象的ですっきりしたデザインの教会です。木造平屋建て。

日本聖公会大阪聖ヨハネ教会
1951(昭和26)年
設計・施工 : 不明
大阪市中央区糸屋町2-1-11
撮影 : 2009.12.5
c0112559_14462012.jpg
c0112559_14463112.jpg
c0112559_14464054.jpg

by gipsypapa | 2010-12-22 14:47 | 建築 | Trackback | Comments(4)

大阪のダグニーエンタープライシス

c0112559_1171035.jpg
 本町の小ぶりな建物が密集した一角にある古そうなビル。これという特徴はありませんが、2階の木枠窓の形が変則的です。木造(?)、2階建て。

ダグニーエンタープライシス
築年 : 昭和初期?
設計・施工 : 不明
大阪市中央区本町1-1-4
撮影 : 2009.12.5
c0112559_118328.jpg
c0112559_1181883.jpg

by gipsypapa | 2010-12-21 11:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪の安土ビル

c0112559_1021994.jpg
 大阪の中心地、堺筋本町の北側にある商業ビル。正面ファサードが面白い形をしています。左右対称形で中央にある4本の飾り柱が目を引きます。全面モルタル塗りで木枠の窓から見て、少なくとも昭和初期の築のようです。木造2階建て。

安土ビル
築年 : 昭和初期?
設計・施工 : 不明
大阪市中央区安土町1-4-16
撮影 : 2009.12.5
c0112559_10215156.jpg
c0112559_10215618.jpg
c0112559_1022382.jpg
c0112559_10221199.jpg

by gipsypapa | 2010-12-20 10:22 | 建築 | Trackback | Comments(0)

再び綿業会館へ

c0112559_1713567.jpg
 もうひとつ村野藤吾を。独立する前の渡辺節設計事務所時代に、彼が設計主任を担当した素晴らしい建物。何回か前を通り過ぎては、外から眺めここでも紹介しています。前回は休館日でしたが、今回は開いていて、もう少し近づくことができました。毎月1回開放されるらしいので、いつかは中も見たいです。国の重要文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、地下1階、塔屋付。

綿業会館 1931(昭和6)年
重要文化財
設計 : 渡辺節設計事務所、村野藤吾(設計主任)
施工 : 清水組
大阪市中央区備後町2-5-8
撮影 : 2009.12.5
c0112559_17145052.jpg
c0112559_1715026.jpg
c0112559_17151183.jpg
c0112559_17152233.jpg

by gipsypapa | 2010-12-18 17:15 | 建築 | Trackback | Comments(4)