<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

旧鴻池組本店

c0112559_11155954.jpg
 大阪市の西部、淀川の河口に近い此花区伝法(でんぽう)にある明治末期の建物。大阪の中堅ゼネコン鴻池(こうのいけ)組の旧本店と創業者鴻池忠治郎の旧宅です。白いモルタル塗りの外壁に赤と白のタイルで構成された線が横向きに走る独特の外観。日本におけるウィーン分離派(ゼツェッシオン)の初期の作品といわれています。

 設計者の久保田小三郎(1868~1934)は北九州市戸畑区にある西日本工業倶楽部(旧松本邸)の日本館の設計や辰野金吾の下で日銀本店(1896)の建設にも携わった建築家で、この建物にも辰野式を感じる人が多いのではないでしょうか。 

 ほとんど内部は公開されることはありませんが、内装は彫刻家で高村光雲の弟子の相原雲楽がデザインしたアールヌーボー意匠が残っているそうです。1982(昭和57)年に全国主要建築物に選定された建物で、外観からは煉瓦造りに見えますが、実は木造2階建て。

旧鴻池組本店
1910(明治43)年
設計 : 久保田小三郎(住友本店臨時建築部)
内部意匠 : 相原雲楽
ステンドグラス : 木内真太郎
施工 : 不明
大阪市此花区伝法4-3-55
撮影 : 2009.11.7
c0112559_1116561.jpg

c0112559_1117377.jpg
c0112559_11171078.jpg
c0112559_11171752.jpg
c0112559_11172359.jpg
 玄関上部には当時では珍しいステンドグラス。真ん中にある社章は「北」で,北伝法に位置することに由来するとか。
c0112559_111816.jpg
c0112559_11181949.jpg
c0112559_11182834.jpg
c0112559_11183817.jpg
c0112559_11184715.jpg
 2階南面にはベランダが見えます。
c0112559_11193060.jpg
c0112559_11193878.jpg
 こちらは隣接する鴻池忠治郎の旧宅だった和館。2階の格子戸と袖うだつが典型的な町家建築です。
c0112559_1120731.jpg

by gipsypapa | 2010-11-30 11:22 | 建築 | Trackback | Comments(10)

大阪市姫島の奥山家住宅主屋

c0112559_1426083.jpg
 長らく地元を離れていましたが、今日から関西に戻ります。

 新淀川の北側、阪神電車の姫島駅から西に歩いたところにある洋館。昭和初期の店舗兼住宅で、向って右(東)から2階建の住宅部分、店舗が並びます。元は燃料店だったそうです。

 住宅部分は淡い褐色のスクラッチタイル貼りで、パラペットのある陸屋根。2階の側面には丸窓、庇は白い欧風のコーニスをあしらうなど、洋風を強調しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

奥山家住宅主屋
1928(昭和3)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪市西淀川区姫島1-13-1、2
撮影 : 2009.11.7
c0112559_1427394.jpg
c0112559_14271039.jpg
c0112559_14271977.jpg
c0112559_14272649.jpg
c0112559_14273537.jpg
c0112559_14274561.jpg
c0112559_14275533.jpg

by gipsypapa | 2010-11-29 14:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)

GA総合研究所

c0112559_1745036.jpg
 福岡の繁華街である天神町の西、国体道路と呼ばれる国道の近くに洋館があります。モルタル塗りの外壁に木枠の玄関扉と窓が並び、玄関上にはハーフティンバー風の妻面があります。

 現在はGA総合研究所という建築設計会社の建物になっています。建物の詳細は不明ですが、少なくとも昭和初期以前の建物で、病院だったのではないかという佇まいです。鉄筋コンクリート造り(木造?)、2階建て。

GA総合研究所
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
福岡市中央区大名1-3-9
撮影 : 2010.1.10
c0112559_17454744.jpg
c0112559_17455633.jpg
c0112559_1746386.jpg
c0112559_1746780.jpg
 GA総合建築研究所のホームページに写真があり、それによると玄関ポーチの上に今はない装飾のレリーフがあったようです。
by gipsypapa | 2010-11-26 17:52 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旅館鹿島本館

c0112559_1441910.jpg
 櫛田神社の正面参道近くにある和風旅館。ヴォーリズ設計の福岡社家町教会を東に進んだ同じ筋にあります。

 前の道路から引っ込んだところにある玄関と、入母屋の妻面が落ち着いた佇まいを感じさせます。木の温もりを感じる数寄屋造の茶室をそのまま客室にしています。間口が狭いのでわかりにくいのですが、奥が深く27部屋もあるそうです。日本文化に憧れて宿泊する外人客も多いとか。福岡市で初めて国の登録有形文化財として認定された木造2階建て。

旅館鹿島本館管理棟
昭和初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福岡市博多区冷泉町3-11
撮影 : 2010.1.10 & 2010.4.25
c0112559_14461376.jpg
c0112559_14462059.jpg
c0112559_14462866.jpg
c0112559_14463216.jpg
c0112559_14463842.jpg
c0112559_14464633.jpg
c0112559_1446577.jpg
c0112559_144728.jpg
c0112559_14471159.jpg

ネットにあった内部写真を追加します。 (2017.10.15) ↓
c0112559_10393441.jpg
c0112559_10394962.jpg
c0112559_1040392.jpg
c0112559_10401553.jpg
c0112559_10402694.jpg
c0112559_10404064.jpg
c0112559_10443129.jpg
c0112559_10405230.jpg

by gipsypapa | 2010-11-25 14:48 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)

福岡製粉會館

c0112559_1338513.jpg
  第二次世界大戦後すぐに建てられた建物。モルタル塗りの外壁に、中央2階部分が「へ」の字の形で突出しているのが特徴。玄関ポーチは木製柱で支えられています。木造2階建て。

福岡製粉會館
1948(昭和23)年ころ
設計・施工 : 不明
福岡市博多区店家町3
撮影 : 2010.1.10
c0112559_13385091.jpg
c0112559_13385927.jpg
c0112559_133947.jpg
c0112559_1339127.jpg

by gipsypapa | 2010-11-24 13:39 | 建築 | Trackback | Comments(4)

株式会社マイヅル みそ蔵・店舗

c0112559_10442699.jpg
 福岡西部の姪の浜にある江戸時代の建物。国道から1本北に入ったところの小道は旧唐津街道です。大正期までは酒蔵でしたが、戦時中は飛行機の部品工場として使われたとか。昭和21年より味噌屋として利用されていした。今は味噌も売っていましたが、むしろパン屋さんや習字教室として使われているようです。

 2棟並んでいて、東側(左)が店舗兼住宅の町屋です。土蔵造りで妻に二つの小窓があります。江戸時代のものとは思えないほど、よく保存されています。また内部はかなり改修されているそうです。

 西(右)に並ぶのは原料蔵。こちらも土蔵造平屋建ての切妻造桟瓦葺で、内部は店舗兼住宅に改装されています。いずれも国の登録有形文化財と福岡市都市景観賞に指定された土蔵造り平屋建て。

株式会社マイヅル みそ蔵・店舗
旧マイヅルみそ店舗兼主屋・原料蔵
江戸後期
登録有形文化財
福岡市都市景観賞
設計・施工 : 不明
福岡市西区姪の浜3-3-27
撮影 : 2009.4.25
c0112559_10462149.jpg
c0112559_10503816.jpg
 店舗兼主屋。
c0112559_1046448.jpg
c0112559_10465394.jpg
c0112559_1047248.jpg
 原料蔵。
c0112559_10482784.jpg
c0112559_1048331.jpg
 旧唐津街道にある同じような町屋風白壁の住宅。
c0112559_1049785.jpg
c0112559_10492012.jpg
 国道から旧唐津街道に向かう途中で見つけた古そうな2階建て。
by gipsypapa | 2010-11-22 10:54 | 建築 | Trackback | Comments(3)

旧福岡県公会堂貴賓館

c0112559_13313479.jpg
 数少ない福岡のレトロ建物。近代建築に興味を持ってから何回かここに行こうと思っていましたが、2005(平成17)年の福岡西方沖地震でかなりの被害を受け、長く補修工事のためシートで覆われて見ることができませんでした。2008年5月に工事が終わり再公開されました。

 貴賓館は明治43年の第13回九州沖縄八県連合共進会の来賓接待所として建設。戦後は福岡高等裁判所、公会堂や教育庁舎として使用されたそうです。1981(昭和56)年の福岡県庁移転に伴い、一帯の数多くの庁舎や建物が取り壊され、その跡地は都市公園「天神中央公園」の一部となりましたが、この建物は貴重な遺産として今も保存されています。

 貴賓館は木造2階建てのフレンチルネッサンス調の木造建造物として貴重な建物で、北側正面中央に石柱による玄関ポーチ、北東隅に尖塔の八角塔屋があります。1階南東の2面にベランダを回し、1階窓台から下の腰壁は白い化粧タイル貼り。外壁は上部は目地を入れたモルタル壁。2階もモルタル壁で、窓額縁や軒蛇腹はモルタルで石造りを擬しています。

 屋根は天然スレート葺きで、ドーマー(屋根)窓や換気口が変化に富んだ形状をしています。全体に縦長窓が並びますが、ポーチ上の窓だけがアーチ状です。

 内部は正面、玄関奥に階段室、その左右に食堂、配膳室、応接室、事務室が配置され、2階は貴賓室、寝室、化粧室、談話室などの数多くの部屋があります。床は板張り、壁は白漆喰塗腰板張りで、天井は木製や漆喰塗の格縁で様々な模様をつくり、各室とも違う意匠となっています。主要な部屋には大理石製の暖炉があり、各所に美しいレリーフや縁どりが施され、貴賓館にふさわしい華麗な内装です。国の重要文化財の木造2階建て、塔屋付。

旧福岡県公会堂貴賓館
1910(明治43)年
重要文化財
設計 : 三条栄三郎(福岡県土木部技師)
施工 : 岩崎組
福岡市中央区西中洲6-29
撮影 : 2009.1.11
c0112559_133256100.jpg
c0112559_13331016.jpg
c0112559_13331875.jpg
c0112559_13332521.jpg
c0112559_13333427.jpg
c0112559_13334178.jpg
c0112559_13334854.jpg
c0112559_13335526.jpg
c0112559_1334599.jpg
c0112559_13341334.jpg
c0112559_13342150.jpg
c0112559_13343345.jpg
c0112559_13344494.jpg
c0112559_13345564.jpg
c0112559_1335432.jpg
c0112559_13351375.jpg
c0112559_13352329.jpg
c0112559_13353271.jpg
c0112559_13354295.jpg
c0112559_13355112.jpg
c0112559_13361192.jpg
c0112559_13362483.jpg
c0112559_1336329.jpg
c0112559_13364062.jpg
c0112559_13365061.jpg
c0112559_1337215.jpg
c0112559_13371333.jpg
c0112559_13372893.jpg
 ↓ は中から見た塔屋部分。2・3階が吹抜けになっていて、3階相当部の丸窓は、展望用ではなく採光用です。
c0112559_13382092.jpg
c0112559_13383154.jpg
c0112559_13384160.jpg
c0112559_13385028.jpg
c0112559_1338587.jpg

by gipsypapa | 2010-11-19 13:40 | 建築 | Trackback | Comments(4)

児島洋紙店

c0112559_1332512.jpg
 もうだいぶ前になりますが、福岡にフランク・ロイド・ライトの弟子が設計した建物があるのを知り、行ってみました。天野 太郎(あまの たろう、1918年7月27日 - 1990年11月15日)は鹿島建設設計部に入社し、目白ヶ丘教会の設計のため遠藤新建築創作所に出向。遠藤新の勧めで1952 年渡米し、タリアセンにおいて晩年のF.L.ライトに直接師事した数少ない日本人のひとりです。

 アメリカから帰国後、音羽の家や新花屋敷ゴルフクラブハウスを設計し反響を呼びました。その後、文部省海外研究員として中近東工科大学(トルコ)客員教授の任務を経て、欧州建築視察を行い、フィンランドのモダニズム建築家アルヴァ・アアルトの影響を受けたといわれています。

 児島洋紙店はアメリカからの帰国直後に手がけた作品ですが、期待したようなライト風の印象は薄く、全面に褐色のスクラッチタイルを貼り、縦横の白い柱で水平線を強調した独自の外観になっています。ただ窓廻りディテールはライトを思わせます。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

児島洋紙店
1955(昭和30)年
設計 : 天野太郎
施工 : 不明
福岡市博多区中洲中島町2-1
撮影 : 2009.1.11
c0112559_13335810.jpg
c0112559_133472.jpg
c0112559_13341491.jpg
c0112559_13342023.jpg
c0112559_13342869.jpg
c0112559_13343547.jpg
c0112559_13344225.jpg
c0112559_1334502.jpg

by gipsypapa | 2010-11-18 13:36 | 建築 | Trackback | Comments(4)

シーボルトの湯

c0112559_1455284.jpg
 昔は嬉野橋の西側の袂に大正末期にドイツ人技師の設計による古湯温泉という洋風の大きな温泉があり、当時は地元のランドマークになっていましたが、老朽化したうえ、2005年に地震で大きな被害を受け撤去されてしまいました。

 撤去を惜しむ地元の願いにより、嬉野市が昔の面影を残しつつ復活し、嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」として、今年4月1日より営業を開始しています。大正時代にしては派手でロマンティックな建物です。シーボルトの湯という名称は嬉野温泉の泉質を調査したドイツ人医師シーボルトにちなんでいるそうです。木造2階、地下1階建て。

シーボルトの湯
旧古湯温泉 1924(大正13)年 / 2010(平成22)年復元
設計・施工 : 不明
嬉野市嬉野町大字下宿乙818-2
撮影 : 2010.4.24
c0112559_1463926.jpg
c0112559_146463.jpg
 この方向から見ると教会のようです。
 ↓ はネットにあった、かつての古湯温泉です。かなり忠実に再現したことがわかります。
c0112559_1481552.jpg
c0112559_1482450.jpg
 これで佐賀県シリーズを終わり、福岡へ行きます。
by gipsypapa | 2010-11-17 14:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)

嬉野橋

c0112559_13132285.jpg
 塩田川に架かる嬉野橋。昭和初期の古風な鉄骨トラス橋です。横から見た姿は「橋の散歩道」というホームページをどうぞ。

嬉野橋
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
鉄骨製造:八幡製鉄
嬉野市嬉野町大字下宿
撮影 : 2010.4.24
c0112559_13145482.jpg
c0112559_1315183.jpg
c0112559_1315917.jpg
 これは塩田川沿いの公園にあった古い門柱です。由来はわかりませんでした。
by gipsypapa | 2010-11-16 13:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)