<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

東北学院大学本館

c0112559_14192277.jpg
 東北大学の南側に隣接する東北学院大学。2006年に創立120周年を迎えたミッションスクールです。ここに著名な建築家、J.H.モーガン設計の建物が2棟並んでいます。モーガンといえば、藤沢市の自邸が二度に亘り消失したことで有名になりましたが、来日後、大正から昭和初期にかけて、横浜山手外国人墓地正門関東学院中学校本館横浜山手聖公会、旧根岸競馬場一等馬見場、山手111番館(旧ラフィン氏邸)ベーリックホール、チャータード・ビル(旧チャータード銀行神戸支店)など数多くの作品を残しています。

 この本館は石貼りの鉄筋コンクリート造りで、シンメトリー。中央部分の屋上パラペットが西洋の城を想起させます。正門もモーガンの設計です。鉄筋コンクリート造り2階建て(中央部3階建て)、半地下1階。

東北学院大学本館
旧東北学院専門部本館 1926(大正15)年
設計 : J.H.モーガン(Jay Herbert Morgan)
施工監督 :  フレデリク.B.ニコデマス
工事請負 : 仁田寅蔵(仁田工務店)

仙台市青葉区土樋1-3-1
撮影 : 2009.5.2
c0112559_14224998.jpg
c0112559_14225860.jpg
c0112559_14231313.jpg
c0112559_14232547.jpg
c0112559_14233572.jpg
c0112559_14234438.jpg
c0112559_14235627.jpg
c0112559_14241234.jpg
c0112559_14242692.jpg
 次はもうひとつのモーガン設計、ラーハウザー記念礼拝堂へ。
by gipsypapa | 2009-08-31 14:27 | 建築 | Trackback | Comments(5)

東北大学 電気通信研究所附属21世紀情報通信研究開発センター(通研IT-21センター)

c0112559_2252956.jpg
 南エリアのまた一番南。電気通信研究所附属21世紀情報通信研究開発センターという長い名前。通称「通研IT-21センター」が入っています。この一角は仙台高等工業学校があった場所で、この建物は建築学科の教室棟でした。

 スクラッチタイル貼りの外壁と、窓配置、中央にアーチ型の通路が特徴です。窓の配置もモダニズム風と一部アーチ窓の表現主義の様式が混在し、中央のアーチ型通路周りの古典主義と相まって、変化に富んだデザインです。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

東北大学 電気通信研究所附属21世紀情報通信研究開発センター
旧仙台高等工業学校 建築学科 1930(昭和5)年
設計 : 文部省
施工 : 大林組
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス南エリア
撮影 : 2009.5.2 & 5.4
c0112559_22531997.jpg
仙台高等工業学校跡の碑がありました。
c0112559_22535472.jpg
 南側ファサードとアーチ型の通路。上部のキーストーンに、仙台高等工業学校の校章だった、萩の図柄に“SKK”の頭文字があります。SKが黒で強調されてもう一つのKが見えにくいのは何故?
c0112559_22543449.jpg
c0112559_22544411.jpg

c0112559_22545527.jpg
 北側。階段室にアーチ窓を使っています。

 広大な東北大学片平キャンパスもここが南の端。道路を一本挟んで、すぐ南側は東北学院大学です。
by gipsypapa | 2009-08-29 22:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東北大学 体育館

c0112559_9583083.jpg
 南エリアの西の端にある緑の中の体育館。こちらは戦後の建物です。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

東北大学 体育館
1954(昭和27)年
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス南エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_9592573.jpg
c0112559_959424.jpg
c0112559_9595658.jpg
c0112559_1001572.jpg
c0112559_1003422.jpg

by gipsypapa | 2009-08-27 10:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東北大学 武道場

c0112559_9525987.jpg
 南エリアの東端にある木造の建物。大正13年竣工の武道場です。ここは今も現役で使われていました。木造、平屋建て。

東北大学 武道場                                 
旧東北帝国大学 武道場 1924(大正13)年
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス南エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_953513.jpg
c0112559_954490.jpg
c0112559_9542052.jpg
c0112559_9544272.jpg
c0112559_9545378.jpg
c0112559_955868.jpg
 掛け声が聞こえたので覗いてみたら・・・少林寺拳法でしょうか。大学生には見えない少年もやっていました。
c0112559_9555465.jpg

by gipsypapa | 2009-08-26 09:57 | 建築 | Trackback | Comments(4)

東北大学 機械棟

c0112559_1027566.jpg
 学生ホールの東側にあります。戦前は機械工場だったといわれています。今はほとんど使われていないようで、廃墟化しつつあります。キャンパスマップには図示されてはいますが、建物名はありません。木造、平屋建て。

東北大学 機械棟                                      
旧東北帝国大学 機械工場 1939(昭和14)年
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス南エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_10285120.jpg
c0112559_1029077.jpg
c0112559_1029938.jpg
c0112559_10292016.jpg
c0112559_10293053.jpg
 福島大学合唱部というペナントが見えました。合唱部の部室?
c0112559_103098.jpg
c0112559_1030211.jpg

by gipsypapa | 2009-08-25 10:31 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東北大学 学生ホール

c0112559_14394669.jpg
 中央エリアから道路を渡って南側は南エリア。電気通信研究所がある一角ですが、明治の建物と思われる木造建築が残っています。これは元は雨天体操場だったといわれる明治の築で、今は学生ホールとして使われ、大学生協本部や経理などが入っています。時計屋や床屋も2軒あるようですが、営業しているのかどうか。木造、平屋建て。

東北大学 学生ホール                                  
旧第一中学校 雨天体操場 1897(明治30)年
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス南エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_14405556.jpg
c0112559_14412250.jpg
c0112559_14414172.jpg
c0112559_1442014.jpg
c0112559_14421593.jpg
c0112559_14424951.jpg
c0112559_1443119.jpg

by gipsypapa | 2009-08-24 14:46 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

旧第二高等中学校 物理実験室、東北帝国大学本部

c0112559_9113534.jpg
 中央エリアの最後です。事務局・広報課・経理課・情報公開室などが入っていた建物。ネット検索で写真を見て気に入っていたのですが、御覧のように工事中。しかも現在の東北大学のキャンパスマップでは、この建物が消えています。最初は改修中かと思いましたが、もしかしたら取り壊しでしょうか。屋根の上で作業しているからには、改修・保存と思いたいのですが。木造(?)、2階建て。

旧第二高等中学校 物理実験室、東北帝国大学本部
1891(明治24)/ 1934(昭和9)年増築
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス中央エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_9124191.jpg
c0112559_9125481.jpg
c0112559_913457.jpg
ネットから拝借したかっての姿。派手さはありませんが、すっきりしたデザインで、大きな玄関部と2階のアーチ窓が見どころでした。

 これからさらに南へ移動します。
by gipsypapa | 2009-08-23 09:14 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

東北大学 旧制第二高等学校正門ほか

c0112559_1410551.jpg
c0112559_141985.jpg
c0112559_14121199.jpg
 キャンパスの西側の通りにも興味深いものがあります。

 まず旧制第二高等学校の正門。赤レンガの門の奥に石碑があります。明治中期のものにしては新しいと思ったら1996(平成8)年に復元されたものとか。

旧制第二高等学校正門 1889(明治22)年ころ?
設計・施工 : 不明
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス中央エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_1413518.jpg
 こちらは大正末期の旧東北帝国大学の正門。当時のままの門柱ですが、この日は改修工事中でした。

東北大学 正門
旧東北帝国大学 正門 1925(大正14)年
設計・施工 : 不明
c0112559_14145048.jpg
c0112559_14151154.jpg
 第4代東北帝大総長、小川正孝教授の功績をたたえて東北大学発祥の地の一画に造られた三角公園です。

東北大学 小川記念園
1932(昭和7)年
設計・施工 : 不明
by gipsypapa | 2009-08-21 14:17 | 建築 | Trackback | Comments(4)

東北大学 多元研事務部棟

c0112559_1084372.jpg
 L字型の研究棟に囲まれた位置にある小ぶりの建物。同時期に同じ外観で建てられたもので、多元研の事務部が入っています。緑の松と芝生に美しい、鉄筋コンクリート造り、2階建。

東北大学 多元研事務部棟
旧東北帝国大学 工学部機械・電気工学教室 1930(昭和5)年
設計 : 不明
施工 : 石井組
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス中央エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_1094174.jpg
c0112559_1094996.jpg
c0112559_1010151.jpg
 エアコンの室外機と配管が邪魔ですね。建てられたころはエアコンなどは不要だったのでしょう。
by gipsypapa | 2009-08-20 10:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東北大学 多元研素材工学研究棟

c0112559_111155.jpg
 中央エリアの南東に、昭和初期に建てられた、同じ意匠の建物が2棟あります。多元物質化学研究所素材工学、略して多元研素材工学が入っている一角です。北側にあるL字型の大きな建物が研究棟で、アーチの玄関や1階に並ぶアーチ窓が装飾的な様式スタイルを感じます。1階部分の褐色タイルと2、3階の白いモルタル仕上げの組み合わせが、校舎らしい落ち着いた雰囲気。裏側の松と芝生の中庭が美しい。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

東北大学 多元研素材工学研究棟
旧東北帝国大学 工学部機械・電気工学教室 1930(昭和5)年
設計 : 不明
施工 : 石井組
仙台市青葉区片平2-1-1 片平キャンパス中央エリア
撮影 : 2009.5.2
c0112559_1112761.jpg
c0112559_11122247.jpg
c0112559_1112335.jpg
c0112559_11124498.jpg
c0112559_1113123.jpg
c0112559_11133261.jpg

by gipsypapa | 2009-08-19 11:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)