<   2008年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

門司区役所

c0112559_9581165.jpg

 門司港の中心からやや南に行った国道3号沿いの風師山裾野に建っている旧門司市役所。九州帝国大学建築課長で現九州大学の多くの建物を設計した倉田謙の作品です。一眼見て、以前紹介した九州大学工学部本館によく似ています。築年も同じで、中央の5階建て塔屋とその左右にも半円形に張り出し部分があるのは全く同じですが、この建物は車寄せの半円状に迫り出す玄関ポーチの庇が目を引きます。

 九州大学工学部本館は大型で茶色のスクラッチタイル貼りの重厚なものですが、こちらは明るいクリーム色で軽やかなイメージ。情報によると、創建時のスクラッチタイルが失われたとのことなので、当初の外観は似ていたのかもしれません。それにしても、こっちが国登録有形文化財にも関わらず、代表作と言える九州大学工学部本館が指定されていないのは、持主の意識の違いでしょうか。登録有形文化財の鉄筋コンクリート造3階建て 、塔屋部5階建て。

門司区役所
旧門司市役所 1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計 : 倉田謙
施工 : 大林組
北九州市門司区清滝1-1-1
撮影 : 2008.5.2
c0112559_101216.jpg
c0112559_1012334.jpg
c0112559_1013181.jpg
c0112559_1014447.jpg
 アールデコの影響を感じるは円形庇。
c0112559_1024065.jpg
 区民の出入りが多かったので、私も中へ。
c0112559_1032289.jpg
c0112559_1033441.jpg
 レトロな階段が気に入って、踊り場まで上がって写真を撮っていると、すれ違った人が「何か御用ですか?」 職員の方でした。
 一瞬驚きましたが、建物好きで門司レトロを見に来たというと、「案内しましょう。」ということで案内してもらうことに。予想外の展開になりました。
c0112559_105282.jpg
c0112559_1051091.jpg
c0112559_1051996.jpg
c0112559_1052825.jpg
 大理石(?)張りの階段。
c0112559_1062285.jpg
c0112559_1063286.jpg
c0112559_1064524.jpg
c0112559_1065815.jpg
 昔のままの木製扉の欄間にはステンドグラスが嵌め込まれています。九大工学部本館の玄関扉のデザインと似ています。案内してもらわなければ、ここまでは見ることはできなかったでしょう。
c0112559_107445.jpg
 そのあと、なんと執務室の中も見せていただきました。内部の柱にも細やかな装飾が施されて・・・・
c0112559_1075494.jpg
 更に執務室間の欄間にもステンドグラス。
 お話によると、古くなっているので、手を加えながら使っているが、予算が限られているので、なかなか大変とか。新庁舎を建てる予定はないそうなので、安心しました。
c0112559_10115197.jpg
c0112559_1012367.jpg
 門司港を見下ろす高台、眺めの良いところに建っています。
 故郷ひいきもあって、倉田謙に注目していたところに、親切に案内していただき、好印象で建物を後にしました。 ありがとうございました。
by gipsypapa | 2008-09-30 10:25 | 建築 | Trackback | Comments(4)

九州鉄道記念館

c0112559_11132070.jpg
 細長く装飾のない煉瓦建築なので、工場か倉庫のように見えますが、国営化される前の九州鉄道株式会社の本社屋だったもの。建物は切妻屋根で中央に切妻破風の玄関があります。外壁は明治中期のまま残されていますが、内部の装飾は残っていないそうです。現在は九州鉄道記念館となり一般公開されています。

 設計者は不明ですが、プロシア国有鉄道機械監督であったヘルマン・ルムシュッテルの指導があったといわれています。レンガ造り2階建て。

九州鉄道記念館
旧九州鉄道株式会社本社屋
1891(明治24)年
設計 : ヘルマン・ルムシュテルか?
施工 : 高橋新吉

北九州市門司区清滝2-3-29
撮影 : 2008.5.2
c0112559_11142230.jpg
c0112559_11143499.jpg
 ホームページによると「建物内には明治時代の客車、運転シミュレーター、九州の鉄道大パノラマ、常設展示、企画展示、物販・食堂があり、野外には車両展示場(長さ約180m)、ミニ鉄道公園(1周130m)がある」 そうですが、見ませんでした。
c0112559_1116551.jpg
c0112559_1117774.jpg
c0112559_11172398.jpg
 煉瓦はフランス積み。
c0112559_11192599.jpg
c0112559_11193994.jpg
c0112559_11195430.jpg
 当時をしのばせるのは外観だけということで、ほとんど前を通り過ぎただけです。
by gipsypapa | 2008-09-29 11:23 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

山口銀行門司支店

c0112559_135623100.jpg
 国道3号と桟橋通りの交差点角にあります。世界三大為替銀行の一つだった横浜正金銀行の門司支店でしたが、戦後から山口銀行が使用しています。

 玄関は交差点に面した角を切り落とした部分にあり、トスカナ式円柱の2本の間に挟まれています。石造り風の英国風古典主義の様式建築ですから、奇をてらったものはありませんが、重厚な銀行らしい建築。鉄筋コンクリート造り、2階建。

 設計はジョサイア・コンドルの建築設計事務所で建築実務の指導を受け、日本人初の英国公認建築士となった桜井小太郎。旧横浜正金銀行神戸支店(現神戸市立博物館)などの銀行建築を多く手掛けた他、成蹊学園本館や静嘉堂文庫、東洋文庫、更には古我邸(荘氏別邸)も設計。この古我邸(鎌倉市)は一見の価値がある住宅建築で、後に紹介する予定です。

山口銀行門司支店
旧横浜正金銀行門司支店 1934(昭和9)年
設計 : 桜井小太郎
施工 : 竹中工務店
北九州市門司区清滝2-3-4
撮影 : 2008.5.2 & 5.3
c0112559_13573654.jpg
c0112559_13574893.jpg
c0112559_1358247.jpg
c0112559_1358161.jpg
c0112559_1358498.jpg

by gipsypapa | 2008-09-27 14:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)

マリーゴールド 門司港迎賓館

c0112559_9534214.jpg
 これも国道3号線沿いにあります。古い銀行建築を改修したのかと思いましたが、実は戦後の築でした。ライトアップが美しかったので紹介します。

 元々は福岡銀行門司支店として建設され、その後、日本船舶通信ビルや装飾品店の凛帆樓として使われ、現在は結婚式場兼レストランのマリーゴールド門司港迎賓館になっています。

 戦後とはいえ、銀行らしいドリス式オーダーを持つ古典主義的な設計。外観は石造り風のモルタル塗りで、交差点側のコーナーにアールを取っています。銀行にしては窓が大きく、大きなステンドグラスがはめ込んでありました。鉄筋コンクリート造り、2階建。


マリーゴールド 門司港迎賓館
旧福岡銀行門司支店
1950(昭和25)年
設計・施工 : 不明
北九州市門司区港町2-21
撮影 : 2008.5.2
c0112559_9545531.jpg
 3号線に面した正面と側面は同じ外観。玄関が二つあります。
c0112559_9581667.jpg
c0112559_9583284.jpg
c0112559_9584139.jpg
 ステンドグラスは凛帆樓のときに追加されたとか。
c0112559_100239.jpg
c0112559_1001896.jpg
c0112559_1002915.jpg
 玄関の重厚な木材の両開き扉もその頃に新しく付けられたとか。
c0112559_1012062.jpg
c0112559_1013638.jpg
c0112559_1429338.jpg
 美しい建物ですし、ウェディングの用途を考えると当然かもしれませんが、過剰な装飾を追加しているのは、多少やりすぎの気もします。
by gipsypapa | 2008-09-26 10:06 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

旧福岡ひびき信用金庫門司港支店

c0112559_11241073.jpg
 福岡中央銀行と国道3号線を挟み、向かい合って建つ銀行建築。昭和初期に建てられた旧門司信用組合の建物でした。最近まで福岡ひびき信用金庫が入っていましたが、門司市内に数行あった支店を統合する形で移転。今は空き家になっています。

  シンプルな外見ですが、玄関の丸い庇だけがやけに目立ちます。鉄筋コンクリート造2階建て、一部3階で3階部分は後の増築。

旧福岡ひびき信用金庫門司港支店
旧門司信用組合
1930(昭和5)年
設計 : 門司市
施工 : 大倉土木
北九州市門司区東本町1-2-9
撮影 : 2008.5.2
c0112559_11251181.jpg
 説明板には
 「設計者は旧門司市の技師。鉄筋コンクリート造り二階建て。細長い窓とタイル貼りの現代的建築である。正面玄関には多少大袈裟すぎると思われる庇をもうけることによって単調な形態に変化を与えている。当時は何らかの装飾があったとおもわれ、単純な形態の中で造形美を追求したユニークな建物であったであろう」
 
 今は外壁がモルタル仕上げですが、昔はタイル貼りだとすれば、印象はかなり違ったはずです。
c0112559_1126784.jpg
c0112559_11261986.jpg
庇下の「福岡ひびき信用金庫門司港支店」の文字が消してあり「移転のご案内」のビラが張ってありました。
c0112559_11263017.jpg

by gipsypapa | 2008-09-25 11:28 | 建築 | Trackback | Comments(0)

福岡中央銀行門司支店

c0112559_1321823.jpg
 今日からしばらく門司市内の銀行建築をやります。まずは「こんなところに?」と驚く武田五一の作品から。武田五一の銀行建築は2件しかありませんが、そのうちの一つ。ちなみに、もう一件は旧日本勧業銀行本店(現千葉トヨペット)です。(意匠は全く違って和風。妻木頼黄との共同設計)

 この建物は、 大和証券グループの前身だった藤本ビルブローカー銀行の門司支店として建設されました。 その後、正金相互銀行門司支店を経て現在は福岡中央銀行門司支店となっています。

 銀行にしては小ぶりなのは、ビルブローカー銀行というのが銀行間の取引を行うために、一般向けの窓口などが不要だったためかもしれません。建物上部の縦縞模様と中央の3連アーチ窓や玄関の意匠が特徴ですが、武田五一としてはインパクトの少ない、大人しい設計と言えます。鉄筋コンクリート造2階建て。

福岡中央銀行門司支店
旧藤本ビルブローカー銀行門司支店
1924(大正13)年
設計 : 武田五一
施工 : 竹中工務店
北九州市門司区浜町2-18
撮影 : 2008.5.2
c0112559_13223997.jpg
c0112559_132313100.jpg
c0112559_13232835.jpg
c0112559_13234037.jpg
c0112559_13234980.jpg
 中央エントランスのベージュ色から白に変わり、だんだん狭くなっていく装飾は面白い。この辺はさすがに武田五一。
 なお、玄関の窓ガラスに映っているのは向い側にある「福岡ひびき信金」。次回紹介します。
c0112559_13261588.jpg

by gipsypapa | 2008-09-24 13:30 | 建築 | Trackback | Comments(0)

門司電気通信レトロ館

c0112559_10473461.jpg
 大正時代とは思えないこのモダンなビルは、逓信省門司郵便局電話課庁舎として建設されたもの。その後NTT門司営業所を経て、門司港レトロ事業に協力するために、建物を解体撤去して新築する方針を撤回。現在は門司電気通信レトロ館として一般開放されています。大正から昭和にかけて使われた電信電話機など数多くが展示され、入場無料。

 設計は逓信省営繕課技師として終戦までの間数多くの逓信局舎の設計を手掛け、分離派の一員として精力的に作品の発表などの活動を行った山田守。白を基調とした外観で、細長の窓を垂直線に並べて強調し、上部に山形のアーチのあるモダニズムを代表する洗練された意匠です。鉄筋コンクリート造3階建て。

門司電気通信レトロ館
旧門司郵便局電話課局舎 1924(大正13)年
設計 : 山田守 (逓信省営繕課)
施工 : 橋本組
北九州市門司区浜町4-1
撮影 : 2008.5.2
c0112559_10495088.jpg
交差点に面する角はアールになっています。各階ともに天井が高いです。普通のビルなら4階建て以上に見えます。
c0112559_10503799.jpg
建物前にある電話ボックス。灯台を模したもので、東京の京橋にあった日本最初の電話ボックスの復刻盤。
c0112559_10513029.jpg
壁の最上部、山形アーチの中に小さな四角の穴があいています。「内田式流水防火装置」と呼ばれる、火災でガラスの損傷を防ぐための水の出口となっているそうです。
c0112559_105231100.jpg
 変わった形の石造りの正面玄関。
c0112559_1053766.jpg
こちらは側面の出入り口。
c0112559_10534572.jpg
c0112559_1174868.jpg
 大理石の床。
c0112559_1181586.jpg
c0112559_10535844.jpg
大正から昭和にかけて活躍したレトロな電話機など約380点が展示されています。
c0112559_10553859.jpg
c0112559_10554953.jpg
1階、コーナー部の内部。この部屋で資料や映像を閲覧できます。
c0112559_10563929.jpg

by gipsypapa | 2008-09-23 11:02 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

門司の旧岩田商店(岩田家住宅)

c0112559_10155749.jpg
 関門連絡船の船着き場でもらった門司レトロ地図に出ていたので、訪ねてみました。国道2号東本町2丁目交差点の北西角にあり、予想通りの黒壁の和風建築でしたが、よく見ると北と西の壁に煉瓦の防火壁があり、なかなか珍しい建物でした。酒蔵と住宅が併用されています。北九州市指定有形文化財の木造2階建て、片入母屋造桟瓦葺き、鼠漆喰仕上げ居蔵造。

旧岩田商店(岩田家住宅)1921(大正10)年
北九州市指定有形文化財
設計・施工 : 石田要三・外部千松(大工)
北九州市門司区東本町2-6-24
撮影 : 2008.5.2
c0112559_10172035.jpg
 レトロな「富の寿」の看板の下には「岩田酒店」と書いてあります。ちなみに「富の寿」は福岡(久留米)の酒です。
c0112559_10181371.jpg
 軒下の看板は「岩田商店」。どっちでもいいのですけど。
c0112559_1019730.jpg
 1枚目の写真の方向から近づいたので、ただの古い和風建築かと思っていたのですが、西の端に洋風のモルタルの柱が・・・
c0112559_1020545.jpg
 西側に和風建築には珍しい煉瓦の防火壁。上部がトタンで隠れていますが、ここも煉瓦でしょう。
c0112559_10213875.jpg
 東側の住宅を見ながら北側に行くと・・・
c0112559_10223137.jpg
c0112559_10224496.jpg
 こちらも煉瓦塀。出入り口が一つもないので、完全に防火が目的です。門司は1932年と1945年(門司大空襲)に火災があったそうなので、この防火壁は少なくとも1932年以降に追加された可能性があります。今は両方空地ですが、昔は西も北も隣家が接近して建っていたのでしょう。
c0112559_10235834.jpg
 西側の一部、上の方が崩壊しかけているのが気がかり。これから見るとトタンが被っている箇所も危険な状態だからかも知れません。
c0112559_10243969.jpg
 ここまで書いて、ネットを検索していたら、その数年前の写真がありました。手前に小さな木造家があるし、西面の煉瓦塀はもっと大規模だったことがわかります。
 2006年の台風で被害を受けたとか。少なくとも酒店は廃業のようです。市の指定有形文化財とはいえ、補修はかなりの費用がかかりそうなので、難しいかも知れません。
by gipsypapa | 2008-09-22 10:36 | 建築 | Trackback | Comments(4)

門司郵船ビル

c0112559_1274678.jpg
c0112559_128297.jpg JR門司港駅を出たら目の前にあるビル。あまり古く見えませんので、誰も注目していないようですが、実は昭和2年築のアメリカンスタイルのビルです。日本郵船門司支店でしたが、今は門司郵船ビルになっています。とはいえ屋上にある看板は日本郵船のままです。1階にはコンビニとアクセサリーや陶磁器の門司港ブランドの店「アルテジオ」が入っています。鉄筋コンクリート造り、4階建。

門司郵船ビル
旧日本郵船門司支店 1927(昭和2)年
設計 : 八島知
施工 : 大林組
北九州市門司区港町7-8
撮影 : 2008.5.2 & 5.3




c0112559_12956100.jpg
c0112559_1210744.jpg
c0112559_12101957.jpg

by gipsypapa | 2008-09-21 12:11 | 建築 | Trackback | Comments(4)

JR門司港駅

c0112559_13263541.jpg
 旧門司駅。門司レトロの陸の玄関口です。鹿児島本線の北の終着駅ですから、ヨーロッパのターミナル駅のような頭端式の駅(線路が行き止まりになっているため、頭端式ホームの駅を経由してさらに他の方面に向かう列車はスイッチバックを強いられる)になっています。

 木造ながらモルタルを塗って石造りに見せたネオルネサンス様式の美しい建物で、駅舎としてはわが国最初の重要文化財。ドイツ人技師ヘルマン・ルムッシュテルの指導で建てられました。

 大正時代を再現した切符売り場、 待合室など、門司レトロを意識した意匠を残しています。 左右対称の姿は、九州の起点駅としての門をイメージしたとか。重要文化財の木造2階建て、銅板葺。

JR門司港駅
旧門司駅 1914(大正3)年
重要文化財
北九州市建築文化賞
設計 : 鉄道院九州鉄道管理局工務課
施工 : 菱川組
北九州市門司区西海岸1-5-31
撮影 : 2008.5.2 & 5.3
c0112559_1328818.jpg
c0112559_1328214.jpg
c0112559_13283359.jpg
c0112559_13284663.jpg
c0112559_1328582.jpg
c0112559_13291072.jpg
c0112559_13292331.jpg
c0112559_13293654.jpg
 イタリアのテルミネ駅をモデルにしたと言われるネオ・ルネッサンス様式の重厚な構え。
c0112559_141589.jpg

c0112559_13325368.jpg
c0112559_1333594.jpg
c0112559_13331980.jpg
c0112559_1333305.jpg
c0112559_13334523.jpg
 建物周辺部は木造の板張りに鉄道駅らしい鉄骨の構造物です。
c0112559_13343410.jpg
c0112559_13344745.jpg
 自動改札の設置には「レトロなイメージを壊す」として地元から反対意見が多数出たそうでが、うまく処理されて違和感はありません。
c0112559_13361166.jpg
c0112559_13362823.jpgc0112559_13364328.jpg 
























 用途は昔と違うようですが、当時のままの部屋があります。
c0112559_1337686.jpg
 駅開発当時から使用されている洗面所、青銅製の手水鉢、上水道など歴史的資産が今も使われているのが素晴らしい。
c0112559_13383856.jpgc0112559_13391230.jpg























 
         「幸福の手水鉢」                                 「帰り水」
c0112559_13403517.jpg
c0112559_13405170.jpg
c0112559_134161.jpg
 頭端式2面4線のホームの地平駅。
c0112559_13542183.jpg
c0112559_13592543.jpg
c0112559_13415536.jpg

by gipsypapa | 2008-09-19 13:55 | 建築 | Trackback(1) | Comments(7)