<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大阪松竹座

c0112559_131585.jpg
 大阪 南の繁華街、道頓堀にある、大正末期から大阪の顔として親しまれてきた洋式劇場。大林組の木村得三郎の設計による日本初の鉄筋コンクリート造り劇場。煉瓦張壁のネオ・ルネッサンス様式で、正面の大アーチ窓が目を惹きます。
 映画や松竹楽劇部(後のOSK)の本拠地として、浪花の文化を担った劇場です。戦前から封切映画館として親しまれましたが、平成6年(1994年)5月に映画館としての長い歴史の幕を閉じました。
 その後、この素晴らしい正面壁をファサード保存した形で改築され、現在は歌舞伎を主体に興行する劇場となって賑わっています。
 オリジナルは鉄筋コンクリート造り、5階建て、地下1階。現在は8階建て、地下2階に改築。

大阪松竹座 1923(大正12)年 / 1994(平成6)年(改築)
設計 : 木村得三郎(大林組)/ ユー・アソシエイツ(改築)
施工 : 大林組 / 大林組・清水建設共同企業体(改築)
大阪市中央区道頓堀1-9-19 
撮 影 2008.1.18 & 19
c0112559_13161363.jpg
 土曜日の午前中には、入場者の列が入口前に。「迎春大歌舞伎」を観に来た人たち。思ったより若い女性が多いですねぇ。
c0112559_13174536.jpg
c0112559_13181984.jpg
c0112559_1319885.jpg
 何といっても正面の大アーチが見どころ。両側のイオニア式の柱に大きなベイス(飾り壺)、軒の上にも小さなベイスが載っています。建物はパリの凱旋門を模して造られたとか。そうかなぁ?
c0112559_13205068.jpg
c0112559_1321943.jpg

ここから ↓ は夜景です。美しい。
c0112559_13215378.jpg
 開いていた入口から1階を覗いてみました。壁、床がイタリア大理石を使った欧風。奥の正面の壁面あるのは、ビュッフェ作の『暫』の絵画だそうです。2階がメインロビー、3階、4階が吹き抜けの劇場スペースで、中も豪華とか。
c0112559_13235369.jpg
 
c0112559_13221694.jpg

by gipsypapa | 2008-01-31 13:27 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪市立美術館

c0112559_1584550.jpg
 大阪市立美術館は天王寺公園内にある大きな美術館。天王寺公園は広大な敷地に緑があり、有名な天王寺動物園も敷地内にあります。この一帯は、もともと住友家の本邸があった所で、この庭園も含めて大阪市に寄贈されたとか。さすが大財閥です。
 美術館訪問はいずれの日も年末と元旦で門が閉じていました。左右対称形をしたクラシカルな洋風建物に和瓦を屋根に使った重厚な建物です。正門を入って2階部分に上る階段が、ヨーロッパ風の良いアクセントになっています。正門の意匠も優れたもの。普段は各種展覧会が開催されていますので、行こうと思えばいつでも行って中を見ることができるのですが。鉄筋コンクリート3階建て、地下2階。

大阪市立美術館
1936(昭和11)年/1979(昭和54)年改修
設計 : 伊藤正文・海上静一・日高胖(大阪市土木部建築課)
施工 : 大林組、小坂井組
大阪市天王寺区茶臼山町1-82 
撮影 : 2007.12.29 & 2008.1.1
c0112559_1510335.jpg
c0112559_15101833.jpg
 この日(12月29日)は小雨交じりのあいにくの空模様。傘をさしながらの撮影でした。
 階段を上って正面へ行くか、階段の間の通路を直進するようです。正面の大きな3列の窓が美しい。これは中から見たいものです。
c0112559_1514287.jpg
c0112559_15153750.jpg
c0112559_15144457.jpg
c0112559_15145378.jpg
 邸内に入れないのでひたすら正門回りを。ここのデザインも優れモノです。
c0112559_15164120.jpg
c0112559_15165238.jpg
 鉄格子の門扉も古典主義的。
 ここから ↓ は元旦の撮影です。冬とはいえ天気がよく色合いが鮮やかになりました。
c0112559_1518313.jpg
c0112559_15191772.jpg
 公園の遊歩道からちらっと見えた側面。
c0112559_15192691.jpg
c0112559_15212650.jpg
 正面も違って見えます。鳥が数羽飛んでいますが、カラスかな? 
by gipsypapa | 2008-01-29 15:24 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

浪速郵便局阿倍野橋分室+大手前看護専門学校

c0112559_16375670.jpg
 JRの環状線内回りで天王寺駅に近づくと、明らかに古いビルが線路沿いに見えてきて、気になっていました。その後調べると昭和初期に建てられた旧阿倍野橋ホテルということが判明。いつかは近くで見たいと思っていました。いつも裏側から見ていましたが、表に廻ってみると意匠が違いました。鉄筋コンクリート造り3階建て。

浪速郵便局阿倍野橋分室+大手前看護専門学校
旧阿倍野橋ホテル 1931(昭和6)年/1935(昭和10)年
設計 : 鈴木太吉
施工 : 八木工務店
大阪市阿倍野区旭町1-1-2
撮影 : 2007.4.24, 12.29 & 2008.1.1
c0112559_1641495.jpg
 1枚目の写真は表側の全景。二つのビルがくっついて建っているように見えますが、これはすべてホテルとして使われていたものです。この写真は向って右側(南側)部分。現在は大手前看護専門学校として使われています。あまり特徴のない、あっさりしたデザイン。
c0112559_16483039.jpg
 正面向って左側(北側)が浪速郵便局阿倍野橋分室。こちらは石と褐色のスクラッチ・タイルで装飾された外壁、窓枠も凝った意匠で見どころがあります。データでは築年が二つあるので、郵便局側が古く、看護学校側が増設されたように思えます。
c0112559_16523544.jpg
 建物の裏側を天王寺公園からJR線路越しに見ると、一つの建物であることがよく分かります。
c0112559_1653556.jpg
 見所の多い郵便局側は上部が褐色のスクラッチタイル貼り。
c0112559_16552523.jpg
 裏側もスクラッチタイル貼りですが、薄い色です。
c0112559_16562296.jpg
 屋上のエレベータ機械室か?
c0112559_1657355.jpg
 入り口脇には小さいながらもステンドグラス。
c0112559_16574979.jpg
 腰の部分は石造り。
c0112559_16583128.jpg
 こちらは看護専門学校側の屋上にあるエレベーター機械室?
c0112559_16594179.jpg
c0112559_1702327.jpg
 JR環状線から見ていたビルの裏側です。
c0112559_1711779.jpg
 環状線の線路とビルの位置関係はこうなってます。
by gipsypapa | 2008-01-28 17:10 | 建築 | Trackback | Comments(0)

天王寺消防署元町出張所

c0112559_1120698.jpg
 四天王寺の南西の一角にある古い消防署。表側は国道25号線に、裏側は四天王寺の西大門の参道に面しています。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

天王寺消防署元町出張所
旧南消防署元町出張所 1926(大正15)年以前
設計・施工 : 不明
大阪市天王寺区四天王寺1-11-68
撮影 : 2007.12.29 & 2008.1.1
c0112559_11235998.jpg
c0112559_11241985.jpg
 国道25号線から正面を。車庫には消防車が勢ぞろい。平和なお正月です。
c0112559_1125224.jpg

c0112559_1126289.jpg
c0112559_11263923.jpg
 こちらは四天王寺の参道から。面白い装飾です。こちら側からも消防車が出入りできるようになっていて、いざという時には役に立つのです。
c0112559_11284564.jpg
 横の線が強調されたデザイン。表に電気配線のコンジットがむき出しで、やや景観を壊しているのが残念。
by gipsypapa | 2008-01-27 11:31 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪天王寺の総本家釣鐘屋

c0112559_10243861.jpg
 大阪の四天王寺西大門を出て天王寺駅へ向かう途中に面白い建物があります。創業が明治33年の老舗の和菓子屋さんで、釣鐘まんじゅうで有名。近くを通ればついつい覗いてみたくなる、インパクトのある店です。

総本家釣鐘屋 1930(昭和5)年ころ
設計・施工 : 不明
大阪市天王寺区大道1-5-2
撮影 : 2007.12.29 & 2008.1.1
c0112559_10253732.jpg
c0112559_10255920.jpg
c0112559_10261248.jpg
 屋根の上に釣鐘堂のミニチュア、2階の窓も照明付きの釣鐘型。思わず覗きたくなるお店です。
c0112559_10283715.jpg
c0112559_10284726.jpg
c0112559_1029173.jpg
 店の中もレトロ。すべてこの店の中で製造販売されているようです。釣鐘まんじゅうのほかに、せんべいやカステラもありました。すべて釣鐘型。まんじゅうは荷物になりそうだったので釣鐘せんべいを買いました。(大小2種類あります)
 あっさりして上品、気に入りました。この味ならまんじゅうもおいしいでしょう。いつか機会があればぜひもう一度行きたいところです。
c0112559_10323730.jpg
c0112559_10324690.jpg

by gipsypapa | 2008-01-25 10:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)

四天王寺八角亭

c0112559_136036.jpg
初詣のついでに立ち寄った四天王寺。その境内にある本坊庭園(入園料300円)の池のほとりにライトブルーの小さな洋風東屋が建っています。
 明治36(1903)年に開催された内国勧業博覧会の木造パビリオンが四天王寺本坊庭園に移設されたもので、ルネッサンス風の八角洋風木造建築です。小奏楽堂というからには中で何かの演奏が行われたのでしょうか。

四天王寺八角亭
旧内国勧業博覧会小奏楽堂 1903(明治36)年
登録有形文化財
設計 : 久留正道か
施工 : 大場安組
大阪市天王寺区四天王寺1-11-18 
撮影 : 2008.1.1
c0112559_13253379.jpg
c0112559_13255887.jpg
c0112559_13264498.jpg
 八角形の洋風東屋ですが、和瓦が使われています。
c0112559_13275342.jpg
 鮮やかな色に塗装された建物。外から窓ガラスを見ただけではよくわかりませんが・・・
c0112559_13295732.jpg
 中から見ると窓には強烈な色ガラス。実は他のサイトあるこの色ガラスの写真を見て、中に入れるのかと思っていましたが、入口には施錠してあり、入れません。他の写真もこの写真のように窓にカメラを押しつけて撮ったものでしょう。
c0112559_1333306.jpg
 日本庭園の洋風建物ですが、違和感なくひっそりと建っていました。
 ただ、この本坊庭園は冬はお勧めではありません。緑が少なくやや寂しい雰囲気でした。春か秋が良さそうです。
by gipsypapa | 2008-01-23 13:37 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪府立夕陽丘高等学校清香会館

c0112559_1637521.jpg
心光寺本堂から東に行った閑静な住宅地にある高校。元は女学校だったそうです。その校門を入って右側に清香会館という女学校時代の同窓会館があります。鉄筋コンクリート造り3階建て。

大阪府立夕陽丘高等学校
旧夕陽丘高等女学校清香会館 1934(昭和9)年
設計 : 木子七郎
施工 : 清水組
大阪市天王寺区北山町10-10
撮影 : 2008.1.1
c0112559_1638882.jpg
清香会館にたどり着く前に見えてきた校舎は、すべてこのようなアーチ窓を多用したフォトジェニックな建物。
c0112559_16383186.jpg
 校門も美しい。
c0112559_16384553.jpg
 右側に清香会館が見えてきました。
c0112559_16543823.jpg
 東側の道路から見た側面。円筒形の張り出し部がやわらかな印象を与えています。
c0112559_16393625.jpg
 会館の手前は小さな公園になっています。
c0112559_16405963.jpg
c0112559_16411426.jpg
 緩やかな曲線を描く玄関ポーチの庇。
c0112559_16423146.jpg
c0112559_16425631.jpg
 玄関は3つの両開き扉。その上部の格子に梅をデザインしたマークが入って。
c0112559_16445646.jpg
 玄関の窓越しに見たロビー。
c0112559_16454162.jpg
 竣工年の入ったプレートが玄関脇に。
c0112559_16465510.jpg
 丸窓の保護用面格子は波をあしらったデザインが使われています。
c0112559_1648407.jpg
 西側(道路側の反対)にも円筒形の張り出しがあります。窓の大きさ配置は左右で違っていますね。
c0112559_16503793.jpg
 外観が非常に良好な状態でしたので、最近改修されたのでしょう。窓も建築年当時は木枠だったはず。知らないと周りの校舎も優れたデザインなので、これだけが古い建物とは気付かないかもしれません。
by gipsypapa | 2008-01-20 16:56 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪天王寺区の心光寺本堂

c0112559_1529369.jpg
今年の初詣は天王寺区の生國玉神社行きました。地図を見るとそこから松屋町筋を南下するにつれ東側に無数といってもいいくらいのお寺が並んでいます。数を数えるのが虚しくなるほど連なっています。いわゆる大阪の上町台地にあり、お寺が多い理由をYahoo 知恵袋で調べました。

c0112559_1530184.jpg 「もともと戦国時代から,武士・商人・寺院などを城下町に集住させる政策があり,これは戦国大名による政治・経済・宗教などの権力を集中させる意味をもっていました。
天下人となった豊臣秀吉は,大坂城を築くとともに城下を整備し,多くの寺院を天王寺の周辺に移転させました。これが現在の寺町の原型です。
その後,大坂の陣(1614~15年)が終わった後,徳川幕府によって再び大坂城下の整備が行われ,この時にも寺院の寺町への移転がなされて,現在の姿になったようです。
なお,寺町地域の寺院境内にある樹木は上空から見ると鬱蒼としており,大阪市内の中でも,数少ない緑の地になっていますね。」


 その中ほどに位置する心光寺に国の登録有形文化財に指定された変わった本堂があると知り訪ねました。本堂はインドのタージマハルを意識した建物でインド風の外観意匠とした寺院本堂建築。ソテツの木がエキゾティックな雰囲気を醸し出していますが、周りはお墓。驚きのお寺でした。
 心光寺は浄土宗で1624年に僧西尚により創建されたそうです。仏教発祥の地はインドには違いありませんが、昭和の初期に、他では珍しいデザインが何故採用されたのか興味深いものがあります。鉄筋コンクリート造平屋建、ドーム付。

護念山 心光寺本堂 1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 自家設計・施工(住職)?
大阪市天王寺区下寺町1-3-68
撮影 : 2008.1.1
c0112559_1532295.jpg
 正面のインド風アーチ。
c0112559_15332354.jpg
 本堂入口は元旦なのでさすがに閉まっていました。中には龍の天井絵があるらしいのですが。
c0112559_1536631.jpg
 一段高くなった上がり框の手すりにはこのような細工。
c0112559_15374244.jpg
 上がり框の床絵。
c0112559_15382911.jpg
 本堂入口扉の金具。
c0112559_15391122.jpg
c0112559_15391981.jpg
 両側もお寺とは思えない、イスラム風にも見える丸穴と尖塔アーチが。
c0112559_15405998.jpg
 非常に興味深く印象的な建物でした。ちなみに南北に連なる多数のお寺も覗きながら歩いたのですが、このお寺以外は、新しく建てられたと思われる普通の寺院ばかりでした。
by gipsypapa | 2008-01-17 15:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)

莫大小(メリヤス)会館

c0112559_1452014.jpg
「莫大小」と書いて「メリヤス」と読みます。メリヤスとは懐かしい言い方ですが、伸縮性のある布のこと。このビルは昭和初期の建築、堂島川沿い堂島大橋のたもとにあります。

 莫大小製品輸出組合の事務所として使われましたが、現在はデザイナー事務所、カフェ、アトリエアート・ギャラリーなどが入るテナント・ビル。アーチ窓を多用した鉄筋コンクリート造り4階建て、地下1階。

莫大小(メリヤス)会館 1929( 昭和4)年:第1期/1937(昭和12)年:第2期
設計 : 宗兵蔵(宗建築事務所)
施工 : 大阪橋本組
大阪市福島区福島3-1-39
撮影 : 2007.11.25
c0112559_147534.jpg
c0112559_1472278.jpg
c0112559_1481129.jpg
 北側が正面。横長のビルの2階部分にアーチ窓を配して。
c0112559_14101144.jpg
c0112559_14102166.jpg
c0112559_14103261.jpg
c0112559_14104456.jpg
 この日も休日なのでテナントビルやオフィスビルは閉まっていて中はあまり見れませんでした。ネット情報によると、昭和四年に第一期、その後二期・三期・四階部分と増築を重ねて出来たので内部は迷路のようになっているとか。3階にカフェがあるようなので、ちょっと見たかったです。
c0112559_14133050.jpg
 西側から。増築された4階部分はなんと切妻。
c0112559_14145461.jpg
c0112559_1415422.jpg
 南側の堂島川沿いの道から建物の裏側が見えます。こちらも2階はアーチ窓。
by gipsypapa | 2008-01-16 14:17 | 建築 | Trackback(1) | Comments(9)

大阪の中央電気倶楽部

c0112559_17194814.jpg
 c0112559_17233265.jpg 大阪の堂島浜にある昭和初期の近代建築。褐色のスクラッチタイルや壁面の細工、ベイス(飾り壷)などがレトロ感をかもし出しています。
 倶楽部建築として設計され、談話室、図書室、食堂、特別室、娯楽室、バー、大会堂などがあるそうです。
大阪の現存している倶楽部建築といえば、すでにこのブログでも紹介した、大阪倶楽部と綿業会館がありますが、この建物も小ぶりながら同様に見事です。鉄筋コンクリート造り、4階建て。
 

中央電気倶楽部 1930(昭和5)年
設計 : 葛野壮一郎(葛野建築事務所)
施工 : 大林組
大阪市北区堂島浜2-1-25 
撮影 : 2007.11.25
c0112559_17243785.jpg
c0112559_1724556.jpg
 内部も見ごたえのある倶楽部建築らしいのですが、この日は休日でしまっていました。
c0112559_17332997.jpg
c0112559_17324166.jpg
c0112559_17334035.jpg
c0112559_17342671.jpg
 やはり目立つ飾り壷。
c0112559_1736556.jpg
c0112559_17361959.jpg
 随所にこのようなレリーフがあって見飽きません。
c0112559_17374247.jpg
 ウィークデイはレストランやバーが開放されているようなので、いつかは中も見たいものです。
by gipsypapa | 2008-01-14 17:42 | 建築 | Trackback | Comments(0)