<   2007年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

名古屋の橦木館(しゅもくかん)

c0112559_14522311.jpg
 磁器貿易商「井元為三郎」の旧邸。大正15年に建築され、2階建て洋館、日本家屋、庭園、茶室などのレトロな雰囲気一杯の建物、敷地が一般に無料開放されています。
 現在はNPO法人橦木倶楽部により管理されています。公開日は土曜と日曜の両日です。

橦木館(しゅもくかん)
旧井元為三郎邸 1926(大正15)年
設計 : 白木時三
施工 : 柴田宇兵衛
愛知県名古屋市東区橦木町2-18 
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1458274.jpg
正面に二階建てのスペイン瓦の洋館、奥には和風住宅があります。
c0112559_150081.jpg
 門から入ると洋館の玄関。これも旧春田邸や旧豊田邸と同じような和洋折衷です。
c0112559_1514662.jpg
 玄関ポーチの天井にある星型の照明。面白い。
c0112559_1524355.jpg
 中に入って玄関を振り返ったところ。
c0112559_1535830.jpg
 玄関を入ると小さな絨毯引きのロビー。2階へ上がる階段がありました。
c0112559_1572873.jpg
c0112559_1575876.jpg
c0112559_1582293.jpg
c0112559_1585966.jpg
 1階の洋室。応接間です。
c0112559_1595626.jpg
 洋室の床模様。案内していただいた橦木倶楽部副理事長の坂野さんに、維持することの苦労話も伺いました。坂野さんは、この建物の設計は武田五一じゃないかという噂があるとおっしゃっていましたが、私も同感です。というか似ています。
 その後、設計は白木時三、施工が柴田宇兵衛であることが判明しました。
c0112559_1516576.jpg
 奥の和館の廊下から見た洋館部分。
c0112559_15185175.jpg
c0112559_15191547.jpg
c0112559_15194165.jpg
 1階の和室。
c0112559_15204022.jpg
c0112559_1521914.jpg
c0112559_15213753.jpg
c0112559_15222168.jpg
c0112559_15224514.jpg
 洋館の階段を登って二階へ。広間と奥にもう一つ小部屋があり、境の上部はステンドグラス。小部屋の横にはバスルームがあります。c0112559_15262835.jpgc0112559_1527433.jpgc0112559_15272893.jpg 



















洋館のドアにはそれぞれ違った文様。この辺は、もしかしたら武田五一?と思わせる遊び心を感じます。
c0112559_15293030.jpg
 当時のままのドアノブ。
c0112559_1530204.jpg
 2階から見た玄関ポーチの屋根。赤いスペイン瓦が使われています。
c0112559_15314298.jpg
c0112559_1532830.jpg
c0112559_15323264.jpg
 庭に面した藤棚のあるテラスでお茶でも飲むのが最高かな。
by gipsypapa | 2007-06-30 15:42 | 建築 | Trackback | Comments(7)

名古屋の旧豊田佐助邸

c0112559_1018129.jpg
 故春田鉄次郎邸の一軒おいた東側にある、大正12年に建てられた白いタイル貼りの木造洋館と、広い間取りの和館からなる邸宅。豊田佐助は、自動織機を発明した豊田佐吉の実の弟で、生涯にわたって佐吉を支えた実業家でした。
 洋館の1階は洋式の応接室が3部屋、2階が和式の座敷となっています。故春田鉄次郎邸や次に紹介する橦木館と同様に、当時の邸宅は来客を洋館で接待し、家族は和室を住居とする合理的な暮らしを両立させるようになっていたようです。
 現在は名古屋市が管理していて、無料で一般公開されています。

旧豊田佐助邸 1923(大正12)年
設計 : 伊藤代吉
施工 : 大塚源春
愛知県名古屋市東区主税町3-8
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1019328.jpg
c0112559_1019487.jpg
 門を入ると前面は白いタイル貼りの木造洋館。
c0112559_10203173.jpg
 玄関ポーチの床タイル。
c0112559_10221640.jpg
 中から玄関を。
c0112559_102363.jpg
c0112559_10231940.jpg
c0112559_10233166.jpg
 洋館の1階は洋式の応接室。
c0112559_10241995.jpg
 コート掛けは昔のものです。
c0112559_10251198.jpg
 洋館にある鶴にトヨタの文字をデザインした換気口。
c0112559_10261091.jpg
 蓮の蕾の形の照明と吊元の装飾が凝っています。
c0112559_1027879.jpg
 こちらは小ぶりの照明。
c0112559_102881.jpg
 和館にあったガス灯。旧春田邸でなかったガラスがちゃんと残っていました。
c0112559_10294326.jpg
c0112559_10295611.jpg
c0112559_10301115.jpg
 ゆったりとした間取りの和室。襖の絵が素晴らしい。
c0112559_10313925.jpg
c0112559_1031545.jpg
c0112559_1032921.jpg
c0112559_10322236.jpg
 細部も手の込んだものが使われていて、当時の豊田家のリッチさがわかります。
c0112559_10343396.jpg
 和館と庭。
c0112559_10352910.jpg
 庭の隅っこにある蔵も古いようです。
c0112559_10363912.jpg
c0112559_1036592.jpg
c0112559_10372986.jpg
 和風、洋風の融合により、日本の伝統的な美しい暮らしと、欧米の合理的な暮らしを両立させることを目指したのでしょう。
by gipsypapa | 2007-06-29 10:41 | 建築 | Trackback | Comments(0)

NHK ザ・ロード ~わたしの旅~

明日、NHK プレミアム10という番組で「昭和モダン・外国人建築家の足跡を訪ねる旅」が放映されます。↓

http://www.nhk.or.jp/premium10/

以下ネットからの抜粋です。

NHK プレミアム10
ザ・ロード ~わたしの旅~
6月29日(金)夜10:00~11:30

二つめは「昭和モダン・外国人建築家の足跡を訪ねる旅」。日本で活躍した外国人建築家の足跡をたどり、軽井沢、高崎、熱海を巡ります。それぞれどのような出会いや発見が待ち構えているのか。お楽しみに。


これだけでは情報不足ですが、別のサイトで
「20世紀初頭に日本を訪れた外国人建築家(フランク・ロイド・ライト、アントニン・レーモンド、ブルーノ・タウト)と日本の関わりをたどる。」
というのがありました。面白そうです。
by gipsypapa | 2007-06-28 11:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)

名古屋の故春田鉄次郎邸

c0112559_1530147.jpg
 今回、名古屋のこの地区を訪れたのは、武田五一の建物があると知ったからです。
 この建物は陶磁器貿易商を主とする大洋商工を設立した春田鉄次郎の住宅でした。名古屋市都市整備公社が所有者より借り受けて、レストラン及び事務所に転貸中。創作フランス料理「デュボネ」として営業している部分と見学者用に開放している部分とあります。
 モダンな和洋両様式を採り入れた大正建築で、洋館と中庭をはさんで奥にある和館で構成されています。
 見学は入口が奥にあります。無料です。ただ中に入るには、次回紹介予定の旧豊田佐助邸を先に訪問して、そちらで市の係りの女性にお願いすると案内してくれます。なおレストラン部分は一般公開されていませんが、勿論、レストランで食事をすれば、見ることができます。

故春田鉄次郎邸 1925(大正14)年
設計 : 武田五一
施工 : 清水組
愛知県名古屋市東区主税町3-8
撮影 : 2007.6.9
c0112559_153889.jpg
 門を入ったところにある1階の洋館がレストランになっています。この日、レストランは結婚式のため貸切になっていて入れません。
c0112559_15395928.jpg
c0112559_15401911.jpg
 洋館部分のベイウィンドウ。南向きなのでサンルームだったのでしょう。
c0112559_154223100.jpg
 入れないまでも、玄関から覗きました。
c0112559_15432748.jpg
 洋館の右を通っておくに進むと和館の玄関があります。中に入ったらすぐこのポスターがありました。10月22日~12月4日の特別展とあり、おっ、と思ってよく見たら、平成17年。残念。
c0112559_15491649.jpg
c0112559_15472418.jpg
 和館には武田五一や春田鉄次郎関連の展示品が。
c0112559_15474296.jpg
 階段は結構洋風です。
c0112559_15515527.jpg
 古いガス灯の跡。ガラス部分がなくなっています。
c0112559_155314100.jpg
 箪笥にあった象嵌。
c0112559_1554674.jpg
c0112559_1554193.jpg
c0112559_15551834.jpg
c0112559_15553895.jpg
 ガイドの女性に話を聞くところによると、レストランになっている1階の洋館の窓はカットグラスが使われていて、素晴らしいとのこと。大阪吹田の西尾邸のカットグラスを思い出しました。
c0112559_15573253.jpg
 結婚式がなければ、普段はレストランで食事をしなくても、少し洋館を覗くことができるそうです。しかし今日はダメです。その代り廊下できれいな花嫁がスタンバイしていました。お幸せに~!
c0112559_1602858.jpg
 2階の窓から和室の外側を。手前の窓の意匠は洋風です。
c0112559_162678.jpg
 建物の西側にある建物も古く、今も故春田氏の御子孫の住宅で現役だそうです。
c0112559_1642923.jpg
 本当は洋館部分の中を見ると、もっと武田五一らしさを実感できたのでしょうが、花嫁に免じて・・・
by gipsypapa | 2007-06-27 16:08 | 建築 | Trackback | Comments(0)

名古屋のカトリック主税町教会

c0112559_1642112.jpg
 木造・2階建、桟瓦葺 この教会は白壁・主税・橦木の町並み保存地区にあり、名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に100年以上前に士族屋敷を改造して建てられた教会です。外観は社寺風で、格天井の三廊式。鐘楼は復元されたものです。
 また隣接の司祭館はコロニアルスタイルを特徴とする建物です。

カトリック主税町(ちからまち)教会 
礼拝堂 1904(明治37)年
設計 : 井上秀斎、テュルパン神父
施工 : 不明
司祭館 1903(昭和5)年
設計・施工 : 不明
名古屋市都市景観重要建築物指定
愛知県名古屋市東区主税町3-33
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1654077.jpg
c0112559_166772.jpg
 とてもキリスト教会とは思えない、お寺のような外観。伊勢湾台風後に入口と外陣両側が増築されたため、側廊ができ、三廊式となりました。礼拝堂正面の3連アーチが優美。
c0112559_168342.jpg
 とはいえ、側面はやはり教会。
c0112559_1692018.jpg
c0112559_1693213.jpg
 復元された鐘楼。
c0112559_16101830.jpg
c0112559_16104364.jpg
c0112559_1611387.jpg
 隣接する司祭館は外観を下見板張りとした洋風建築物で、白壁・主税・橦木の町並み景観を形成する建物です。
c0112559_16124697.jpg
c0112559_1613520.jpg
c0112559_16133534.jpg
 
c0112559_16135594.jpg
 礼拝堂は両側に側廊のある三廊式。
c0112559_16142586.jpg
c0112559_161546.jpg
c0112559_16155763.jpg
c0112559_16162254.jpg
c0112559_16165297.jpg
c0112559_16171237.jpg
c0112559_1617369.jpg
 カトリックの教会は日曜以外にも開いていることが多いのですが、ここも中に入れました。名古屋市がキャンペーンをしている「文化のみち」という古い建築物の散策ルートにあるので、一般の観光客の姿も見えました。
 礼拝堂の中はカトリックにしてはシンプルな感じですが、やはり天使像などが飾られています。
c0112559_16221382.jpg

by gipsypapa | 2007-06-26 16:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)

名古屋市市政資料館

c0112559_146589.jpg
 この建物は、大正11年(1922)に当時の名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所として建設されて以来、昭和54年(1979)に名古屋高等・地方裁判所が中区三の丸一丁目に移転するまで、中部地方における司法の中心として60年近い歴史を積み重ねてきました。
 赤い煉瓦と白い花崗岩、そしてスレートの黒を組み合わせた組み合わせが鮮やかなネオ・バロック様式の建物。
 国の重要文化財として保存・公開するとともに、名古屋市の公文書館として名古屋市の誕生から今日にいたるまでの行政文書や資料を保存し閲覧しています。またこの建物が市民の会議や集会、展示のためのスペースも備えています。

名古屋市市政資料館
旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎 1922年(大正11)年
設計 : 山下啓次郎(工事計画主任)、金刺森太郎(設計監督就任)、司法省営繕課
施工 : 司法省直営

重要文化財
愛知県名古屋市東区白壁1-3
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1482983.jpg
c0112559_1485659.jpg
c0112559_1493916.jpg
c0112559_14102796.jpg
 煉瓦・鉄筋コンクリート造3階建て、搭屋付、スレート葺の堂々とした建物です。
c0112559_14112913.jpg
 ランドマーク的な塔屋。
c0112559_14121948.jpg
 中から入り口を振り返ったところ。
c0112559_14131227.jpg
c0112559_14133347.jpg
c0112559_14135049.jpg
c0112559_1414109.jpg
c0112559_1414536.jpg
c0112559_14154299.jpg
c0112559_1416312.jpg
c0112559_14162179.jpg
c0112559_1421576.jpg
c0112559_14233264.jpg
 吹き抜けになった中央階段まわりの荘厳な雰囲気は一見の価値があり。大理石の手摺が豪華。2階はバルコニーが吹き抜け部分を取り巻くように配置されています。建物好きはここを見たらもう満足。
c0112559_14222054.jpg
c0112559_14223313.jpg
c0112559_14225080.jpg
c0112559_1423531.jpg
c0112559_14234419.jpg
c0112559_14235811.jpg
c0112559_14241486.jpg
 2階は常設展示室に市政に関する数々の資料が展示。そのほかに法廷や各種の控え室、会議室、独房や雑居房なども復原されていて面白い。
c0112559_14271427.jpg
c0112559_14272880.jpg
 2階の廊下から中庭に面したレンガ壁が見えました。
c0112559_14283288.jpg
 土曜日の午前中でしたが、他に見学者は見当たらず、閑散としていました。何度も行くところではないので地元の人が少ないのでしょうが、私は入場無料で十分楽しませてもらいました。
by gipsypapa | 2007-06-25 14:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)

名古屋市の伊勢久株式会社本社

c0112559_10242838.jpg
 伊勢久株式会社は創業が江戸時代1758年という長い歴史を持つ薬問屋です。この建物は昭和5年に竣工され、この時期流行したアメリカ風スパニッシュ様式を採用した、先進的で自由なデザインの建築。鉄筋コンクリート造、 地上3階、 地下1階で、冷暖房やリフト、水洗便所まで備えた当時としては非常に先進的な建物でした。外観は地味な色合いのタイル張りで、螺旋状の溝のある4本の飾柱と大梁の飾りテラコッタが印象的です。
 
伊勢久株式会社本社 1930年(昭和5)年
設計 : 鳥武頼三
施工 : 志水建築業務店
愛知県名古屋市中区丸の内3-4-15
撮影 : 2007.6.8
c0112559_10254780.jpg
c0112559_10262518.jpg
c0112559_10264357.jpg
c0112559_10271513.jpg
c0112559_10273263.jpg
 らせん状の柱や窓まわりの装飾に特徴があります。タイル貼りはほぼ前面だけ、裏側半分はモルタルむき出しでした。
c0112559_1028218.jpg
 5年後に建てられた亜愛知県庁大津橋分室と2つ並んでいる姿は、まるでここだけ時代が止まっているかのようです。
by gipsypapa | 2007-06-24 10:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)

愛知県庁大津橋分室

c0112559_1449928.jpg
 愛知県庁から南下し大津橋を渡ったところに古い建物が二つ並んでいます。そのうち北側に建つこのビルは戦前は愛知県信用組合連合会、戦後は農林会館として使用された建物。昭和32(1957)年に愛知県に寄贈され、今も県庁の分室として使用されています。角に建つ塔状の階段室が特徴的で、ゴシック風付け柱が高さを強調しています。鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階。

愛知県庁大津橋分室
旧愛知県信用組合連合会会館
1933年(昭和8)年
設計 : 愛知県営繕課(黒川己喜、土田幸三郎)
施工 : 北川組
愛知県名古屋市中区丸の内3-4-13
撮影 : 2007.6.8
c0112559_14575873.jpg
c0112559_14581910.jpg
c0112559_14583814.jpg
c0112559_1458592.jpg
c0112559_14593163.jpg
c0112559_14595113.jpg
対称性を崩すことで建物を動的に見せていて、タイル壁や丸窓、それにバルコニーなどが特徴的な表現派風の建築物です。もっとゆっくり見たかったのですが、雨が降ってきて早々に退散。写真にも雨の筋が写っています。
c0112559_1513155.jpg
 右側が大津橋分室、左がこれより3年早く建てられた伊勢久(株)ビルです。
by gipsypapa | 2007-06-23 15:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)

愛知県庁本庁舎

c0112559_1195913.jpg
 昭和天皇御大典の記念事業として、名古屋市役所の5年後の昭和13年に中区新栄から現在の場所へ移転されました。 名古屋城および隣接する名古屋市庁舎を意識して日本固有の様式を強調する建物。

 西村好時と渡辺仁による基本設計を基に、愛知県営繕課が実施設計。近代的な建築に和風の屋根を載せた、いわゆる帝冠様式の代表的建築です。 鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、地下1階、塔屋付の登録有形文化財。

愛知県庁本庁舎
1938年(昭和13)年
登録有形文化財
設計 : 西村好時、渡辺仁、愛知県建築部営繕課
施工 : 戸田組
愛知県名古屋市中区三の丸3-1-2
撮影 : 2007.6.8 & 6.9
c0112559_11182741.jpg
c0112559_1118467.jpg
c0112559_11185846.jpg
c0112559_11191123.jpg
c0112559_11192698.jpg
c0112559_11194076.jpg
 黄褐色のテラコッタタイルと白色磁器モザイクタイルが貼られた躯体に、名古屋城を強く意識したと思われる城郭風の瓦屋根が載せられています。
c0112559_11195867.jpg
 残念ながら雨模様で色合いがもう一つです。
by gipsypapa | 2007-06-22 11:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

名古屋市役所本庁舎

c0112559_14152037.jpg
 今日からしばらく名古屋をやります。

 この建物は昭和初期に昭和天皇の即位御大典の記念事業として建設されました。懸賞募集に当選した平林金吾の案を基に,名古屋市建築課が設計。設計に当たっては,近代的な建築に和風の屋根を載せる帝冠様式のはしりとされる神奈川県庁舎の設計スタッフを招聘したと言われています。

 塔の屋根は名古屋城を意識したもので,頂部に四方睨みの鯱を載せています。隣接する愛知県庁舎のデザインに影響を与えたことでも知られているそうです。国の登録有形文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造5階建て、地下1階、塔屋付。

名古屋市役所本庁舎
1933年(昭和8)年
登録有形文化財
設計 : 平林金吾、名古屋市建築課
施工 : 大倉土木
愛知県名古屋市中区三の丸3-1-1
撮影 : 2007.6.8
c0112559_14165521.jpg
c0112559_14171578.jpg
c0112559_14173870.jpg
c0112559_1419697.jpg
c0112559_1418234.jpg
c0112559_14181936.jpg
c0112559_14183771.jpg
c0112559_1422143.jpg
c0112559_14205081.jpg
c0112559_14223050.jpg
c0112559_14224536.jpg
c0112559_14225978.jpg
c0112559_14231664.jpg
c0112559_14232840.jpg
 中央塔の上部に二層の屋根を付し、最上層の屋根先端に四方にらみのシャチをのせて、名古屋城との調和を図っています。先に紹介した上野の東京国立博物館と同様な帝冠様式の建物で、塔がランドマークとなっています。
c0112559_1424691.jpg
 同じく帝冠様式の愛知県庁と並んで建っています。手前が愛知県庁。
by gipsypapa | 2007-06-21 14:26 | 建築 | Trackback | Comments(0)