カテゴリ:旅( 132 )

瀬戸田の「しおまち商店街」

c0112559_08275716.jpg
瀬戸田港から耕三寺までのおよそ600m続く「しおまち商店街」は約40店舗が軒を連ねるレトロな雰囲気です。昭和30年代から40年代は耕三寺参道商店街と呼ばれ、1万人を超すほど大勢の人で賑わっていたそうです。現在は耕三寺へはバスで来るツアー客が多く、この商店街のターゲットはサイクリングに訪れる観光客の立ち寄りスポットになっているようです。1枚目の写真はTravel.jp というネット情報から借用しました。

しおまち商店街
尾道市瀬戸田町瀬戸田425
撮影 : 2017.02.13&14

堀江理容
c0112559_08314851.jpg
ファサードが褐色のモルタル吹きつけの典型的な看板建築です。少なくとも昭和初期と思われ、当時はハイカラな若者の行きつけだったかも知れませんが、現在は閉まっているようです。木造2階建て。

堀江理容
昭和初期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田458
c0112559_08330189.jpg
c0112559_08332229.jpg
c0112559_08333735.jpg

リサイクルもやい
c0112559_08343146.jpg
こちらは典型的な町家です。「もやい」という木製の看板があったので調べるとリサイクルショップみたいです。ここも何回か前を通りましたが、いつも閉まっていました。木造2階建て。

リサイクルもやい
明治期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田450
c0112559_08361657.jpg
c0112559_08363017.jpg

堀内家住宅
c0112559_08372204.jpg
しおまち商店街を海に向かうと、住之江旅館の一つ手前のブロックに大型の住宅があります。江戸時代に製塩や廻船問屋を営んでいた堀内家の住宅。住之江旅館と同様に明治初期に建てられたようです。

堀内家住宅
明治初期
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田269
c0112559_08380458.jpg
c0112559_08381903.jpg
c0112559_08383432.jpg
c0112559_08385026.jpg

瀬戸田民俗資料館
c0112559_08405548.jpg
この漆喰の白壁は、その堀内家の塩倉だった建物で、現在は民俗資料館として公開されています。瀬戸田から発掘された弥生時代の土器から、農業、漁業、そして塩田などに関する歴史的な資料が展示されているそうです。ただし、開館は土日、祝日のみなので、中は見ることができませんでした。木造、土蔵造り、平屋建て。

瀬戸田民俗資料館
明治期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田254-2
c0112559_08415879.jpg
閉まっていたので中の写真はTravel.jp から借用。

おまけ。私は通過しただけですが、しおまち商店街では観光客に人気の食の店があります。写真はいずれもTravel.jp から借用しました。
c0112559_08425795.jpg
揚げたてコロッケが美味しい「岡哲商店」。
尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4
c0112559_08433950.jpg
近くにあるローストチキン専門店の「玉木商店」です。ここのローストチキンは日によっては午前中で売り切れてしまうほどの大人気だとか。
尾道市瀬戸田町瀬戸田511




しおまち商店街では、立ち寄ったところが2箇所ありますので、次回から順次紹介します。

by gipsypapa | 2017-10-19 08:44 | | Trackback | Comments(0)

耕三寺 未来心の丘

c0112559_07302333.jpg
耕三寺の裏山を登っていくと、西側にある「未来心の丘(みらいしんのおか)」。広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園です。高台に地中海かエーゲ海を思わせる大理石のシュールな彫刻やモニュメントがあります。

彫刻家の杭谷一東(くえたにいっとう)の手による作品群で、ここに使用されている大理石のすべては彼のアトリエがあるイタリア・カッラーラで採掘し、コンテナ船で運んできているそうです。まだまだ、発展中の公園だとか。

ウィキペディアによると、杭谷一東はイタリアでペリクレ・ファッツィーニに師事。イタリアカッラーラにアトリエを構え、制作活動を行なっているそうです。彫刻作品と自然景観との融合を目指した「環境彫刻」がライフワークとか。出身地の広島県を中心に多くの作品があります。

耕三寺 未来心の丘
彫刻 : 杭谷一東
尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
撮影 : 2017.02.13
c0112559_07310553.jpg
耕三寺本堂の裏にエレベーターがあります。
c0112559_07313590.jpg
c0112559_07315921.jpg
上っていく道から、すでに大理石。
c0112559_07330492.jpg
c0112559_07331995.jpg
c0112559_07333776.jpg
c0112559_07335599.jpg
c0112559_07341119.jpg
c0112559_07343057.jpg
光明の塔というそうです。
c0112559_07350246.jpg
c0112559_07351932.jpg
展望を意識して作られたようです。造船所が見えています。内海造船の瀬戸田工場です。
c0112559_07370225.jpg
広場にあるカフェクオーレも大理石でできた店です。
c0112559_07374014.jpg
入らなかったので、食べログの写真をいくつか。
c0112559_07381169.jpg
c0112559_07382944.jpg
c0112559_07384372.jpg
それにしても耕三寺耕三さんの趣味も多彩です。


by gipsypapa | 2017-10-16 07:40 | | Trackback | Comments(2)

三原から生口島の瀬戸田へ

急に思い立って瀬戸田へ行くことにしました。お目当ては有形文化財が山盛りの耕三寺を見ることでしたが、他にも見所があります。今日からしばらく瀬戸田です。瀬戸田町は瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の生口島の大部分と高根島からなる町で、陸路は「しまなみ海道」を通って、海路は三原または尾道からフェリーで行くことができます。私たちは時間的に行きやすかった三原から高速船で渡りました。
撮影 : 2017.2.13
c0112559_08173398.jpg
新幹線「さくら」と「こだま」を乗り継いでJR三原駅へ。
c0112559_08184710.jpg
三原は「タコのまち」らしいです。
c0112559_08191344.jpg
これは在来線の電車です。
c0112559_08193995.jpg
町の中にもタコがいます。合格ダコ。
c0112559_08201465.jpg
駅からは数分の距離。地下道を通って三原港へ。
c0112559_08210414.jpg
弓場(ゆげ)汽船の高速船に乗ります。
c0112559_08213581.jpg
c0112559_08215046.jpg
c0112559_08220699.jpg
c0112559_08221948.jpg
瀬戸田までは30分弱の船旅です。
c0112559_08224548.jpg
しまなみ街道の尾道大橋が遠くに見えています。
c0112559_08234376.jpg
途中、生口島の沢港を経由して瀬戸田港へ到着。
c0112559_08241731.jpg
c0112559_08243548.jpg
あとで、知ることになりますが、町のあちこちで見かけた特徴のある人形がここにも。
c0112559_08252748.jpg
1814(文化9)年に建立された石灯籠。高さは約4メートルです。

by gipsypapa | 2017-10-09 08:26 | | Trackback | Comments(2)

JR日高本線沿いの街道を走って帰路へ

c0112559_08302719.jpg
最後の観光地の襟裳岬を後にしたあとは、北海道の太平洋岸をひたすら走って、新千歳空港へ。道路は一本、北海道道236号から235号へ、JR日高本線と平行していますが、線路に列車を見ることはありませんでした。
撮影 : 2016.11.7
c0112559_08305759.jpg
最初とこの写真は休憩した道の駅の隣にあるレ・コード館。時間があれば、覗いてみたかったところです。馬のひづめにレコードが飾ってあります。
北海道新冠郡新冠町字中央町1-4
c0112559_08312739.jpg
この周辺の日高地方は日本一の競走馬の産地です。競走馬の牧場の7割近くが日高にあるとか。浦河警察署です。ここにも馬のひづめのモニュメントがあります。
北海道浦河郡浦河町築地2丁目2−4
c0112559_08315464.jpg
c0112559_08320638.jpg
街灯には馬があしらわれているのは、そのためです。
c0112559_08323492.jpg
海岸沿いを走っています。カモメの群れ。
c0112559_08333120.jpg
数年前のウィキペディアの写真。JR日高本線と平行して走りましたが列車とは遭遇しませんでした。2015年と2016年の台風被害でかなりの区間が不通になったままらしいです。
c0112559_08344633.jpg
これもウィキペディアから。かなりの距離は海岸線のすぐそばを通っています。この優雅な風景が戻ってくる日があるんでしょうか。
c0112559_08360058.jpg
4日間、バスで走り続けて北海道を1週する、弾丸ツアーが終わり、新千歳から伊丹空港へ飛びました。
c0112559_08363063.jpg
大阪の夜景です。
c0112559_08365737.jpg
再び20℃近い通常の生活へ戻ります。


by gipsypapa | 2017-09-24 08:38 | | Trackback | Comments(2)

十勝平野を走る

c0112559_08033026.jpg
3泊目、最後の宿は十勝幕別温泉のホテルでした。最終日は十勝平野を南下して襟裳岬に向かいました。十勝平野(とかちへいや)は、北海道東部の十勝川流域に広がる平野で、西は日高山脈、北は石狩山地、東は白糠丘陵に囲まれ、南部は太平洋に面した台地性の平野。広大な畑作地帯で、豆類やジャガイモの生産が多く、酪農も盛んな地域です。
撮影 : 2016.11.7
c0112559_08040649.jpg
関係ありませんが、泊まったホテルのロビーにクラシックカーがありました。1929年型フォード・キャブリオレのレプリカだとか。
c0112559_08043684.jpg
十勝川本支流の流域に広がっています。
c0112559_08050368.jpg
一昨日の雪が残っています。
c0112559_08053596.jpg
土壌浸食を防ぐカラマツやシラカバの防風林が見事な景観。
c0112559_08060637.jpg
「日本のウクライナ」ともいわれるほど畑作が盛んな地域なのです。

by gipsypapa | 2017-09-22 08:06 | | Trackback | Comments(2)

霧多布湿原センター

c0112559_08111910.jpg
三日目の宿に向かう途中に休憩した霧多布湿原(きりたっぷしつげん)です。釧路湿原、別寒辺牛川流域湿原、根釧原野湿原群、サロベツ原野に次いで国内5番目の広さがあるとか。]春から秋まで、さまざまな花が咲いて、花の湿原とも呼ばれています。

霧多布湿原センター
北海道厚岸郡浜中町6番沢20番地
撮影 : 2016.11.6
c0112559_08114500.jpg
湿原センターです。ネットの写真を借用しました。
c0112559_08122741.jpg
湿原を眺めながら食べる牛乳とソフトクリームがお勧めです。
c0112559_08132855.jpg
c0112559_08135043.jpg
c0112559_08140340.jpg
c0112559_08141628.jpg
c0112559_08143298.jpg
見所は9月までらしく、このときは草原と湿原しか見えませんでした。
c0112559_08145896.jpg
これ以下はネットにあった花の湿原です。
c0112559_08152485.jpg
エゾカンゾウ。
c0112559_08160219.jpg
白いワタスゲの実。、

by gipsypapa | 2017-09-21 08:16 | | Trackback | Comments(0)

摩周湖

c0112559_09130005.jpg
摩周湖(ましゅうこ)は、日本で最も透明度が高い湖で、道東の観光スポットで北海道遺産も選ばれています。布施明が歌う「霧の摩周湖」が有名ですね。ちなみに世界一の透明度が高いのはロシアのバイカル湖です。

この2年前(2014年)の8月にも裏摩周湖展望台に行ったときは、霧で湖面はまったく見えませんでしたが、今年は表の第一展望台からよく見えました。

摩周湖第一展望台
北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野
撮影 : 2016.11.6
c0112559_09140543.jpg
c0112559_09143193.jpg
c0112559_09145023.jpg
c0112559_09150632.jpg
c0112559_09152072.jpg
天気がいまいちなので、摩周湖の「摩周ブルー」は実感できません。
c0112559_09154838.jpg
展望台から湖の反対側は雪景色です。
c0112559_09164685.jpg
寒いのでレストハウスに退避。
c0112559_09170904.jpg
切り分けたメロンを売っていました。美味しかったです。たしか一皿200円でした。
c0112559_09173468.jpg
実感できなかった「摩周ブルー」をネットから。
c0112559_09180101.jpg



by gipsypapa | 2017-09-17 09:18 | | Trackback | Comments(2)

阿寒湖

c0112559_09093012.jpg
二日目の宿は阿寒湖温泉でした。三日目は朝早く出発して、摩周湖などを経由して根室半島へ向かいます。前日はホテル到着が遅く、真っ暗でだったので、わからなかったのですが、朝、目を覚ますと一面の雪景色。

阿寒湖は北海道東部の雄阿寒岳のふもと、標高420メートルにある湖で、全域が阿寒国立公園に含まれ、道東を代表する観光地です。特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型(陸封型)であるヒメマスが生息することで有名です。北海道で5番目に大きい淡水湖だそうです。

阿寒湖
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-20
撮影 : 2016.11.6
c0112559_09103656.jpg
11月の初旬なのに、さすが北海道です。
c0112559_09110696.jpg
摩周湖に向かいますが、途中の山道はこのとおりの雪景色。
c0112559_09113390.jpg
まだ雪が降っています。実はこの11月6日が、北海道で記録的な大雪が降った日でした。
c0112559_09115704.jpg
山を下ると晴れてきました。
c0112559_09122519.jpg
春先の天気がいいときの阿寒湖の写真を2枚ネットから借用しています。
c0112559_09125639.jpg
雄阿寒岳です。
c0112559_09132950.jpg
それと、阿寒湖といえばマリモ。これもネットから写真を借用しています。阿寒湖は2度目です。湖の北側に「マリモ展示観察センター」があるのですが、遊覧船で行くしかなく、時間がかかり、まだ行ってません。
c0112559_09143797.jpg
阿寒湖名物「まりも羊羹」。むむむ・・・

by gipsypapa | 2017-09-16 09:17 | | Trackback | Comments(2)

クッチャロ湖

c0112559_08112582.jpg
宗谷岬を後にしてオホーツク海沿いを南下。最初の休憩地はクッチャロ湖でした。クッチャロ湖の名称の由来は、アイヌ語のkut-char(沼の水が流れ出る口)で、屈斜路湖と同語源だそうです。国内最北のラムサール条約指定地です。周囲27kmの海跡湖で汽水湖。

大沼(長径5.5km)と小沼(長径3.0km)の2つの沼が細い水路によってつながり、変形した瓢箪型をしています。 大沼の南側が整備され、水鳥観察館、キャンプ場などあります。湖では多くの種類の渡り鳥を見ることができます。特に春と秋の渡りの季節に、数千羽のコハクチョウと数万羽のカモ類が観察できるそうです。

クッチャロ湖
北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔
撮影 : 2016.11.5
c0112559_08115899.jpg
浜頓別(はまとんべつ)町の内陸にあります。
c0112559_08122920.jpg
宗谷岬から南に向かうにつれて雪が多くなってきます。このときの雪は道東から道南が多く降ったのです。
c0112559_08142972.jpg
この日も多くのカモや白鳥などの渡り鳥が集まっていました。
c0112559_08150545.jpg
c0112559_08152517.jpg
c0112559_08153944.jpg
ネットにあった白鳥群生の写真です。
c0112559_08161392.jpg
更に南下して、次の休憩地である、天都山展望台へ。網走の博物館網走監獄の近くの天都山にありますが、この通り強烈な雪。本来は知床連山や網走湖を一望できるはずでした。あまりの強烈な雪で写真を撮るどころではかく、展望台から何も見えませんでした。

天都山展望台
北海道網走市天都山245-1
c0112559_08165460.jpg
天気がよければこんなはず。これと次以降の写真はネットから借用しています。
c0112559_08175297.jpg
c0112559_08180663.jpg
c0112559_08181816.jpg

by gipsypapa | 2017-09-15 08:18 | | Trackback | Comments(2)

宗谷岬と灯台

c0112559_08102521.jpg
三大岬巡りの最初は,、一般人の行く事のできる日本の本土最北端の地、宗谷岬。日本の最北端は、この宗谷岬の沖合い西北西約1 kmにある無人島の弁天島だとか。写真は宗谷岬の先端、北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を示す三角錐の記念石碑です。
撮影 : 2016.11.5
c0112559_08110087.jpg
地図があります。宗谷海峡を挟んで、樺太(サハリン)がすぐ近くなんですね。
c0112559_08112974.jpg
間宮林蔵の像。江戸時代に単独で樺太の北端まで行き、樺太が島であることを確認して、いわゆる間宮海峡を発見した、すごい人です。
c0112559_08120026.jpg
宗谷岬(作詞 吉田弘、作曲 船村徹)の歌碑で、スイッチを押すと千葉紘子の歌うメロディが流れます。知らない曲でした。
c0112559_08125205.jpg
柏屋という土産物店を覗きました。
c0112559_08131832.jpg
11月の初旬ですが、すでに零下です。昨日、大阪は20℃近くあったのに。
c0112559_08134812.jpg
バスは一日5本。まずまずですね。
c0112559_08153930.jpg
「食堂 最北端」。そりゃそうや。

宗谷岬灯台
c0112559_08164001.jpg
小高い丘に白地に赤横帯2本塗り、四角形の灯台があります。宗谷岬灯台で、日本国政府が管理する灯台としては、日本の最北に位置します。「日本の灯台50選」認定灯台。先にアップした稚内灯台と並んで樺太の対岸にある国境の灯台で、国際海峡である宗谷海峡の航路を守る重要な役割を果たしています。初点灯は1885(明治18)年で、現在の灯台は明治時代の2代目を改築したものです。

宗谷岬灯台1912(明治45)年 / 1954(昭和29)年改築
日本の灯台50選
設計・施工 : 不明
北海道稚内市宗谷岬2-8
c0112559_08171161.jpg
一昨日は道東や道南では大雪が降ったそうです。稚内市内は積雪はなかったし、ここも、気温は低いですが、雪はうっすっら積もっている程度です。
c0112559_08182226.jpg
これ以降はウィキペディアやネットにあった写真です。
c0112559_08202236.jpg
遠くに樺太が写っています。
c0112559_08211357.jpg
宗谷岬灯台の東側にある旧海軍望楼。1902(明治35)年に旧帝国海軍によって建造されました。ロシアのバルチック艦隊の動きを監視するのが目的。稚内市の有形文化財。
c0112559_08214956.jpg
こちらは祈りの塔です。

by gipsypapa | 2017-09-14 08:22 | | Trackback | Comments(2)