カテゴリ:旅( 139 )

金沢市の「ひがし茶屋街」


c0112559_08395778.jpg
金沢市で人気の観光スポットの一つ「ひがし茶屋街」は1820(文政3)年に加賀藩がこの周辺に点在していたお茶屋を集めて町割りしたところ。浅野川の東岸にあり、犀川西岸の「にし茶屋街」とともに公許され、形成された茶屋町です。

二筋の街路に面して、1階に出格子を構え、2階の天井を高くして座敷を設ける「茶屋建築」の木造が連なっています。江戸時代後期から明治初期にかけての茶屋がまとまって残っている貴重な町並みで、京都・祇園の茶屋町と並んで、当時の華やか茶屋文化を今に伝える地域として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

ひがし茶屋街
江戸後期~明治初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市東山1-13
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08403489.gif
c0112559_08405593.jpg
石畳の両側に同じ高さの茶屋が隙間なく連なっています。
c0112559_08412641.jpg
c0112559_08414212.jpg
c0112559_08415831.jpg
c0112559_08421268.jpg
c0112559_08423117.jpg
c0112559_08424743.jpg
着物が似合う町並みです。
c0112559_08431990.jpg
まずは一部の建物を紹介します。

民宿 陽月
c0112559_08441922.jpg
茶屋を使った「ひがし茶屋街」で唯一の宿泊施設。2階に客室3部屋あり、一階に食堂、風呂場、洗面所、トイレがあるそうです。ゲストハウスとして外国人の人気が高いとか。

民宿 陽月
金沢市東山1-13-22
c0112559_08453433.jpg
c0112559_08455248.jpg
ネットにあった中の写真を2枚。
c0112559_08462242.jpg

アンティーク山屋
c0112559_08473058.jpg
九谷焼、加賀蒔絵、輪島塗などの地域の品々とバカラのグラスやヨーロッパの版画などの販売をしているそうです。

アンティーク山屋
金沢市東山1-13-20
c0112559_08480977.jpg
c0112559_08483031.jpg
これ、気づかず通り過ぎたのでネットから借用しました。

十字屋ひがし茶屋街店
c0112559_08500049.jpg
金沢の魚介やのどぐろ一夜干しなど、魚の加工品を取り扱っている土産店です。

十字屋ひがし茶屋街店
金沢市東山1-13-19
c0112559_08503123.jpg

by gipsypapa | 2017-12-11 08:50 | | Trackback | Comments(2)

金沢市尾張町の建物群

c0112559_08551496.jpg
尾張町は初代加賀藩主の前田利家の生まれ故郷である尾張の国から移住してきた商人の多くが、この地に居を構えたことから名付けられました。藩政期から現代にいたるまで、この街は商業の町として発展し、現在もその面影を残した町並みです。
c0112559_08541087.jpg
c0112559_08545014.jpg
ここまで尾張町の建物をいくつか紹介してきましたが、まだまだ興味深いものがありますので、まとめてアップします。

金沢市尾張町
撮影 : 2017.3.8

五十嵐提灯店
c0112559_08555846.jpg
尾張町の通りから南に少し入ると町名が博労町になります。五十嵐提灯店は明治時代創業で、加賀提灯を製造販売しています。
金沢市博労町62

佐野商舗
c0112559_09080135.jpg
創業が大正13年の記念品や土産物と工芸品の店です。詳細は分かりませんが、モダンな外観で昭和初期の洋風建築に見えます。
金沢市尾張町2-9-20

望月めがね店
c0112559_09092633.jpg
こちらも創業が大正12年の老舗眼鏡店です。
金沢市尾張町1-10-20
c0112559_09100159.jpg
文真堂
c0112559_09105428.jpg
古い町家建築。書道、水墨画用品の専門店で、国内外の筆、硯、紙、墨、額縁、軸表装などを取り扱っています。
金沢市尾張町2-11-28
c0112559_09112212.jpg
c0112559_09114708.jpg
旗屋
c0112559_09123887.jpg
名前の通り、各種の旗を初めとして、幕、袢纏(はんてん)、幟(のぼり)、暖簾(のれん)、記念品、贈答品などを販売しています。
金沢市尾張町1-9-17
c0112559_09130616.jpg
c0112559_09133178.jpg
たたみ工房
c0112559_09142158.jpg
明治時代から続く畳屋で、ここが製造工房だそうです。
金沢市尾張町1-9-18.
c0112559_09144939.jpg
c0112559_09150594.jpg
c0112559_09151766.jpg
東田漢法堂
c0112559_09160711.jpg
間口が狭い町家です。“まむし黒焼”と書かれた看板が目を引く漢方薬や薬草などを販売しています。
金沢市尾張町1-7-13
c0112559_09163689.jpg
c0112559_09165150.jpg
八百萬本舗
c0112559_09174139.jpg
金沢の土産物、雑貨、菓子を販売しています。元は町家の「旧志村金物店」だったものを改修したそうです。
金沢市尾張町2-14-20
c0112559_09181176.jpg

by gipsypapa | 2017-12-06 09:18 | | Trackback | Comments(2)

金沢の近江町市場

c0112559_08454911.jpg
近江町市場は金沢市の中心部にある市場で、約170店の生鮮食品などと生活雑貨を扱う小売店や飲食店が入っています。地元市民の台所としてだけでなく、観光名所としても知られています。名前の由来は近江商人が作ったことによるとか。

近江町市場
石川県金沢市上近江町50
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08461905.jpg
c0112559_08463197.jpg
c0112559_08481104.jpg
c0112559_08482884.jpg
c0112559_08484863.jpg
c0112559_08490615.jpg
c0112559_08464633.jpg
c0112559_08470194.jpg
c0112559_08471639.jpg
c0112559_08473075.jpg

by gipsypapa | 2017-11-18 08:50 | | Trackback | Comments(2)

15年ぶりに金沢へ

c0112559_09253744.jpg
福井県を後にして、JRで金沢に来ました。ここで1泊します。金沢は15年ぶりでした。すでに記憶は薄いのですが、金沢駅は新幹線も通って、ずいぶんモダンな駅舎になっていました。

JR金沢駅
石川県金沢市木ノ新保町1-1
撮影 : 2017.3.7 & 8
c0112559_09261452.jpg
到着した日は、すでに夕方になっていたので、金沢港口(西口)前のビジネスホテルへ直行。ホテルと同じビルにある、居酒屋で夕食をとって、何もせず寝ました。
c0112559_09264999.jpg
翌日は朝から散策開始。駅を通り抜けて兼六園口(東口)へ。大きな傘をイメージした現代的なデザインの「もてなしドーム」。
c0112559_09272595.jpg
ガラスとアルミ合金で構成された巨大な天井ドームです。
c0112559_09283237.jpg
その東側には和モダンな意匠の鼓門(つづみもん)。高さ13.7mの太い柱2本で支えられ、伝統芸能である能楽「加賀宝生」の鼓をイメージしているとか。

鼓門
石川県金沢市木ノ新保町1-1
2005(平成17)年
設計 : 白江建築研究所
c0112559_09290806.jpg
c0112559_09292332.jpg
らせん状に組み上げられた鼓門の2本の柱の中には、もてなしドームの屋根に降った雨水を貯水槽へ流す配管が通っているそうです。
c0112559_09295449.jpg
駅を出て東に向かって歩きます。

by gipsypapa | 2017-11-17 09:30 | | Trackback | Comments(4)

三國湊の旧市街を散策

c0112559_08132741.jpg
東尋坊から再びバスに乗って南下して三国町へ。三國湊は、戦国時代以前から九頭竜川(くずりゅうがわ)やその支流の兵庫川などを使った水運による物流の拠点でした。

江戸中期には川を中心としたネットワークが海上航路へと発達し、北前船の寄港地になりました。全国各地からの品物が集まるようになり、物流の一大集積地として、北前船を所有する廻船問屋や商店などが軒を並べ、町は大きく発展し、賑わったそうです。明治になると、鉄道が開通したため、物流が船から鉄道へ移行し、徐々に寂れていきました。

今は当時の繁栄をうかがわせる歴史的建造物などが残っていて、情緒ある魅力的な町並みが観光地になっています。

三國湊
福井県坂井市三国町北本町
撮影 : 2017.3.7
c0112559_08135619.jpg
c0112559_08141849.jpg
九頭竜川の河口には昔の風景そのままのような船泊まりがあります。
c0112559_08145442.jpg
降ったり晴れたり、相変わらず、すっきりしない天気です。
c0112559_08150701.jpg
c0112559_08154960.jpg
三国祭の山車(やま)を収納する格納庫が町のあちこりにあります。
c0112559_08162742.jpg
c0112559_08164545.jpg
三国祭は北陸三大祭の一つで、車屋台に大きな人形が乗る、現在の山車になったのは、約260年前からとか。
c0112559_08174799.jpg
祭の写真はネットにあったものです。
c0112559_08183202.jpg
竹よしという看板がある町家。
c0112559_08191576.jpg
c0112559_08193772.jpg
三味線喫茶だそうで、三味線・江戸小唄端唄を聞く頃ができるカフェです。正面からしか見えないので分かりませんが、この町家も「かぐら建て」だと思われます。

竹よし
福井県坂井市三国町北本町4-4-22
c0112559_08201422.jpg
閉まっていたのでネットにあったすばらしい写真をいくつか。
c0112559_08205798.jpg
c0112559_08212234.jpg
c0112559_08214045.jpg
下新公園と旧岸名邸の間にある、かぐら建ての町家に福井テレビ坂井支局の看板。

福井テレビ坂井支局
福井県坂井市三国町北本町4-6-52
c0112559_08222051.jpg
側面が見えます。間違いなく「かぐら建て」。この建築様式は全国でも、ここ三国にしかないとか。あわら温泉の藤野厳九郎記念館、で紹介したものと同じ様式です。
c0112559_08224775.jpg
玄関部分が平入りを半分にしたような形で、その背後に妻入りの主屋がつながっています。
c0112559_08244519.jpg
側溝のグレーチングにあるこの建物は「みくに龍翔館」。坂井市立の総合博物館で、港町三国の歴史や文化遺産を紹介する施設。として1981(昭和56)年に開館したもので、明治初期に建設てられた旧龍翔小学校の外観を復元したものです。

みくに龍翔館
福井県坂井市三国町緑ケ丘4-2-1
c0112559_08252287.jpg
こちらはネットの写真を借用しました。あらかじめ存在は認識していましたが、天候不順で、ちょっと遠く高台にあるので、今回はパス。
c0112559_08265836.jpg
旧森田銀行に近くにある和風の邸宅。
c0112559_08274006.jpg
町家がほとんどの町並みで、異色の大邸宅です。
c0112559_08284456.jpg
このあとレトロ建築を回るわけですが、その後「えちぜん鉄道」三国駅へ。
c0112559_08294951.jpg
見所だと思っていた駅舎は改修中で、テントに覆われて見えません。仮駅舎に水彩画が掲示されています。
c0112559_08311967.jpg
えちぜん鉄道の車掌さん。福井駅に戻り、その後、金沢へ向かいます。三国町の個別のレトロ建築は次回からです。

by gipsypapa | 2017-11-07 08:32 | | Trackback | Comments(2)

東尋坊

c0112559_08041164.jpg
翌日はあわら温泉から京福バスに乗って東尋坊(とうじんぼう)を見て、三国町を訪ねました。東尋坊は越前加賀海岸国定公園にある断崖で、福井県有数の観光名所です。

ネット情報では、約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動の際、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、海食によって海岸の岩肌が削られてできた輝石安山岩の柱状節理だそうです。国の天然記念物と名勝に指定されています。

東尋坊
天然記念物、名勝
福井県坂井市三国町安島
撮影 : 2017.3.7
c0112559_08051210.jpg
バスの窓から東尋坊の手前の海を。荒れ模様でした。
c0112559_08060867.jpg
天候不順です。雨が降ってきました。
c0112559_08064382.jpg
傘をさしながらバス停から海岸へ向かいます。
c0112559_08072291.jpg
c0112559_08073933.jpg
土産物屋が並んでいますが、ソフトクリームの店は、今日は商売あがったりです。
c0112559_08081083.jpg
立ち食いは危険。とんびが襲うそうです。
c0112559_08083982.jpg
数分で到着しました。
c0112559_08090911.jpg
相変わらず曇っていますが、雨はやみました。
c0112559_08095434.jpg
迫力ある奇景です。
c0112559_08102493.jpg
屏風岩。一番の見所、高さ約25メートルの岩壁です。
c0112559_08113840.jpg
c0112559_08120554.jpg
c0112559_08122819.jpg
そろそろ帰ろうとしたら、強烈な雹(ひょう)が痛いくらい降りだして、早々に撤退。バスで三国町へ向かいました。
c0112559_08132374.jpg
天気が良い景色をネットから。蝋燭岩(ろうそういわ)です。
c0112559_08135621.jpg
こちらは三段岩。


by gipsypapa | 2017-11-06 08:15 | | Trackback | Comments(2)

あわら温泉へ

c0112559_08142479.jpg
永平寺から路線バスに乗って、今晩の宿泊地の芦原温泉に向かいました。永平寺参道から乗って、「あわら湯のまち駅前」まで、1時間15分かかりました。芦原温泉は関西の奥座敷」として、北陸では石川県の和倉温泉と並んで有名なところです。

温泉は1883(明治16)年に発見された、比較的新しい温泉地ですが、大正から昭和初期の旅行・観光ブームに乗って発展しました。芦原温泉としておなじみでしたが、芦原町と金津町が合併してあわら市になってからは「あわら温泉」と呼ばれることが多くなったようです。

あわら温泉
福井県あわら市温泉4-510
撮影 : 2017.3.6 & 7
c0112559_08151527.jpg
駅前から今日の宿、「灰屋」に向かって歩いていると、古い日本家屋に遭遇。
c0112559_08161427.jpg
おおっ、と思ってよく見ると・・・
c0112559_08164341.jpg
なんと・・・ガールズバーでした。
DOLLARS
福井県あわら市温泉1-505
c0112559_08173699.jpg
面白い形の建物があります。
c0112559_08182097.jpg
日帰り公共温泉でした。
c0112559_08191378.jpg
中の写真はネットから借用しています。
セントピアあわら
福井県あわら市温泉4-305
c0112559_08203692.jpg
駅近くに湯のまち広場があります。
c0112559_08211937.jpg


c0112559_08222425.jpg
芦湯というノレン。
c0112559_08220202.jpg
名前の通り、最近できた足湯らしいです。
c0112559_08234254.jpg
c0112559_08235697.jpg
これらの中の写真もネットから。
芦湯
福井県あわら市 温泉3-413
c0112559_08251791.jpg
同じ広場にもう一棟。
c0112559_08255527.jpg
伝統芸能館 。こちらも新しくできた施設で、舞妓・芸妓への変身体験ができるとか。
あわら温泉湯のまち 伝統芸能館  
福井県あわら市温泉1-203

歩いてみて、歴史の割りにきれいに整備された町並みだと感じましたが、それは1956年(昭和31年)に大火に見舞われ、旧温泉街はほぼ全滅。新たな都市計画のもと碁盤目上に区画された温泉街が整備されためだそうです。
by gipsypapa | 2017-10-31 08:27 | | Trackback | Comments(2)

瀬戸田の「しおまち商店街」

c0112559_08275716.jpg
瀬戸田港から耕三寺までのおよそ600m続く「しおまち商店街」は約40店舗が軒を連ねるレトロな雰囲気です。昭和30年代から40年代は耕三寺参道商店街と呼ばれ、1万人を超すほど大勢の人で賑わっていたそうです。現在は耕三寺へはバスで来るツアー客が多く、この商店街のターゲットはサイクリングに訪れる観光客の立ち寄りスポットになっているようです。1枚目の写真はTravel.jp というネット情報から借用しました。

しおまち商店街
尾道市瀬戸田町瀬戸田425
撮影 : 2017.02.13&14

堀江理容
c0112559_08314851.jpg
ファサードが褐色のモルタル吹きつけの典型的な看板建築です。少なくとも昭和初期と思われ、当時はハイカラな若者の行きつけだったかも知れませんが、現在は閉まっているようです。木造2階建て。

堀江理容
昭和初期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田458
c0112559_08330189.jpg
c0112559_08332229.jpg
c0112559_08333735.jpg

リサイクルもやい
c0112559_08343146.jpg
こちらは典型的な町家です。「もやい」という木製の看板があったので調べるとリサイクルショップみたいです。ここも何回か前を通りましたが、いつも閉まっていました。木造2階建て。

リサイクルもやい
明治期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田450
c0112559_08361657.jpg
c0112559_08363017.jpg

堀内家住宅
c0112559_08372204.jpg
しおまち商店街を海に向かうと、住之江旅館の一つ手前のブロックに大型の住宅があります。江戸時代に製塩や廻船問屋を営んでいた堀内家の住宅。住之江旅館と同様に明治初期に建てられたようです。

堀内家住宅
明治初期
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田269
c0112559_08380458.jpg
c0112559_08381903.jpg
c0112559_08383432.jpg
c0112559_08385026.jpg

瀬戸田民俗資料館
c0112559_08405548.jpg
この漆喰の白壁は、その堀内家の塩倉だった建物で、現在は民俗資料館として公開されています。瀬戸田から発掘された弥生時代の土器から、農業、漁業、そして塩田などに関する歴史的な資料が展示されているそうです。ただし、開館は土日、祝日のみなので、中は見ることができませんでした。木造、土蔵造り、平屋建て。

瀬戸田民俗資料館
明治期か
設計・施工 : 不明
尾道市瀬戸田町瀬戸田254-2
c0112559_08415879.jpg
閉まっていたので中の写真はTravel.jp から借用。

おまけ。私は通過しただけですが、しおまち商店街では観光客に人気の食の店があります。写真はいずれもTravel.jp から借用しました。
c0112559_08425795.jpg
揚げたてコロッケが美味しい「岡哲商店」。
尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4
c0112559_08433950.jpg
近くにあるローストチキン専門店の「玉木商店」です。ここのローストチキンは日によっては午前中で売り切れてしまうほどの大人気だとか。
尾道市瀬戸田町瀬戸田511




しおまち商店街では、立ち寄ったところが2箇所ありますので、次回から順次紹介します。

by gipsypapa | 2017-10-19 08:44 | | Trackback | Comments(0)

耕三寺 未来心の丘

c0112559_07302333.jpg
耕三寺の裏山を登っていくと、西側にある「未来心の丘(みらいしんのおか)」。広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園です。高台に地中海かエーゲ海を思わせる大理石のシュールな彫刻やモニュメントがあります。

彫刻家の杭谷一東(くえたにいっとう)の手による作品群で、ここに使用されている大理石のすべては彼のアトリエがあるイタリア・カッラーラで採掘し、コンテナ船で運んできているそうです。まだまだ、発展中の公園だとか。

ウィキペディアによると、杭谷一東はイタリアでペリクレ・ファッツィーニに師事。イタリアカッラーラにアトリエを構え、制作活動を行なっているそうです。彫刻作品と自然景観との融合を目指した「環境彫刻」がライフワークとか。出身地の広島県を中心に多くの作品があります。

耕三寺 未来心の丘
彫刻 : 杭谷一東
尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
撮影 : 2017.02.13
c0112559_07310553.jpg
耕三寺本堂の裏にエレベーターがあります。
c0112559_07313590.jpg
c0112559_07315921.jpg
上っていく道から、すでに大理石。
c0112559_07330492.jpg
c0112559_07331995.jpg
c0112559_07333776.jpg
c0112559_07335599.jpg
c0112559_07341119.jpg
c0112559_07343057.jpg
光明の塔というそうです。
c0112559_07350246.jpg
c0112559_07351932.jpg
展望を意識して作られたようです。造船所が見えています。内海造船の瀬戸田工場です。
c0112559_07370225.jpg
広場にあるカフェクオーレも大理石でできた店です。
c0112559_07374014.jpg
入らなかったので、食べログの写真をいくつか。
c0112559_07381169.jpg
c0112559_07382944.jpg
c0112559_07384372.jpg
それにしても耕三寺耕三さんの趣味も多彩です。


by gipsypapa | 2017-10-16 07:40 | | Trackback | Comments(2)

三原から生口島の瀬戸田へ

急に思い立って瀬戸田へ行くことにしました。お目当ては有形文化財が山盛りの耕三寺を見ることでしたが、他にも見所があります。今日からしばらく瀬戸田です。瀬戸田町は瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の生口島の大部分と高根島からなる町で、陸路は「しまなみ海道」を通って、海路は三原または尾道からフェリーで行くことができます。私たちは時間的に行きやすかった三原から高速船で渡りました。
撮影 : 2017.2.13
c0112559_08173398.jpg
新幹線「さくら」と「こだま」を乗り継いでJR三原駅へ。
c0112559_08184710.jpg
三原は「タコのまち」らしいです。
c0112559_08191344.jpg
これは在来線の電車です。
c0112559_08193995.jpg
町の中にもタコがいます。合格ダコ。
c0112559_08201465.jpg
駅からは数分の距離。地下道を通って三原港へ。
c0112559_08210414.jpg
弓場(ゆげ)汽船の高速船に乗ります。
c0112559_08213581.jpg
c0112559_08215046.jpg
c0112559_08220699.jpg
c0112559_08221948.jpg
瀬戸田までは30分弱の船旅です。
c0112559_08224548.jpg
しまなみ街道の尾道大橋が遠くに見えています。
c0112559_08234376.jpg
途中、生口島の沢港を経由して瀬戸田港へ到着。
c0112559_08241731.jpg
c0112559_08243548.jpg
あとで、知ることになりますが、町のあちこちで見かけた特徴のある人形がここにも。
c0112559_08252748.jpg
1814(文化9)年に建立された石灯籠。高さは約4メートルです。

by gipsypapa | 2017-10-09 08:26 | | Trackback | Comments(2)