カテゴリ:旅( 115 )

淡水漁人瑪頭

c0112559_07453772.jpg
淡水河口に最近開発された多目的観光レジャー漁港です。サンフランシスコをイメージして開発されたとか。

淡水漁人瑪頭
新北市淡水区沙崙里觀海路199号
撮影 : 2016.9.4
c0112559_07460999.jpg
情人橋を渡り埠頭を見ました。
c0112559_07464370.jpg
c0112559_07472349.jpg
c0112559_07474088.jpg
c0112559_07475378.jpg
c0112559_07480731.jpg
それだけです。

by gipsypapa | 2017-08-19 07:49 | | Trackback | Comments(0)

北投温泉 地熱谷

c0112559_07543226.jpg
北投温泉(ほくとうおんせん)は、台北市の北部にある温泉街です。日本統治時代に日本の温泉地を意識して開発されたところで、天然のラジウム温泉として知られています。

また地熱谷の岩石は北投石(ほくとうせき)として有名。北投石は1905(明治38)年に日本人学者の岡本要八郎によって発見されました。微量のラジウムを含んだ湯の花が、何千年もの歳月をかけて石灰化したもので、世界ではここと秋田県の玉川温泉でしか産出されないそうです。健康によいとかで、テレビに取り上げられて有名になりましたが、個人的には、効果を確かめておりません。

北投温泉公園の近くにある地熱谷は、北投温泉の源の一つです。一年中硫黄の煙が立ちこめているのが、地獄を思わせるので、「地獄谷」や「鬼の湖」ともいわれています。

北投温泉
地熱谷台北市北投区
撮影 : 2016.9.4
c0112559_07562373.jpg
ネットにあった写真を借用しています。北投は台湾語(福建省南部で話されている閩南語から派生し、独自の発展を遂げた変種)ではベイトウと読みます。
c0112559_07574327.jpg
ここの温泉は大屯山(だいとんざん)火山群の中で水温が最も高いそうです。大屯国立公園は日本統治時代に台湾北部に存在した日本の国立公園です。
c0112559_07593908.jpg
硫黄の湯煙が立ちこめているはずですが、このときは大したことはないですね。
c0112559_08005393.jpg
小さな滝や・・
c0112559_08014949.jpg

タイル張りの祠のようなものもあります。
c0112559_08021967.jpg
c0112559_08023301.jpg
硫黄の湯煙が大したことがなかったので、ネットから借用。
c0112559_08030891.jpg
バスの車窓から。北投公園のそばを通っているときに出会った若者の集団。この写真では見にくいのですが、向こう側の低い所にもっと多くの人の波。みんな同じ方向を向いて進んでいます。これ、このころ一世を風靡していた、ポケモンゴーなのです。
c0112559_08034086.jpg
こちらは、市内でバスから見た群集。この頃は日本ではピークを超えていたと思いますが、台北ではピークでした。

by gipsypapa | 2017-08-17 08:04 | | Trackback | Comments(2)

長浜市内を歩く

c0112559_08215646.jpg
長浜編の最終回です。まずは長浜大手門通りから。大手門通りは、黒壁スクエアから大通寺の表参道、宮町通商店街へと続く、観光客向けのアーケード商店街。沿道に黒壁ガラス館からさまざまな飲食店、龍遊館や曳山博物館などが見どころの通りです。
撮影 : 2016.11.18 & 19
c0112559_08222984.jpg
c0112559_08224398.jpg
のっぺいうどん 茂美志屋(もみじや)
滋賀県長浜市元浜町7-15
c0112559_08232028.jpg
内部の写真などは食べログから借用しています。
c0112559_08493018.jpg
c0112559_08251338.jpg
店内もレトロ。
c0112559_08253714.jpg
「のっぺいうどん」は餡かけうどん。大きな麸、かまぼこ、しいたけ、生湯葉など。すりおろし生姜の風味のスープだそうです。
c0112559_08261925.jpg
龍遊館(海洋堂フィギュアミュージアム黒壁)
滋賀県長浜市元浜町13-31
c0112559_08264882.jpg
c0112559_08270496.jpg
c0112559_08271886.jpg
これ以下はネットにあった写真です。
c0112559_08274674.jpg
c0112559_08280428.jpg
名前の通りフィギュアがいっぱい。入ればよかったかも。

c0112559_08291438.jpg
長浜ラーメン大手門店
滋賀県長浜市元浜町6-16
c0112559_08295342.jpg
故郷、博多の長浜ラーメンと名前が同じ。長浜市なので、単にその名前がついているのかなと思って、お昼時に入ってみました。
c0112559_08312569.jpg
紅ショウガが載った、正真正銘の博多ラーメンでした。お店の人に聞くと。麺は博多から取り寄せているそうです。
c0112559_08322642.jpg
長浜大手門通りアーケードに小さな橋が架かっています。
c0112559_08325680.jpg
橋の傍の古い2階建て。
c0112559_08332523.jpg
空き家でしょうか。
c0112559_08335592.jpg
大手門通りの1ブロック北側は、ゆう壱番街祝町(いわいちょう)通りです。
c0112559_08343119.jpg
望楼が載ったアーケードです。
c0112559_08345999.jpg
c0112559_08351671.jpg
長浜市曳山博物館
滋賀県長浜市元浜町14-8
長浜曳山祭りはユネスコ無形文化遺産登録の33件の日本祭りの一つです。ここには入っていません。
c0112559_08393936.jpg
曳山博物館の近くにゆるきゃらがいました。
c0112559_08401656.jpg
「ひでよしくん」というそうです。太った秀吉ですね。長浜ラーメンも食べたので、帰ります。
c0112559_08410427.jpg
麺処 赤鬼
滋賀県長浜市元浜町7-1
帰り道の開知学校や安藤家住宅の近くにあります。
c0112559_08421088.jpg
これ以下の写真は「ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して」というこだわりのブログから借用しました。
c0112559_08430148.jpg
居酒屋兼ラーメン屋みたいです。
c0112559_08432085.jpg
黒いラーメンですね。生卵はいかがなものか。
c0112559_08435494.jpg
JR長浜駅です。ここから新快速で帰ります。これで長浜はおしまい。
次回から台北です。

by gipsypapa | 2017-08-12 08:44 | | Trackback | Comments(2)

長浜市の日本一巨大な万華鏡

c0112559_08094689.jpg
黒壁スクエアからほど近い「ゆう壱番街(祝町通り)」にある高さ8メートルの日本一巨大な竪型万華鏡。通りから細い路地を通って奥に進むと、突然現れます。タワーのように見えますが、万華鏡そのもの。ハンドルを回すと、色んな絵柄に変化すします。

日本一 竪型万華鏡
詳細 : 不明
滋賀県長浜市元浜町21
撮影 : 2016.11.19
c0112559_08104431.jpg
通りからこんな風に見えますが、見逃しそうです。この路地にはフリーマーケットの店が数軒ありました。万華鏡は、突き当りを右折した先にあります。
c0112559_08113176.jpg
ハンドルを回します。この写真はネットから借用しています。
c0112559_08120290.jpg
ここに来たのは2回目です。これは11年前に撮った写真です。「日本一 竪型万華鏡」が正式名称ですね。
c0112559_08123598.jpg
これも11年前です。
c0112559_08132367.jpg
これは今回。
c0112559_08135228.jpg
撮り方のせいなのか、違って見えます。
c0112559_08151009.jpg
長浜は豊臣秀吉が城を構えたところ。すぐ傍にこんなパロディ的なものがあります。
c0112559_08162450.jpg
万華鏡の周囲には、なぜかキウイが鈴なり。
c0112559_08165885.jpg

by gipsypapa | 2017-08-08 08:17 | | Trackback | Comments(2)

松本市の「あがたの森公園」


c0112559_07461121.jpg
松本市の二日目です。この日は、まず東部の学研都市である県(あがた)を訪れました。大正8年に植えられたヒマラヤスギの並木に囲まれた「あがたの森公園」。池を中心とした日本庭園や重要文化財の旧制松本高校の校舎がシンボルです。教育文化の歴史と香りを伝える公園で、松本市民の憩いの場となっています。

あがたの森公園
長野県松本市県3-2102-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07464256.jpg
向こうに見えているのは旧制松本高校の本館裏側です。
c0112559_07471360.jpg
c0112559_07473429.jpg
c0112559_07475394.jpg
池のある日本庭園。
c0112559_07482816.jpg
洋風の庭園は公園の南側と、旧制松本高校の中庭にもあります。
c0112559_07492039.jpg
c0112559_07510437.jpg
c0112559_07513997.jpg
西側の公園入り口です。旧制松本高校の写真は次回から。

by gipsypapa | 2017-07-19 07:52 | | Trackback | Comments(0)

鳴門公園から大鳴門橋を眺望

c0112559_08141888.jpg
徳島市と鳴門市を駆け足で回り、まだまだ見てないレトロ建築がいくつもありましたが、今回はこれまで。最後に鳴門公園に行って鳴門海峡と大橋を見ることにしました。鳴門公園は瀬戸内海国立公園の一部の山上にあり、鳴門海峡や大鳴門橋の眺望が素晴らしいことで観光客が多いところです。

鳴門公園
鳴門市鳴門町土佐泊浦福池
撮影 : 2016.3.29
c0112559_08145353.jpg
c0112559_08151363.jpg
大鳴門橋架橋記念館エディという、タンクのような建物がありましたがパス。
c0112559_08161895.jpg
展望台へ向かいます。エスカヒル鳴門という全長68mのエスカレーターです。写真はネットから借用しています。
c0112559_08173797.jpg
急勾配で長いエスカレーターです。
c0112559_08175105.jpg
終点は鳴門山展望台。
c0112559_08182096.jpg
鳴門海峡の大鳴門橋が眼下に。天気はいいのですが、少しもやっていました。黄沙かも。大鳴門橋は1985(昭和60)年に完工した、中央支間長876mの吊橋です。
c0112559_08185906.jpg
再びエスカレーターで下って、大鳴門橋の橋桁の下を通る「渦の道」へ。渦が見れるかどうか。入り口に表示があり、その日の時間ごとの渦の大きさがわかるようになっています。
c0112559_08200087.jpg
行ってみると、ちょうど発生しない時間帯でした。残念ですが、せっかく来たし、橋からの眺めも見たかったので入ることに。渦の有無に関わらず(笑)入場料は510円です
c0112559_08204397.jpg
510円というのは不思議な値段設定。500円に消費税なら540円だし。どうでもいいですけど。
c0112559_08211807.jpg
大潮の際には渦の直径は最大で30mに達するといわれ、渦の大きさは世界でも最大規模らしいです。
c0112559_08215729.jpg
c0112559_08222521.jpg
床にガラス張りの開口部がいくつかあり、真下の海面を見ることができます。
c0112559_08231838.jpg
予想通り渦はありません。
c0112559_08235102.jpg
少しくらい気配でも・・・と期待しましたが、まったく見えません。
c0112559_08250644.jpg
c0112559_08245378.jpg
悔しいので、壁に貼ってあった渦の写真を撮りました。
渦の道のHPにダイナミックな動画があります。ぜひどうぞ。
c0112559_08452316.jpg
そしてネットにあった写真も。
c0112559_08455624.jpg
これもネットから。観光船からですね。迫力があります。見たかったです。
c0112559_08474378.jpg
一旦、市内に戻ったあと、高速バスに乗り大阪へ戻ります。
c0112559_08483714.jpg
市内から高速にある乗り場へは「すろっぴー」というスロープカーでアクセスすることができます。
c0112559_08495789.jpg
鳴門市観光情報センターにあると「すろっぴ〜乗り場」から90秒で高速鳴門バスストップに着きます。無料でした。これで徳島県を終わります。

次回からは長野県松本市です。

by gipsypapa | 2017-06-29 08:51 | | Trackback | Comments(2)

徳島中央公園

c0112559_08443528.jpg
徳島市にはまだ見たい建物がありましたが、そろそろ夕方。その日の宿は鳴門市なので、JRで移動します。再び徳島駅に戻るついでに徳島中央公園を経由しました。

徳島中央公園は旧徳島藩主蜂須賀公の居城跡に、明治39年に開設した公園です。公園の設計は本多静六と本郷高徳。二人は日比谷公園の設計も手がけ、徳島公園は日比谷公園に次ぐ、日本で2番目の西洋風公園だったとか。なお本多静六は日本の「公園の父」といわれ、数多くの公園の設計を手がけた人です。

徳島中央公園
1906(明治39)年
公園設計 : 本多静六、本郷高徳
徳島市徳島町城内1番外
撮影 : 2016.3.28
c0112559_08451296.jpg
c0112559_08452875.jpg
城跡らしいお堀と石垣が残っています。
c0112559_08460234.jpg
公園内の目立つ建物は徳島城博物館。1992(平成4)年に完成し、主に徳島藩や蜂須賀家に関する歴史や美術資料を収集し、展示しているそうです。
c0112559_08462086.jpg
c0112559_08471140.jpg
桜の開花時期でした。
c0112559_08474199.jpg
コスプレの一団と遭遇。
c0112559_08481236.jpg
SLもあります。1926(大正15)年製造で、実際に徳島を走っていたそうです。
c0112559_08484137.jpg
c0112559_08485840.jpg

by gipsypapa | 2017-06-24 08:49 | | Trackback | Comments(2)

徳島市を観光

c0112559_08141556.jpg
急に思い立って徳島市と鳴門市の観光へ一泊旅行することにしました。徳島は個人的に四国で唯一の行ったことがない県だったのです。大阪から徳島へ行くのは、高速バスが便利でお手軽です。
撮影 : 2016.3.28
c0112559_08145784.jpg

高速バスで大阪梅田から2時間20分でJR徳島駅前に着きました。
c0112559_08160766.jpg
ちょうどお昼時です。駅の近くにあるポッポ街商店街で昼食をとりました。約50の店が並ぶ商店街です。

ポッポ街商店街
徳島市寺島本町西1-59
c0112559_08164933.jpg
店の前で老夫婦がお出迎え。お遍路さんですかね。
c0112559_08173342.jpg
名物の徳島ラーメンを食べることにしていましたが、どこがいいかはまったく不案内。老夫婦に招かれたので、最初に見かけた「けんと茶屋」へ。
c0112559_08184435.jpg
c0112559_08190611.jpg
徳島ラーメンには「茶系」「黄系」「白系」の3系統があるとか。これは何系?
c0112559_08194876.jpg
駅前から南へ歩いてレトロ建築が多い、新町川のほとりまできました。人と自然のふれあい、水と光のドラマをテーマに造られた新町川水際公園です。
徳島県徳島市南内町
c0112559_08201822.jpg
c0112559_08203367.jpg
対岸のボートハウスから、ひょうたん島クルーズという遊覧船が出ています。徳島市を囲む新町川や助任川(すけとうがわ)など、周囲約6km、30分で周遊する無料の遊覧船だそうです。
c0112559_08210450.jpg
川沿いを下っていくと両国橋があります。両国橋徳島市南内町1-4
c0112559_08221407.jpg
阿波踊りがデザインされています。
c0112559_08220025.jpg

by gipsypapa | 2017-06-20 08:22 | | Trackback | Comments(2)

湯布院を散策

c0112559_08084012.jpg
ツアー最終日の最後の訪問地は湯布院。自由時間で昼食をかねて散策でした。湯布院は由布岳の麓に広がる自然豊かな温泉地です。別府とともに大分県を代表する歴史ある温泉街でですが、避暑地としても有名で、最近はおしゃれな洋菓子系の店が多く、若者や外国人観光客に人気の観光地になっています。

大分県由布市湯布院町
撮影 : 2011.3.19 & 2016.3.16
c0112559_08091611.jpg
山焼きが行われている高原を湯布院へ向かいます。
c0112559_08094848.jpg
由布岳が見えてきました。
c0112559_08101951.jpg
トトロがいるショッピングモール。ウィークデイですが、若者や外人観光客でにぎわっています。
c0112559_08110952.jpg
「由布院」と「湯布院」。両方「ゆふいん」という地名の漢字です。元々あったのは「由布院町」でしたが、市町村合併により「湯平村」が合わさり、それぞれの文字をとって「湯布院町」となったそうです。
c0112559_08122595.jpg
旧湯平村を含む全エリアを表す場合は「湯布院」を使い、旧由布院町エリアのみを表す場合は「由布院」を使うんだとか。なのでJRの駅も温泉も「由布院」。観光エリア全体の地名としては「湯布院」です。JR由布院駅を出て、金鱗湖に向かう湯の坪街道は、途中に飲食店や土産屋が並んでいるのでいつも人通りが多い街道です。軽井沢の旧軽の町並みと似ています。
c0112559_08132015.jpg
湯布院の観光名所の一つ「金鱗湖(きんりんこ)」。湖底から温泉が湧き出る湖として知られています。
金鱗湖大分県由布市湯布院町川上岳本1592
c0112559_08150544.jpg
外気温が低くないと湯気は見えないようです。
c0112559_08153837.jpg
5年前(2011年)にも訪ねて一泊したことがあります。以下はそのときの写真です。
c0112559_08161767.jpg
c0112559_08163308.jpg
7年前も3月中旬でした。
c0112559_08170942.jpg
街の雰囲気は変わったようですが、自分の写真の被写体も今とは何か違います。
c0112559_08193792.jpg
九州横断ツアーはこれで終わります。次回から四国です。

by gipsypapa | 2017-06-19 08:20 | | Trackback | Comments(2)

別府明礬温泉 湯の花小屋

c0112559_09051935.jpg
明礬(みょうばん)温泉は、別府市街の北東にある伽藍岳(がらんだけ)中腹にあります。江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきたところです。温泉の地熱地帯で噴出したガス中の硫化水素や二酸化硫黄がいくつかの反応を経て、不溶性成分が析出・沈殿したものです。明礬温泉では、「湯の花小屋」と呼ばれるわらぶき小屋の中に青粘土を敷き詰め、粘土から析出し結晶化した湯の花や明礬を収穫する方法が採られています。別府明礬温泉の湯の花製造技術は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

別府明礬温泉 湯の花小屋
大分県別府市明礬6
撮影 : 2016.3.16
c0112559_09055289.jpg
c0112559_09060776.jpg
駐車場近くの土産物、雑貨の店。「ともゑや」という看板がありました。
c0112559_09063814.jpg
c0112559_09071120.jpg
c0112559_09073462.jpg
湯の花小屋を見学。
c0112559_09081377.jpg
ガイドさんが「集合!」と言っています。
c0112559_09091847.jpg
c0112559_09093548.jpg
c0112559_09095135.jpg
c0112559_09100506.jpg
c0112559_09102658.jpg
c0112559_09104171.jpg
湯の花小屋の傍に同じ形をした“わら葺き屋根”が4棟建っています。日帰りの家族湯で1時間 2000円だとか。
c0112559_09111502.jpg
c0112559_09113304.jpg
c0112559_09115256.jpg
c0112559_09120978.jpg
c0112559_09130153.jpg
HPに内部の写真がありました。

by gipsypapa | 2017-06-18 09:13 | | Trackback | Comments(2)