2018年 01月 04日 ( 1 )

台中の宝覚寺

c0112559_08115156.jpg
台湾はこれが3回目。4泊5日で台湾島を一周りするツアーに参加しました。午前中に関空を発って、台北(桃園)空港へ。そこから台中までバスで移動。早めに到着したために、翌日の朝一番に予定されていた、宝覚寺をその日の夕方に訪問しました。

宝覚寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、正式には寶覺禅寺といい、台湾が日本統治時代であった時に建立されたとか。日本人ツアー客が台中を訪れたら、必ず訪ねる寺院です。木造平屋建て。

寶覺禅寺(宝覚寺)
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
臺中市北區健行路140 號
撮影 : 2017.4.16
c0112559_08130403.jpg
本堂は木造ですが、老朽化したため、覆いかぶさるように外側に大きな石造りの本堂部分(大雄寶殿)が増築されました。
c0112559_08135493.jpg
c0112559_08141213.jpg
c0112559_08143003.jpg
本堂の前に一対の白い象が向かいあっています。狛象?
c0112559_08151273.jpg
白い象はお釈迦様の化身だそうです。
c0112559_08162908.jpg
本堂に入りました。
c0112559_08170062.jpg
c0112559_08171515.jpg
c0112559_08173255.jpg
c0112559_08175409.jpg
本堂の右手に進むと、小さな白い弥勒様が横たわっています。体をなでると金運や開運のご利益があるとかで、ツルツルになっていました。
c0112559_08184568.jpg
さらに奥に進むと巨大な金色の布袋様。布袋様は弥勒仏の化身だったらしく、台湾では「弥勒仏像」と呼ばれているそうです。
c0112559_08191978.jpg
宝覚寺が台中の観光地として有名なのは、この黄金の布袋様のおかげです。
c0112559_08200030.jpg
本堂の左側には小さな祠。
c0112559_08204494.jpg
c0112559_08212043.jpg
敷地の一角にある日本人墓地です。日本統治時代に台湾で亡くなられた日本人の共同墓地で、弔われているのは1万4000名といわれているそうです。

by gipsypapa | 2018-01-04 08:22 | 建築 | Trackback | Comments(0)