2017年 12月 11日 ( 1 )

金沢市の「ひがし茶屋街」


c0112559_08395778.jpg
金沢市で人気の観光スポットの一つ「ひがし茶屋街」は1820(文政3)年に加賀藩がこの周辺に点在していたお茶屋を集めて町割りしたところ。浅野川の東岸にあり、犀川西岸の「にし茶屋街」とともに公許され、形成された茶屋町です。

二筋の街路に面して、1階に出格子を構え、2階の天井を高くして座敷を設ける「茶屋建築」の木造が連なっています。江戸時代後期から明治初期にかけての茶屋がまとまって残っている貴重な町並みで、京都・祇園の茶屋町と並んで、当時の華やか茶屋文化を今に伝える地域として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

ひがし茶屋街
江戸後期~明治初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市東山1-13
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08403489.gif
c0112559_08405593.jpg
石畳の両側に同じ高さの茶屋が隙間なく連なっています。
c0112559_08412641.jpg
c0112559_08414212.jpg
c0112559_08415831.jpg
c0112559_08421268.jpg
c0112559_08423117.jpg
c0112559_08424743.jpg
着物が似合う町並みです。
c0112559_08431990.jpg
まずは一部の建物を紹介します。

民宿 陽月
c0112559_08441922.jpg
茶屋を使った「ひがし茶屋街」で唯一の宿泊施設。2階に客室3部屋あり、一階に食堂、風呂場、洗面所、トイレがあるそうです。ゲストハウスとして外国人の人気が高いとか。

民宿 陽月
金沢市東山1-13-22
c0112559_08453433.jpg
c0112559_08455248.jpg
ネットにあった中の写真を2枚。
c0112559_08462242.jpg

アンティーク山屋
c0112559_08473058.jpg
九谷焼、加賀蒔絵、輪島塗などの地域の品々とバカラのグラスやヨーロッパの版画などの販売をしているそうです。

アンティーク山屋
金沢市東山1-13-20
c0112559_08480977.jpg
c0112559_08483031.jpg
これ、気づかず通り過ぎたのでネットから借用しました。

十字屋ひがし茶屋街店
c0112559_08500049.jpg
金沢の魚介やのどぐろ一夜干しなど、魚の加工品を取り扱っている土産店です。

十字屋ひがし茶屋街店
金沢市東山1-13-19
c0112559_08503123.jpg

by gipsypapa | 2017-12-11 08:50 | | Trackback | Comments(2)