2017年 10月 31日 ( 1 )

あわら温泉へ

c0112559_08142479.jpg
永平寺から路線バスに乗って、今晩の宿泊地の芦原温泉に向かいました。永平寺参道から乗って、「あわら湯のまち駅前」まで、1時間15分かかりました。芦原温泉は関西の奥座敷」として、北陸では石川県の和倉温泉と並んで有名なところです。

温泉は1883(明治16)年に発見された、比較的新しい温泉地ですが、大正から昭和初期の旅行・観光ブームに乗って発展しました。芦原温泉としておなじみでしたが、芦原町と金津町が合併してあわら市になってからは「あわら温泉」と呼ばれることが多くなったようです。

あわら温泉
福井県あわら市温泉4-510
撮影 : 2017.3.6 & 7
c0112559_08151527.jpg
駅前から今日の宿、「灰屋」に向かって歩いていると、古い日本家屋に遭遇。
c0112559_08161427.jpg
おおっ、と思ってよく見ると・・・
c0112559_08164341.jpg
なんと・・・ガールズバーでした。
DOLLARS
福井県あわら市温泉1-505
c0112559_08173699.jpg
面白い形の建物があります。
c0112559_08182097.jpg
日帰り公共温泉でした。
c0112559_08191378.jpg
中の写真はネットから借用しています。
セントピアあわら
福井県あわら市温泉4-305
c0112559_08203692.jpg
駅近くに湯のまち広場があります。
c0112559_08211937.jpg


c0112559_08222425.jpg
芦湯というノレン。
c0112559_08220202.jpg
名前の通り、最近できた足湯らしいです。
c0112559_08234254.jpg
c0112559_08235697.jpg
これらの中の写真もネットから。
芦湯
福井県あわら市 温泉3-413
c0112559_08251791.jpg
同じ広場にもう一棟。
c0112559_08255527.jpg
伝統芸能館 。こちらも新しくできた施設で、舞妓・芸妓への変身体験ができるとか。
あわら温泉湯のまち 伝統芸能館  
福井県あわら市温泉1-203

歩いてみて、歴史の割りにきれいに整備された町並みだと感じましたが、それは1956年(昭和31年)に大火に見舞われ、旧温泉街はほぼ全滅。新たな都市計画のもと碁盤目上に区画された温泉街が整備されためだそうです。
by gipsypapa | 2017-10-31 08:27 | | Trackback | Comments(2)