2017年 10月 09日 ( 1 )

三原から生口島の瀬戸田へ

急に思い立って瀬戸田へ行くことにしました。お目当ては有形文化財が山盛りの耕三寺を見ることでしたが、他にも見所があります。今日からしばらく瀬戸田です。瀬戸田町は瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の生口島の大部分と高根島からなる町で、陸路は「しまなみ海道」を通って、海路は三原または尾道からフェリーで行くことができます。私たちは時間的に行きやすかった三原から高速船で渡りました。
撮影 : 2017.2.13
c0112559_08173398.jpg
新幹線「さくら」と「こだま」を乗り継いでJR三原駅へ。
c0112559_08184710.jpg
三原は「タコのまち」らしいです。
c0112559_08191344.jpg
これは在来線の電車です。
c0112559_08193995.jpg
町の中にもタコがいます。合格ダコ。
c0112559_08201465.jpg
駅からは数分の距離。地下道を通って三原港へ。
c0112559_08210414.jpg
弓場(ゆげ)汽船の高速船に乗ります。
c0112559_08213581.jpg
c0112559_08215046.jpg
c0112559_08220699.jpg
c0112559_08221948.jpg
瀬戸田までは30分弱の船旅です。
c0112559_08224548.jpg
しまなみ街道の尾道大橋が遠くに見えています。
c0112559_08234376.jpg
途中、生口島の沢港を経由して瀬戸田港へ到着。
c0112559_08241731.jpg
c0112559_08243548.jpg
あとで、知ることになりますが、町のあちこちで見かけた特徴のある人形がここにも。
c0112559_08252748.jpg
1814(文化9)年に建立された石灯籠。高さは約4メートルです。

by gipsypapa | 2017-10-09 08:26 | | Trackback | Comments(2)