2017年 09月 11日 ( 1 )

野寒布(のしゃっぷ)岬と稚内灯台

c0112559_07452772.jpg
一夜明けて、二日目は稚内市を観光した後、三大岬の一つの宗谷岬を経由。オホーツク海を見ながら、一挙に阿寒湖温泉まで南下する行程です。

稚内観光の初めは、野寒布(のしゃっぷ)岬。岬にある恵山泊漁港公園(えざんどまりぎょこうこうえん)には「ノシャップ岬の碑」の他、「イルカのモニュメント」があり、観光ポイントになっています。この翌日訪れる根室半島先端の納沙布(のさっぷ)岬と紛らわしい。

野寒布岬
北海道稚内市野寒布2
撮影 : 2016.11.5
c0112559_07460210.jpg
ノシャップ(野寒布)はアイヌ語でノッ・シャムといい「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の2つの意味があるとか。ノサップ(納沙布)の語源も同じだそうです。
c0112559_07462109.jpg
岬の最北端には稚内灯台があります。晴れた海霧の立たない日には利尻島(利尻富士)、礼文島が望めるらしいのですが、この日は全然見えませんでした。

稚内灯台
1966(昭和41)年
北海道稚内市野寒布2-2
c0112559_07480367.jpg
この写真以下はネットから借用しています。
c0112559_07485048.jpg
c0112559_07483724.jpg

by gipsypapa | 2017-09-11 07:50 | | Trackback | Comments(2)